今後とも何卒よろしくお願い申し上げます 英語。 「今後とも」の意味とは?使い方、例文、類語など

「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」という結び言葉の使い方

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます 英語

今後ともの意味とは?使い方、例文、類語など 「今後ともよろしくお願いいたします」と言った表現はメールはもちろん、商談や会議と言った会話の中でも頻繁に使用されています。 しかし、使用が適した場合とそうでない場合があります。 また、「引き続き」や「将来的に」と言った似た表現がありますが、やはり正確な意味は異なりますので状況によって使い分けて行く必要があります。 そこで今回は「今後とも」の意味や使い方に加えて注意点や類語についてご紹介していきます。 今後ともの意味 「今後とも」の読みは、「こんごとも」です。 「今後」の「今」は現在を表しており、「後」はこの場合将来を表しています。 つまり「今後」は、「現在以降の将来」を意味していると言えます。 一方「とも」は、漢字で書くと「共」となり、「一緒に」や「~こみで」などの意味があります。 この場合は、「今後」の後に付くことで、「今までと一緒に」という意味を持つことになります。 こうしたことを総合すると、「今後とも」という言葉は、「これから以後も、これまでと同じように」という意味があることが分かります。 「今後とも」の具体的な使い方や例文については、この後説明していきましょう。 今後ともの使い方・例文 「今後とも」の意味は、上で見たように、「以前同様これからも」「この後も今まで通りに」といったものになります。 「今まで通り」とあるように、相手との関係が以前から続いており、それをこれからも変わらず続けていきたいという際に使われるようになっています。 この場合、基本的に相手との関係が良好であることが前提となります。 一般的によく使われる表現で、ビジネス用語としても頻出します。 話し言葉として対面で使われることもありますが、書き言葉としてメールなどの文中でもよく使われます。 最も多い使い方としては、後ろに「よろしくお願いします」を付けて、「今後ともよろしくお願いします」という形にするものです。 このように、後ろに相手への丁寧な呼びかけの言葉を付けることで、良好な関係を維持していこうという意図を込めるのが一般的です。 大まかな使い方について見たところで、「今後とも」の具体的な例文について、以下にご紹介していきましょう。 今後ともよろしくお願いします 先にも述べたように、「今後とも」は後ろに「よろしくお願いします」を付ける使い方が最も一般的です。 この言い回しはさまざまなケースで使えるので、正しい使い方を覚えておくと便利です。 例文:これを機に、さらなる努力を重ねていく所存です。 今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします• 例文:今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます• 例文:今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます• 例文:今後とも変わらぬご厚誼をどうかよろしくお願いいたします• 例文:今後ともお引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます• 例文:今後ともよろしくお引き回しのほどお願い申し上げます 今後ともの注意点 「今後とも」は、前述のようにビジネスにおいてはよく使う表現です。 しかし、使用するにあたってはいくつか気をつけるべき点があります。 ここでは「今後とも」の使い方についての注意点を見ていきましょう。 謝罪の場合の使用は避ける 手紙やメールで謝罪の意を伝える際には、「今後ともよろしくお願いします」などの文言は含めない方がよいでしょう。 こちらのミスや不手際で先方に迷惑をかけておいて、同時に「今後ともよろしくお願いします」などと伝えるのは、やや一方的な要望という印象もあります。 たとえトラブルが解決している場合でも、根本的な点を反省していないようなイメージを持たれかねません。 こうした場合には、「この度は大変申し訳ございませんでした」「重ねてお詫び申し上げます」などといった謝罪の言葉を強調した方が適切です。 文末で使う 「今後とも」を書き言葉として使う場合、文中のどの場所でも使えるわけではありません。 「今後とも」は、一番最後の締めの言葉として使われるようになっています。 ビジネスメールなどの文章では、あらたまった形式を取ることが多く、文頭や文末には定型的な表現を使うのが一般的です。 「今後とも」は、本題が終わった後の文末に加えることで、締めくくりに相手への礼儀を示すための定型表現になります。 付き合いが一度だけの場合は使わない 前述のように、「今後とも」は将来的に付き合いが続くことを前提とする言葉です。 そのため、今後の付き合いがないと分かっている相手に使うのは、あまり適当ではありません。 この場合は、「この度は誠にありがとうございました」などとして締めくくるのが良いでしょう。 今後ともの類語・言い換え 引き続き 「引き続き」は「途切れることなく」といった意味の言葉で、「今後とも」とほとんど同じ意味を持っています。 ただ、使い方に関しては微妙にニュアンスが異なります。 「今後とも」が、一度やり取りが途切れても関係自体は変わらないことを願うというニュアンスなのに対し、「引き続き」はやり取りが継続している最中に、「このままの調子で続けましょう」と呼びかけるニュアンスの言葉となっています。 将来的にも・以後も これは「今後とも」と同じく、現在以降の関係を維持したいというニュアンスを持った言葉です。 ただし、ややカジュアルな響きがあるため、ビジネスメールなどでは「今後とも」の方が使いやすいでしょう。 ただ場合によっては、これらの方が自然な言い回しになることもありますから、ケースによって使い分けるのが大切です。 最後に 以上、「今後とも」の意味や使い方についていろいろ解説してきました。 「今後とも」は、相手に対し、これまでと変わらない良好な関係を維持したい旨伝える際に使われる表現です。 メールや手紙においては、文末の締めの表現として、定型的な言い回しとなっています。 類語には、「引き続き」や「将来的にも」「以後も」などといったものがあります。

次の

「今後とも」の意味と使い方!ビジネスで使える定型文例も紹介

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます 英語

今後とも。 今後ともお付き合いの程よろしお願いします。 今後ともお引き立てのほうよろしくお願いいたします。 今後ともご愛顧(ごあいこ)の程よろしくお願いいたします。 今後ともご指導の程よろしくお願いいたします。 「お引き立て」や「」は、「する」という意味の丁寧な表現で、常日頃からお世話になっていたり、よくしてもらっている相手に対して使う言葉です。 例えば、取引先の会社がいつも自分の会社の商品を注文してくれているという場合などは、「これからもどうぞうちの商品をご贔屓にしてくださいね。 」というニュアンスを込めて挨拶しましょう。 また、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」は、特に上司や社長さんなどビジネス上での先輩、指導をしてくれている人に使います。 上司などにも「今後ともよろしくお願いします。 」と使うことはできますが、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」の方が、より丁寧な言い方です。 2-2.結びの言葉(手紙を締めくくるための言葉) 「今後とも」は、口頭でも使う言葉ですが、手紙やメールなどの書き言葉として使われることが多く、一番最後の結びの言葉として使われます。 本来、ビジネスメールや丁寧な手紙文書などは、初めの挨拶と終わりの挨拶を入れるのが基本です。 初めの挨拶は「いかがお過ごしでしょうか」や「はありがとうございました。 」など、過去や現在のことに触れた挨拶をします。 そしてメール・手紙の本題に移り、 最後に「今後とも」というフレーズで、これからの未来もよろしくお願いします、というように結ぶと非常にスムーズな流れ。• 1回だけのお付き合いの相手には、「 また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。 」などといった「次回またお付き合いすることがあれば」というニュアンスで締めましょう。 」と締めるのは非常に違和感があります。 相手によっては、今回のミスをに受け止めていないのではないか、と不快な思いをさせてしまう可能性もあるので、使わないようにしましょう。 トラブル対応などで迷惑をかけている時には「 この度は大変でした。 」「 重ねて。 」など、しっかり反省していることを伝えるフレーズにしましょう。 また、問題などが既に解決した時には、「この度は誠にありがとうございました。 」など感謝の気持ちを伝えることも大切です。• これから先も仲良くしていこう。 将来的にもいい関係が気づけたらいいと思っています。 以後も同様の手順で進めることとします。 ビジネスのメールや挨拶などではこれらの類語よりも 「今後とも」の方がフォーマルな言い方で使いやすいですが、「今後とも」を使うとかえって不自然になる場合もあります。 そんな時は、同じニュアンスで使える類語を使ってみてください。 4.「今後とも」の英語表現 英語で「今後とも」と表したい時には、 continued(引き続いた)のワードを用いることが多いです。 ビジネスメールの締めのフレーズとして、「今後ともよろしくお願いいたします。 」をそのまま直訳した英語はありません。 しかし、同じようなニュアンスで書きたい時には、以下のフレーズを使うことができます。

次の

「何卒よろしくお願い申し上げます」の意味とは? 由来と使い方

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます 英語

例えば取引先の人へメールで連絡する場合を考えて見ましょう。 「この度は誠にありがとうございました」と結ぶこともできますが、通常は結びに、「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」、という言葉をつけ足します。 これは今後の関係性を示唆するもので、継続的に取引をお願いするための表現です。 次の取引へスムーズに繋がる表現として相応しいのです。 トラブル処理時の返信は省略しても良い 一回限りの取引の場においては、「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」を省略しても構わないでしょう。 例えば何らかのトラブルを処理してもらった場合、今後もトラブルがあると困るものです。 そのため結びの言葉としては「この度は誠にありがとうございました」という使い方が妥当と言えます。 もちろん「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の言葉でも良いのですが適切な使い方にしましょう。 上司へは「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」より相応しい言葉がある 上司に対するメールにおいて「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」は良い結びですが、もっと相応しい表現もあります。 例えば「今後もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します」という表現があります。 こちらの言葉の方が被指導者の立場を明確にする事ができるため良いかもしれません。 特に上下関係を重視する上司には後者の言葉が相応しいでしょう。 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」は基本的にどこでも使える定型文 言葉として「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方が不適当な場面と言うのは余りありません。 より相応しい言葉はありますが、ほとんどの場合この表現を使っても構わないのです。 万能な結びの定型文ですので、上司から取引先まで様々な場面用いられる使い方といえます。 ビジネス文書における覚えておきたい言葉の一つです。 不適切な「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方もある 今まではより相応しい言葉について見てきましたが、使い方が相応しくない場面というのもあります。 例えば身内に対して「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の言葉の使い方は適切ではありません。 こういったメールを受け取った身内は距離を感じてしまうでしょう。 この言葉の使い方は親しい人に対しては、向いていない表現と言えます。 親しい人にはビジネス文書自体の使い方が相応しくない 親しい人に「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方はしないのですが、これは何もこの文章だけに限ったことではありません。 ビジネス文書言葉全体を、親しい人には使わない方が良いのです。 例えば身内に「暖春の砌いかがお過ごしでございましょうか。 皆様方に置かれましてはますますご隆盛のことと存じ上げます」というビジネス的な使い方をすると冗談と捉えられるか、気味が悪いと思われる人も中にはいるでしょう。 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」の言葉はビジネスの場面での使い方 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」という結び言葉の使い方について見てきました。 この言葉は特に取引先の相手に相応しいもので「今後も継続して関係性を保ちたい」という意思を示しています。 上司や同僚、部下、取引先など、どの場面にも使える万能な表現です。 ですが親しい間柄に対しての使い方としては「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」は、相応しくありません。 身内に対しては使わないようにしましょう。

次の