ファミマ コピー 機。 マルチコピー機|サービス|ファミリーマート

iPhoneを使ってコンビニのコピー機で写真を印刷する手順

ファミマ コピー 機

証明写真の相場 カメラ屋さんで証明写真を作ってもらうと約2,000円ほどかかり、街角にある無人の証明写真機を利用すると約800円に抑えられますが、人通りが多いと恥ずかしかったりします。 この記事では、なんと激安の200円と30円で作成する方法を紹介します。 ファミマフォトで証明写真 無料のFamiポートアプリをスマホにインストールしましょう。 iPhone版とAndroid版があります。 ファミマフォトでの操作 証明写真 Famiポートアプリを起動し登録を済ませ、メイン画面の「フォト」をタップします。 ファミマフォトの画面が表示されます。 「証明写真」ボタンをタップします。 作成する証明写真のサイズを選びます。 0 x 2. 4cm 運転免許• 0 x 3. 0cm 履歴書、TOEIC用• 5 x 3. 5cm マイナンバー、住基カード• 0 x 5. 0cm• 0 x 4. 0cm スマホで直接撮影するならガイドにそって撮影するとピッタリです。 また、スマホに事前に撮影している写真をライブラリから選んで使用することもできます。 ガイドにそって大きさや位置を調整できます。 調整した画像ファイルが作成されます。 不思議なことにガイドにそった形状の画像ファイルができるわけではありません。 作成した画像ファイルをファミリーマートのサーバーにアップロードしてプリント番号を取得します。 ファミリーマートでの操作 証明写真 ファミリーマートに行ってマルチコピー機を探します。 業務用コピー機の形状をしています。 僕は間違えて緑色のFamiポートを操作していて設定が無いと悩んでいました。 似たようなサービスのボタンが多くて間違えやすいです。 また似たようなボタンがあって間違えやすいのですが、「ネットワークプリント」を選びます。 間違えそうなのはここまでです。 スマホを取り出してFamiポートアプリを起動してファミマフォトのフォトキャビネットを見ると、アップロードした写真が並んでいます。 印刷する写真のプリント番号を入力します。 「証明写真プリント」を選びます。 証明写真のサイズを選びます。 サイズによって作られるコマ数は違います。 アップロードした画像が表示され最後の微調整ができます。 ファミマフォトでしっかりと調整していれば何もしなくて大丈夫です。 プリントしたイメージが表示されます。 問題がなければプリント開始ボタンを押しますが、その前にマルチコピー機にお金を入れます。 印刷するのに約30秒かかります。 それまで画面に表示される間違え探しで時間をつぶしましょう。 ファミマフォト証明写真の仕上がり 印刷されるサイズはL判でした。 僕の場合は実験用にイラストを使ったからかもしれませんが、スマホの画面で見ていた色より白っぽく 明るく 印刷される癖があるようです。 イラスト系は少し濃く画像を仕上げた方が良さそうです。 肝心のサイズですが、さすがに純正のFamiポートアプリで作ったのでピッタリです。 これが200円のクオリティです。 履歴書カメラで証明写真 マルチコピー機の証明写真機能だと200円かかりましたが、一工夫すれば30円で作れます。 履歴書カメラアプリでの操作 無料の履歴書カメラアプリをスマホにインストールしましょう。 iPhone版とAndroid版があります。 履歴書カメラを起動して、撮影するボタンをタップします。 ガイドにそって撮影します。 既に撮影している写真をライブラリから選んで使うこともできます。 履歴書カメラの良いところは女性には嬉しい顔写真の微調整ができます。 肌の調整は「ノーマル、清潔感、健康的、華やか」が選べ、 くま消し機能まで備わっています。 証明写真で加工してよいかは疑問が残りますけどね。 ほどほどにしましょう。 証明写真のサイズを選びます。 0 x 2. 4cm 運転免許• 0 x 3. 0cm 履歴書、TOEIC用• 5 x 3. 5cm マイナンバー、住基カード• 上記3サイズのセット ファミマフォトとにあった5. 0 x 5. 0cm、6. 0 x 4. 0cmがありません。 面白いのが3サイズのセットがあります。 保存すると、履歴書カメラの広告が入った画像ファイルが作成されます。 0 x 3. 0cmが4コマ作成できますが、このファイルを画像処理ソフトで開いて、証明写真を複製して並びかえると6コマ作成することができます。 作成した画像ファイルをファミマフォトでアップロードしてプリント番号を取得します。 ファミリーマートでの操作 証明写真をL判 マルチコピー機での操作は、プリント番号を入力するまでは前の説明と同じです。 プリントのタイプを選ぶ画面で「証明写真プリント」ではなく「L判写真プリント」を選びます。 30円のL判を選びます。 プレビュー画面で確認してプリント開始します。 履歴書カメラアプリの仕上がり イラストなので少し白いですよね。 証明写真と癖は同じようです。 肝心のサイズですが、3. 0cmのところ0. 5mmほど大きいようです。 誤差としてとるか、少し大きいのでカットするときに少し小さくして対応できます。 30円なら許せますよね。 それに画像を加工すれば6コマも作れますからね。 スナップ写真の印刷 最後はスナップ写真の印刷するときに注意することです。 ファミマフォトでの操作 ライブラリ Famiポートアプリでファミマフォトを開き、「ライブラリから選ぶ」で事前に撮影したスナップ写真を選びます。 ここで肝心なのが「トリミング」なのです。 なぜトリミングが必要かというと、通常のデジカメで撮影した写真はアスペクト比 縦横比 が 3 : 4 に対して、写真プリントのL判は89 x 127mmで 3. 5 : 5 と違うので、どこかを犠牲にして印刷する必要があるのです。 もしトリミングを行わなかったら下の画面のように上下が削られてしまいます。 構図を写真下側の川が右端まで写したかったりとアスペクト比が変われば構図も見直す必要があります。 とくに写真いっぱいに集合写真などを撮ると顔が切れたりしたら元も子もありません。 しっかりとトリミングをした画像をアップロードします。 ファミリーマートでの操作 スナップ写真をL判 マルチコピー機の使い方は上記のL判サイズ印刷と同じです。 プリント番号は発行してから1週間ほど有効です。 そしてプリント番号さえ知っていれば誰にでも印刷することが可能なのです。 使い方しだいでは遠方にいる祖父や祖母に写真を渡したり、仲間で撮った写真を共有したりできますね。 実はL判サイズ印刷で説明をしていませんでしたが、プリント領域が指定でき、デフォルトで縁無しになっています。 フチありにすると話が変わってきますので、ここはそのままの縁無しでイメージ通りに印刷します。 スナップ写真の仕上がり 川が右下までくる構図でイメージ通り印刷できています。 スナップ写真でも少し白くなる癖があるようです。 たまたまなのか分かりませんが、右下に印刷できていない空白部分が残っています。 画像の縁ギリギリをトリミングするとカット誤差がでるのかもしれません。 下の写真はとレミング無しで印刷してものです。 川が右下まで伸びてくれていません。 左上にはスピーカーがぶら下がっているのが写ってしまっています。 下の写真が元画像です。 青い部分が切れ取られています。 実は左右も少し切られてしまっています。 前の説明でL判サイズで証明写真を作りましたが、画像編集ソフトでキッチリとサイズを測って作っても、マルチコピー機では自動的にトリミングされL判サイズに拡大されるので、自分で一から画像編集ソフトで作るには少し小さなサイズで作る必要があり、サイズ調整するのが面倒なので、履歴書カメラを使ったわけです。 まとめ まず、注意事項です。 本文でも書いていますが、明るく印刷されるので少し暗めで調整した方が良いと思います。 僕はプリント番号の取得を写真一枚づつで登録したのですが、複数枚あるとファミリーマートで番号を入力するのが面倒なので、複数の写真を一度にアップロードしてプリント番号を取得したほうが楽です。 失敗したのが、お釣りの取り忘れです。 僕は60円ほど寄付してしまいました。 別のアプリで加工してから印刷した方が早かったです。 写真が気軽に直ぐに印刷できるので、チェキ風に印刷してから実際に落書きして渡せますね。 証明写真を作ろうとしたとき、慣れは必要ですが、手間としては履歴書カメラを使っても変わらないので30円で作成できるメリットは大きいと思います。 スマホの操作に慣れているのであれば、はじめてでも30分もかからないでできると思います。 カメラ屋さんで作れば2,000円もかかるし、30分は待たされるでしょう。 それが30円で済むなら、かなりお得ですよね。

次の

スマホのデータ印刷をファミマでする方法|写真もPDFも楽々プリント

ファミマ コピー 機

そこで今回は、この記事で実際のファミリーマートさんにあるマルチコピー機の画面を撮った写真を使って 住民票と印鑑証明書の発行までの流れ、やり方を徹底解説いたします。 今回のファミリーマートでの住民票発行にあたり、受付時間や必要なもの、料金などの概要をこちらの記事に記載していますので事前にチェックしてみてください。 マルチコピー機のメニュー 〇の 「行政サービス」をタッチします。 大きいほうの 「証明書交付サービス」をタッチします。 よろしければ [同意する]をタッチします。 ちょうど良くセットされるような大きさになっています。 ここからは実際の画面通りの画像を「コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付(コンビニ交付)ホームページ」より引用しています。 該当をタッチして 確定するをタッチします。 マイナンバーカードもしくは 住基カードのセットしたほうの 暗証番号を入力します。 印鑑証明書も発行できる! 住民票の発行以外の場合もこの画面にて希望の必要書類のボタンを選択します。 選択後 確定するをタッチします。 どの項目は載せるのか選択し 確定するをタッチします。 入力したら 確定するタッチします。 よろしければ 確定するをタッチします。 住基カードまたはマイナンバーカードがあればかんたんにファミリーマートで住民票を発行できる あとはマルチコピー機の向かって左側に小銭の投入口があるのでそこから必要料金を入れるとコピー機が動き出し住民票の発行が開始します。 (ファミマは千円札対応!千円札もコピー機に入ります) あ、あと料金は自治体によって変わりますのでお住いの地域の住民票発行時の金額をお確かめください。 住民票 印鑑証明書 の発行完了 そして およそ3分ほどで無事に 住民票の写しが発行されます。 ・マイナンバーカードもしくは住民基本台帳カードが必要! ・カードのお忘れに注意! (カードをコピー機にセットし、取り外したらすぐにしまいましょう!) ・役所で発行するのと全く同じ内容の住民票が発行できる!料金も同じ! 最後に ファミリーマートでの住民票の取得について写真でご紹介いたしました。 この記事を読みながら無事に住民票を取れたでしょうか? 「なんか操作の過程が長くない?」 「なんか難しそう」 と、お思いになる方もいるかもしれませんが 実際に操作しているとおよそ 3分ほどで発行が可能です! 「住民票取らなきゃ!でも役所はちょっと遠いなー」 「あ!住民票明日提出しなくちゃいけなかった!もう22時だ」 「仕事の帰りに住民票取れたら楽だなー」 こんなことをいままでに思ったことありませんか? そう、こう思っていたのが、それがいまはできてしまいます。 ファミマでの住民票発行に関する仕組み、時間や料金、必要なものなどの概要紹介をしている記事がありますので、併せてそちらで受付時間や料金についてご確認をお願します。

次の

ファミマで住民票/印鑑証明書発行時のコピー機の操作方法【画面写真付き】

ファミマ コピー 機

印刷対応アプリを入れる。 アプリ上で印刷したい写真を選択する。 コンビニでWi-Fiやネットワークを使ってプリンターにデータ送信して印刷。 コンビニによって使えるサービス名に違いがあります。 印刷有効期限:プリント予約日+ 1日• 写真が印刷できる。 ユーザー登録あり• 印刷有効期限:プリント予約日+ 7日• 印刷にはアプリで写真を選んで「プリント予約番号」を出力し、コンビニでその番号をプリンターに入れて印刷。 「プリント入力番号」があるので、ユーザー登録7日間だと、その間に番号を友達や家族とシェアして何度も同じ内容で印刷できるメリットがあります。 スマホで操作する場合は、登録ありと登録なしで、iPhoneで インストールするアプリが違います。 登録なし(1日):• をiPhoneにダウンロード&インストール• アプリ起動後「写真のプリント予約へ進む」をタップ。 印刷したい写真を選ぶ。 予約番号通知用のメールアドレスを登録し「アップロード」を選択。 (暗証番号も設定可能)• プリント予約番号をメモ(スクリーンショット)する• マルチコピー機のあるセブンイレブンに移動。 メニュー画面で 「プリント」>「ネットプリント」の順に選択。 案内に従って、メモしておいた 8桁の予約番号を入力して操作。 画面の指示に従って印刷代を入れて印刷する。 スポンサードサーチ ローソン、ファミリーマートでiPhoneを使って写真を印刷! ローソンとファミリーマートでプリンターを使って印刷する方法は「PrintSmash」と「ネットワークプリント」を使う2通りの方法があります。 登録は不要• Wi-Fiとスマホを繋いで印刷する• 基本的にその場(コンビニ)で写真を選ぶ• ネットワークプリント• 登録が必要• ネットに写真をアップローとしておいて印刷する。 事前にアップロードできるので、家にいながらゆっくり写真を選べる。 登録の有無と、印刷できるデータの種類に大きな違いがあります。 写真を印刷する場合は、1〜2枚程度の少ない枚数を印刷するつもりなら登録不要でお手軽な「PrintSmash」を使う。 何十枚もの写真をまとめて印刷するつもりなら、複数の写真をじっくり選定できる「ネットワークプリント」を使う方法がおすすめです。 「PrintSmash」を使ってコンビニで印刷する方法 ローソン、ファミマ等で使えるサービスです。 iPhoneにをダウンロード&インストールする。 マルチコピー機のあるローソンやファミマに移動。 iPhoneでアプリを起動して「写真をプリントする」を選択し、印刷したい写真を選ぶ。 マルチコピー機の操作で 「プリントサービス」>「写真プリント」>「スマートフォン」の順に選択し、「iPhoneをご利用の方」内の次へを選択。 マルチコピー機にWi-Fi接続先&パスワードが表示されるので、i PhoneのWi-Fi設定画面から接続する。 接続したら「次へ」を選択。 マルチコピー機に送信パスワードが表示されるので、iPhoneのPrintSmashアプリに戻り、画面右上の「送信」を選択。 送信パスワードを入力し「OK」を選ぶ。 iPhoneにをダウンロード&インストールしておく。 初回利用時に無料の会員登録が必要。 アプリを起動し「画像を登録する」を選んで、登録したい写真を選択。 「登録」をタップして登録完了。 マルチコピー機のあるローソンやファミマに移動。 コピー機のメニュー画面の 「プリントサービス」>「ネットワークプリント」を選ぶ。 会員登録した時に使った ユーザー番号を入力する。 (登録後の受信メールでも確認可能)• 画面の操作に従って印刷する。

次の