再婚 年金。 再婚したら「加給年金」はもらえるの?

離婚と年金分割・再婚はバラ色とは限らない!?

再婚 年金

遺族年金受給者が再婚した場合支給停止か減額となる 遺族年金受給者の妻が再婚した場合は、現在受給している遺族年金額が支給停止または減額となります。 ここでは2つのケーススタディで解説を行いますので該当しているか確認を行いましょう。 遺族厚生年金のみを受給する妻 厚生年金に加入する夫が亡くなり、18歳以下の子供(18歳到達年度の末日までにある子供)がいない妻は「遺族厚生年金のみを受給することが可能です」。 このケースでは妻が再婚すると遺族年金の受給資格が消滅しますので、遺族年金受給額は0円となります。 事実婚や内縁関係でも遺族厚生年金が支給停止となる場合もありますので合わせて認識をしておきましょう。 また、この再婚相手と離婚をした場合に遺族年金を再度受給することもできませんので注意しましょう。 遺族基礎年金と遺族厚生年金を受給する妻 遺族基礎年金と遺族厚生年金の両方を受給できる妻とは、「厚生年金に加入している夫を亡くし、18歳以下の子供(18歳到達年度の末日までにある子供)がいる家庭」であれば双方を受給することが可能になります。 ただし、この 妻が再婚した場合は遺族基礎年金も遺族厚生年金も支給停止となります。 一方で18歳到達年度の末日までにある子供は、遺族基礎年金と遺族厚生年金の受給資格を有しておりますので以下の支給停止要件に該当しなければ遺族年金を受給することが可能になります。 子供が1人の場合:100万3,600円(77万9,300円+22万4,300円)• 子供が4人目以降の場合:年間130万2,700+4人以降の子ども1人につき7万4,800円 上記の金額が子供が18歳を超えた場合に支給停止となり、遺族厚生年金のみ受給となることから支給額は大きく減少してしまうでしょう。 ただし、この状態になった妻を救済する仕組みも用意されております。 それが、 40歳から65歳までの間に給付される「中高齢寡婦加算」になります。 これは該当する年齢までの妻を対象に年額58万4,500円が給付される制度になっておりますので、遺族基礎年金の受給額が減少した場合の救済措置として活用ができるでしょう。 関連記事• 遺族年金と自分の老齢年金は受給額の多い方が支給される それでは、遺族年金を受給しながら65歳に到達し、自分自身が老齢年金(老齢基礎年金、老齢厚生年金)の受給資格を有した場合は遺族年金の扱いはどうなるのか解説します。 原則、受給できる年金は「 老齢年金か遺族年金かどちらか一方しか受給できません」ので基本的には受給金額が高い方を受け取ることとなります。 まず、 65歳になった場合は、自分が受け取れる老齢年金がいくらなのかを基準とします。 その上で、遺族厚生年金と老齢厚生年金の差分が遺族厚生年金として支給されることになります。 遺族年金と老齢年金の支給額 ケーススタディ 65歳を迎えた妻がこれまで受給していた遺族厚生年金が年額50万円と仮定します。 受給している年金の種類 受給額(例) 遺族厚生年金 50万円 そして65歳時点で受給できる老齢基礎年金が70万円、老齢厚生年金が30万円と仮定します。 受給している年金の種類 受給額(例) 老齢基礎年金 70万円 老齢厚生年金 30万円 この時に、老齢年金の合計額である100万に遺族厚生年金の50万円が加算されて、 150万円受給できると考えてしまいますが、これは誤りになります。 実際には、 「遺族厚生年金(50万円)ー老齢厚生年金(30万円)」となりますので遺族厚生年金の受給額は20万円に減額されます。 従って、このケーススタディの場合は 120万円の年金を受給できることとなりますので、計算ミスが無いように注意しましょう。 遺族年金よりも厚生年金の方が受給額が大きい場合は? 上記の「遺族厚生年金ー老齢厚生年金」にて計算を行う場合に、老齢厚生年金の方が遺族厚生年金よりも受給額が大きい。 というケースもあると思います。 この場合は、遺族厚生年金は支給停止となりますので注意しましょう。 遺族年金は非課税になるので所得扱いされない 遺族年金の最大のメリットとも言えるのが非課税であることです。 全額が所得控除されますので遺族年金をいくら受給したとしても所得には含まれません。 従って、所得税や住民税の節税に繋がることから家計の負担を大きく減らすことができるでしょう。 加えて、給与収入が130万円以下であれば、子供世帯などの扶養家族になることも出来ますので、さらに節税効果が期待できます。 遺族年金の非課税における節税メリットについては「」でも詳しく解説をしておりますのでご参照ください。 まとめ 遺族年金の受給時に知っておきたい4つのことについて解説を行いました。 年金制度は複雑ゆえに知らないと損をしてしまうことが多々ありますので必要な知識を身につけ国の制度をうまく活用するようにしましょう。 また、遺族年金は申請しなければ受給できませんので「」を参照いただき速やかに手続きを行いましょう。

次の

遺族年金は再婚したらもらえない!内縁もダメ!子供は?手続きも説明

再婚 年金

皆さんは、老齢厚生年金等に「加給年金」という給付があることをご存知でしょうか? 「加給年金」とは、老齢厚生年金の受給権者が受給権を取得した時に65歳未満の妻や18歳未満のこどもを扶養しているときに一定額が老齢厚生年金に加算される仕組みで、この上乗せ部分を「加給年金」と言います。 これは、元々サラリーマンの妻が老齢年金を受けることが出来ないケースが多かったため、これを補う意味で設けられたもので、扶養手当的な意味合いが強いものです。 因みに、「加給年金」の受給資格・受給要件は次のようになっています。 【特別支給の老齢厚生年金 定額部分を受け取っている場合 、または65歳以上の老齢厚生年金の受給者で、厚生年金保険の被保険者期間が240月以上の場合に、生計を維持している配偶者または子がいるときは加給年金額が加算されます。 主な停止事由は次のようなものがあります。 (この方は60歳で年金を受給し始めたころは結婚されていたので加給年金を受給していたのですが、その後離婚して加給年金が不支給となった方でした。 ) 結論としては、既に年金を受給している場合、新たに「加給年金」を受給できるケースは皆無(たぶんあり得ない)と思われます。 つまり、上記の【加給年金の支給開始の事由(例)】にある通り、60歳以上で加給年金が支給開始になるケースはすべて、その時点より後に厚生年金加入期間が240月を満たした場合となっており、既に年金受給権を持っている方の場合、240月を既に満たしているので、そのケースにはなりえないということとなります。 逆に若いときにサボっていて厚生年金の加入期間が少ない方が65歳を過ぎて結婚(又は再婚)をして、その後に240月を満たした場合、そこから老齢厚生年金の受給と加給年金額の加算がされるということになります。 今回の質問で改めて「加給年金」というものを再確認した結果、少々制度の違和感を感じる結果となりました。 近年ますます晩婚が多くなっていると思いますが、同じように65歳を過ぎてから若い奥さんと結婚した場合に、厚生年金保険料を多く払った人(長く加入した人)に加給年金という扶養手当が支給されず、あまり多くの保険料を払っていない人(加入期間が短い人)に扶養手当付の老齢厚生年金が支給されるというのは、少々不公平な感じがするなと思った次第です。 カテゴリー: コメントはありません。

次の

再婚後の遺族年金

再婚 年金

遺族基礎年金…国民年金に加入していた被保険者の遺族に給付されます。 遺族厚生年金…厚生年金に加入していた被保険者の遺族に給付されます。 一般的に、会社員は国民年金と厚生年金の2種類を納めているため、その遺族は遺族基礎年金と遺族厚生年金の2種類が給付されます。 一方、厚生年金に加入していない自営業者の場合などは、遺族基礎年金のみが適用となります。 (2)遺族年金は残された家族のための制度 遺族年金の趣旨は、残された家族が経済的に困窮しないようにすることです。 そのため、 遺族年金の支給対象は、故人と生計を一にしていた人となります。 生計を一にするというのは、ひとりの収入によって生活している関係を指します。 遺族年金を受け取るためには、このように生計維持関係が必要となります。 2、遺族年金の受給条件• 前でも述べたように、遺族基礎年金の受給資格は、子どもがいる場合のみです。 そのため、 再婚相手は、故人との間に子どもがいない場合、そもそも遺族基礎年金を受け取ることができません。 したがって、故人と元配偶者との間に子どもがいる場合、遺族基礎年金はその子どもに支給されます(ただし、支給されない場合もあります。 この場合、再婚相手への支給が停止等にならない限り、元配偶者の子どもは遺族基礎年金を受給できないとされています。 したがって、 再婚相手と元配偶者の双方に子どもがいる場合、再婚相手が優先されるため、再婚相手への支給が停止にならない限り、元配偶者の子どもには支給されません。 それでは、再婚相手には子どもがいない場合で元配偶者との間に子供がいる場合、優先順位はどうなるのでしょうか。 したがって、この場合、元配偶者の子は、再婚相手に優先して遺族厚生年金を支給されることになります。 再婚していなかったとしても、次に優先されるのは父母であり、 離婚した元配偶者には受給資格がありません。 詳細については、専門家にご相談ください。 4、遺族年金の注意点 名古屋オフィスの主なご相談エリア 愛知県:名古屋市中村区、名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村知多郡阿久比町、知多郡東浦町、知多郡南知多町、知多郡美浜町、知多郡武豊町、額田郡幸田町、北設楽郡設楽町、北設楽郡東栄町、北設楽郡豊根村 三重県:いなべ市、東員町、桑名市、木曽岬町、朝日町、川越町、菰野町、四日市市、鈴鹿市、亀山市、津市、松阪市 岐阜県:岐阜市、各務原市、海津市、大垣市、羽島市、墨俣町、瑞穂市、柳津町、神戸町、北方町、養老町、輪之内町、可児市、御嵩町、美濃加茂市、富加町、多治見市、土岐市、笠原町 長野県:飯田市、下伊那郡天龍村、下伊那郡売木村、下伊那郡根羽村、下伊那郡阿南町、下伊那郡泰阜村、下伊那郡下條村にお住まいの方•

次の