軽 トラ レンタル。 軽トラのレンタルの最も安く便利な最強の借り方

引越しレンタカー格安、墨田・江東・足立・江戸川

軽 トラ レンタル

ダイハツ ハイゼットトラック スタンダード 2WD 4速オートマチック エアコン&パワステ付き 車両本体価格 928,800円(消費税込) ダイハツ ミライース L 2WD CVT 車両本体価格 874,800円(消費税込) ダイハツの軽自動車を参考に見てみると、 5万円以上軽トラックの方が高い価格です。 さらに、軽トラックのハイゼットには、パワーウインドウや集中ドアロックなどの快適装備が装備されず、乗用タイプのミライースには標準装備されますので、価格以上の差があります。 新車価格が高いため、レンタカー料金も高くなる傾向にあり、レンタカーでは、軽乗用タイプのクルマに比べ、軽トラックのレンタカー需要は高くないため、軽トラックレンタカー料金はさらに高く設定される傾向にあります。 参考: 格安で軽トラックは所有できる? 自宅に保管場所が確保でき、年に数回軽トラックを使用する目的がある場合、「新車の軽トラックは要らないけど、中古で安いのないかなぁ」と軽トラックを格安で持ちたい方も少なくありません。 しかし、軽トラックの場合は、途中で下取りに出して乗り換えるよりも、乗り潰すユーザーが多いため、 なかなか年式が新しく良質な中古車が市場に出てきません。 近年、軽トラックをレンタカーとして取り扱うレンタカー会社が増えているため、レンタカーとしての使用期間を終えたレンタアップの軽トラックが中古車市場に出ていますので、比較的走行距離の少ない良質な軽トラックが販売されています。 それでも、5年落ちのオートマチックタイプなら車両価格で50万円前後、支払総額で60万円前後の価格で、新車価格を考えると高価になります。 支払総額20万円前後で軽トラックを狙う場合には、20年以上前の軽トラックで4速マニュアル車、走行距離は10万キロ以上走行しているなど、乗用車なら廃車扱いにされてもおかしくないような程度の軽トラックになります。 年に数回の利用のために、約20万円支払って格安の軽トラックを購入するよりも、 軽トラックをレンタルした方が、お得になると考えます。 軽トラックを購入し所有すれば、税金や保険、車検費用も当然かかります。 レンタカーの場合には、これらの諸費用はレンタル料金に全て含まれています。 参考:中古車情報グーネット Goo-net 軽トラックのレンタカー料金比較 軽トラックをレンタルする際には、トヨタレンタリースやニッポンレンタカーなどの大手レンタカー会社と、ニコニコレンタカーやガッツレンタカーなどの格安レンタカー会社の選択によって、レンタカー料金が大きく違ってきます。 なぜ、大手レンタカー会社と格安レンタカー会社のレンタカーの料金が違うのか? 大きな理由は、 大手レンタカー会社は新車をレンタカーとして導入しているのに対して、格安レンタカー会社は、大手レンタカー会社で使い終わったレンタアップのクルマを中古で購入して導入するなど、中古車をレンタカーとして提供しているためです。 ニッポンレンタカーは、割安な3時間レンタル料金を設定し、短時間の利用に対応しています。 2日目以降の料金や超過料金も各社ほぼ同価格ですが、タイムズレンタカーは若干高めの設定です。 特に、ガッツレンタカーの場合は、1週間レンタルしても、大手レンタカー会社の2日分の料金に満たない安さです。 ガッツレンタカーには、24時間未満の料金設定がありませんが、ニッポンレンタカーの3時間レンタル料金よりも安い価格で24時間レンタル可能ですので、短時間の使用で返却しても損しません。 走行距離規定があり、レンタル料金が安いからと言ってもガンガン走り続けると超過料金が必要になります。 しかし、軽トラックを使いたい場合は、近場で短時間の利用ケースが多いと考えられますので、心配する項目ではないと考え、全国規模で展開しているレンタカー会社の中では非常に安い価格でレンタルできると考えられます。 大手レンタカー会社で軽トラックをレンタルするメリットとデメリット 格安レンタカー会社で軽トラックをレンタルするデメリットは、全国展開するレンタカー会社でも、店舗が少ない、店舗の規模が小さいなど、同じ県内にあってもなかなか遠くて行くことができない場合もあります。 また、全店舗で軽トラックを取り扱っているわけではありませんので、事前に確認が必要です。 さらには、余裕をもって予約しておく必要があり、保有台数に限りがあるため、借りたいときに借りることが出来ない場合もあります。 ガッツレンタカーでは、万一の事故の際に事故免責金額を0にすることができる免責補償制度はありますが、レンタカーを使えないための 休業補償であるノンオペレーションチャージを0にする契約がありません。 さらに、自走不可能な場合のノンオペレーションチャージの金額は他のレンタカー会社と同じ5万円ですが、自走して営業所に返還した場合でも3万円請求されます。 ニコニコレンタカーを含む他のレンタカー会社では2万円です。 免責補償制度とは? レンタカーには、大手レンタカー会社、格安レンタカー会社問わずに、対人対物賠償の任意保険が付いております。 しかし、事故の際に保険を使う場合には、対人で5万円、対物で5万円、最大10万円(軽自動車、普通車クラス、各社ほぼ共通)の免責金が必要となります。 この免責金額を支払わなくても良い制度が免責補償制度です。 免責補償制度に加入しても、休業補償のノンオペレーションチャージの支払は必要で、さらに、以下の場合には、保険・補償が適用されません。 警察に事故の届け出を行わなった場合• 出発時に申し出た方以外の方が運転して起こした事故• 無免許運転や酒気帯び運転による事故• レンタル期間を無断で延滞して使用した場合の事故• その他、キーを付けっぱなしにして盗難に遭った場合など貸渡約款に違反した場合 ノンオペレーションチャージとは? レンタカーで事故をおこして、修理が必要など、レンタカー会社がそのクルマを次のお客様に貸し出すことが出来ない場合には、 休業補償としてノンオペレーションチャージが請求されます。 各社ほぼ共通で、レンタカーで返却予定の営業所に自走で帰ってきた場合には2万円、自走不可の場合、また、自走可能でも路上放置の場合は5万円が請求されます。 車内の汚損や、盗難、こちらが悪くないもらい事故においてもノンオペレーションチャージは必要になります。 以前は、必ず必要だったノンオペレーションチャージですが、ノンオペレーションチャージを免除する制度は出ています。 今回紹介した、トヨタレンタリース、ニッポンレンタカー、オリックスレンタカー、ニコニコレンタカーでノンオペレーションチャージを0にする補償制度があります。 料金は、免責補償制度加入が必須で、プラス432円から648円(24時間)です。 免責補償とノンオペレーションチャージを0にする補償制度を付帯するためには、1日あたり約1,500円前後の免責補償料金が必要になります。 なお、レンタカー会社によっては事故の際のみ対象とする場合など内容が各社異なりますので、事前にご確認ください。 ただし、自走可能にもかかわらず路上放置した場合には、ノンオペレーションチャージ5万円が請求されます。 まとめ.

次の

軽トラのレンタカー 料金も10分100円

軽 トラ レンタル

引越し軽トラックのレンタルなら ニホンレンタカー 引越し軽トラックのレンタルなら ニッポンレンタカー 1人分の少ない荷物を格安激安料金で運びたいという方向けのサイト。 近距離なら自分で運べば単身パックより安い費用ですむかも。 軽トラックの貸し出しといえば やっぱりニホンレンタカー このサイトでは、激安格安料金で運搬車輌を借りたいという方向けに、日本全国で自動車の貸し出しサービスを提供している国内最大級の会社を紹介しています。 ただし、自分で荷物を運ぶのにはそれなりのリスクもあります。 素人が運ぶため家具に傷が付く、荷物の量に適切なトラックのサイズがわからない、といった点です。 また、思いのほか、洗濯機の取り付けにてこずったりすることもあります。 それらを理解した上で、レンタカーを利用して自分で運ぶのか、引越し業者に依頼するのか、決めてくださいね。 引越し一括見積もりを利用する手も 引越しというものは、ほとんどの人がそう多く経験するものではないですし、初めてで勝手がわからない方も多いのではないでしょうか?そんな方は、まずは一括見積もりで料金の比較から。 少しでも安い料金、欲を言えば激安料金で請け負ってもらいたいという気持ちはみんな同じ。 荷造りなどの準備や各種手続きもあって忙しいかもしれませんが、しっかり各社を比較してから依頼先を決めて満足できる引越しにしましょう。 まずは相見積もりから 一人暮らしの引越しであれば単身パックの引越しを利用するのが手っ取り早くて価格も比較的リーズナブルにおさえることができます。 最近では単身パックはどの業者でも人気の商品のようで、アート引越しやサカイなどのような引越し専門業者では必ず格安な単身パックが設けられていますし、赤帽などの運送業者でも中規模以上の企業であればプランを設定しています。 単身パックを考えているなら何よりもまず合い見積もりを取ることが重要です。 これは単身パックの引越しに限ったことではありませんが、引越しというものは通常はそうそう日常的に行うものではありませんからどの程度の料金が妥当なのか、いわゆる相場がなかなかつかみにくいものです。 また全く同じ内容でも引越し業者や運送業者によってまったく料金が異なってくることもしょっちゅうあります。 こうした引越し料金のバラツキは各社それなりの理由があるとしても素人にはどこがどう違うのかさっぱりわかりません。 サービス内容はともかく「安ければどこでもいい」というスタンスの場合であればそれこそ料金はピンからキリまであると言っていいでしょう。 いずれにしても単身パックでの引越しを考えているのであれば、充分な時間的余裕を持って相見積もりを取りましょう。 その際に他の業者で見積もりの出ているところがすでにあれば、この業者はこの価格で出してきたと具体的に数字を言う方が見積もりを出す引越し業者としても作業が楽になり、話が早く進みます。 一括見積もりが便利 単身パックで引越しをしようとして合い見積もりを取るのが面倒だ、あるいは時間がないというような場合にはインターネット上の引越し一括見積もりシステムを利用すると手間が省けます。 「引越し」「単身パック」「見積もり」「一括」などの複数のキーワードで検索すれば多くの引越し一括見積もりのサイトがヒットします。 こうしたインターネット上の引越し一括見積もりシステムでは5社以上の業者に一度で見積もりを請求することができるような場合が多いようです。 あらかじめ見積もりを請求する対象が数社の業者に限定されている場合もあれば、専業、兼業を問わず非常におおくの引越し業者から選択できるようになっている大掛かりなサイトもあります。 こうした引越し一括見積もりシステムではまず引っ越しプランがファミリータイプであるのか単身パックであるのか、または特定の家財のみを運搬するのかを選択します。 次に引越しの出発地点と到着地点の住所もしくは郵便番号などを記入し、引越しする人数(単身パックの場合は当然1人となります)、引越し予定日や予定期間、また時間の希望があれば一緒に記入します。 その後見積もりを希望する業者を選択します。 ピアノの移動やエアコンの取り外し・取り付け作業などを依頼するのであればオプションで記入できる場合もあります。 また見積もりの方法もメールで送ってもらう方法や、電話で回答をもらう方法、担当者に直に出向いてきてもらう方法などが選べます。 引越し業者の違い 一口に単身パックの引越し業者といっても各業者の内容や規模は様々です。 引越し業者を選ぶ場合に最低限知っておきたい基礎知識を説明しましょう。 まず引越しを行う業者にはアート引越しやサカイ、ハート引越しなどといった引越し専門業者と、赤帽などのような本来は運送業を専門としている兼業業者とがあります。 運送業者の場合には通常は本職である運送のみを行い、引越しの依頼があったときだけ引越しも行うということになります。 最近ではいずれの業者でも単身パックを設定している場合がほとんどです。 引越し専門業者の特徴は、引越しに使用する自動車も引越し専用に作られている場合が多く、設備や引越し資材、引越し作業員の教育や技術なども充実しています。 荷造りから搬出、搬入、荷解き、掃除などに至るまでまるまる依頼することも可能で、仕事などで荷造りの時間もままならないような人でも全てお任せの単身パックもあります。 一方の兼業業者の場合にはあまり細かな注文には応じられない場合もありますが、搬出や搬入などは基本的に全てやってくれます。 またその分、兼業業者の場合は引越し専門業者と比較して価格的に安いというメリットがあります。 引越し専門業者にしても兼業業者にしても全国規模で事業を展開している場合と地域密着型で活動している場合とがあります。 移動距離が大きい場合には全国展開している業者の方が安心ですが、近距離の単身パックや同じ町内などの移動では地域密着型の業者の方が場慣れして、より融通がきくようです。 引越し業者の規模 単身引越しパックを依頼する業者の規模も意外と重要です。 アート引越しやハート引越し、サカイなどの大手の場合には引越しの営業担当と実際に引越しを行うスタッフは全く別のセクションに属しています。 営業担当者が実際の引越し作業に加わることはありません。 また大手の業者は様々な媒体で大規模な広告を行っていますのでその分の費用が料金に反映されて価格的には高めとなります。 規模中堅程度あるいは小さな引越し業者では地域密着型がほとんどですが、軽貨物引越し業社などは規模が小さい代わりに料金的にはかなり安く交渉できる場合があります。 特に単身パックなどでは大きなトラックは必要としませんので軽貨物引越し業者などは狙い目かもしれません。 受注をするスタッフがそのまま引越し作業を行う場合もあり、意思の疎通もスムーズでスピーディーな対応が期待できます。 引越し業者の規模の違いによるサービス内容のグレードの差はあまり考える必要はないでしょう。 大手ではあってもスタッフによっては仕事内容にバラツキが出ることもありますし、中堅や小さな引越し業者が見積もりの割には非常に決めの細かな作業を行ってくれる場合もあります。 こうしたサービス面の善し悪しについてはなかなか事前に把握できないことが多いのですが、最近はインターネット上で各引越し業者の単身パックに関して口コミを集めたサイトなどもありますので一応の目安として参考にするといいでしょう。 ただし繁忙期などにはどうしてもスタッフのやりくりが追いつかず、どの引越し業者に単身パックを依頼したとしてもサービスが多少雑になるリスクがあるようです。 営業マンについて 単身パックなどでも大手の引越し業者の場合では前もって営業マンが直接自宅に見積もりにくる場合が多いようですが、このときの営業マンの態度や説明は注意して観察しておきましょう。 おおざっぱな説明しかしないような場合や、好感の持てないような印象であればまずその引越し業者は「ハズレ」だと考えて選択肢から外していいでしょう。 教育の行き届いた引越し業者では実際の引越し作業の内容はもちろん、営業マンの対応についてもきめ細かなサービスが期待できます。 わざわざ高い金額を払って大手の引越し業者に依頼する以上は、お客は丁寧な対応を期待して当然です。 単身パックの場合には荷物の量も限られますので自動車もそれほど大きなものは使用しません。 単身パックでは特にコンテナ風のボックスに荷物を納めて移動するようなタイプの引越しもよくあります。 最初に営業マンが見積もりに来た際にこうした移動用のボックスやダンボールなどの資材を「無料だから」と言って置いていく場合がよくありますが、これは後々見積もりを値切りにくく、あるいは断りづらくなってしまうので、発注を決定しているとき以外ははっきりと断っておきましょう。 また引越しは単身パックといえども運送中の家財の破損などの事故が付き物です。 特に長距離の引越しの場合には100%うまく行く引越しの方が少ないぐらいですから、万が一の破損や遺失事故などの場合の補償に関しても必ず説明を受けて確認しておきましょう。 単身パックの平均的内容 引越し業者の単身パックの平均的な内容はどのようなものでしょうか。 各単身パックの基準は引越し業者でまちまちですが、いくつか例をあげて見てみましょう。 まず荷物量別に見ると、クロネコヤマトの「単身引越しサービス2M3ボックス」の場合、家具や荷物は縦・横・高さの3辺が2メートル以内の荷物量という規定になっています。 佐川引越しセンターの「単品引越し・ツーマン引越し作業 」では縦・横・高さの3辺の合計が3. 6メートル以内、日通のその名も「単身パック」はSとLの容量から選べて、Sパックは縦・横・高さがそれぞれ7. 4・1. 08・1. 54メートルで、Lパックは縦・横・高さがそれぞれ1. 04・1. 04・1. 74メートルとなっています。 また引越し業者によってはこうした全容量制ではなく、規定のダンボール10個、布団袋1枚、ハンガーボックス1ケース、以上が軽トラックに積める範囲などという内容になっている場合もあります。 素人が自分の荷物の全容量を把握することはかなり難しいことですから、こういった場合には直接営業マンに来てもらって荷物の量を確認してもらう方が確実です。 このように単身パックといっても積める容量によって料金が変わってきますからある程度細かな範囲まで容量を確認しておかないと見積もりに大きな差が出てくる場合があります。 またフタッフの数ではたいていがドライバーを含む2名で、個人経営の運送業者ではドライバーのみ1名という場合もあります。 1名の場合には料金は格安になりますが、搬出や搬入は依頼者が手伝う必要があります。 引越し料金を安くする 単身パックの引越し料金を安く上げるには、合い見積もりを取ってうまく駆け引きすることが最も重要なポイントとなりますが、その他にも工夫次第で引越し料金を引き下げる方法があります。 まず第1の方法は荷物を減らすことです。 単身者といえども荷物が多い人は結構多くいます。 しかし単身パックは積める荷物にも制限があります。 ここは引越しをいい機会だととらえて荷物を減らすことを考えましょう。 衣類などは2〜3年に渡って着用していないようなものは今後もほぼ出番はないと考えていいでしょう。 友人にあげたり、リサイクルセンターに売却したり、あるいは思い切って捨ててしまいましょう。 書籍類は重量もあり、運搬上も意外と力の要る荷物となります。 まとまった量になるようであればやはり中古書店などに引き取ってもらいましょう。 実用書や小説などの場合には最寄りの図書館などに寄贈するという方法もあります。 家具や電化製品などの場合には捨てるのはちょっと待って、まずインターネットのオークションなどで売れないかどうか考えましょう。 品物によっては意外と高値で売れる場合もあり、その際には引越し料金に充てることで一石二鳥となります。 また単身パックの費用をおさえる2番目の方法として、梱包サービスのあるなしで料金が異なる単身パックの場合には、可能な限り梱包は自分で済ましておきましょう。 ただし大きな家具や冷蔵庫、大型テレビなどは梱包が困難なので業者に任せます。 単身パックの料金相場 単身パックといっても各引越し業者によって容量や使用する運搬用自動車、スタッフ数などによって料金が大きく異なるため一概にどの程度の費用がかかるとは言えないのが実情です。 しかしごくおおざっぱに言って、軽トラックに積める容量で比較的近距離(50キロ以内)であれば10000〜25000円程度、遠距離の場合で25000〜50000円程度が相場でしょう。 ただしこれも容量などとはまったく異なる要因で価格が上がる場合があるので要注意です。 容量やスタッフ人数、移動距離など以外で単身パックの引越し料金を大きく左右する要因というのは引越しの時期です。 引越し業者は忙しくなる繁忙期とヒマになる閑散期とがはっきりと分かれています。 ヒマな時期の引越しであれば見積もりでも大きく値切ることが可能となりますし、サービスも行き届き、スタッフもレベルの高いスタッフが揃いますが、反対に繁忙期に入ってしまうと料金的には1. 5〜2倍にも跳ね上がってしまいます。 また見積もりの交渉をしようにも予約が既に満杯で希望する時期に引越しできないことさえあります。 単身パックは例年2〜4月が1年中でも最も繁忙期で、次いで7、8月、12月といった時期が忙しくなります。 これらはいずれも会社の異動人事や就職、入学の時期、あるいは年内の駆け込み需要などの時期に当たっています。 どうしてもこの時期に引越しを行う必要があるのであればひとまず見積もりの駆け引きは置いといて、予約を確実に入れることの方が重要となります。

次の

軽トラのレンタカー 料金も10分100円

軽 トラ レンタル

軽トラックレンタルができる業者をピックアップしてみました ガッツレンタカー 軽トラック24時間3200円 100円レンタカー 軽トラック 1時間600円 3時間1800円 6時間2400円 12時間3600円 24時間4800円 軽ワンボックス 1時間600円 3時間1800円 6時間2400円 12時間3600円 24時間4800円 ワンズレンタカー 軽トラック 1時間1296円 当日中4320円(営業時間内) 24時間5400円 軽ワンボックス 1時間1296円 当日中4320円(営業時間内) 24時間5400円 日進レンタカー 軽トラック 1時間1000円 会員価格、保険料込み 1日3800円 会員価格、保険料込み 軽ワンボックス 1時間1000円 会員価格、保険料込み 1日3800円 会員価格、保険料込み カースタレンタカー 軽トラック 1時間1000円 6時間3000円 12時間4000円 軽ワンボックス 1時間1000円 6時間3000円 12時間4000円 バリューレンタカー 軽トラック 1時間1188円 12時間3888円 24時間4536円 軽ワンボックス 1時間1188円 12時間3888円 24時間4536円 ニコニコレンタカー 軽トラック 6時間3800円 会員価格 *即日入会可 12時間4600円 24時間5700円 タイムズカーレンタル 軽トラック 6時間5292円 12時間6480円 24時間7560円 オリックスレンタカー 軽トラック 6時間5400円 12時間6480円 軽ワンボックス 6時間5400円 12時間6480円 ニッポンレンタカー 軽ワンボックス 6時間6048円 12時間7128円 24時間8208円 福岡 AtoZレンタカー 台車・毛布など、無料オプションでレンタルできるのが嬉しいところ。 軽トラック(幌付き) 【平日】 3時間2700円 6時間4320円 12時間5400円 【休日】 3時間3780円 6時間5400円 12時間6480円 免責補償料加入必須1080円 長崎 ひまわりレンタカー 軽トラック 3時間1300円 6時間2500円 12時間3500円(営業時間内) 軽ワンボックス 3時間1300円 6時間2500円 12時間3500円(営業時間内)• レンタカー料金は当サイト調べによるものです。 荷物の固定の仕方 平ボディーの軽トラックだと以下の動画が参考になると思います。 運転手付き軽トラックレンタルプラン これから単身の引越しや小さな引越しを考えている方の中には、 レンタカーを借りて自分で荷物の運搬をしようと考えている方も多いと思います。 そこでオススメしたいのが 「運転手付き軽トラックレンタルプラン」です。 運転手付き軽トラックレンタルプランの内容• 軽トラックレンタカーに運転手が付いたような便利な運送サービスです。 軽トラックを利用者の指定した場所に持って行きます。 荷物の積み込み、荷降ろし作業は利用者にて行います。 運転手が作業のお手伝いをするプランもある場合もあります。 スタッフは軽トラックの運転のみを担当します。 料金は時間制です。 (ガソリン代は含まれております)• 軽トラックへの荷物の積込開始から引越先での荷物の荷降ろし作業完了までの合計時間がレンタル時間となります。 引越しに必要な台車や毛布などは無料で使える場合もあります。 運転手付き軽トラックレンタルプランのメリット• 軽トラックを利用者ご指定の場所に持っていくので、一般のと違って車を借りに行ったり、返却しに行く必要はありません。 車の運転が苦手な方、慣れていないので心配な方でも安心です。 軽トラックには屋根(幌)が付いているので、引越し当日に雨が降っても大丈夫です。 単身の引越しにピッタリの軽トラック 引越しや荷物の運搬で利用の方から、思っていたより荷物を多く積めると評判。 料金表(一例) 利用時間 料金 1時間まで 5000円 2時間まで 6000円 3時間まで 7000円 4時間まで 8000円 5時間まで 9000円 6時間まで 10000円 7時間まで 11000円• 運転手による運搬作業のお手伝いはありません。 ・駐車場代は別途実費分を負担となることが多いようです。 サービス比較 軽トラックレンタルプランでの引越しとレンタカーを借りての引越しの比較です。 0立方㍍ 5. 3立方㍍ 9. 7立方㍍ 料金 1時間5000円~ 9450円~ 14000円~ ガソリン代 不要 別途必要 別途必要 貸出・返却 利用者のもとに車をお届け レンタカー会社の営業所に出向いて手続き レンタカー会社の営業所に出向いて手続き• レンタカー料金は当サイト調べによるものです。 急な引越しで引越し業者に依頼したけど、無理ということで利用しました。 予約は、近くのレンタカー会社を検索して、ネットから申し込みをしました。 私が予約した軽トラは2人乗りで4700円ぐらいだったと思います。 単身で荷物が少ないので軽トラックで十分です。 レンタカー会社に行ったら、免許証を提示して、必要事項を記入していきます。 手続きは簡単でした。 保険はレンタカーの料金に含まれているので、別に契約する必要もありません。 レンタカーのスタッフが車両の説明をしてボディに傷がないかチェックします。 車内も点検して終了したら出発できます。 単身引越しを利用すると2万や3万はするから、それと比べても格安だと思います。 荷台はちょっと狭くて、大丈夫かなって思ったんですが、冷蔵庫やテーブル、テレビなど、余裕で入りました。 ただ、軽トラックは、単身向けの引越しには便利で、ファミリー向けだと1回で荷物を運ぶのは難しいと思います。 近くの引越しなら何回も往復できますが、距離があるとガソリン代や時間も掛かります。 なので、ファミリー向けは、コンテナがついたトラックがおすすめです。 ちなみに私が借りた軽トラックは、コンテナはついていませんでした。 短距離の引越しなのでコンテナなしでも十分だと思います。 引越しは自分ですると体力が必要ですが、費用を抑えられるので、若い人にはおすすめです。 現在の家から新居までは距離でいえば25kmぐらいでしょうか。 それならば引越し業者に頼むよりもどうせなら自分たちで引越しをしてしまおうということになりました。 レンタカーは軽トラックの荷台にカバーをつけたものを借りました。 たしか半日ほどの期間で1万円もかかっていないと思います。 まずは先に冷蔵庫や洗濯機といった大型のものを積み込んでいったところ、 私の家の荷物を運び出すには二回は往復する必要があることがわかりました。 私の家は1階だったので積み込み作業をするのはそんなに大変なことではありません。 荷物が飛び出してこないようにしっかりと荷紐を結んで出発しました。 さて、本当に大変だったのは着いてからでした。 新居は2階なのです。 それも狭く急な階段をあがらないといけません。 最も苦労したのは洗濯機を運び込むことでした。 最初の荷物を運んでからもう一度もとの家にむかって車を走らせている間、私たちは憂鬱でした。 先ほどのような大型の家具はありませんが、すでに体力と精神力の大半を使い切ってしまっていたのです。 朝の10:00から作業を始めて、全てを運び終えたのは18:00を過ぎた頃でした。 いかに引越し業者がパワフルでスピーディに仕事をしているかということを痛感しました。 暇と体力が余っていてお金を節約したい人ならばレンタカーの軽トラックによる単身引越しを勧めますが、 何回か往復しないといけないというのは辛いものです。 入学時には親に手伝ってもらって引越しを行ったのですが、 2年次に引越しする際には自分でやってみようと色々な引越しの方法を調べてみました。 引越しというと最初に思いつくのが、大手引越し業者への依頼です。 これは依頼するだけで荷物の梱包から運搬まで行なってくれるためとても便利なのですが、 やはりそのぶん料金が高いことや、自分で引越しを経験するほうが将来役に立つだろうと考え、 他の方法にすることにしました。 そこでたどり着いたのが、レンタカーを利用して引越しを行うという方法です。 レンタカーには一般的な乗用車だけでなく、トラックやワンボックスカーも提供されています。 それらを使えば引越しができるだろうと、レンタカーのお店を訪れました。 お店でレンタカーの料金表を見せてもらったところ、意外にも軽トラックのレンタル料金が安いことを知りました。 荷物もそれほど多くないので、詰め込めば引越しに使えそうです。 早速その軽トラックを予約しました。 自動車の免許は取得していたので運転はできるのですが、引越し当日に用意されていた軽トラックは、 クラッチ操作が必要なMT車でした。 自動車学校でMT車の運転は体験しているものの、慣れない車を運転する場合にはやはり緊張します。 そして案の定、運転中に度々エンストを起こしてしまいました。 それでも無事に引越しを終えることができたのは良かったのですが、MT車に慣れていないのであれば、 レンタカーはAT車を指定して利用した方が無難かもしれません。 どうせなら、一番上がよかろうと思い10階にしてろくに下見もせずに決めました。 さて、引っ越しの日。 風が少し強かったのですが天気はよかったので絶好の引っ越し日だ! と思いレンタカーの軽トラックをレンタルして荷物を運んだのですが・・・ 10階までエレベーターであがり扉が開いた瞬間。 絶景!・・ではなく格子の手すりだったので向こう側がすけすけで怖いんです。 しかも荷物持っていたので視線をあまり動かせないのでダイレクトに空中が見えるのです。 それでいて10階なので風が1階よりひゅーひゅー音が鳴るくらいでしたからそれも合わせて怖い怖い。 なんかもう少しちゃっちゃと引っ越そうと思っていたのに、エレベーター降りてすぐは、 ゆっくり見ないようにしていたので時間も掛かるし、そうするとだんだん日が暮れてきて恐怖がさらに! もう引っ越したその日は、何もなくても前の家に戻って寝たくらいです。 次の日の昼から新しいところで過ごしたのですが、慣れるまでしばらく掛かりました。 それにしても怖かった。

次の