メロンパン クッキー 生地。 さくさくフワフワのメロンパン

日本発祥の菓子パン【高級メロンパン18選】歴史や名前の由来から、有名専門店やお取り寄せ・通販できるハイレベルなメロンパンまで

メロンパン クッキー 生地

簡単なようで意外と難しいメロンパンの皮について解説していきます。 どのように難しいかといいますと、漠然と違和感を感じてしまうことがあります。 この現因は、メロン皮の仕込みにあると思います。 多くの方は、クッキーと同じように仕込んでしまいます。 良いクッキーは、さっくりと口どけの良い製品を目指します。 一方、メロンパンの皮はザクザクと固い食感で、口どけはあまり良くありません。 しかしそこに菓子パン生地が加わることで絶妙な食感を生み出します。 どういうことかと言いますと、一番影響しているのは練りの工程だと考えます。 つまり練ることによってグルテンを引き出して強い歯ごたえを与えるのです。 ここを意識することで、かなり目指していた食感に近づくと思います。 スポンサードリンク メロンの皮|レシピ バター…150g グラニュー糖…260g 卵…150g 薄力粉…480g バニラオイル…適宜 レモンの皮のすりおろし…適宜 バターは常温に戻したものを使います。 バターとグラニュー糖をすり混ぜ、そこに卵を数回に分け混ぜ込んでいきます。 ここでは、バターをホイップする必要はありません。 分離しない程度に混ぜていきます。 そこにバニラ、レモンの皮を投入して全体を混ぜ合わせておきます。 さらにふるった薄力粉を入れ、最初はさっくり混ぜひと固まりになったら作業台の上で多少弾力が出るまで混ぜます。 冷却効率を考え、薄く延ばしたり、棒状にしたりして最低一時間は冷蔵庫で冷却します。 冷却した生地は、固く閉まっているのでさらに練って適度な硬さにして使います。 まとめ 簡単なようで難しいメロン皮の解説をいたしました。 このように、配合だけで食感が決定されているのではなく仕込み方で大きく変化する良い例だと思います。 目指す製品をしっかりイメージして、そこへ向かって作り上げていく。 そうすることで、より明確な製品の姿が確立されていくと思います。 偶然出来上がったものと日々の積み重ねによって確立されたものでは、作り手の思い入れに大きな差が出てくるのではないでしょうか。 私は、後者の方につよい魅力を感じます。 そして、職人にはそこを目指してほしいと考えています。 日々の仕込みの中で、つい惰性に流されがちですが今一度見直してみるきっかけになればと考えています。 合わせてお読みいただきたいページ カスタードクリームのレシピを解説していきます。 バタークリームの製法を解説していきます。 ボンブと言って卵黄にシロップを加えながらホイップした物を利用したバタークリームの解説をしていきます。 チョコレートクリームのレシピを解説していきます。 シュトーレンなどに使うローマジパンですが実は簡単に手作りできます。 その製法をご紹介いたします。 カスタードクリームやシャンティークリームを組み合わせて新たなクリームに仕上げていきます。 あまり手作りする機会はありませんが、覚えておくと何かと役に立つと思うオレンジピールの作り方をご紹介いたします。 簡単な渋皮煮の作り方をご紹介します。 ここでは、パンとの相性を意識してバニラビーンズで香り付けしていきます。

次の

さくさくフワフワのメロンパン

メロンパン クッキー 生地

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年7月) にのパン職人イワン・サゴヤンがフランスの焼き菓子を元に発明したという説がある。 ののホテルニューハルビンからがに引き抜いたイワン・サゴヤンは、のの元宮廷料理人であったため、と風パン パン 両方の製法に精通していた。 そうした様々な技法や食感のパンを組み合わせるロシアの伝統から、メロンパンは生まれたとされる。 その他、駒込木村屋の店主・三代川菊次による、新しい菓子パンの登録(昭和5年)が製法や形状が現在のメロンパンに類似しており、これをルーツとする説がある。 他に経由で日本に入ってきたの菓子「」とも、ドイツの菓子「 ()」とも言われている。 また、やには「」(パイナップルパン)と呼ばれるメロンパンに酷似したパンが存在し、起源を同じくすると考えられる。 紡錘形のメロンパン [ ] 広島県呉市のメロンパン によると、1952年に同組合の前身である神戸消費組合のパン職人が用のキャップを見てひらめいたのが紡錘形メロンパンの始まりだという。 円形のものとは違ってビスケット生地は使わず、中にはを加えたが入っている。 店などで使われるライスを成型するのに用いる食型で成型して焼き上げていたため、この当時のメロンパンはを縦に割ったようなをしていた。 上に乗ったビスケット生地の表面には数本の溝が付き、この形が、メロンの亜種であり、当時「メロン」として売られていたに似ていることからメロンパンという名で呼ばれるようになった。 やなどで売られているものは、中には白餡が入っている。 になっても白餡入り紡錘形のタイプは製造販売されており、大阪府下のスーパーなどの小売店でも、兵庫県内の工場で大量生産された物やビスケット生地を乗せたものも含め、販売されている例は少なくない。 では、前から、入りのメロンパンも作られている。 また11年 創業の呉市の老舗パン店「メロンパン 」への取材からは、かつて業務用調理器具「メロン型」 のランチに添えるライスを成型するための金属製で紡錘形のライス抜き型の を使ってを成型していたので、メロンパンと命名されたと推察される。 円形のメロンパン [ ] 表面部分の断面 1930年代に、の形を真似て、で上にビスケット生地を乗せたパン、 サンライズが誕生した。 神戸に本店のある金生堂の呉支店がの放射状の線を付けていたことからサンライズと呼称した。 放射状の線より格子状の線が付けやすいので、現在の形になった。 これが一般化するにつれ、旧来の紡錘形のメロンパンは次第に姿を消していった。 また、に入りが日本に輸入されるようになると、「メロン」という言葉で丸いマスクメロンが連想されるようになる。 サンライズと上記のメロンパンは別物だったが、マスクメロンに形が似ているサンライズも混同されてメロンパンと呼ばれるようになった。 大手の製パン業者もこれに倣い、それまでサンライズという名で製造していたものをメロンパンと改めた。 2000年以降では、自動車を使っての方式で円形のメロンパンのみを実演販売する専門店が増えている。 (地域は含まず)の一部店舗では、現在でも円形のサンライズと紡錘形のメロンパンの両方が製造・販売されている。 また、神戸や京都などではサンライズを「サンライス」と呼ぶ人も少なくない。 他方、やは本社を広島県に持つため、「サンライズ」が販売されている。 その他のメロンパン(その他の形) [ ] その他にも、円形のものを中心としたメロンパンの変種が次々と作られる中で、中にはメロンの形とは全く無関係のや楕円形などの形をしたメロンパンも登場している。 型のメロンパンもある。 また、表面にビスケット生地が乗せられてはいるものの、平行線が付けられているなどメロンの表面の模様を全くイメージしていないものも多い。 また、円形の物が亀甲をイメージしやすいのと語呂合わせの容易さから、頭・四肢・尾を付けた【カメロンパン】がある。 脚注 [ ] []• これは初の円形メロンパンがサンライズと言う商品名称である事が由来となっている。 - メロンパンとサンライズの呼称による日本地図• 2018年2月20日閲覧• 2018年2月20日閲覧• コープこうべネット. 2014年10月22日閲覧。 神戸新聞NEXT. 2016年10月12日閲覧。 「週間トマト&テレビ京都」(:2011年1月14日発行)• Itoh, Mika 2010年8月13日. 「広島ニュース 食べタインジャー」. DiamondLife合同会社. 2014年10月22日閲覧。 広島県呉市に本店があるパン屋さんの店名• 澁川祐子 2013年3月8日. JBpress. 2018年2月19日閲覧。 , p. 127. , p. 128. 2018年4月6日閲覧。 参考文献 [ ]• 澁川祐子 『ニッポン定番メニュー事始め』 、2013年。 締木信太郎 『パンの百科』 〈〉、1980年。 『メロンパンの真実』 、2004年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - メロンパンに似た形状、製法をしたのパン.

次の

日本発祥の菓子パン【高級メロンパン18選】歴史や名前の由来から、有名専門店やお取り寄せ・通販できるハイレベルなメロンパンまで

メロンパン クッキー 生地

室温で柔らかくしたバターに砂糖を加えて、しっかり混ぜ合わせます。 混ざり合ったら、溶き卵を2~3回に分けて加え、その都度分離しないようにしっかり混ぜ合わせます。 卵を加え終わったら、レモンの皮とバニラエセンスも加え、混ぜ合わせます。 最後にふるいにかけたおいた薄力粉を一気に加え、捏ねないようにヘラで切るように、粉っぽさが無くなるよに混ぜ合わせます。 混ざり合ったらひと塊にして、冷蔵庫で30分くらい冷やし、バターと小麦粉を馴染ませます。 30分後、2等分にして丸め、サランラップに包んで冷蔵庫で冷やしておきます。 生地はいつもと同じ、ホームベーカリーの生地コースを使って作ります。 バター以外の材料を入れて7分くらい捏ねた後、バターを加えさらに6分くらい捏ねます。 2倍の大きさになったら軽くガス抜きをして、再度2倍の大きさになるよに発酵させます。 一次発酵が終わったら、生地を分割し、丸めてベンチタイムを取ります。 ベンチタイム中にクッキー生地を、直径10~11cmくらいになるよに、サランラップで挟んで麺棒で伸ばします。 ベンチタイムが終わったら、クッキー生地をの上に乗せて、サランラップを付けたまま丸めて、クッキー生地を貼り付けます。 クッキー生地を付けたら、グラニュー糖を表面に付けます。 クッキングシートの上に乗せて、スケッパーや包丁の背などを使い格子柄を付けます。 完成 さくさくメロンパンの完成です。 クッキー生地はカリカリ、中はフワフワです。

次の