スエーデン 感染 者。 スウェーデンの新型コロナウィルスに関する状況まとめ 3月20日

スウェーデン、ロックダウンせず「多くの死者出た」 政府疫学者

スエーデン 感染 者

木曜日(3月5日)、スウェーデンでの新型コロナウイルス感染者数が94名に増加。 そのうち、半数が首都ストックホルム地区で確認される。 首都ストックホルムで確認された感染者の数は28増え、合計で59名となった。 3月5日に確認された感染者の大半は、これまでと同様被害が深刻なイタリア北部への旅行中に感染していることが分かっている。 ストックホルムの保健医療当局は、 「現在も感染がどこでどのように発生したか解明中であるが、新たな28ケースのうち、14はイタリア現地での感染、もしくはイタリアへ渡航した人を介しての感染であることを確認した。 」 と報告している。 また、ストックホルムで感染が確認された1名は学童であることが分かっており、王女 Estelle が通う学校は児童の安全を優先し休校状態が続いている。 感染源となっているイタリアでは、3,000人以上の感染が確認され、これまでのところ100人以上が死亡している。 一方、300人以上の感染者が回復し、25,000人の PCR 検査を受けた人のうち、大多数が陰性結果だった。 スウェーデンの公衆衛生当局は、今後さらに多くの人々に PCR 検査を行なう予定であると発表。 さらに、全ての医療研究所は海外旅行後に症状を発症した人や感染者との濃厚接触した人だけでなく、呼吸器系の(病気の)症状がある患者には、日常的にコロナウイルステストを実施するよう勧めた。 疫学者のAnders Tegnell 氏は 「我々は検査(テスト)の効率性を重要視してきたが、これからは包囲網を広げていく段階に入っている。 」 と感染の食い止めの重要性に触れている。 スウェーデンはこれまで感染者と濃厚接触した人々や、感染地域への渡航歴がありウイルス感染症状がある人達への検査実施を優先してきた。 スウェーデン政府の公式なアドバイスとして、 「体調の変化が見られない人はこれまで通りの生活をし、手洗いをこまめにする。 もし、症状が見られそれが悪化した場合(特に感染が確認された国への渡航歴がある人)は、国民ヘルスライン1177へ電話するように。 」 と発表している。 コロナウイルスについての質問は 111- 13。 スウェーデンでは「感染地域(主にイタリア)へ渡航し、感染した後病気を国へ持ち帰る」というケースが大半で、その後家族や友人などへと感染が広がっている状況です。 今現在において、渡航自粛要請や海外渡航制限が出ていないところを見ると、今後も感染者の急激な増加が見込まれます。 僕自身地元の友人への注意喚起と、最低限のマスクや消毒液の入手を促しましたが、既に品薄な様子。 前回の記事でも触れましたが、スウェーデンでも他のヨーロッパ諸国同様、マスクを習慣的に着用する文化はありません。 よって、日本のように症状のない感染者が多数存在する可能性もあります。 しばらくの間は現地への渡航は延期にしておくのが無難かと考えられます。

次の

新型コロナノーガード戦法のスウェーデン疫学者「世界は狂ってしまった」ロックダウンを狂気の沙汰と否定 : ネトウヨにゅーす。

スエーデン 感染 者

集団検疫の考えは、英国政府が提唱した。 しかし、の追及では人々がもたず、保健システムも大きな負担となるという考えが社会的不満の爆発を招き、英国政府は新型コロナウイルス対策の戦略を完全に変更する必要が生じた。 スウェーデン国民は反対に政府と国家の保健システムの代表への高い信頼を示し、国が集団検疫を実施し、その後に生活が正常化するのを静かに待っている。 同様に国民は、現在、厳しい検疫期間を導入している各国が直面している感染症の急激な拡大を、スウェーデンは、導入された集団検疫によって秋には回避することができると確信している。 26ヵ国に対して実施した国際的な調査企業「YouGov」のによれば、スウェーデンは、新型コロナウイルスの感染を心配していない国の1つとなっている。 また、タイムズ紙によれば、新型コロナウイルス対策でスウェーデンモデルを支持していない多くのスウェーデンの研究者の中には、この方法には容認し難いリスクがあるという意見があるという。 実際、感染拡大が管理できない下では、感染は急速に広がり、医療機関は増大する患者に対応できなくなるおそれが生じる。 さらに、政府の計算によれば、罹患率の拡大を秋には減少に転じさせるという集団検疫は、それほど効果がなく、今日同様、新型コロナウイルスがスウェーデン人の生命を奪っているおそれがある。 新型コロナウイルス 中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。 専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。 中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。 世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はとなったことを明らかにした。

次の

ゆるめ規制で感染食い止めるスウェーデン...日本とどこが違う?学校は普段通りだしカフェでくつろぐ人々: J

スエーデン 感染 者

集団検疫の考えは、英国政府が提唱した。 しかし、の追及では人々がもたず、保健システムも大きな負担となるという考えが社会的不満の爆発を招き、英国政府は新型コロナウイルス対策の戦略を完全に変更する必要が生じた。 スウェーデン国民は反対に政府と国家の保健システムの代表への高い信頼を示し、国が集団検疫を実施し、その後に生活が正常化するのを静かに待っている。 同様に国民は、現在、厳しい検疫期間を導入している各国が直面している感染症の急激な拡大を、スウェーデンは、導入された集団検疫によって秋には回避することができると確信している。 26ヵ国に対して実施した国際的な調査企業「YouGov」のによれば、スウェーデンは、新型コロナウイルスの感染を心配していない国の1つとなっている。 また、タイムズ紙によれば、新型コロナウイルス対策でスウェーデンモデルを支持していない多くのスウェーデンの研究者の中には、この方法には容認し難いリスクがあるという意見があるという。 実際、感染拡大が管理できない下では、感染は急速に広がり、医療機関は増大する患者に対応できなくなるおそれが生じる。 さらに、政府の計算によれば、罹患率の拡大を秋には減少に転じさせるという集団検疫は、それほど効果がなく、今日同様、新型コロナウイルスがスウェーデン人の生命を奪っているおそれがある。 新型コロナウイルス 中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。 専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。 中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。 世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はとなったことを明らかにした。

次の