クラウンアスリートgとsの違い。 クラウンアスリートハイブリッドGとSの違いを比較した | クラウン新型情報!アスリートやハイブリッドから値引き情報まとめ

クラウンアスリートのグレードを比較!人気な秘密はココにあった

クラウンアスリートgとsの違い

クラウンアスリートってどんな車? トヨタのクラウンは1955年から販売されている純国産高級乗用車です。 2012年にフルモデルチェンジを果たし、14代目となりました。 クラウンはベーシックモデルのロイヤルとロングのマジェスタ、スポーツモデルのアスリートに大別され、ロイヤルとアスリートはそれぞれ車、ガソリン車がラインナップされています。 クラウンアスリートのガソリン車はその中でも2. 0Lエンジン、2. 5Lエンジン、3. 5Lエンジンのものがそれぞれ存在し、2. 0Lモデルはを搭載しています。 マイナーチェンジにより、インフラ協調型運転支援システムと言われるTIS Connectを世界で初めて採用しました。 また、2016年8月29日のマイナーチェンジでは、念願だった安全性能パッケージ、セーフティセンスの搭載が予定されています。 今回はそんなクラウンアスリートのおすすめグレードについてご紹介します。 セーフティセンスとは? クラウンの最新中古車価格 最新「クラウン」中古車情報 クラウンアスリートに搭載される安全装置とは 世界初のITS Connect(インフラ協調型運転支援システム) クラウンアスリートは専用周波数で道路と車、車と車などで通信し、安全運転を支援するITS Connectを世界で初めて採用しました。 これはインフラ協調型運転支援システムと呼ばれるものです。 右折時に直進車両や歩行者などの見落としがある場合などに、路側の感知器によって注意喚起がなされたり、赤信号の見落とし時などに表示やブザー音などで注意喚起を行います。 また、先行車両が通信利用型クルーズコントロール対応車の場合に、車と車が通信し、追従走行を行います。 さらに緊急車両が存在する場合は、およその距離、方向、緊急車両の進行方向などを表示してくれます。 これらの機能は路面側の装置や、ITS Connectを搭載した車両の間で有効な機能であり、あくまで補助的なものです。 路面装置が設置されている場所は現在のところ、トヨタのある名古屋近辺や、東京近辺など、一部の地域に限られています。 まだまだ実験的な側面があり、実用的な面では今後に期待といったところでしょうか。 クラウンアスリートの評価 クラウン以外は乗ったことがないのですが、たまに友人の車(他社メーカー)に乗りますが、安定性や静かさなどを比べると差は歴然としている。 車内が広く、非常にゆったりしていて運転をしていても疲れることがなく運転ができるところが非常に満足しています。 出典: 2. 0Lエンジンの評価 全体的に、静粛性や乗り心地、2. 0Lモデルの運転性能の良さが評価されています。 ガソリン車とは一長一短といったところで、踏み込んだ直後の加速はが優れ、速度の伸びでガソリン車が優れるといったところでしょうか。 クラウン アスリートのハイブリッドとガソリン車の比較記事はこちら クラウンアスリートのグレードごとの特徴と価格 アスリート・アスリートS・アスリートGの違い クラウンアスリートは、ガソリン車ともに、廉価モデルのアスリート、スタンダードモデルのアスリートS、プレミアムモデルのアスリートGがラインナップされています。 さらに、GとSが標準装備しているオートワイパーや自動防眩インナーミラーも付きません。 また、GとSが標準装備しているナビ&スーパーライブサウンドシステムはこのグレードには付かず、オーディオレスとなります。 Gが標準装備しているブラックレザーシートパッケージはメーカーパッケージオプションとなります。 安全機能のアドバンストパッケージはGと同じくメーカーパッケージオプションです。 プリクラッシュセーフティシステムやクルーズコントロールなどの安全機能をまとめたアドバンストパッケージもメーカーパッケージオプションで選択できます。 ボディカラーもスタンダード6色、ジャパンカラーセレクションから12色が選択可能です。 またGは、前方車両に光が当たる部分だけを自動的に遮光し、夜間にハイビームのまま走行できるアダプティブハイビームシステムを標準装備しています。 さらに、夜間のコーナリング時に車速に応じて曲がる方向へとライトを向けるヘッドランプコントロールシステムも標準装備。 手動リアドアサンシェードや電動リヤサンシェードも標準装備しています。 スマートエントリーとは、鍵をポケットやバックに入れたままでも車の開錠やエンジンの始動ができるというものです。 まとめると、安全装備や内装にこだわるならG、上質さにこだわらず、通常機能を使いこなしたいならS、ボディカラーや機能も最低限でいいならT、といったところでしょうか。 221(22. それぞれのグレードで2WDとが設定されています。 ハイブリッドモデルはいずれも車両接近通報装置を装備しています。 また、インパネのオプティトロンメーターはハイブリッド専用のものになっています。 クラウンアスリートのハイブリッド車の価格は抑え目に設定されており、3. 5Lクラスよりも安くなっています。 350(35. 0L直噴を搭載したグレード。 2015年のマイナーチェンジで追加されました。 0L直噴エンジンはクラウンシリーズでもアスリート系のみにラインナップされています。 レクサスNXにも採用されている8AR-FTSエンジンを搭載し、して燃費を向上させつつ力強い走りを両立させています。 0Lクラスには、アスリート-T、アスリートS-T、アスリートG-Tがラインナップされています。 0Lモデルは全車が本革巻きステアリングホイール、スマートエントリーを搭載。 全て2WD車になります。 0L 8AR-FTSエンジンは3. 5Lのエンジンに迫るトルク性能を持ち、2. 5Lエンジンに速度性能で勝ります。 それでいて燃費も13. 243(24. 5L 4GR-FSEエンジンを装備したガソリン車モデル。 他のグレードが本革巻ステアリングホイールを標準装備しているのに対し、2. 5Lモデルのみウレタンステアリングホイールとなります。 全て車になります。 ガソリン車で4WDはこのグレードのみです。 377(38. 5L 2GR-FSEエンジンを搭載したガソリン車モデル。 他のグレードとは違い、アスリートGとアスリートSの2種がラインナップされています。 全て2WD車です。 最大の特徴は3. 5Lのハイパワーなエンジンで、315PSの速度性能を堪能したい人におすすめできます。 大排気量エンジンながら、低排出ガス車に選ばれています。 クラウンアスリートのおすすめグレードは? クラウンアスリート2. 0S-Tがおすすめ! マイナーチェンジで新たに追加された2. 0直噴モデルは、他のグレードよりも価格が安く、さらに、トルク、速度性能ともに、大排気量エンジンに負けない力を秘めています。 その中でも、S-Tはボディカラーもジャパンカラーセレクションの12色、スタンダードカラーの6色から豊富に選択でき、装備も必要十分なものを備えています。 0Lの最上位モデルであるG-Tとの価格差は80万円ほど安く、余程お金に余裕のある人以外は、S-Tで十分にクラウンアスリート2. 0Lエンジンの魅力を堪能できる事でしょう。 もうひとつのおすすめはアスリートハイブリッドG Four トヨタの車で初のフルタイムとして設定されたハイブリッド Four。 その中でも最上位クラスのハイブリッドアスリートG Fourなら、クラウンアスリートの魅力を堪能し尽くせる事でしょう。 アダプティブハイビームシステムやオートエアコン、ナノイーなどを装備し、2016年8月のマイナーチェンジでセーフティセンスも装備される事が予定されています。 価格は598万円ほどしますので、お金に余裕のある方におすすめします。 今回の特別仕様車は、に加えてアクセルの踏み間違い事故防止機能が搭載されていることから、政府が官民連携で推奨する「安全運転サポート車」の「セーフティ・サポートカーS(通称 : S)」の「ワイド」に相当します。 高齢運転者に特に推奨できるモデルとなっています。 安全装備以外でも、漆黒メッキ加飾を施したフロントグリルやブラック塗装のフロントフォグランプベゼルやリヤバンパーロアスポイラーなど、外観の上質さとスポーティさをさらに高めました。 ブラックレイヤーウッドステアリングやスエードと本革を組み合わせた専用シートなど、シックで落ち着いた室内空間に仕上がっています。 0Lターボガソリン車 2WD(FR) 454. 5Lハイブリッド車 497. 5万 クラウンアスリートのグレードを選ぶ基準を決めておこう! クラウンアスリートのグレードを選ぶ場合、まずガソリン車か車か、ガソリン車ならどのエンジンか、そしてG,S,など、どのグレードにするかを考える事になります。 ガソリン車を選ぶなら、マイナーチェンジで新しく追加された2. 0Lエンジンモデルが高評価です。 価格とのバランスも良く、クラウンアスリートのガソリン車を購入する場合には真っ先におすすめできます。 街乗りを楽しむなら、立ち上がりの良いハイブリッドも選択肢に入れてよいでしょう。 自分に必要な装備、運用方法、財布の具合などをよく検討し、納得のいくグレードを購入してください! また、購入するグレードまで決まったら、中古車も検討してみるといいかもしれません。 状態の良いものが安く購入できる可能性も十分にあります。 中古車についても以下で最新情報をご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。 最新「クラウン」中古車情報.

次の

クラウンアスリートをグレード別に比較!

クラウンアスリートgとsの違い

・買取店のように安く買い取りされない。 ・一括査定のように営業電話はかかってこない。 2018年6月26日にフルモデルチェンジした新型クラウンですが、今までのアスリート、マジェスタというグレードは廃止され、代わりにRSグレード、RSアドバンスグレードという新しい設定になりました。 そこで、新しくなったクラウン新型RSグレード、RSアドバンスグレードの違いを、価格、装備で比較してみたいと思います。 Sponsored Link クラウンRSとRSアドバンスの価格と馬力の違い まずは、価格の違いから比較していきます。 5リッターのハイブリッド車で比較します。 グレード 価格 RS 5,416,200 円 RSアドバンス 5,799,600 円 エクステリアや燃費は変わらずに、 約30万円の価格差になっています。 次に馬力の比較です。 autocar. 価格に約30万円の差があるのに対して、馬力については変更なしということで、エンジンは同じなんですね。 エンジンが同じということなら、燃費や税金も当然同じということになります。 今回はフルモデルチェンジということで、大きく差をつけなくても、十分販売台数を見込めるという計算なのでしょうね。 あと2、3年すれば、さらにお得な特別仕様車が期待できるでしょう。 Sponsored Link クラウンRSとRSアドバンスの内装装備の違い RSグレード、RSアドバンスグレードで大きく違うのは、安全面の装備です。 次いで、内装の装備です。 RSアドバンスグレードは、RSグレードに装備を充実させたお得なパッケージという認識で良いと思います。 安全装備に次いで違いのある、内装の標準装備されているパーツの違いを紹介したいと思います。 両グレード共に、本革シートへの変更は可能になっています。 RSグレードは、ファブリックで統一されているということですね。 snsimg. carview. jpg? toyota-dealer. 以上の8つのパーツが違いとなっています。 内装パーツの標準装備の差だけでも、20万円近い価格差はあります。 車両本体価格差で約30万円ですが、内装パーツだけ考えても、価格差に匹敵する価値があります。 これだけでも、お得に感じてしまうのは私だけでしょうか。 tokyo-toyopet. せっかく新車を買うなら、最新の装備が欲しいと誰もが思うと思います。 ベースグレードではオプションばかりで、あれもこれもと選んでいくと、簡単にトップグレードに近い価格になってしまうので、標準装備が豊富だと選ぶのも簡単ですし、販売台数も伸びると思います。 間違いなく売れ筋のグレードとなるのは、RSアドバンスだと思います。 クラウンRSとRSアドバンスどっちがおすすめ? 装備の充実ぶりを見ると、RSアドバンスグレードがとてもお得だと思います。 先ほど安全面の装備が違うと説明しましたが、両グレード共に、Toyota Safety Sense は標準装備となっているので、最低限の安全装備はされています。 Toyota Safety Senseがついてれば十分と思われる方も多いですが、トヨタを代表する高級セダンとなると違います。 RSアドバンスグレードとなると、さらに安全装備が追加されます。 toyota-dealer. tokyotoyota. carview. パーツとしては高額な部類の安全装備が充実し、さらに安全性能が上がっているのが一番の特徴です。 これで約30万円の価格差というのは、お得すぎると思います。 トヨタのハイブリッド技術は世界でもトップクラスですが、それだけでは厳しい段階まできているので、次に狙うとしたら安全装備しかありません。 各メーカー様々な安全装備を発表していますが、さらなる安全装備の充実を期待したいですね。 この記事が動画でご覧になれます。

次の

クラウンアスリートハイブリッドGとSの違いと価格は?

クラウンアスリートgとsの違い

クラウンは15代目へフルモデルチェンジ! 新型クラウン G-Executive 2018年6月26日、トヨタの伝統を受け継ぐクラウンが5年半ぶりにフルモデルチェンジ。 流麗と躍動感を併せもつ4ドアにも見えるエクステリアが与えられたトヨタ15代目クラウンは、クラウンとしての存在感を保ったまま、よりスポーティに生まれ変わりました。 インターネットと車をつなぐ、トヨタ初のとなった新型クラウンは、を従来の車がもつ可能性をさらに広げる革新的な車として、新しいモビリティライフを提案します。 あらゆる面で大幅な進化を遂げたクラウンですが、最大のトピックは従来の「マジェスタ」「ロイヤル」「アスリート」というシリーズ構成が撤廃されたことでしょう。 新型クラウンのグレード構成について詳しく説明します。 トヨタ新型クラウンの詳細についてはこちら 新型クラウンの複雑なグレード構成をわかりやすく解説 トヨタ新型クラウン RS Advance 先代クラウンでは、ラクジュアリーな「ロイヤル」とスポーティな「アスリート」、最上級の「クラウンマジェスタ」がラインナップされていました。 これに対し新型クラウンでは、これらのサブネームを統合し、「S」「G」「RS」の3グレードと、ベースグレードの「B」で構成されます。 新型に搭載されるエンジンは、先代から引き継がれる2. 0L直列4気筒と、新開発の2. 5L直列4気筒エンジンと3. 5L V型6気筒エンジンの3種類。 5Lエンジンのみにラインナップされています。 複雑化した新型クラウンのグレード構成の違いをわかりやすく解説していきます。 歴代クラウンについて詳しくはこちら クラウンの15代目と14代目について詳しくはこちら アスリートは「RS」グレードに相当 先代トヨタ クラウン アスリート スポーツ指向の「アスリート」に相当するグレードは「RS」です。 12代目クラウンからスポーツグレードとして設定されるようになった「アスリート」。 先代となる14代目では、エアロパーツと締めあげられたにより、快適性だけでなく運動性能を重視した高速ツアラーとしてラインナップしていました。 新型クラウン RSは、専用エアロと4本出しエキゾーストテールパイプが与えられるエクステリアがスポーティな印象です。 電子制御やボディの歪みをコントロールするヤマハ製パフォーマンスダンパーが装備され、スポーツ指向が強調されました。 新型クラウン RSは、従来のクラウンアスリートよりも、スポーツとしてさらなるパフォーマンスアップが果たされています。 14代目クラウンの「アスリート」について詳しくはこちら マジェスタは「G-Executive」グレードに相当 先代トヨタ クラウン マジェスタ ロングの大排気量サルーン「マジェスタ」に相当するのは、3. 5L V6エンジンが搭載される最上グレード「G-Executive」です。 本革シートや充実した快適装備が標準となっている点も共通しています。 「マジェスタ」はトヨタ セルシオに代わるトヨタの最上級車で、3シリーズの中でもトップモデルとして位置していました。 新型クラウンのトップモデルに相当する「G-Executive」は3. 5L V6エンジンで統一されています。 組み合わされるマルチステージハイブリッドシステムは、レクサス LCにも搭載されるものと同じシステム。 2つの高モーターをより広い回転域での使用を可能にし、大排気量エンジンさながらの高速巡航性能を発揮します。 最新「クラウンマジェスタ」中古車情報 14代目クラウンの「マジェスタ」について詳しくはこちら ロイヤルは「S」「G」グレードに相当 先代トヨタ クラウン ロイヤル(クラウン 2. 5 ロイヤルサルーンG) トヨタの伝統あるクラウン「ロイヤル」は、新型クラウンでの2. 0Lと2. 5Lエンジンが設定される「S」「G」に相当します。 歴代クラウンの「ロイヤル」は、高級感を備えつつ、肩肘張らずにゆったり乗れるクラウンのメイングレードでした。 新型クラウンの主要グレードである「S」と、さらなる快適装備を追加した「G」は、先代クラウンの「ロイヤル」「ロイヤルサルーン」を受け継ぐ、新たなトヨタの顔となるクラウンです。 14代目クラウンの「ロイヤル」について詳しくはこちら 【グレード名別】新型クラウンの違いを比較 新型クラウンの複雑なグレード構成は、ラグジュアリー仕様の「標準仕様」とスポーツ仕様の「RS仕様」に分けることで理解しやすくなります。 新型クラウンのグレード別詳細をご紹介します。 【標準仕様】B 新型クラウンのベースグレードとなるのが2. 0Lを搭載する「B」です。 ベースグレードとはいえ、インターネットに接続するための車載通信機DCMはもちろん、第2世代へと進化したをはじめとする予防安全装備しています。 さらなる安全機能を追加する「セーフティーパッケージ」「セーフティーパッケージPlus」はオプションで選択可能です。 「セーフティーパッケージPlus」は、「セーフティーパッケージ」に、後方歩行者に対する後退時と、駐車をサポートする「パノラミックビューモニター&インテリジェントパーキングアシスト」を追加した上位版となります。 「B」に装備されるホイールは16インチ。 その他の余計な装備や加飾が抑えられた、新型クラウンの素の性能がわかる過不足のない仕上がりです。 【標準仕様】S 新型クラウン Sの外装 新型クラウン Sの内装 ベースグレードの「B」に、機能装備とオプション選択の幅が広がったグレードが「S」です。 17インチホイールが標準装備となり、本革巻のステアリング(車はヒーター付き)が装備されます。 「セーフティーパッケージ」と「セーフティーパッケージPlus」のオプション設定に加え、本革シートの「レザーシートパッケージ」と多彩なボディカラーを選択できる「ジャパンカラーセレクションパッケージ」のオプションが選べるようになります。 本革巻のステアリングはヒーターが標準となり、リアシートは電動リクライニング式が装備されます。 オプションでは「レザーシートパッケージ」に加え、後席の快適性を向上させるための後席サンシェードとリヤオートエアコンがセットになった「リヤサポートパッケージ」が選択できるようになります。 G-Executive 新型クラウン G-Executiveの外装 新型クラウン G-Executiveのリアシート 「G」で選択できるオプションパッケージがすべて標準装備となり、18インチホイールと専用内装が装備される最上級グレードが「G-Executive」です。 本革シートの後席にはと間接照明が装備。 「G-Executive」専用となる本杢調のインテリア加飾が施された高級感溢れる内装が特徴です。 クラウンマジェスタを引き継ぐ、トヨタ最上級のとなります。 【スポーツ仕様】RS 新型クラウン RS Fourの外装 新型クラウン RSFourのセンターコンソール 標準モデルのスタンダードと呼べる「S」をスポーティにリセッティングされた、先代クラウンの「アスリート」に相当するグレードが「RS」です。 エクステリアではスポーティなメッシュグリルと専用前後バンパー、リアスポイラーと18インチホイールが標準装備となります。 はRS専用にセッティングされたとパフォーマンスダンパーが装備され、LEDシーケンシャルターンランプと4本出しエキゾーストテールパイプが大きな特徴です。 「S」同様、ボディカラーは「ジャパンカラーセレクションパッケージ」から選択可能。 内装パネルもジャパンカラーを選択できます。 「セーフティーパッケージ」と「セーフティーパッケージPlus」「レザーシートパッケージ」はオプションとなります。 RS-B 「RS」の走行性能はそのままに、標準仕様の「B」と同様に装備とオプション選択を省いたグレードが「RS-B」です。 本革巻ステアリングがウレタン製のステアリングへと変更されていますが、アダプティブハイビームがオートマチックハイビームにグレードダウン。 内外装色の選択肢が狭まるとともに、「レザーシートパッケージ」が選択できなくなります。 RS Advance 新型クラウン RS Advanceの外装 新型クラウン RS Advance専用シート 「RS」に、専用内装と安全装備オプションが標準装備となる「RS Advance」です。 「セーフティーパッケージ」と「セーフティーパッケージPlus」が標準装備となり、専用の合成皮革コンビネーションシートとヒーター付き本革巻きステアリングが搭載されるRS仕様の最上グレードです。 5L V6エンジンを搭載した「RS」は「RS Advance」一択となります。 4WD車は「Four」 新型クラウン 2. 5Lハイブリッドエンジンと 車の「Four」は、全グレードを通して2. 5Lのみに設定されます。 とFRの違いによる装備の差はありません。 新型クラウン FourのセンターデフにはトルセンLSDを採用し、通常は40:60の前後駆動トルクを、瞬時に30:70から50:50まで可変させるハイレスポンスながら自然な走りを見せる4WDが搭載されます。 4WDとは? 【グレード・エンジン別】新車車両価格表 前述の通り、新型クラウンの複雑なグレード構成は、ラグジュアリー仕様とスポーツ仕様に分けることができます。 エンジンを見ると「2. 0Lターボ」は「G-Executive」を除く全グレードに搭載。 5L」がベースグレードを除くすべてに搭載。 5Lハイブリッド」は「S」と「G-Executive」のみに搭載。 である「Four」の価格は、基となるグレードの20万円アップとなります。 以下に、グレードを軸とした価格表と、エンジンを軸とした価格表を掲載します。 グレードを軸にした新車車両価格表 グレードによる機能性を主体に購入を考える場合には、こちらの表が把握しやすいでしょう。 ベースグレードはたしかに安価であるものの、直上グレードとの価格差は15万円程度。 どうしても安く新型クラウンに乗りたいというのでなければ「S」以上のグレードを選びたいところです。 標準仕様では、「S」は500万円前後。 「G」は550万円前後。 「G-Executive」は600万円以上と推移していきます。 RS仕様では、トップグレードの「3. 5RS Advance」の691万円〜を除けば、約500万円から600万円内に収まる車体価格設定です。 標準仕様 グレード エンジン 新車車両価格(税込) B 2. 0Lターボ 461万円 S 2. 0Lターボ 475万円 2. 5Lハイブリッド 498万円 519万円【Four】 3. 0Lターボ 494万円 2. 5Lハイブリッド 516万円 537万円【Four】 G 2. 0Lターボ 542万円 2. 5Lハイブリッド 562万円 584万円【Four】 G-Executive 2. 5Lハイブリッド 632万円【Four】 3. 5L V6 ハイブリッド 719万円 RS仕様 グレード エンジン 新車車両価格(税込) RS-B 2. 0Lターボ 500万円 RS 2. 0Lターボ 518万円 2. 5Lハイブリッド 541万円 563万円【Four】 RS Advance 2. 0Lターボ 559万円 2. 5Lハイブリッド 580万円 602万円【Four】 3. 5L V6 ハイブリッド 691万円 エンジンを軸にした新車車両価格 搭載エンジンでの比較を主体にする場合には、こちらの表をおすすめします。 軽快に吹き上がる2. 0Lターボ、燃費性能とが選べる2. 5L、大排気量エンジンに代わる3. 5Lハイブリッドのどれを選んでも動力性能自体に不満が出ることはないでしょう。 エンジン単体で見た場合の価格差は、2. 0Lターボと2. 5Lハイブリッドでは、およそ50万円。 5Lハイブリッドと3. 5Lハイブリッドでは、およそ100万円の価格差があることがわかります。 標準仕様 エンジン グレード 新車車両価格(税込) 2. 5L V6 ハイブリッド S 624万円 G-Executive 719万円 RS仕様 エンジン グレード 新車車両価格(税込) 2. 0Lターボ RS-B 500万円 RS 518万円 RS Advance 559万円 2. 5Lハイブリッド RS 541万円 563万円【Four】 RS Advance 580万円 602万円【Four】 3. 5L V6 ハイブリッド RS Advance 691万円 グレード構成の違いをまとめ 新型クラウン RS Advance これまで「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」に分かれていたグレード構成が一つにまとまったことで、新型クラウンのグレードは複雑な構成になっています。 しかし、主要な装備はオプション設定となっているため、その違いは搭載エンジンと駆動方式、内装のわずかな違いのみ。 RSに関しても、ボディの基本性能は変わらないため、パフォーマンスの差はエンジン性能の差のみといえるでしょう。 クラウン「ロイヤル」のように快適性と安全性といった実用面を第一に考えるなら、での「2. 5 G Four」、もしくは「セーフティーパッケージPlus」が組み込まれバリュー感のある「 2. 「アスリート」の高速ツアラー性能を求めるのであれば、スポーツの素性を楽しめる「2. 0 RS」か「2. 0RS-B」。 最高性能のエンジンが搭載され、絶対的な動力性能を誇る「3. 5 RS Advance」をおすすめします。 「マジェスタ」のような高級感溢れる室内空間と高速巡航性能がお望みであれば、迷わず最上級モデルの「3. 5 G-Executive」がおすすめです。 基本性能が飛躍的に上がった新世代のである新型クラウンは、「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」の三者三様のキャラクターを一つのボディで表現できる、高い完成度を誇る車へと進化したといえます。 トヨタの注目新型車情報はこちらから.

次の