棒銀君。 【初心者オススメ戦法】棒銀で相手を圧倒する攻め方を3パターン解説

【攻め方と受け方】四間飛車が将棋の初心者向け戦法なのは本当か?

棒銀君

将棋世界2004年12月号、滝澤修司さんの第52期王座戦五番勝負第4局〔羽生善治王座-森内俊之竜王名人〕観戦記「時代を乗り越えろ」より。 羽生と森内の対決。 竜王戦、王将戦、名人戦とすべて森内に凱歌があがったが、すべて2日制の対局。 森内は対羽生戦の成果を、時間を羽生よりも残すことを心がけたと話していた。 しかし王座戦は1日制の対局。 羽生は1日制の対局ではめっぽう強く、この王座戦もそうであるように棋王戦でも10連覇以上(12連覇)を記録している。 王座も羽生から奪取すればタイトル数も過半数を超え、完全に森内時代と言えよう。 それには本局に勝ち、是が非でも最終局に持ち込まなくてはならない。 (中略) さすが将棋の街、天童である。 カメラマンがずらりと並び、シャッター音が静かな対局室に一斉に響きわたる。 また、天童市立津山小学校の6年生29人も緊張の面持ちで指し手を見つめていた。 この後、子供達は藤井九段との懇親会で将棋と出会った頃の話や将棋界のしくみを興味深そうに聞き入っていた。 控え室の藤井九段が「三浦君、大盤解説まかせたよ」と弟弟子の三浦八段に話し掛けたのに対し、三浦八段は何か言いたげな表情で藤井九段を見てはいたが「……」黙々と研究を続けるばかりだった。 互いににわかに忙しくなった。 大盤解説場では藤井九段の「横歩取りは解らないので三浦君に聞いたのですが、僕にも教えてくれないんですよ。 僕は指さないのに……」にお客さんは大喜び。 その後、三浦八段が登場し兄弟弟子での解説で会場は大いに沸いた。 何か違う手が飛んでくると感じていたような話しぶりであった。 すんなりと飛車を成り込めた森内。 平成13年棋聖戦第4局、郷田-羽生戦だ。 この時、羽生は後手番。 本局は敗れた郷田側を羽生が持って指しているのだ。 しかし飛車を成らせたものの形勢は悪くない。 「さすが郷田だ」の声があちらこちらで聞こえた。 (以下略) ————— 三浦弘行八段(当時)が一言もしゃべっていないのに、三浦九段らしいキャラクターが最大限に発揮されている。 藤井猛九段との兄弟弟子コンビとなると、二人の面白さが増幅されるようだ。 ————— 大盤解説場に来ている人たちに、ここにはいないのに「さすが郷田だ」と言われる郷田真隆九段も凄い。

次の

復活する光速流 谷川浩司九段が語る羽生、藤井、「君たちは悔しくないのか」発言の真相

棒銀君

第四回は前回の続きで、 九枚落ちでの指し方について書きたいと思います。 王と歩だけの10枚落ちで、駒の成り方と攻め方がだいぶ理解できるようになります。 それがクリアできたところで、上手側の左の金を増やします。 金が一枚増えることで飛車と角が簡単に成れなくなったことに気付くでしょう。 (図1) 【図1】 ルールを覚えて間もない頃は、駒の動かし方も分からず、不安なものです。 駒の価値が頭の中に入っていない為、角と歩をいきなり交換してしまうお子さんも珍しくありません。 そういう時は、 「1万円を10円と交換するのは、得するのかな?」と駒の価値について考えてもらうようにしています。 自分から見て右側(上手の左側)から破りにくいと分かると、上手の駒が守っていない左側から攻めるようになるお子さんもいます。 そういった時は、弱点を攻めた発想を褒めることで、やる気をアップさせることができます。 左側から飛車と角を成りこみ、二枚対一枚の攻め方(第3回参照)に慣れてきた場合は、次のステップとして、 棒銀戦法()を教えます。 右銀を繰り出していき、二枚対一枚の数の攻めを覚えてもらいます。 これができるようになると、次の八枚落ちでもスムーズにクリアできるようになるので、お薦めです。 八枚落ちへの移行は、棒銀の攻め方がしっかりできているかを見ながら進めていくと良いでしょう。 私が指導する際に気を付ける上手側のポイントとしては、 (1)王は逃げても三段目まで。 それ以上はできるだけ逃げない (2)八枚落ちの際は、右金を使って攻めすぎない。 この二点です。 (1)については王と金二枚で逃げた場合、下手は、なかなか王を捕まえることができません。 まずは二枚対一枚で王を捕まえる形を覚えてもらい、 勝ち方を掴んでもらうのが大事です。 私が指導する場合は、三段目までをルールとし、四段目まで逃げてしまった場合は、捕まえやすい形を作って詰ましてもらうようにしています。 続いて(2)の場合、右金で攻めていくと、受け方を知らないのであっという間に破れてしまいます。 最初は数の攻めに専念してもらうようにするのが良いでしょう。 攻め方が分かってきたところで、受け方を少しずつ教えていきましょう。 回数を重ね、基本ができるに連れて、(1)、(2)それぞれの条件を解除していきます。 その頃には、将棋の楽しさが分かるようになっているはずです。 次回は指導する際のポイントについて書きたいと思います。 注1:棒銀(ぼうぎん)戦法 飛車先に銀を進める初心者にも分かりやすい戦法。 初心者向きではあるが、破壊力があり、バリエーションも多く、上級者が用いることも多い。 参考図は、典型的な棒銀戦法の局面。 【参考図】 将棋の教え方.

次の

ジャンプ作家さん、将棋のルールを知らないのに将棋をネタにするwww : ジャンプ速報

棒銀君

近代将棋1989年11月号、木屋太二さんの第12回若獅子戦準決勝〔先崎学四段-羽生善治六段〕観戦記「横歩取りの世界」より。 対局室に入ると感想戦が始まっていた。 桐谷広人五段と小倉久史四段の勝ち抜き戦。 この棋戦は持ち時間が各1時間だから、昼過ぎには終わる。 検討の輪の中に羽生と先崎もいた。 ドッと笑い声が起こる。 先崎が独特な感覚で「こうやったらどうですか」と奇手をいい、それを受けて桐谷が得意の早口で「そうそう、そう指せば私が優勢だったんだけど、気が変わってこうやっちゃったんですね。 このあと私に見落としがあって」とまくしたてる。 解説が妙に論理的なのがおかしい。 それが集まった棋士たちの笑いを誘う。 先崎は検討の主役になって口を出し、羽生は観客になってよく笑った。 家でテレビのコミックショーを見ている時もこんなふうに屈託がないのだろうか。 ふと、そんなことを思う。 勝負している時とそうでない時の羽生はまったくちがう。 ことに終盤は別人だ。 対局開始の午後1時が近づいた。 羽生が検討の輪を抜け出し、先崎も腰を上げた。 今、もっとも強い棋士と評判の羽生、きょうも、あの妖気を盤上盤外に振りまくか。 (中略) 羽生の振り歩先で記録の田村3級が駒を振ると、歩が2枚、とが3枚。 先崎が先手をつかんだ。 横歩取らせは羽生が時折り見せる作戦だ。 その大一番に初体験の戦法で挑む。 ふつうなら矢倉とか四間飛車とか自分の一番得意とする戦法でぶつかるものだが、羽生の場合はちがう。 横歩取りに限らず、矢倉のスズメ刺し、角換わり棒銀、ひねり飛車etcと何でも指しこなす。 この間は四間飛車も指していた。 谷川名人が「羽生君はレパートリーが広い」と感心していたが、考えてみるとこれもすごいことだ。 オールラウンドプレーヤーなのは、将棋は戦型がすべてじゃない、要は終盤力と羽生が思っているからだ。 そして、そのとおり羽生は勝ってみせる。 ここが鬼才の鬼才たるゆえんだ。 あとで聞いた話では「昔から横歩を取って勝ったためしなし」とのこと。 きょうはどうしてその気になったのか。 先崎もレパートリーの広さでは羽生に負けていない。 いかにも米長九段の弟子らしい茶目っ気と才気が先崎にはある。 ともかく盤上は二人のチャレンジ精神で横歩取りに。 長い指先にぐぐっと力がこもっている。 (以下略) 近代将棋同じ号掲載の写真。 * * * * * 「きょうはどうしてその気になったのか。 取ってみろと言われて横歩を取らないのは、ある意味では典型的な気合い負けと言っても良いだろう。 あのいたずらごころが彼の面白いところねェ」 新宿二丁目にあった酒場「あり」。 先崎学四段(当時)は、「あり」では師匠の米長邦雄九段のボトルを飲むことが多かったという。 中原誠十六世名人のボトルを飲んだということは、中原門下の小倉久史四段(当時)と一緒に飲んでいた可能性が高い。 「大山が飲みました」はなかなかの傑作だ。

次の