倉敷 市 コロナ ウイルス。 〈新型コロナ〉岡山・倉敷市で初の感染確認 30代の男性会社員 感染経路は不明

〈新型コロナ〉岡山・倉敷市で初の感染確認 30代の男性会社員 感染経路は不明

倉敷 市 コロナ ウイルス

大雨による災害が懸念される梅雨期を迎え、倉敷市は24日、新採用職員を対象にした避難所の運営訓練を倉敷西小(同市中央)体育館で行った。 西日本豪雨で大きな被害を受けた自治体としての経験を踏まえた心構えや、新型コロナウイルス感染症の対策などを学んだ。 2018年7月の豪雨では、学校体育館などの避難所に被災者が詰め掛け、職員は対応に追われた。 訓練は、当時の状況を伝えるとともに、新たに必要なコロナ対応への理解を深めるための研修の一環で企画。 この日と30日の2回に分けて実施し、初日は約40人が参加した。 訓練に先立ち、市防災危機管理室の渡邉直樹副参事が豪雨時の避難所の様子を説明。 より安全な場所を求めて広い範囲から住民が集まった結果、2千人超が一つの避難所に押し寄せるなど「想定と異なることが起きた」と振り返った。 市職員としての責任感にも触れ「今までは守られる側だったが、住民を守る立場となる。 覚悟を決め臨んでほしい」と呼び掛けた。 訓練は、危険が切迫した発災の直前直後を想定し4班に分かれて行った。 参加者は受け付けでの検温や2メートル程度の通路幅の確保など基本的なコロナ対策を確認。 段ボールやテープを用いてスペースを区切ったり、飛沫(ひまつ)を防ぐため窓口をビニールシートで覆ったりするなど、工夫しながら取り組んだ。 設営と並行して、発熱が疑われる子どもの避難など個別の課題にも対応した。 児島保健福祉センター福祉課の西江哲哉さん(26)は「その場で素早く決断することが大切だと感じた」と話していた。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

感染症情報/保健課/倉敷市保健所/倉敷市

倉敷 市 コロナ ウイルス

県南西部二次医療圏において3週連続で腸管出血性大腸菌感染症患者が発生し,例年,発生数の増加する時期を迎えたことから,6月16日に岡山県において注意報が発令されました。 人に下痢などの症状を引き起こす大腸菌を病原性大腸菌と呼びます。 病原性大腸菌の中には,毒素を産生し,出血性下痢溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こすものがあり, 腸管出血性大腸菌と呼ばれています。 O-157や O-26などがその中のひとつです。 次のことに気をつけて,暑い夏を乗りきりましょう! <腸管出血性大腸菌の特徴> 1 感染力が強い。 少しの菌で感染する。 2 タオルの共用や入浴・調理などにより, 患者の便中の菌が手を介して口から体内に入ることで感染する(二次感染)。 <感染予防のポイント> ~菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」ことが大切です!~ 1 手はよく洗う ・帰宅時,調理前,生物を触った後,食事前,トイレの後,オムツ交換の後などは特に念入りに。 ・流水と石けんで30秒以上洗いましょう。 2 調理の時の注意点 ・まな板は,肉や魚などの生もの用と,野菜・調理済み食品用に分ける。 ・生肉を扱った箸で他の食品を扱わない。 ・焼肉の時は,焼く箸と食べる箸を使い分ける。 ・野菜もよく洗う。 3 ユッケや生レバーなど,食肉の生食を避ける。 患者さんの咳からの飛沫感染と接触感染で感染する病気です。 感染力が強く,家族や学校,職場など集団感染することがあります。 かぜのような症状が続く場合は早めに受診しましょう。 症状は? かぜのような症状で始まりますが,次第に咳が激しくなります。 短い咳が長く続けて出て,息をするのも苦しい状態になります。 特に夜間に激しい咳き込みが起こりやすく,生後6か月未満,特に3か月未満の乳児がかかると,命に関わることもあります。 予防は? 四種混合ワクチンで予防します。 定期予防接種の対象で,生後3か月から受けられます。 早めに予防接種を受けましょう。 百日咳と診断されたら? 百日咳は,学校保健安全法で「特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌薬療法が終了するまで出席停止(ただし,病状により学校医その他の医師において感染の恐れがないと認めたときは,この限りではない。 )」とされています。 また,家族が診断を受けた場合なども出席停止の対象となることがあります。 集団感染を予防するためにも,学校などに相談をしましょう。 ダニ媒介感染症に注意! ダニはライム病・回帰熱・日本紅斑熱・ダニ媒介性脳炎・重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などの病気の原因となる病原体を保有していることがあり、咬まれることでこれらの病気に感染することがあります。 春から秋は特にマダニの活動が活発です。 予防のため,次のことに気をつけましょう。 <予防のポイント> マダニに咬まれないことが重要です。 作業やレジャーなどで,草むらや藪などマダニが多く生息する場所に入る時は,次のことに注意してください。 野山などに出かけた後,発熱などの症状が出た場合は,速やかに医療機関を受診してください。 中でも,食べ物や水,蚊,動物,性行為などからうつる感染症はいくつかの注意点を守ることで予防が可能です。 次の点に注意し最後まで安全で楽しい海外旅行にしてください。 <渡航前> ・渡航先の感染症発生状況に関する情報を入手する。 ・必要に応じて予防接種を受ける。 ・食事は十分火の通ったものを食べる。 ・蚊・ダニに刺されないように長袖長ズボンを着用したり,虫よけ剤を使うなどする。 ・動物は狂犬病や鳥インフルエンザなどの病気をもっていることがあるため,近寄らない。 ・ 薬物に手を出したり,ゆきずりの性交渉をもったりしない。 <帰国後> ・帰国時に発熱や下痢等の体調不良があれば,空港の検疫で相談する。 ・帰国後しばらくして体調が悪くなったら早めに受診。 その際は渡航歴を必ず伝える。

次の

感染症情報/保健課/倉敷市保健所/倉敷市

倉敷 市 コロナ ウイルス

玉島商工会議所では「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」を設置し、経営相談に対応いたします。 9%、4年目以降基準金利 国民事業1. 【融資限度額】別枠1,000万円 【金利】経営改善利率1. (助成率)大企業2/3、中小企業4/5 解雇等を行わない場合は大企業3/4、中小企業10/10に拡充。 (支給限度日数)4月1日~9月30日は、1年間の支給限度日数100日とは別に、雇用調整助成金を利用可能。 (日額上限額)15,000円 (更なる手続きの簡素化5月19日より) ・雇用調整助成金の手続を大幅に簡素化し、オンラインによる申請受付も開始します。 また、記入の仕方が分かるマニュアルも作成しました。 ・更なる簡略化のため、初回を含む休業等計画届の提出を不要とし、支給申請のみの手続とすることとしました。 詳しくは下記の厚生労働省ホームページをご覧下さい。 詳しくは下記の持続化給付金ホームページをご覧下さい。 補助上限額20万円 補助率4/5 詳しくは下記の倉敷市ホームページをご覧ください。

次の