ライン ポイント の 使い方。 LINE ポイントの使い方

LINEポイントでスタンプを購入する方法、買えないときの対処法も

ライン ポイント の 使い方

の「ショップカード」は、商品購入・来店などの特典として付与するポイントを、LINE上で発行・管理できる機能です。 ユーザーは、紙のポイントカードとは異なり会計時に財布などから出し入れする必要がなく、スマートフォンからLINEアプリ経由でポイントを取得することができます。 獲得ポイントに応じて、企業・店舗側が設定した特典を受け取ることもできます。 企業・店舗側も、これまでのポイントカードを制作するコストが削減できるほか、さまざまなキャンペーンと連動させて再来店を促したり、ショップカードの利用状況をLINE公式アカウントの管理画面から分析したりなど、集客・販促ツールとして効果的な活用が可能です。 ショップカード機能の使い方を中心に、その活用方法や活用事例を紹介します。 ショップカードには、ユーザーと企業・店舗の双方に多くのメリットがあります。 ユーザーにとっては、使い慣れたLINEアプリ上でポイントを管理できるため、ポイントカードを持ち運ぶ必要がなくなり、会計時などに財布などから出し入れする手間も不要です。 例えば、「急に来店したため、ポイントカードを家に忘れてしまった」「会計時、財布に入れたはずのポイントカードが見つからない」ということもなくなり、ポイントの取得も企業や店舗側が用意したQRコードを読み取るだけで完了します。 さらに、企業や店舗にとっては、ポイントを効果的に発効して再来店を促す効果があります。 配布したカードやポイントの利用状況はLINE公式アカウントの管理画面からリアルタイムに分析できるため、分析した情報をもとに、キャンペーンと連動させて店舗への再訪問を促すなどの施策につなげることができます。 ポイントの有効期限をユーザーに通知する機能もあるため、期限間近のユーザーの来店動機にもなります。 「特典チケットを選択」をクリックすれば、新たな特典内容を作成することができます。 特典として付与されるチケットは3種類のデザインから選択可能で、チケット名、利用ガイド(使い方や利用上の注意点など)、特典チケットの有効期限を設定すれば作成は完了です。 特典の内容が分かりやすいイメージを添付することもできます。 また、ユーザーがゴールとして設定したポイントに到達する前に、ポイント数に応じて特典を付与するのが「ポイント特典」です。 例えば、ゴールまでのポイント数を30に設定したとき、半分となる15ポイント目にも特典を付与することなどができます。 最終利用日、あるいは初回利用日を起点に任意の期間を設定できるほか、期限なしにも設定できます。 利用開始時にボーナスポイントを付与することで、その後のショップカードの利用促進につながります。 運用に合わせて設定することで、不正利用を防ぐことができます。 「制限しない」を選択することも可能ですが、QRコードをユーザーが自由に読み取ることができる運用の場合(飲食店の席にQRコードのPOPがあるなど)は、同日中もしくは指定時間内での制限設定をおすすめします。 上記2つの設定を行うことで、例えば、店内のQRコードを写真で撮影して保存し、自宅などで何度も読み込み大量のポイントを取得するなどの不正行為も防ぐことができます。 未入力でもテンプレートとして初期テキストが設定されていますが、店舗のルールに合わせてアレンジできます。 ショップカードの利用規定などを記載しましょう。 ランクアップカードの設定方法 ランクアップカードは、ポイントがゴールに達したときに作成される次のカードのことです。 上記、ショップカードと同様の項目を参照して作成されます。 デザイン、ゴールまでのポイント数、特典内容が変更可能で、来店してポイントを貯めれば貯めるほどカードが次のランクへ進んでいくという仕組みをつくり、来店数の多い顧客には特別な特典を付与することもできます。 ショップカードの具体的な設定方法はこちらのでもご確認いただけます。

次の

LINEポイントでスタンプを購入する方法、買えないときの対処法も

ライン ポイント の 使い方

『LINEのキャンペーンなどでLINEポイントがもらえたけど、このポイントはどうするの?』 『LINEポイントってなに?使い方がよくわからない。 』 『LINEポイントを貯めたいけどお得な貯め方ってある?』 そんな疑問はありませんか? LINEポイントは色々なサービスや商品と交換したりできて貯めるとお得に使えるポイントです。 ポイントの貯め方も色々あるので逆に混乱してしまうケースもあるようですね。 LINEポイントを使った事がない方や初めてポイントをゲットした方は、そもそもLINEポイントの使い方もわからないという状態でしょう。 そこでこのページではLINEポイントの使い方を詳しく解説していきます。 LINEポイントの貯め方やおすすめの使い方をまとめているので、LINEポイントについて詳しく知りたい方は参考にして下さい。 LINEポイントとは? LINEポイントとは、LINEアプリ内で提供しているポイントサービスです。 LINEポイントを貯めると、そのポイントでLINEスタンプを購入したり別の商品と交換したりLINE Payでの支払いに利用する事もできます。 LINEポイントから直接お金に換金するといった事はできませんが、LINE Payで支払いする時にLINEポイントを使えばお金と同じように支払いができるのも特徴の一つですね。 LINEポイントはLINEアプリの中に追加されてる機能なので、ポイントを貯めたり使ったりする場合でも別のアプリをインストールする必要はありません。 自分の持っているポイントを確認したり、ポイント貯める、またはポイントを使う時もLINEポイントページから対応できます。 LINEポイントの確認方法 自分が持っているLINEポイントを確認するにはウォレット画面の上部から確認できます。 このように現在自分が所持しているLINEポイントを確認する事ができます。 また、上記の方法で確認できない場合には以下の方法で確認する事もできます。 スポンサーリンク LINEポイントには有効期限がある LINEポイントを使用した事がない方やLINEポイントを貯めたまま放置している方は注意が必要です。 LINEポイントには有効期限が存在するからです。 LINEポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した日から180日後までとなってます。 つまり、ポイント獲得してから約半年(約6ヶ月)放置しているとポイントは全てなくなってしまいます。 せっかくポイントが余っているのにそれがなくなるのは勿体ないですよね。 期限が切れる前に他のポイントサービスに交換するか有効期限の期間を延長させる対応が必要です。 LINEポイントの有効期限を確認する方法は、上の項目で解説したLINEポイントの獲得履歴画面に表示されているのでそこから確認できます。 また、有効期限の期間の延長方法などは以下でまとめているので気になる方は参考にして下さい。 関連リンク• LINEポイントの基本的な貯め方 LINEポイントを貯める方法としては基本的に以下のようなパターンがあります。 1:LINEアプリを起動し、ウォレット画面にある『ポイントクラブ』をタップ 2:LINEポイントクラブ画面をスクロールして気になるサービスをタップ 3:詳細情報や注意事項を確認して説明に沿って進める これでLINEポイントを貯める事ができます。 会員登録や商品購入など、サービスによってポイントがもらえるやり方も変わってきます。 キャンペーンなどでLINEポイントがもらえる時もキャンペーンによって申し込み方法が違ったりもします。 そして獲得できるポイント数もそれぞれで大きく変わるのでその辺りもちゃんと確認しておくようにしましょう。 また、上記とは別にLINE Payのコード決済をして支払いをしたり、LINE Payを使ったオンライン決済をするとLINEポイントが還元されたりもします。 マイランクのポイント還元率については以下の記事で詳しく解説してるので参考にして下さい。 関連リンク• LINEポイントの賢い貯め方【おすすめ】 LINEポイントを貯める方法は色々とあるのですが、どうせなら効率的に賢く貯める事ができればうれしいですよね。 実際に私がLINEポイントの貯め方を調査していく中でどれが一番良い形で貯めていけるのかまとめてみました。 LINEポイントを少しでも効率よく貯めたい方は参考にして下さい。 無料会員登録と友だち追加 まずはやはり無料でポイントが貯まる無料会員登録がおすすめです。 有料会員登録に比べると手に入るポイント数は少ないですがタダでポイントが手に入るというのを考慮すると確実にやっておいた方がお得です。 無料会員登録では約30ポイント~200ポイントくらいまでのポイントが手に入ります。 5個くらいのサービスの無料会員登録をすれば500ポイント以上は貯まる感じですね。 また、無料会員登録と同じくLINEの友だち追加でもポイントがもらえるケースがあります。 友だち追加でもらえるポイントは5ポイント程度ですが、パッとできるのでもし見かけたら追加しておくと良いでしょう。 無料登録したまま放置していると、無料期間が終わって有料登録になってしまうという可能性もあります。 この辺りの条件は登録するサービスによって変わるので、登録する前に必ずチェックしておくようにしましょう。 無料会員登録はLINEポイントクラブ画面の『いますぐ貯めよう』や『登録して貯めよう』から見つけやすいです。 ビデオ視聴 友だち追加と同じくビデオ視聴もおすすめです。 プロモーションビデオのような動画を視聴すると視聴後にLINEポイントがもらえるという仕組みです。 視聴する映像はプロモーションビデオなので時間にすると30秒~1分くらいといったところでしょう。 ビデオを視聴した後で自動的に友だち登録されてLINEポイントが追加されます。 もらえるポイント数は2ポイントと少ないですが、無料なのでとりあえず見ておくと良いでしょう。 ビデオ視聴はLINEポイントクラブ画面の『動画をみて貯めよう』から探せます。 オンライン決済でLINE Payを使う オンライン決済でLINE Payを使うと購入金額に応じてポイント還元がされます。 ただし、ポイント還元の条件としては支払い方法の設定で『チャージ&ペイ』設定をしている事が条件となります。 『チャージ&ペイ』設定はVisa LINE PayクレジットカードをLINE Payに登録する事で設定できます。 オンライン決済でLINE Payを使えるお店はまだまだ少ないですが、以下のような有名なオンラインショップで使えます。 ・モバゲー ・ラクマ ・ZOZOTOWN ・SHOPLIST. com ・haco! 現在はLINE Payカードで支払いをしてもLINEポイントは還元されないので注意しましょう。 以下は2020年5月1日以前の情報となります。 変更履歴として残していますが、過去の情報となるため内容を確認する際にはご注意ください。 ----- 普段の生活でコンビニやスーパーなどをよく利用する方はLINE Payカードを使うと良いでしょう。 LINE Payカードはチャージ式のプリペイドカードなので誰でも簡単に申し込みして利用する事ができます。 もちろん未成年でも問題なく利用できます。 LINE Payカードで支払いをすればLINEポイントに還元されるので、コンビニやスーパーなど普段よく利用するお店でもLINEポイントを貯める事ができます。 LINE Payでの支払いができなくてもLINE Payカードは普通に使えるというお店は多いので確認してみると良いですよ。 ちなみに、LINE PayカードはJCBカードなのでJCBが使えるお店であれば問題なく利用できます。 LINE Payカードを持ちたい方は以下の記事を参考にしてLINEアプリのウォレット画面から申し込み申請をしてみると良いでしょう。 関連リンク• ----- Visa LINE Payクレジットカードでの支払い Visa LINE Payクレジットカードで支払いをするとLINEポイントクラブのマイランクに応じてポイントが還元されます。 2020年5月1日まではLINE Payカードでの支払いやLINE Pay残高を使った支払いでもLINEポイントが還元されましたが、LINEポイントクラブが開始されてからはポイント還元がなくなりました。 現在、買い物などでLINEポイントの還元を受けたい場合にはVisa LINE Payクレジットカードが必須となってます。 LINEポイントクラブについては以下で詳しくまとめてるので気になる方はこちらも参考にどうぞ。 関連リンク• LINEポイントの基本的な使い方 LINEポイントが貯まったらポイントを使ってみたいですよね。 LINEポイントの基本的な使い方としては以下のような使い方があります。 1:LINEアプリを起動し、ウォレット画面にある『ポイントクラブ』をタップ 2:LINEポイントクラブ画面の『使う』をタップ 3:LINEポイントを使う為の画面が表示されるので、交換したいサービスや商品を選択 4:詳細画面が表示されるので、条件や注意事項などを確認して『自分用に購入』または『友だちにギフト』をタップ これでLINEポイントを使って他の商品やサービスと交換する事ができます。 LINEポイントの基本的な使い方としてはこういった使い方になります。 この他にも、LINEポイントを使ってスタンプを購入したりする事もできます。 その他の使い方に関しては以下でまとめているので気になる方は参考にどうぞ。 関連リンク• LINEポイントでおすすめの使い方 これまで、LINEポイントの一番効率的な使い方はLINE Payへ交換して利用するという方法でした。 LINEポイントと同じポイントレートでLINE Payに交換できたのでLINE Payに交換してからLINE Payで支払えばポイントをもらえる仕組みだったからです。 しかし、2019年12月にLINEポイントをLINE Payに交換する機能が廃止されました。 これにより、LINEポイントを効率的に使う方法がなくなってしまったのです。 現在、LINEポイントを使う時のおすすめはLINE PayカードでLINEポイントを使用したりQRコード支払いで使用するという使い方ですね。 LINE Payのコード支払いではLINEポイントをそのまま支払いに使うことができます。 最近ではLINE Payのコード支払いができるお店も増えているので、貯まったLINEポイントをお店の支払いで利用すればお得に買い物ができます。 また、2020年2月からはLINE Payカードでの支払いにもLINEポイントを使うことができるようになりました。 LINE PayカードはLINE PayのQRコード決済ができないお店でも使えるので便利です。 LINE PayカードでLINEポイントを使う場合にはあらかじめ設定が必要なので設定を忘れないようにしましょう。 詳しい設定方法は以下でまとめたので気になる方は参考にどうぞ。 関連リンク• LINE PayとLINE Payカードの組み合わせで最大限お得に活用 LINEポイントの貯め方やおすすめの使い方についてまとめましたが参考になったでしょうか。 少しでもLINEポイントの使い方について役立っていれば幸いです。 LINEポイントとLINE Payを組み合わせて使用するのが最大限お得に使える方法となります。 そしてLINE Payカードを作っておけば更に便利に使用できる機会が増えるでしょう。 もし、LINEポイントを持っていてLINE Payのアカウントを作っていない場合はとりあえずアカウント登録をしておくと良いですよ。 そして時間があるならLINE PayカードやVisa LINE Payクレジットカードの申し込みもしておくと良いでしょう。 LINEポイントの還元を考えると個人的にはLINE PayカードよりVisa LINE Payクレジットカードの申し込みをする方が良いかと思います。 その前にLINE Payの事をもう少し知っておくと安心でしょうから以下の記事を参考にLINE Payをチェックしてみると良いですよ。 関連リンク•

次の

【LINE】LINEポイントの貯め方〈裏ワザ〉と使い道について

ライン ポイント の 使い方

LINEポイントをAmazonギフト券に超おトクに交換する&キレイさっぱり使い切る方法です。 ちょっとだけ手間がかかりますが、超おトクにLINEポイントをAmazonギフト券に交換する方法を紹介します。 さらに 購入したギフト券の金額の2%のポイントが付与されるのでかなりおトクです。 LINE Pay残高は割とカンタンに現金化することもできます。 ただ、現金化は出金の際に手数料がかかります。 またLINEポイントをのでもったいないと思います。 この方法であれば、 交換レートも現金と同じで、手数料もかからず、2%ポイント付与!さらに小額だろうが端数の1円だろうが全部交換できるので無駄なくAmazonで使いきれます。 LINEポイントをLINE Payの残高(チャージ分)に交換します。 1ポイント(1円分)からチャージできます。 人に贈るのならともかく、基本的にはEメールタイプ(アカウントにポイント付与するメールが届くもの)でOKだと思います。 どれでもいいのでクリックします。 デザインや自分の持っている画像をアップしてオリジナルデザインにすることもできます。 金額の部分にLINE Payチャージ残高を全て入力します。 受取人のメールアドレスは贈りたい人のメアドとなります。 自分の場合は自分のメールアドレスを入力します。 贈り主の名前とかは任意でOKです。 今回は100円ほどチャージ残高が残っていたので100円と入力しています。 「レジに進む」をクリックします。 いつものAmazonの決済画面です。 ここで「その他のお支払いオプション」の下にある「カードを追加」をクリックします。 新しいクレジットカードの入力画面が開きます。 基本的にLINE Payカードはクレジットカード扱いです。 カードの国際ブランドは「JCB」と自動判別されます。 入力したら「クレジットカードを追加する」をクリックします。 追加したクレジットカード(LINE Payカード)が表示され、選択された状態となっています。 このまま「次に進む」をクリックします。 請求先住所の確認がきます。 いつもの住所で大丈夫です。 最終確認がきます。 問題なければ「注文を確定する」をクリックします。 無事注文が確定しました。 Amazonからのメールを確認 Amazonからギフト券を送ったメールアドレスに入力した金額の入ったAmazonギフト券(これがEメールタイプということになります)が届きます。 あとは「アカウントに登録する」ボタンを押せば完了となります。 ちなみにAmazonギフトカードの有効期限は受け取ってから1年間です。 Amazonにログインし「アカウントに登録する」をクリックします。 Amazonギフト券残高が増えたことを確認すれば完了です。 LINE Payからメッセージが届く&残高が減ったことを確認 決済完了後、LINEからPayにて決済したよというメッセージが届きます。 このメッセージに「付与予定ポイント2%」と書かれているのでAmazonギフト券もポイント対象になると思われます。 LINEアプリ内からLINE Payを開くと残高が0円になっていることがわかります。 ポイント付与率も2%と高いLINEポイント ポイントから直接Amazonギフト券に交換することもできますが、マジで損します。 LINE Payカードを作った人は是非やってみてくださいな。 [関連記事] ・ ・ ・ ・.

次の