韓国 不買 運動。 韓国の“日本不買運動”は今どんな状況なのか。各種世論調査で分析してみた(慎武宏)

日本製品不買運動が続く韓国 現状はこんな感じだった【2019年10月現在】

韓国 不買 運動

人目のないオンラインの客が回復 ユニクロの復調ぶりを聯合ニュース(2020年1月5日付)「韓国の日本製品不買運動『下火』か ユニクロなどのアプリ利用者増加」がこう伝えている。 「韓国で広がった日本製品の不買運動が下火の兆候を見せている。 象徴的なターゲットとなったカジュアル衣料品店ユニクロなど日本ブランドのモバイルアプリの利用者数が、不買運動が起きる前の水準をほぼ回復したことが1月5日、わかった。 アプリ分析などを手がけるアイジーエイワークスによると、ユニクロアプリ(アンドロイド版)の昨年11月の月間利用者数(MAU)は68万8714人となり、不買運動以前の上半期(1~6月)の平均(71万1924人)に迫った」 これは不買運動以前の97%にまで回復したことになる。 ユニクロアプリ利用者は不買運動が本格化した昨年9月には27万6287人(39%)にまで落ち込んだから、急回復ぶりがうかがえる。 生活雑貨店「無印良品」のアプリの月間利用者数も昨年9月に2万9008人まで落ち込んだが、11月に4万4672人、12月に4万5523人に増加し、上半期の平均(5万4628人)の83%まで回復した。 いったいどうして不買運動が収まりつつあるのか。 聯合ニュースはこうした見方を紹介している。 「不買運動はオンライン市場にも大きな影響を与えたが、時間が経つにつれて話題性が薄れ、反日ムードは沈静化しているとの見方が出ている。 デジタルマーケティング業界の関係者は『オンラインの消費環境は周りの目を意識せざるを得ないオフライン店舗とは違う。 ユニクロの場合、主力商品のヒートテックのセールなど、年末の攻撃的なマーケティングもアプリ利用者数の増加を後押しした』と分析した」 ユニクロは昨年11月、6日間にわたって最大50%もの割引に加え、なにか1つでも商品を買うとヒートテックを無料でつけるという大出血セールを行った。 韓国中のユニクロ店舗が押すな押すなの盛況となり、10万枚のヒートテックが即日でなくなった。 当時、多くの韓国紙が、 「おまけ下着セール」 「ずる賢いマーケティング」 などと批判し、行列に並ぶ韓国国民に対して、 「愛国心がないのか。 日本のメディアが喜んでいる」 と訴える識者のコメントを載せるところもあった。 「100万円」大出血割引セールの日本車 ともあれ、ユニクロもひと息ついた形だが、まだ業績が元に戻ったわけでない。 中央日報(2020年1月5日付)「日本商品不買運動の余波で韓国ユニクロ運営会社の配当『0ウォン』」が苦しい状況をこう伝える。 「韓国のユニクロ運営会社FRLコリアが不買運動の余波で業績が悪化し、期末配当をしないことにした。 FRLコリアは昨年末に金融監督院電子公示システムに上げた監査報告書に、昨年3月~8月の業績を基準とした期末配当金を0ウォンと記載した。 同社は日本のファーストリテイリングが51%、韓国のロッテショッピングが49%の株式を持つが、2011年の設立以降で期末配当をしないのは今回が初めてだ」 さて、日本車の復活のほうはどうか。 朝鮮日報(2020年1月7日付)「日本車の販売台数、不買運動以前の水準回復」がこう伝える。 「韓国輸入自動車協会(KAIDA)は1月6日、日本車不買運動の影響で昨年の日本車の販売台数は3万6661台となり、前年を19%(約8600台)下回ったと発表した。 しかし、昨年11月以降、日本車の販売台数は徐々に回復している。 日本車は昨年12月に3670台を売り上げ、昨年7月に始まった不買運動以前の水準(=6月3946台)を回復した」 これは、不買運動以前の93%にまで回復したことになる。 昨年10月まで2000台以下にとどまっていた日本車の販売台数は、翌11月(2357台)から増加に転じた。 ホンダの主力モデル、アコードは値引きキャンペーンで昨年12月に前月比130%増の1045台を売り上げたほか、トヨタ、日産の販売台数もそれぞれ70%、12%増加した。 業界関係者は「日本車が年末にかけ値引きや景品イベントを実施した効果が表れた」と指摘したという。 ここでも、各日本車メーカーはユニクロ同様に大出血セールを行ったのだった。 昨年11月、各社は大割引セールを行った。 ホンダは約510万円の大型SUV「パイロット」を約140万安の約370万円で販売、在庫を完売した。 日産も約540万円のインフィニティを約140万円安の400万円で売り出すなど、ほとんどの車種に100万円近い割引セールを行なった。 「割引なし」に固執したトヨタでさえ、車を買った客に数十万円相当の給油チケットを提供するありさまだった。 韓国紙の中には、 「今日本車を買うなら、世界中で韓国が一番安い」 と報じるところもあった。 こうした大出血セールを行わずに韓国で日本製品が買われるかが、新年を迎えた日本企業の正念場だ。 (福田和郎).

次の

「日本製品の不買運動を!」SNSで呼びかけ、抗議デモも 韓国国民の本音は

韓国 不買 運動

世界の常識からして異常な光景ともとれる「韓国不買運動」を見て、つくづく週刊ポストの「韓国なんていらない」の記事のどこに?謝罪しなければならないころがあったのか?わからない・・・すべて正論です。 今からでも、不買運動の現状を掲載して、謝罪撤回しても良いのでは?とさえ思う。 確かに、この不買運動は日本企業にも影響を与えていることでしょう・・・・ 以前のような、韓国国民の一部が運動に参加しているのではなく、現在は間接的な人も入れて、 67%の韓国国民が不買運動に参加しているのも事実だと思います。 でも筆者は、再び「だから何?」となる 「日本の経済挑発に対する復讐」とのことですが、そもそもの「ホワイト国除外の真相」をどれだけの韓国国民が理解しているのか?・・気になるところです。 現在も韓国に住んでいる、会社員時代の日本人の友人に話を聞くと、反日の雰囲気が友人のような無関心な人まで巻き込み不買運動に繋がっているみたいです。 「周りが買わないから、私も控えよう」的なことですね。 チョ・グクを中心とした不買運動からの安倍政権への責任追及の論点すり替えなど、文政権も不買運動に積極的に仕掛け、社会主義国へまっしぐらの大韓民国 このまま韓国という国がなくなる危機感は、韓国国民にはないのか? 本当に不思議です・・・だって日本人では考えられないことだから。 不買運動の行動が世界に発信されたことで、マイナスの影響を受けるのは日本ではなく韓国ということに、本当に韓国国民は気づかないのでしょうか? ホワイト国除外の理由?正式に聞いてますか?不買運動に参加している韓国国民さん? 日本から韓国への輸出品の中にある軍事転用も可能な物資を、韓国(文政権)が第三国へ「横流し」していました・・・それらを韓国がイランの石油と「物資交換」行ったり、北朝鮮には「瀬どり」などで「横流し」していたのです。 この事実について日本が韓国側に説明を求めたところ、まともな回答を頂くことが出来なかったので、日本側が韓国への管理を強めた結果がホワイト国除外です。 「横流し」をする韓国をホワイト国にしていたら、日本の他国へのホワイト国としての信用も崩れますから、当然の措置です。 韓国にはただ感情で動くのではなく、論点を整理して正しい土俵の上で戦いましょう・・・と言いたいです。 「韓国不買運動」海外の反応 日韓の両国の対立を海外、特に中立の米国はいかに伝えているのか? 米メディアは、最初は中立の考えで「どっちもどっち」というスタンスをとり、不買運動からのそれぞれの行動を報道しました。 ニューヨーク・タイムズのような、反安倍のメディアに関しては「今回の対立の原因は日本の植民地的占領と、徴用工や慰安問題などが未解決により起こったもの」という、お決まりの報道もありましたが、米メディア全体的には日韓政府の主張を両論並記するなどのスタンスでしたね。 その他の米国メディアは、国民レベルでの対立についても、日韓両方の現状を均等に伝えようというしていました。 まずは韓国側の不買運動の現状を各米国メディアが報道 日本大使館への抗議行進、反安倍のプラカードを掲げて集まる大群衆、日本の国旗を破いたり焼いたり、ユニクロに代表される衣服やアサヒなどの日本製ビール、化粧品、自動車などの日本製品ボイコット、などなど ショッキングなところでは、日本の大使館に車で突っ込む異常者まで大々的に報道されました。 日本で言うところの日経新聞的な存在の、ウォール・ストリート・ジャーナルは8月19日付の記事で「韓国のボイコットでは日本のハローキティまでが排除される」という記事を掲載していましたね・・・「韓国と日本の貿易戦争は、キャラクターにまで飛び火した!」とまで言いたいのでしょう。 米国各メディアは「これでもか!」と言うほど、しっかり韓国側の日本叩きを報じました・・・。 そして、これらの記事を読んだ米国や他国の人たちは日本の反論運動に期待していましたが、 日本の韓国叩きの報道や掲載などは見当たりません 理由は明らかであり、 日本人にはそのような感覚が皆無だからです。 最初から国民的なレベルでも韓国叩きの動きなどは出てきません・・・今回の米国メディアの報道で、日韓の国民の反応が非対称であるという「現実」が浮かび上がったとも言えます。 これは、 感情的で異常な韓国人と論理的で正常な日本人といったところかな 結局、韓国の不買運動は世界的にはまず受け入れられることはない、恥ずかしい行為なのです。 韓国人の国民性を知った世界からは、これまでの投資が引き上げられています・・・その現状がそのままウォン安に繋がっており、韓国という国のデフォルトの可能性も非常に高くなってきました。 韓国のプロパガンダ戦略 ただ、今の不買運動は、 周囲の影響に流されて参加している韓国国民が多いのが事実です・・・。 周囲の影響とは、韓国政府の文政権であり、その他では 反日プロパガンダ映画ですね 特に最近で酷いのは、日本の俳優である 北村一輝も出演している『鳳梧洞戦闘』です! この映画で北村一輝は、冷酷な表情で生きた虎をナイフで突きながら、部下の報告を聞く日本軍の将校の安川少佐を演じています。 意図的に、公開された反日プロパガンダ映画は韓国で大ヒットしており、このまま世界でも公開されます。 先日も問題となった慰安婦を題材とした韓国のプロパガンダ映画『主戦場』は、日本側の関係者から提訴されていますが、こちらの映画『鳳梧洞戦闘』は、日本政府が訴えるレベルだと思いますよ。 でも、 これらの韓国のプロパガンダに加担しているのは日本の左翼なんですよね・・・ 本当の敵は日本にいるのです。 北村が演じている安川二郎少佐は、冷酷無比な殺人マシーンです。 他に池内博之(42)も出演。 準主役の北村、公式HPに報告なし。 例えば「不買運動」の横で「文政権退陣」のデモがさらに大きな規模で行われていることを、日本のメディアではFNN以外は報道していません? 実は10月3日には「反文政権で集まる人の規模が100万人になる可能性がある」とネットでは報じられているが、日本のメディアはそれもシカトを決め込むつもりなのか? そろそろ日本政府も新しい放送法案を考えないといけないかと思う 公共放送はもちろんのこと、民放各局、さらには電通も含めて、「正しい放送を義務付けさせる法案」を作るべきです NHK内部や電通のことなどにも詳しいN国の立花さん辺りがやると早そうなのだが・・・・韓国の暴動や反日を正当化して、現在の韓国を創っているのは日本の左翼です! それにより大きな被害を受けるのは、韓国国民ですから 韓国への内政干渉は国際問題になるので、日本は日本国内で出来ることはやりましょう!.

次の

韓国不買運動のリストと影響ブーメラン!日本は影響なしと言える?

韓国 不買 運動

人目のないオンラインの客が回復 ユニクロの復調ぶりを聯合ニュース(2020年1月5日付)「韓国の日本製品不買運動『下火』か ユニクロなどのアプリ利用者増加」がこう伝えている。 「韓国で広がった日本製品の不買運動が下火の兆候を見せている。 象徴的なターゲットとなったカジュアル衣料品店ユニクロなど日本ブランドのモバイルアプリの利用者数が、不買運動が起きる前の水準をほぼ回復したことが1月5日、わかった。 アプリ分析などを手がけるアイジーエイワークスによると、ユニクロアプリ(アンドロイド版)の昨年11月の月間利用者数(MAU)は68万8714人となり、不買運動以前の上半期(1~6月)の平均(71万1924人)に迫った」 これは不買運動以前の97%にまで回復したことになる。 ユニクロアプリ利用者は不買運動が本格化した昨年9月には27万6287人(39%)にまで落ち込んだから、急回復ぶりがうかがえる。 生活雑貨店「無印良品」のアプリの月間利用者数も昨年9月に2万9008人まで落ち込んだが、11月に4万4672人、12月に4万5523人に増加し、上半期の平均(5万4628人)の83%まで回復した。 いったいどうして不買運動が収まりつつあるのか。 聯合ニュースはこうした見方を紹介している。 「不買運動はオンライン市場にも大きな影響を与えたが、時間が経つにつれて話題性が薄れ、反日ムードは沈静化しているとの見方が出ている。 デジタルマーケティング業界の関係者は『オンラインの消費環境は周りの目を意識せざるを得ないオフライン店舗とは違う。 ユニクロの場合、主力商品のヒートテックのセールなど、年末の攻撃的なマーケティングもアプリ利用者数の増加を後押しした』と分析した」 ユニクロは昨年11月、6日間にわたって最大50%もの割引に加え、なにか1つでも商品を買うとヒートテックを無料でつけるという大出血セールを行った。 韓国中のユニクロ店舗が押すな押すなの盛況となり、10万枚のヒートテックが即日でなくなった。 当時、多くの韓国紙が、 「おまけ下着セール」 「ずる賢いマーケティング」 などと批判し、行列に並ぶ韓国国民に対して、 「愛国心がないのか。 日本のメディアが喜んでいる」 と訴える識者のコメントを載せるところもあった。 「100万円」大出血割引セールの日本車 ともあれ、ユニクロもひと息ついた形だが、まだ業績が元に戻ったわけでない。 中央日報(2020年1月5日付)「日本商品不買運動の余波で韓国ユニクロ運営会社の配当『0ウォン』」が苦しい状況をこう伝える。 「韓国のユニクロ運営会社FRLコリアが不買運動の余波で業績が悪化し、期末配当をしないことにした。 FRLコリアは昨年末に金融監督院電子公示システムに上げた監査報告書に、昨年3月~8月の業績を基準とした期末配当金を0ウォンと記載した。 同社は日本のファーストリテイリングが51%、韓国のロッテショッピングが49%の株式を持つが、2011年の設立以降で期末配当をしないのは今回が初めてだ」 さて、日本車の復活のほうはどうか。 朝鮮日報(2020年1月7日付)「日本車の販売台数、不買運動以前の水準回復」がこう伝える。 「韓国輸入自動車協会(KAIDA)は1月6日、日本車不買運動の影響で昨年の日本車の販売台数は3万6661台となり、前年を19%(約8600台)下回ったと発表した。 しかし、昨年11月以降、日本車の販売台数は徐々に回復している。 日本車は昨年12月に3670台を売り上げ、昨年7月に始まった不買運動以前の水準(=6月3946台)を回復した」 これは、不買運動以前の93%にまで回復したことになる。 昨年10月まで2000台以下にとどまっていた日本車の販売台数は、翌11月(2357台)から増加に転じた。 ホンダの主力モデル、アコードは値引きキャンペーンで昨年12月に前月比130%増の1045台を売り上げたほか、トヨタ、日産の販売台数もそれぞれ70%、12%増加した。 業界関係者は「日本車が年末にかけ値引きや景品イベントを実施した効果が表れた」と指摘したという。 ここでも、各日本車メーカーはユニクロ同様に大出血セールを行ったのだった。 昨年11月、各社は大割引セールを行った。 ホンダは約510万円の大型SUV「パイロット」を約140万安の約370万円で販売、在庫を完売した。 日産も約540万円のインフィニティを約140万円安の400万円で売り出すなど、ほとんどの車種に100万円近い割引セールを行なった。 「割引なし」に固執したトヨタでさえ、車を買った客に数十万円相当の給油チケットを提供するありさまだった。 韓国紙の中には、 「今日本車を買うなら、世界中で韓国が一番安い」 と報じるところもあった。 こうした大出血セールを行わずに韓国で日本製品が買われるかが、新年を迎えた日本企業の正念場だ。 (福田和郎).

次の