動画広告 うざい。 VTuber風のサプリ紹介…誰? うざい広告動画をGoogle権限から非表示に!

ユーザーが迷惑、うざいと思うネット広告は?ランキングで紹介

動画広告 うざい

元ウェブ広告業務経験者から見るyoutube漫画動画広告のうざさ まず、私は一応クリエイエティブ職&ウェブ広告業務を前職で行っていた。 その職務の中でいわゆる怪しい健康食品のランディングページのつくり方や、「頭がよくなる」「若返り」「金儲け」に関する胡散臭い広告に使われているセールスライティングを研究材料として見ていたことがあった。 もちろん、その手のウェブサイトや広告を見るだけで制作はしていない。 詳しい業務は伏せるが、まっとうな商品をグーグル広告を使って宣伝したり、アマゾン、楽天などの大手ネットショップの広告枠に掲載する…という業務を行っていた。 そんな経歴があるからこそ、今youtube上に流れてくる見る人に不快感を抱かせる動画広告の類については、色々思うところがあるというのが実情だ。 大多数の人に不快に思われていいので、ごく一部の人が買いさえすればいいという戦略が、もと同業者としては非常に不快である。 広告そのものの価値や品格を損なわせる恐れがあるということを強く恐れている。 本来見るべきターゲットではない相手に対してまで漫画動画広告を打っている点が問題 正直に言えば、 youtubeの漫画動画広告は、その多くがゴシップ雑誌の巻末に載っている金運アップを謳う信ぴょう性に乏しい霊感商法を匂わせるような広告と同じだと私は見ている。 しかし、その手の雑誌は基本的に自分で購入しなければ見れないし、そもそもゴシップ雑誌を買うような民度、感性に合っているからこそ広告が載せられているはずだと推測できる。 また、ゴシップとは無縁な子供や学生とか、ゴシップ雑誌に興味のないインテリ層が見ることはなく、良くも悪くも住み分けが出来ていたというのが、リアルの世界での広告である。 もちろん、例外はあるが。 しかし、 漫画動画広告については住み分け関係なく配信されてしまい、本来であればその広告に関心を持つはずのない人までも視聴できてしまうことがある。 つまり、ただなんとなく見ようと思ってみた動画の広告が、自分の感性に合わないものや興味・関心のない広告を嫌でも目にする…という機会の増加が、リアルとネットの違いであると私は思う。 もちろん、動画広告もある程度興味や関心に沿った形である程度は配信されているのだろうとは思うが、例外的に自分の関心の枠から外れた、不快な動画広告が流れてしまい、スキップするまでの5秒間だけ不快な思いをすることになるのだ。 漫画動画広告を制作している漫画家、クリエイターについて思うこと 一応クリエイティブ職でもあるので、この手の漫画動画広告を見ると、広告を発注する側だけでなくこの動画を制作した漫画家や絵師などのクリエイターの方にも興味が出てくる。 私が調べたところ、漫画動画広告を作って欲しいために、クラウドサージングサイトに応募ページを出しているのを何件か確認できた。 また、場合によっては漫画家のアシスタントを募集しているサイトに同様の応募ページを出している例も確認できた。 もちろん、一クリエイターとしてはとにかく実績が欲しいだとか、絵で食っていくためにこうした仕事を受けているのだろうと推測はできる。 しかし、自分が制作したものが胡散臭い商品を売られるために使われていたり、詐欺や悪徳商法と間違われても仕方がない売り方のために用いられている事実に、果たして耐えられるのだろうか…という疑問が湧き出てくる。 華々しそうに見えるクリエイターの世界は、多くの人が知っているように決して裕福な世界とは呼べない。 むしろ、普通に就職して働いたほうが給与・待遇の面で遥かに安定していると判断できるぐらいに、クリエイターの世界は不安定である。 そんな不安定なクリエイターの世界を生き抜くために、今日も今日とて怪しい漫画動画広告の案件や、音の出るまとめサイトみたいな漫画動画案件を受けている人のことを考えると、ちょっと憂鬱になる。 いくら製作者のクレジット表記がないからといって、自分が携わった作品が誰かのためにならない形で使われていることに対して、どう感じているのかが非常に気になってしょうがない。 同じクリエイティブ職として他所様の制作物にとやかく言うのは御法度だとは重々承知しているが、自分が制作したものが公益に反すると思われても仕方がない形で使われている状況は、正直よろしくないと思うばかりだ。 関連記事.

次の

Yahoo! JAPANトップページの広告を簡単に非表示にする方法

動画広告 うざい

YouTube広告とは? 見たい動画の前に広告動画が表示されたり、「5秒後にスキップして動画に進めます」と表示されるものだったりいろいろな種類があります。 動画再生画面上に表示される広告バナーや画面右上に表示されるバナーの動画ではない、バナー広告もあります。 広告を消すことのメリット・デメリット YouTubeの広告を消すことによるメリット・デメリットを紹介致します。 メリット・デメリットを理解した上で、広告を消すか消さないか判断していただければと思います。 メリット 広告動画の場合、「5秒後にスキップして動画に進めます」の表示が出る場合であれば、5秒後にスキップできますが、そうでない動画広告の場合は終わるのをひたすら待たなければいけません。 待っているだけの時間を広告を削除することでカットできるのは、時間短縮になります。 1日にたくさんの動画を見られる方にとっては、快適な閲覧が可能になりますね。 デメリット YouTubeで収入を得ているYouTuberの収入源は広告なので、その広告が表示されないとなると収入がなくなりYouTuber(ユーチューバー)が配信するコンテンツの質が低下する可能性があります。 動画をアップしてくれている人に対して、感謝の気持ちとして広告を見てあげるのもひとつだと思います。 YouTuber(ユーチューバー)の収入について詳しくはこちらに記事をご覧ください。 YouTube広告の消し方 PCでYouTubeを閲覧する際の広告削除の方法をご説明致します。 Google Chromeの拡張機能を使用した方法になりますので、Google Chrome以外のIE(インターネットエクスプローラー)、Safari、Firefoxなどでは広告が削除できないので、ご注意ください。 お使いのPCにGoogle Chromeがインストールされていない場合は、インストールしてください。 Google Chromeで下記のリンクをクリックすると、YouTube広告を消すことができる拡張機能を追加することができます。 拡張機能に追加すると、Google Chromeのメニューバーにアイコンが表示されます。 Adblockを追加する前 Adblockを追加した後 広告表示が全て削除されます。 最後に… YouTube広告は、本やマンガと同じで、新品を本屋やAmazonなどで購入すれば作者・著者に印税が入りますが、古本屋で買った場合は安くその本を購入できますが、作者・著者に印税が入らないです。 古本屋で買う人が増えてしまうと、作者・著者へ作品に対しての対価が減り、作品のクオリティーに影響が出る可能性があります。 広告を消すことは、時間短縮になり快適な閲覧が可能になりますが、そのことへのデメリットも理解した上で、活用していただければと思います。 カテゴリー• 736• 114• 544• 1,666• 118• 524• 458• 548• 176• 198•

次の

YouTubeで表示される広告が消せることをご存知ですか?

動画広告 うざい

目次 CLOSE• youtubeやfacebookなどには広告バナーが表示されることが多いですよね。 youtubeの場合は動画再生と同時に5秒経過するまでスキップできないものも表示されます。 見たくもないものを見せられるのはうざいですし、 広告を消す方法があれば便利ですよね。 実は、とても簡単にうざい広告を消す方法があることをご存知ですか? ここでは、 youtubeに流れるうざい広告を消す方法について紹介していきます。 1.youtubeの広告を拡張機能で消すやり方 youtubeのうざい広告を消す方法はいくつかありますが、一番簡単で手っ取り早いのが、 GoogleChromeというブラウザを使用することです。 Chromeブラウザは、様々なツールが用意されており、それをインストールすることでブラウザの表示などを自由にカスタマイズすることができます。 Chromeの拡張機能で、広告を消してくれるのが 「Adblock Plus」というもの。 「Adblock Plus」を使って、うざい広告を消すことができるのです。 それではAdblock Plusの導入方法からカスタマイズまで、次から説明していきますね。 これは広告ブロックツールで、youtubeの広告やバナー告知などを非表示にしてくれる画期的なものです。 まずは、 「Chrome」ブラウザを開きトップページを表示させます。 トップページを開いたら、画面右上にある縦の 「・・・」をクリックしてください。 するとメニュー画面が表示されますから、その下側にある 「設定」を選択しましょう。 設定画面に切り替わりましたら、画面左側にある 「拡張機能」をクリックします。 すると今まで追加してきた拡張機能一覧が表示されるので、画面を一番したまでスクロールさせて、 「他の拡張機能を見る」のリンクをクリックしてください。 別タブで 「Chromeウェブストア」というページが表示されるので、画面左上にある 「ストアを検索」の欄を見つけましょう。 見つかりましたら、そこに 「Adblock Plus」と入力してエンターキーを押します。 画面右側に注目すると、 「Adblock Plus」の検索結果が表示され、おそらく一番上位に 「Adblock Plus」が出ていることでしょう。 アイコンや名称、説明が書かれている右側に、 「Chromeへ追加」というボタンがあるので、こちらをクリックすると追加できます。 ブラウザのアドレスバー右側あたりに赤いボタンが表示されることで確認ができますので、 「追加」を押したらまずは赤いボタンがあるかをブラウザで確認しましょう。 あとはyoutubeを開いてみると、 今まで動画の最初に表示されていた広告を非表示にしていきなり動画を楽しむことができます。 そして「Adblock Plus」の嬉しいところは、 手動で広告を消すか 表示させるかを切り替えることができるという点です。 画面の表示がおかしいなどの理由で、再度広告を表示させたい場合は、赤いボタンをクリックして、ポップアップメニューを表示させます。 そして 「このサイトで有効」という項目のチェックを外すと、offになり、チェックを入れるとonの状態になります。 2.サイトを使用してyoutubeの広告を非表示にする方法 先ほど紹介した方法は、Chromeの拡張機能を利用して広告を非表示にするものですが、ちょっとややこしいですし不安が残るから使用したくないという人は多いでしょう。 それでも広告を消したいのであれば、 「」というサイトを使うのがオススメです。 短い動画ですと手間のほうがかかりますが、作業用BGMなどの場合はとても有効な方法。 まずは、広告を消して再生したいyoutubeの動画ページまで移動します。 サンプルで表示した画像を見ると、再生バーの部分に黄色い表示がされているのが分かりますよね? こちらに赤いバーが接触すると、広告が開始される仕組みになっているのです。 さて、動画再生ページに移動したならば、画面上部にあるURLに注目してください。 ここの「youtube」という部分を、 「listenonrepeat」に変更し、エンターキーを押しましょう。 すると画面が切り替わり、 「Listen on repeat」というサイトに飛び、そこから動画を楽しむことができるのです。 では先ほど注目した再生バーにあった、黄色い表示に再び目を向けてください。 きっと黄色い表示が消えている、つまり広告が非表示にされていることにお気づきでしょう。

次の