マクラメ 編み。 マクラメ(マクラメ結び・マクラメ編み)とは|オリジナル蝋引き紐の販売店・貴石工房パック

マクラメ(マクラメ結び・マクラメ編み)とは|オリジナル蝋引き紐の販売店・貴石工房パック

マクラメ 編み

2.装飾的にひもを結んでものづくりをするクラフト全般のこと。 3.南米で伝統的に受け継がれる石や木と紐を合わせて作る装飾アクセサリー。 マクラメの発祥 マクラメの定義、「装飾的にひもを結ぶ」ことがどの地域で発祥したかということは、はっきりはしていません。 中世に世界の最先端を誇っていたイスラム文化圏で発展し、アラビア人によってイタリア(スペインという説も)に伝えられて、ヨーロッパ各地で独自の発展をとげていった、という流れで広まっていったとされています。 さらにマクラメは大航海時代以降、人とモノの移動にともなってスペインからメキシコへ、フランスからカナダのネイティブアメリカンへ、ジェノバからアメリカや南米へ…このように各地へ広がっていったとされます。 16〜17世紀のヨーロッパでは女性の衣服の装飾としてマクラメが流行。 18世紀のヴィクトリア朝時代のイギリスでは、王妃が宮廷の女性たちに教えたことがきっかけで大流行。 細い糸で結ぶ繊細なマクラメの装飾をつくることが、貴婦人のたしなみとされました。 普及されるうちにマクラメという言葉も、アラビア語からフランス語になり、フランス語から英語になって、世界中で通用するものとなりました。 また、装飾の大小を問わず「ひもを結んでものづくりをする」こともマクラメの根底と捉えると、結ぶ・組む・編むという作業は古くを遡ると人間が道具を使い始めたころまで行きつくと考えられます。 紐を編むことにより、装飾が生まれる。 その装飾が生まれたことを神の所業として祈り、崇め、感謝する。 それを親から子へ、子から孫へと代々伝えてゆく。 そのような伝承が世界各地で自然と生まれ、各地域の風土や文化のなかで培われてきたのではないか。 実際に没頭して編んでゆくと、遠く、はるか遠くと繋がるような懐かしく暖かいノスタルジックな感傷に浸ることがあるのは、私だけでしょうか。 日本とマクラメ 日本でも縄文時代の遺跡から、植物のつるで組んだ組ひもや腕輪が出土しています。 古来より万物すべてのものには神(八百万の神)が宿るという独自の信仰心が芽生えていた日本では、結んでできあがった紋様に対しても神が宿るものと捉え、天災を防ぎ五穀豊穣を祈る魔除け・呪術具として神格化しました。 天平時代の美術工芸品を収蔵する国宝、「正倉院」にも聖武天皇の御物(ぎょぶつ)として結び紐がまつられています。 戦国時代では鎧をつなぐ紐の端にも結びで装飾性がもたされてました。 道具を使い始めた縄文時代以来、どの時代でもひも状のものを結ぶ、組む、編む、そしてそれに装飾性をもたせることがなされてきました。 さらにどの時代においてもその装飾には意味・願いが込められていました。 手芸としてのマクラメが楽しまれるようになったのは西洋文化が一気に流れ込んだ明治時代から。 以来、昭和のはじめ、第二次大戦後、1980年と何度かブームをへて現在にいたっているそうです。 1993年、Jリーグ発足の時のミサンガの大流行はまだ記憶に新しいところです。 2010年頃からは天然石・パワーストーンと合わせた南米流の「マクラメアクセサリー」が広くパワーストーンとハンメイドファンの心をとらえています。 写真) 様 南米のマクラメアクセサリー 南米の少数民族、インカの末裔とされるケチュア族などの間では天然石や樹木をマクラメの技法で装飾したものが伝統的に受け継がれているそうです。 日本にも見られたように、南米でも古くは神聖な儀式の呪術具などに用いられるなど、その装飾には意味や願いが込められていました。 ペルーの首都・リマでもマクラメアクセサリーを路上で制作しつつ販売している方が多くいらっしゃるそうです。 南米を旅する日本人の旅人・バックパッカーもマクラメに魅了され、その技法を現地で学ぶ方が多いと聞きます。 日本に帰国後もマクラメ作家として制作活動にあたり南米のマクラメアクセサリーを日本に普及しています。 写真) 様 貴石工房パックとマクラメ 最後に私たちとマクラメ・オリジナル蝋引き紐との出会いについて触れたいと思います。 1998年にオープンした天然石・パワーストーンの専門店『貴石工房パック』。 当初から『創る』をコンセプトに、天然石ビーズの手作りアクセサリーを制作・販売してきました。 蝋引き紐に出会ったのは2006年頃。 当初出回っていたタイ産やイタリア産の蝋引き紐では天然石ビーズが入りにくく、パートナーと何度も失敗しながらビーズが通る蝋引き紐を開発してきました。 2009年、が完成。 2010年に貴石工房パックOnline Shopをオープンし、蝋引き紐とハンドメイドアクセサリーを販売してきました。 初めは平結びやねじり編み、つゆ結びの作品ばかりだった当店も、スタッフ各々が独学で学んだ技術知識をもちより、少しずつ技術と感性を向上させていきました。 日本の伝統色の紐、世界各地の天然石を使って、私たちらしい繊細であたたかいマクラメアクセサリーをこれからも制作していきたいと思います。

次の

初心者も簡単に出来るマクラメ編みの編み方解説!種類や作品アイデアも紹介♪

マクラメ 編み

初心者でも簡単な可愛いマクラメの編み方の1つ目は「編み図簡単!平結びの編み方」です。 平結びは、中央に置いた紐を包み込む等に縛って編んでいく方法で、マクラメ編みの基本になります。 ブレスレットなどにもよく使われて編み方で、この平結びだけでも、写真のように作品として仕上げることが出来ます。 平結びだけでブレスレットなどのアクセサリーを作るときには、金具やチャームを上手に使い可愛く仕上げてくださいね!編み図もとても簡単ですので以下のリンクを見ながら作ってみましょう。 また、詳しい編み方・作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。 マクラメ編み平結びの材料• ロウビキ紐• ハサミ• セロハンテープ• ライター マクラメ編み平結びの編み方・作り方• 1ロウビキ紐を4本ひとくくりにして、セロハンテープで端を固定して編み始めます。 2左の紐を曲げて4の字にします。 3右端の紐をその上に重ねるように乗せます。 4上に乗せた右の紐をほかの紐の下にくぐらせて、左端の輪に通します。 5左右の紐を引っ張って引き締めます。 真ん中の2本を包み込んで縛る要領です。 6次は左右を逆にして縛ります。 これで、平結び1目が編めました。 先程の平編みで、間にビーズを噛ませていく編み方なので、とても簡単に編めますよ。 ビーズの種類は何でもOKですが、紐が穴に通ることだけ確認してからスタートしてください。 ブレスレットのアジャスター部分も平結びで作ります。 このアジャスターを付けるだけで、つけにくいブレスレットも自分で簡単につけられるようになるので、ぜひアジャスターを付けてください。 詳しい編み方・作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。 マクラメ編みブレスレットの材料• ロウビキ紐…1m3本• ビーズ…10~13個• セロハンテープ• ハサミ• ライター マクラメ編みブレスレットの編み方・作り方• 1半分に折ったロウビキ紐にビーズを全て通し、両端をしばります。 (2本通らない場合は1本でもOKです。 2通したビーズを半分に分けて、中央から編み始めます。 32本の紐でビーズを通した紐を挟んだ形にしてセロテープで固定します。 4ビーズの上に平編みをして、ビーズを包み込むようにしてビーズの下にも平編みをします。 6端まで編んだら、ブレスレットの長さは平編みで調整します。 7端を手が入る長さにしカットしたら、端の4本を包むように平結びします。 これがアジャスターです。 こちらは底が平らなビーズカボションを包み込む、一番簡単な方法になります。 しっかりと包み込むのでカボションが抜けることはありませんが、少し緩いなと感じる場合は、編んだ後にカボションを取り外して、ボンドを付けてから埋め込みます。 このカボションを包み込むマクラメ編みは、ネックレスだけでなくいろいろなアクセサリー作りに応用できますので、ぜひ覚えてください。 タッチング結びの方法など、詳しい編み方・作り方は以下の手順と動画を参考にしてください。 マクラメネックレスの材料• ロウビキ紐…1mと2m• カボションビーズ• ハサミ• ライター• ボンド(緩かった場合のみ必要)• セロハンテープ マクラメネックレスの編み方・作り方• 11mの紐を半分に折ってセロハンテープで固定し軸にします。 2左側の軸に、右タッチング結びをします。 右側に左タッチング結びをします。 幅はカボションに合わせてください。 4同じ芯の紐同士を軽く結び、中にカボションをはめ込みます。 5カボションを入れたら徐々に絞めていきます。 6残りの紐を使って、バチカンを編みます。 7タッチング結びの編み紐を結び、カボションの表面の紐を軸にして平編みをします。 8好みの長さになったら、平結びの軸と裏の軸を結びます。 今回はキーホルダーとして編んでいますが、この編み方はピアスやストラップなど、様々なハンドメイドに使われているアレンジ多彩な編み方になります。 覚えるといろいろなアクセサリーが作れますよ!プラスで使うパーツやタッセルは市販のものを使いたいという方は、以下の記事に100均で購入できるタッセルが載っています。 ぜひご覧ください。 マクラメ編みキーホルダーの材料• マクラメ糸• キーホルダー金具• ハサミ• セロハンテープ(マスキングテープ) マクラメ編みキーホルダーの編み方・作り方• 3左の4本で平結びを1目編みます。 4本セットにしてすべての紐を平結びします。 42列目は、サイド2本をよけた状態で4本セットを作り平結びします。 6サイド2本ずつと真ん中4本を残し平結びします。 7サイドの4本ずつを平結びします。 8中心が逆V字になっています。 V部分を裏4の字編みします。 9真ん中6本を取り、サイドの4本で平結びします。 11上部と対象になるように編み進めます。 12下部がV字になるように仕上げ、2本ずつに分け根元で縛ります。 マクラメ編みは手で編んでいきますが、こちらのバッグはかぎ針を使用して編みます。 手で編んでも同じような形が作れるのですが、かぎ針編みは早く編めるのでおすすめです。 しかし、網だけですと中身もこぼれますし伸びてしまいます。 内側にクリアバッグを敷いて作ることで、取っ手の部分もクリアバッグのものが使えます。 取っ手は細編みでくるんでいますが、マクラメの平結びでくるんでもいいでしょう。 詳しい編み方・作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。 マクラメ七宝編みバッグの材料• Tシャツヤーン• 麻ひも• かぎ針…8号• クリアバッグ• ハサミ マクラメ七宝編みバッグの編み方・作り方• 1鎖編み32目編み、2つ目の目に細編みをします。 2大きな鎖編みを1回細編み1回、を2回編みます。 3繰り返し、鎖編みの周りを編みます。 48段繰り返し編み、クリアバッグを中に入れます。 5バッグに麻ひもを編み込み、クリアバッグの取っ手を書き込むように細編みでくるんでいきます。 6取っ手の根元は麻ひもをグルグル巻いて仕上げます。 ドリームキャッチャーとはアメリカインディアンのオジブワ族に伝わる、手作りの装飾品になります。 本来は、眠っている子供を悪夢から守るお守りですが、おしゃれなのでインテリアとして飾る方も多いようです。 マクラメの手編みドリームキャッチャーを作ってみたいという方は、以下の動画を参考にしてマクラメ編みを取り込んで作ってみてください。 初心者でも簡単な編み方で可愛いマクラメを編もう! いかがでしたでしょうか?簡単に手編みできるマクラメ編みにもたくさんの種類がありました。 作ってみたいマクラメ編みはありましたか?作り方に慣れてきたら、アレンジを加えてオリジナルの編み方などにもチャレンジしてみてくださいね!.

次の

マクラメの編み方5選!初心者でも簡単に手編みができる!

マクラメ 編み

マクラメ編みの編み方の1つ目は、「平結び」です。 平結びは、最も一般的な結び方で、初心者も簡単に覚えることができるでしょう。 ブレスレットなどに良く使われます。 左右にバランスよく結び目が並ぶ編み方です。 マクラメ編み「平結び」の編み方• 紐を3本以上束ね、左、中央、右に分けます。 中央の紐はまっすぐに伸ばし、芯にします。 左側の紐を輪にして、端を右側におきます。 右側の紐を中央の紐の下を通し、左側の紐で作った輪に通し結びます。 右側の紐を輪にして、端を左側におきます。 左側の紐を中央の紐の下を通し、右側の紐で作った輪に通して結びます。 結び目は上に寄せながら、繰り返していきます。 フレーム結びは、天然石のペンダントなど石包みに使う編み方です。 フレーム結びにはいくつかの方法がありますが、ここでは、タッチング結びの応用のフレーム結びの作り方をご紹介します。 マクラメ編み「フレーム結び」の編み方• 3本の紐を用意し、上部を固定します。 左側の端の紐を左側タッチング結びにします。 続けて、中央の紐を右側タッチング結びにします。 左側をタッチング結びにします。 右側をタッチング結びにします。 交互にタッチング結びを繰り返します。 マクロメ編みのタペストリーの編み方・作り方は? マクロメ編みのタペストリーの編み方・作り方|準備するもの マクロメ編みのタペストリーの編み方・作り方の編み方の手順は、横棒になる棒にロープ4本を結び、平編みとねじり編みで編んでいきます。 マクロメ編みのタペストリーの編み方・作り方の手順• ロープを半分に折り、輪に上から端を通し横棒に結びます。 同様にして残りの3本も結びます。 4本ずつを1セットとします。 左の4本のうち、真ん中の2本は芯とします。 左右の2本のロープを平編みにしていきます。 右の4本も同じように平編みにしていきます。 しばらく平編みを続けます。 ある程度平編みを続けたら、ねじり編みをしていきます。 ねじり編みをしばらく続けたら、再度平編みをしていきます。 左右とも、同様に編んでいきます。 良いサイズまで編めたら、ロープのよってある部分をほどき、フリンジにします。 形を整えたらできあがりです。 マクラメ編みの石包みペンダントの編み方・作り方は? マクラメ編みの石包みペンダントの編み方・作り方|準備するもの マクラメ編みの石包みペンダントの編み方・作り方で準備するものは、お好みの天然石、細めのマクラメコード、メジャーまたは定規、ハサミ、クリップ、ボード、ライターです。 マクラメ編みで石包みのペンダントを作る場合、マクラメ編みは同じ幅で編んでいくときれいにできますので、芯となるコードの幅が変わらないように、ボードにクリップなどでコードを固定して始めると良いでしょう。 マクラメ編みで石包みのペンダントを作る場合に用意する天然石は、お好みのものを選んでいただけますが、最初はなるべく丸めのものを選ぶと良いでしょう。 小さすぎるもの、結晶が細かいもの、変わった形のものなどは、固定しにくい場合がありますので、なるべく簡単なものから始めると良いでしょう。 マクラメ編みの石包みペンダントの編み方・作り方|作り方の手順 マクラメ編みで石包みのペンダントを作る場合、マクラメ編みは同じ幅で編んでいくときれいにできますので、芯となるコードの幅が変わらないように、ボードにクリップなどでコードを固定して始めると良いでしょう。 マクラメ編みの石包みペンダントの編み方・作り方の手順• 芯にするマクラメコードを半分に折り、クリップなどを使ってボードに固定します。 *ボードには、目盛りなどをつけておくと便利です。 天然石のサイズによって変わりますが、2本のコードの間は1cm開けます。 下側も同じように間を1cm開けて、クリップでボードに固定します。 別のコードを使い、芯の左側のコードに右タッチング結びを行います。 続けて、芯の右側のコードに左タッチング結びを行います。 結び紐を交差させながら、右タッチング結びを行います。 さらに交差させながら、左タッチング結びを行います。 交差させながら、右タッチング結び、左タッチング結びを繰り返していきます。 *力加減を同じにし、同じ幅が維持されるように注意しましょう。 天然石を一周する長さまで、繰り返します。 結び紐は、石の裏側に来るようにして結びます。 結んだ部分が取れないように抑えながら、クリップを外します。 天然石を一周包み、本結びで止めます。 芯の1本を選び、止め結びをして、根元で止めます。 止めた後のコードで3cmほど平結びし、バチカン部分を作ります。 平結びを曲げ、バチカン部分を仕上げます。 根元部分にコードを巻きつけ固定します。 しっかりと固定したら、裏側で本結びします。 余った部分を切ったら、できあがりです。 ただし、荷造りテープは、マクラメ編み用のロープなどと比べて固く、滑りも悪いため、作るのが少々大変かもしれませんし、手が痛くなったりもするかもしれませんので、注意しながら行いましょう。 荷造りテープで作るマクラメ編みは、独特の少し光沢のある色合いになります。 また、出来上がりも固くなりますので、タペストリーやハンギングバッグなどに向いているでしょう。 マクラメ編みのナチュラルな装飾を楽しみましょう マクラメ編みは、編み方を覚えてしまえば、様々なものを作れるようになります。 マクラメ編みで出来上がったものは、ロープのタペストリーや植木鉢を飾るハンギングホルダーなど、ナチュラルな印象の装飾を作ることができます。 マクラメ編みは、基本的な編み方は簡単ですが、それらを組み合わせることで、複雑なアートを作ることができます。 中世では貴婦人の嗜みでもあったマクラメ編みを楽しんでみてはいかがでしょうか。 マクラメ編みと同じように、紐を使ったアートは他にも色々ありますが、組紐を使った飾り結びも、マクラメ編みとはまた違った魅力を持っています。 こちらの記事もぜひチェックしてみてください。

次の