ドコモ光 乗り換え。 やっぱり「フレッツ光」へ戻したい!一番お得な乗り換え方法

ドコモ光から楽天ひかりへ乗り換え(事業者変更)してみた|申し込みの流れをチェック

ドコモ光 乗り換え

前提知識:J:COM ケーブルテレビ からドコモ光の乗り換る前に知るべきこと 乗り換える時期は3月・4月を避けるべき 3月・4月は引っ越しシーズンで新たな生活をする人の回線開通工事で混み合っています。 可能であれば3月・4月は避けた方が良いです。 回線開通工事の予約が取れない・または先延ばしにされる可能性が高いです。 J:COMの解約とドコモ光を契約するタイミングは契約が先 先にドコモ光を契約して開通させてから、J:COMを解約すべきです。 ドコモ光を契約して開通する日は工事の予約状況によっては延期されてしまい、インターネットが使えない期間が出来てしまう可能性があります。 また地域によっては光回線を導入出来ないケースもあります。 いずれにせよ、先にドコモ光に申し込んで確認する必要があります。 インターネットの利用は回線とプロバイダの契約が必要 インターネットの利用は、回線とプロバイダの2つの契約が必要です。 プロバイダはインターネットを自宅に接続する為の中継局です。 回線サービス・・・NTT・KDDI提供のフレッツ光・auひかり・・・など• プロバイダ・・・BIGLOBE、So-net、 nifty、OCN・・・など これらは一緒に申し込めたり出来ますが、提供している会社は別であることを認識しておきましょう。 乗り換え時の注意点・トラブルについて プロバイダが変わるとプロバイダ提供のメールアドレスが変わる プロバイダが変わるとプロバイダが提供するメールアドレスが変わります。 メールアドレスを変えたくなければ、eo光で利用していたプロバイダを引き続き使う必要があります。 引き続き使う条件は、• ドコモ光に対応しているプロバイダであること• J:COMからドコモ光へのコース変更の手続きを行うこと の2つとなります。 参考:ドコモ光対応のプロバイダ一覧 上記以外にも対応プロバイダはあります。 詳細は下記リンク先を参考にして下さい。 電話番号の継続を希望する人は解約する前に、利用予定の回線事業者に引継ぎ依頼をする必要があります。 ドコモ光を申し込む際、ドコモ光電話サービスを一緒に申し込めば番号はそのまま変わらずに利用出来ます。 J:COMの解約時の違約金について J:COMを解約する時「解除金、撤去費用、LNP手数料」が発生します。 「解除金、撤去費用、LNP手数料」に関しては下記の通りです。 解除金・・・契約期間で異なる。 「」で確認可能。 撤去費用・・・住所形態やプランで異なる。 「」で確認可能。 LNP手数料・・・LNPは固定電話の引継ぎサービス。 「」がかかる。 それぞれの料金額の目安ですが、• 解除金・・・8,500~20,000円• 撤去費用・・・4,800~9,800円• LNP手数料・・・2,200円 となります。 ドコモ光の初期費用・工事費の負担について ドコモ光の初期費用として「契約事務手数料 3,000円 」「工事費を含む初期費用 16,200~19,440円 」がかかります。 ただ「工事費を含む初期費用 16,200~19,440円 」は、プロバイダのGMOとくとくBBで申し込み契約するとが無料になり、さらにWifiルーターが無料で付いてきます。 J:COMからドコモ光への乗り換えにかかる費用の総額 費用の総額は「J:COMの解約違約金+ドコモ光の導入費用」と言えます。 J:COMの解約違約金としては、• 解除金・・・8,500~20,000円(「」で確認可能)• 撤去費用・・・4,800~9,800円(「」で確認可能)• LNP手数料・・・2,200円(利用者のみ) となります。 ドコモ光の導入費用としては、• 契約事務手数料・・・3,000円• 工事費を含む初期費用・・・16,200~19,440円 となり、これらをすべて合わせると「32,500~54,440円」となります。 ただ、先に紹介したキャッシュバックキャンペーンをうまく利用すれば3万円以下で乗り換えが可能です。 J:COM ケーブルテレビ からドコモ光に乗り換える手続き方法・手順 ドコモ光の提供エリア確認する ドコモ光が提供されているエリアであるかを確認します。 あくまで確認するだけでここでは申し込みはせずに、後述するプロバイダ経由で申し込みをします。 プロバイダはGMOとくとくBBが人気です。 30分~1時間程度立ち会うことになります。 工事の内容としては上記の図で「光ファイバーケーブルの引き込み」「光コンセントの設置」の部分に当たります。 回線終端装置にパソコンの接続して設定し開通確認する 工事完了後、回線事業者(またはプロバイダ)から既に送られている回線終端装置とパソコンを接続します。 GMOとくとくBB・ドコモ光のルーター設定(回線終端装置)は下記のいずれかを参考にして下さい。 解約を伝える電話番号の宛先は地域によって分かれます。 下記のリンク先で住所から探すことになります。 なお、返却しないと返却のお願いハガキが送付され「機器損害金」を請求されます。 詳細は下記を参考にして下さい。

次の

光コラボから光コラボへの乗り換え【事業者変更】|手順と注意点

ドコモ光 乗り換え

「ドコモ光」から他社光サービスへのきりかえ(事業者変更) 「ドコモ光」から「フレッツ光」の設備を使った他社光サービスへのきりかえ(以下、事業者変更)のお手続きについてご案内します。 ご注意事項• 「ドコモ光」の定期契約プランをご契約中で、契約期間内(契約満了月の当月・翌月・翌々月を除く)に「他社光サービスへのきりかえ」を行った場合、「ドコモ光」が解約となり、戸建タイプ13,000円(税抜)/マンションタイプ8,000円(税抜)の解約金が発生します。 「ドコモ光」から「他社光サービスへのきりかえ」を行う場合は、事前にドコモにて事業者変更承諾番号の取得が必要です。 他社光サービスへのきりかえ(事業者変更)をされる場合は、変更先事業者における事業者変更の工事完了をもって、「ドコモ光」は解約となります。 お手続きの流れ STEP1事業者変更承諾番号の取得およびご契約内容の確認 ドコモショップまたはドコモ インフォメーションセンターで事業者変更承諾番号を取得できます。 ドコモでのご契約内容およびご利用中サービスをご確認ください。 事業者変更の完了日は新たにご契約される事業者において決定し、事業者変更の完了日をもって、「ドコモ光」は解約となります。 事業者変更承諾番号の取得日が「ドコモ光」の解約日とはなりませんのでご注意ください。 ご注意事項• 事業者変更完了月の「ドコモ光」の基本使用料については、日割計算されませんので1か月分の基本使用料を請求させていただきます。 「ドコモ光」の工事料を分割支払いしている場合、事業者変更承諾番号の取得時に工事料残債を一括精算させていただきます。 新たにご契約される事業者のサービス提供料金・提供条件が異なる場合がありますので、詳細は各事業者へご確認ください。 事業者変更のお申込みにあたっては、「ドコモ光」の契約内容を新たにご契約される事業者へ開示することについて、お客さまご自身でNTT東日本/NTT西日本に承諾いただく必要があります。 詳しくはNTT東日本/NTT西日本のホームページにてご確認ください。

次の

光コラボから光コラボへの乗り換え【事業者変更】|手順と注意点

ドコモ光 乗り換え

光コラボから光コラボの乗り換え方法を解説します。 現在使っている光コラボの料金・速度・サポートに不満があり、乗り換えをしたいけど、電話回線のアナログ戻しや工事でネットが使えない期間が発生することから諦めていた方も多いのではないでしょうか。 しかし、2019年7月より 光コラボの乗り換えは簡単な手続きで完了できる様になりました。 それも 乗り換え手続き中は、工事不要、電話番号もそのまま、ネットを使い続けられます。 この記事では光コラボから光コラボの乗り換えにあたる『事業者変更』の手順と注意点、おすすめの回線をまとめて紹介します。 光コラボの事業者変更とは 事業者変更とは、光コラボ間の転用のことです。 そのため、以下の表の様な不具合が多々起きていました。 順番 旧光コラボ 新光コラボ 課題 1 ひかり電話 オプション解約 - アナログ戻しが必要 2 - 契約手続き - 3 解約手続き 工事日程より後に決定 工事日程調整 - 4 - 回線工事〜開通 回線工事立会いが必要 5 新光コラボで接続設定 両回線とも使える状態です ネットが使えない可能性あり (工事日程によって) 6 解約・機器返却 利用中 - これらの課題を解消し利便性を向上するために平成30年から総務省主導の元、検討されてきました。 参考 その結果として『事業者変更』手続きが設けました。 変更点は以下の3点です。 変更点1:光ファイバーの引き込み工事不要• 変更点2:電話番号のアナログ戻しは不要に• 変更点3:ネットはそのまま利用可能に 変更点1:光ファイバーの引き込み工事不要 事業者変更は光コラボ(フレッツ光)の光ファイバーをそのまま使うため、 回線工事なしで済みます。 これは無派遣工事ではなく完全に工事を行いません。 フレッツ光から光コラボへの転用と同じ扱いなので手続きだけで終わりです。 工事日程を組まなくても良い点で利便性が上がりました。 変更点2:電話番号のアナログ戻しは不要に 光コラボの事業者変更はNTTに承諾番号をもらうことで ひかり電話の電話番号の引き継ぎ出来るようになりました。 煩わしいアナログ戻しを行う必要はなくなりました。 ひかり電話はスマホ割引などの条件となっているため、契約している人がほとんどかと思います。 面倒な手続きなので諦めていた方もこれで簡単に乗り換えられます。 変更点3:ネットはそのまま利用可能に 光コラボの事業者変更は ネット回線の利用不可能期間がありません。 電話番号のアナログ戻し、光コラボの解約、回線工事が不要だからです。 事業者変更の申し込みから最短6営業日後には新しい光コラボへ切り替えられます。 光コラボの事業者変更は非常に利便性が高くなった乗り換え方法です。 では、具体的に事業者変更の手順を紹介します。 光コラボ 事業者変更の手順 事業者変更の手順は次の3つの手順で完了します。 1桁:東日本 F , 西日本 T• 承認期限:4桁• 発行番号:6桁 こちらのメモをとっておきましょう。 事業者変更 承認番号の料金は乗り換え完了後に請求されます。 光コラボ 事業者変更 手順2:新光コラボの申し込み 乗り換え先の光コラボに『事業者変更』にて申し込みをします。 一例としての場合では以下のように事業者変更の項目を設けています。 こちらに必要事項を記載して申し込みしましょう。 また、ネット代理店への申し込みで転用キャッシュバックがあるため、おすすめ光コラボ一覧からお申し込みください。 光コラボ 事業者変更 手順3:NTT東西への同意の実施 旧光コラボで利用しているオプションによってはNTT東西にて同意を実施します。 同意する内容は次の2つです。 こちらは申し込み先の代理店からわかりやすい説明があります。 ご安心ください。 光コラボ 事業者変更の注意点 光コラボの事業者変更 注意点1:プロバイダー解約・違約金 光回線は2年契約の自動更新型です。 24,25ヶ月目が更新月で違約金0円。 それ以外の月で解約すると 1万円前後の違約金が発生します。 工事費は最大60回払いなどで組んでいたり、割引で実質0円というものをやっているので残債の支払う可能性もあります。 でも、 最も怖いのは受け取ったキャッシュバックの違約金です。 一例として価格. comのSo-net光の違約金を見てみましょう。 comの場合は 高額なキャッシュバックを出している代わりに違約金が発生します。 過去にキャッシュバックをもらっている方は、違約金が異なっている可能性があるので注意してください。 光コラボの事業者変更 注意点2:フレッツ光転用時よりも初期費用がかかります 光コラボの事業者変更の注意点は新旧光コラボの利用料金についてです。 フレッツ光から光コラボへの転用の際はNTT料金を日割り計算でその他の料金は発生しませんでした。 旧光コラボ側• 事業者によっては異なります。 新光コラボ側• 契約事務手数料:3000円• 新光コラボ利用料金:日割り計算• 事業者によって異なります。 光コラボの事業者変更は転用扱いなので各社のキャンペーン等も強く打ち出していません。 なので初期費用という点では注意が必要になりそうです。 光コラボ 事業者変更は代理店のキャッシュバックを受け取ろう 光コラボの事業者変更は総務省の意向で強い公式キャンペーンを打ち出していません。 令和元年5月にも公正性確保のために規制内容を決めている段階です。 参考 そのため、特典の豊富なネット代理店経由の申し込みがよりお得に事業者変更を行えるのです。 ここでは光コラボの事業者変更(転用扱い)のキャッシュバック・特典でお得な回線をまとめました。 ぜひ、お申し込み際に参考にしてくださいね。 確認 ネットだけなら新規契約の方がメリットあり ネットだけの利用であれば事業者変更を行うよりも解約後、 新規契約にて光コラボを申し込む方が特典が多いためお得になる可能性があります。 うまく契約を進めればネットが使えない期間もありません。 スケジュールはこんな感じ 順番 旧光コラボ 新光コラボ 1 - 契約手続き 2 解約手続き 工事日程より後に決定 工事日程調整 3 - 回線工事〜開通 4 新光コラボで接続設定 両回線とも使える状態です 5 解約・機器返却 利用中 光ファイバーは入っているし無派遣工事なのかな? とも思いましたが、工事はありました。 工事といってもONUを交換して接続確認をするだけの簡単な作業で20分程度で終わります。 お得な光コラボを以下のページでまとめているのでこれから乗り換える方は参考にしてくださいね。

次の