新年 の 言葉。 新年の挨拶に使う語句を教えて下さい。例えば、「あけましておめ...

【2019年】正月に縁起の良い言葉9選!新年にふさわしいめでたい四字熟語とは?

新年 の 言葉

新年、正月、元旦に押さえるべき名言10選 「去年までのあなたはどんな人でしたか? 去年までのあなたは何をしていましたか? きっと、他人は、あなたの過去を見て、あなたを判断しようとします。 けれど、あなたまでそういう見方であなたを見てはいけない。 あなたは新しい。 あなた自身を過去から引き離せば、きっと、感じ方も変えられる。 成功も失敗も、守れた約束、破った約束、勇気を出して冒険したこと、怖くて閉じこもってしまったこと、色々ありました。 いいですか、 新しい年はあなたに『チャンス』をくれます! 過ちを許し、更に努力し与え、『愛する』というチャンスを。 竹にはやはりフシがいるのである。 同様に、流れる歳月にもやはりフシがいる。 ともすれば、とりとめもなく過ぎていきがちな日々である。 せめて年に一回はフシを作って、身辺を整理し、長い人生に耐える力を養いたい。 『一年目だから仕方ない』では活躍できない。

次の

新年の挨拶に使う語句を教えて下さい。例えば、「あけましておめ...

新年 の 言葉

「厚誼・高誼」はいずれも「 まごころからのつきあい・親切」という意味を持ちます。 「誼(音読み:ぎ)」はあまり見慣れない漢字かもしれませんが、訓読みでは「よしみ」です。 親しい付き合いや深い友情を表す言葉で、「昔のよしみ」といった慣用句でよく使われます。 挨拶においては、相手に対する厚い親しみの気持ちや、目上の人から受ける深い思いやりを「厚誼・高誼」と言い表し、「ご厚誼に預かる」といった使い方が一般的です。 「厚誼」は、日頃からお世話になっている目上の人に対して使われます。 ビジネス文書で使われるケースもあるようです。 一方「高誼」は、相手の自分への好意を敬って言う言葉で、主に手紙で使われています。 使用例: 「 格別のご厚誼に感謝いたします」 「 昨年中は格別なるご高誼に与り、誠にありがとうございました」 「 本年も変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます」 「鞭撻」の「鞭」は訓読みすると「むち」となり、古くは騎馬用のむち、刑具としてのむちを指したようです。 また、「撻」も「鞭や棒で打つ」ことを意味していました。 ですから「鞭撻」は本来、「鞭で打つ」あるいは「(力で)抑える・征服する」という、非常に厳しい意味でした。 ただし、現在では「 (叱咤)激励すること」「 強く励ますこと」を言い表します。 一般的には「ご指導ご鞭撻」といった形でよく使われることが多いでしょう。 「心のこもった助言・アドバイスに対して、大いに感謝しています」という内容の一文で使われます。 使用例: 「 昨年中はご指導ご鞭撻を賜り、誠にありがとうございました」 「 ご指導ご鞭撻のおかけで~」 「 今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます」 「慶ぶ」の「慶」は「めでたいとして祝う。 ことほぐ(言祝ぐ)」という意味です。 つまり、新年の挨拶で「慶ぶ」を使う場合、「新年を迎えるにあたり、その おめでたい気持ちを言葉でお祝いします」というニュアンスになります。 「よろこぶ」は他に「喜ぶ」「悦ぶ」「歓ぶ」などの漢字が当てられますが、年賀状やビジネス文書では「慶ぶ」とすることが多いようです。 古来、吉礼には鹿皮を礼物とする慣習があったそうで、「鹿」の省略形から構成されている「慶」は、おめでたいニュアンスを込めたいときに使われるようになったと考えられます。 使用例: 「 皆様におかれましては健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます」 「 幸多き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます」.

次の

新年、正月、元旦に押さえるべき名言10選

新年 の 言葉

お正月言葉とは? 年賀状でよく見られるお正月言葉に「謹賀新年」「迎春」「賀正」などがあります。 それらの言葉は「賀詞」というお祝い言葉の一種です。 賀詞は文字数によって意味合いが異なります。 4文字の「謹賀新年」は最もへりくだった賀詞で、主に目下の人が目上の人(上司や先輩など)に対して使用する言葉です。 1文字や2文字の「寿」「迎春」「賀正」は比較的シンプルな賀詞です。 目上の人が目下の人(部下や後輩)に対して使うのにふさわしいとされています。 例えば、会社の上司へ送る年賀状に「迎春」の文字を入れた場合、失礼にあたってしまいます。 心当たりがある方は、次回送る際、正しい賀詞を入れた年賀状を送るようにしましょう。 お正月言葉の種類と意味 お正月言葉には、さまざまな種類や意味があります。 以下では文字数別にお正月言葉をご紹介します。 1文字の賀詞 寿:めでたい 福:幸せ 賀:祝い 春:年の初め 2文字の賀詞 賀正:正月を祝う 賀春:新年を祝う 初春:新年を祝う 迎春:新年を迎える 4文字の賀詞 謹賀新年:謹んで新年をお祝い申し上げます 謹賀新春:謹んで新年をお祝い申し上げます 恭賀新年:恭(うやうや)しく新年のお喜びを申し上げます。 迎春万歳:新年を迎えお喜び申し上げます。 お正月言葉の正しい使い方 お正月言葉はたくさんありますが、年賀状にはどれを使用すれば良いのでしょうか。 もともと、年賀状は新しい年をお祝いするとともに、「今年もどうぞよろしくお願いします」という相手への礼節を重んじる風習です。 そのため、年賀状を送る際は、どのような相手でも昨年のお礼と今年の挨拶を謙虚な気持ちで伝えましょう。 賀詞の意味合いを考えると、4文字の「謹賀新年」もしくは「恭賀新年」という言葉であれば、誰に送っても失礼にはあたらないお正月言葉といえます。 しかし、気を付けなければならないのは、賀詞はお祝いの言葉だということです。 「謹賀新年」と大きく掲げておきながら、さらに「明けましておめでとうございます」という文章を入れてしまうと、同じことを2回言っていることになってしまいます。 注意しましょう。 「元日」と「元旦」の違い 年賀状を書く際に悩む方が多いお正月言葉として「元旦」と「元日」があります。 どちらを使用するのが正しいのでしょうか? 元日は年の1番最初の日を指します。 つまり「1月1日全体」のことをいいます。 そして元旦は、元日の朝、つまり「1月1日の朝だけ」のことを指すため、午後以降は元旦にはなりません。 どちらが正しい、というわけではありませんが、年賀状は多くの場合午前中に届くため、「元旦」を使用するのが一般的だといわれています。 また、その日全体なのか朝のみかの違いはあれど、どちらも「1月1日」のことを指すことから一般的に1月1日に届くように投函した年賀状のみに使用されます。 つまり1月2日以降に届く可能性のある年賀状には、「元日」や「元旦」と書かないよう注意しましょう。 また、「元日」と「元旦」を使用する際、「1月1日元旦」と書くと意味が重複してしまいます。 おわりに 年賀状は、新しい年を迎えるにあたり、昨年お世話になった方々へのお礼と、新年への挨拶を兼ねた大切なやり取りです。 お正月言葉のルール・マナーをしっかり理解し、相手に失礼のないような年賀状を作成しましょう。

次の