お伝え させ て いただき ます。 「お伝えします」と「申し伝えます」

「お伝えします」と「申し伝えます」

お伝え させ て いただき ます

目 次• 1.骨粗しょう症(ビスフォスフォネート系製剤) ビスフォスフォネート系製剤(以下BP製剤)は、骨粗しょう症やがんの骨転移などに対し非常に有効なため、多くの方々に使用されています。 しかし、最近、BP製剤使用経験のある方が抜歯などの顎骨に刺激が加わる治療を受けると顎骨壊死が発生する場合があることが分かってきました。 海外での報告では、抜歯を行った場合、骨粗しょう症で、BP製剤の内服をしている患者さんでは1000人中1〜3人、悪性腫瘍に対して使用されたBP製剤の注射を受けている患者さんにおいて100人中6〜9人の方に顎骨壊死が生じたと報告されています 1,2。 顎骨が壊死すると、歯肉腫脹・疼痛・排膿・歯の動揺・顎骨の露出などが生じます。 がん患者さんの骨病変に用いられる新たな治療薬としてヒト型抗体製剤であるデノスマブが2012年に承認されましたが、BP製剤と同頻度で顎骨壊死が起こるとの報告があり 3、併せて注意が必要です。 BP製剤を使用している患者さんで、歯科受診時に注意が必要な処置は以下のものがあげられます。 (1)顎骨に侵襲の及ばない一般の歯科治療(歯石除去・むし歯治療・義歯作成など) 顎骨や歯肉への侵襲を極力避けるよう注意して歯科治療を行います。 治療後も義歯などにより歯槽部粘膜の傷から顎骨壊死が発症する場合もありますので、定期的に口腔内診査を行います。 (2)抜歯・歯科インプラント・歯周外科など顎骨に侵襲が及ぶ治療 1) 内服期間が3年未満でステロイド薬を併用している場合、あるいは内服期間が3年以上の場合は、BP製剤内服中止可能であれば、一般的には手術前少なくとも3カ月間はBP製剤の内服を中止し、手術後も骨の治癒傾向を認めるまではBP製剤は休薬していただきます。 2) 顎骨壊死の危険因子(糖尿病、喫煙、飲酒、がん化学療法など)を有する方もBP製剤内服が中止可能であれば、手術前少なくとも3カ月間はBP製剤の内服を中止し、手術後も骨の治癒傾向を認めるまではBP製剤は休薬していただきます。 3) BP製剤内服期間が3年未満で危険因子のない方に対しては、通常のごとく口腔外科手術を行います。 BP製剤の休薬・再開などについては、担当(処方)医師と充分相談の上決定し顎骨壊死の発生予防に努めますが、上記の処置方針に従ったとしても顎骨壊死が生じる危険性があります。 そのため、定期的な経過観察と口腔清掃の徹底が重要です。 表1 ビスフォスフォネート系製剤一覧表 3 剤型 製品名 適応症 注射用製剤 アレディア 悪性腫瘍による高カルシウム血症 乳癌の溶骨性骨転移 オンクラストテイロック 悪性腫瘍による高カルシウム血症 ビスフォナール 悪性腫瘍による高カルシウム血症 ゾメタ 悪性腫瘍による高カルシウム血症 多発性骨髄腫による骨病変および固形癌骨転移による骨病変 経口用製剤 ダイドロネル 骨粗しょう症 下記状態における初期および進行期の異所性骨化の抑制:脊髄損傷後、股関節形成術後 骨ページェット病 フォサマックボナロン 骨粗しょう症 アクトネルベネット 骨粗しょう症 62歳、BRONJ患者:口腔内に骨露出を認め (図1)、X線写真では右下顎に骨溶解像と腐骨の遊離を認める (図2)。 参考文献• Mavrokokki T. , Cheng A. , et al. : Nature and frequency of bisphosphonate-associated osteonecrosis of the jaws in Australia. J Oral Maxillofac Surg. 65: 415-423 2007• ビスフォスフォネート系薬剤に関わるインフォームドコンセント書式(日本口腔外科学会 編)• ビスフォスフォネート関連顎骨壊死に対するポジションペーパー(改訂追補2012年版:ビスフォスフォネート関連顎骨壊死検討委員会)• Yoneda T et al. Bisphosphonate-Related Osteonecrosis of the Jaw: Position Paper from the Allied Task Force. Committee of Japanese Society for Bone and Mineral Research, Osteoporosis Society Japan, Japanese Society of Periodontology, Japanese Society for Oral and Maxillofacial Radiology and Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons, J Bone Miner Metab 28: 365-383(2010).

次の

今さら聞けない「よろしくお伝えください」の本当の意味と使い方

お伝え させ て いただき ます

社会人になると、何か伝言があるときや、ちょっとした気遣いをしたい時、出先に目当ての人がいない時など「~とお伝えください」と言うことが多く、ビジネス敬語においても使うことが多い言葉なのではないでしょうか。 しかし、本来「よろしくお伝えください」は「適切に言ってください」という意味ですから、正確に情報を伝えて欲しい時にこう言ってよいのかは不安になってしまいます。 ただ「お伝えください」と言うとぶっきらぼうな印象を与えてしまわないかと言う点も気になります。 この記事では、伝言を頼む時の表現「お伝えください」の正しい使い方、正しいコミュニケーションの取り方を、メールでの使用例や文例と一緒にご紹介いたします。 よろしくお伝えくださいへの正しい返事 「よろしくお伝えください」と伝言を残す場合、どのような表現を使うかは上下関係を把握した上で考えるのがよいでしょう。 「よろしくお伝えください」と言われたときの返事には次のような人間関係が発生しています。 仮に話者をAさんとして、仲介役をBさん、そしてCさんへの要件を伝える場合、会話ややりとりは「仲介役」であるBさんが行っています。 例え、仲介役であるBさんの方が自分よりも目下の存在であったとしても直接の相手方の立場に対して返答をするのがマナーです。 実際に「よろしくお伝えください」といったのは仲介役Bさんの方だったとしても、話者であるAさんはちゃんとした敬語で返すべきなのです。 それでは、正しい返事の仕方を紹介していきましょう。 仲介役であるBさんより「(相手方)が、よろしくお伝えくださいと~」と伝言をもらった場合、話者であるAさんは「ありがとうございました。 謹んで御礼申上げます」と返事をしましょう。 まちがっても「お伝えください」に「お伝えください」と返答をしてはいけません。 鸚鵡返しといって大変な失礼にあたります。 「よろしくお伝えください」に対しては、そのままお礼を述べるようにしてください。 お伝えくださいのメール文例 相手方の関係者に用事を頼む際に「お伝えください」と使う場合 お伝えくださいを使ったメール文例を紹介します。 まずは、相手方の関係者に用事を頼む際の文例です。 よく使われる内容なので是非参考にしてみましょう。 まずは宛先から書くのはどんな場合でも同じです。 そして【いつもお世話になっております。 】という挨拶から始めましょう。 『いつもお世話になっております。 先日は楽しい会をありがとうございました。 おかげでチームの士気も高まり、デザイン班もいい仕事をしてくれています。 』このように自己紹介も含めて、エピソードを入れ込みましょう。 次に本来の要件に移ります。 』 【ところで】を使うことで話題の切り替えとなり、肝心な要件を伝える準備ができます。 要件を伝えたら『手短に用件のみで恐縮ですが、失礼いたします。 』というような挨拶で締めくくりましょう。 メールの末尾に相手方を気遣う表現をおく場合 『ご連絡ありがとうございました。 先般の一件で進捗も大いに進みました。 お約束通り10月中には納品ができるものと思います。 』このようにお礼やエピソードを挟むだけで印象は随分変わります。 なにとぞよろしくお伝えくださいますよう。 』相手を気遣う形での使い方は、丁寧な印象を与えるだけでなく、ビジネスマナーをきちんとできるという人物像の評価にも繋がります。 是非取り入れてみましょう。 「お伝えください」のより丁寧な言い方は? 『よろしく』と付けることでより丁寧な言葉に 「お伝えください」だけだと愛想がないようにも思われてしまう場合があります。 そのような時に付けくわえてほしい言葉が『よろしく』という言葉なのです。 使い方としては先述したように「よろしくお伝えください」となります。 わたくしからも同様に申しておりましたこと、よろしくお伝えください」 このような何と織物表現が可能です。 とくに「お伝えいただけますでしょうか」は謙譲表現で使い勝手がよく、目上の方にも同僚にも幅広く使えますので、「お伝えください」だけではぶっきらぼうに感じられる時に使えます。 ただし「よろしくおつたえくださいませ」はあまり使わないほうがよいでしょう。 もちろんそれはビジネスマナーに反するものではありませんが、本当に伝えて欲しい内容である場合には伝言ゲームになってしまって大変な事になることもあります。 伝言ゲームにならないようにするためには、「よろしくお伝えください」のような表現ではなくメールの用件に直接【重要】や【連絡】などと記してしまったほうがよいでしょう。 くだけた言い方に気をつけよう 「お伝えください」を使う場合、くだけた言い方にならないように注意が必要です。 「伝えてください」や「連絡御願いします」といった言葉はビジネスマナーとしてはアウトです。 自分では丁寧に聞こえても、ただのメッセンジャーのような役割を担わされたように感じることでしょう。 仲介や連絡を頼む場合でも、挨拶代わりの文句でも丁寧な表現を心がけることで、しっかりと用件を伝えることができるのです。 友人や知人に伝言を頼みたい時の注意点 友人や知人を介して伝言を伝える場合にはこの限りではありません。 親しい間柄で「お伝えください」を使うと、逆に重要な用件や気遣いであることがわからなくなってしまいます。 敬語はTPOを弁えて使う物ですが、むしろ親しい仲の人では疎遠さを感じさせてしまうことも少なくないのです。 最初に「お伝えください」があってもいい場合 「よろしくお伝えください」とだけ書くと、良い風に伝えてくださいという意味になってしまいます。 しかし、これはおおむね末尾に書くケースの場合です。 逆に、末尾ではなく文頭に「~~とお伝えください」のように書く事で、挨拶代わりではなく本当に伝えて欲しい言葉であることを示す事ができます。 というのも~~」といった文章を作ることが有効です。 このように、ちょっとした一工夫で、相手へただしく情報を伝達して信頼を勝ち取ることができるのです。 「よろしくお伝えください」という表現は、何気なく使うことが多く、挨拶や相手によいようにしてくださいというニュアンスを吹くんだ定型句になってしまいますが、それを避けるいろいろな表現の仕方があります。 また、「お伝えください」は仲介者に対してではなく、直接やりとりをしている相手の向こうの本当の相手に対する敬意を示すように使わなければなりません。 紹介したように、注意したいポイントはいくつかあるものの、「お伝えください」は決して失礼な言い方ではないので、ビジネスシーンでも普通に使うことができます。 敬語が苦手なら使いやすい表現から始めよう 文章表現を身につけるということは、自然とTPOにあった敬語を使うことができるようになるということです。 もし、あなたが敬語に不安があるのであれば、「お伝えください」のように使いやすい敬語から身につけ、ビジネスマナーを踏まえた表現方法ができるように努めてみてはいかがでしょうか。

次の

「お伝えいただけますか」意味と使い方・ビジネスメール例文

お伝え させ て いただき ます

社会人になると、何か伝言があるときや、ちょっとした気遣いをしたい時、出先に目当ての人がいない時など「~とお伝えください」と言うことが多く、ビジネス敬語においても使うことが多い言葉なのではないでしょうか。 しかし、本来「よろしくお伝えください」は「適切に言ってください」という意味ですから、正確に情報を伝えて欲しい時にこう言ってよいのかは不安になってしまいます。 ただ「お伝えください」と言うとぶっきらぼうな印象を与えてしまわないかと言う点も気になります。 この記事では、伝言を頼む時の表現「お伝えください」の正しい使い方、正しいコミュニケーションの取り方を、メールでの使用例や文例と一緒にご紹介いたします。 よろしくお伝えくださいへの正しい返事 「よろしくお伝えください」と伝言を残す場合、どのような表現を使うかは上下関係を把握した上で考えるのがよいでしょう。 「よろしくお伝えください」と言われたときの返事には次のような人間関係が発生しています。 仮に話者をAさんとして、仲介役をBさん、そしてCさんへの要件を伝える場合、会話ややりとりは「仲介役」であるBさんが行っています。 例え、仲介役であるBさんの方が自分よりも目下の存在であったとしても直接の相手方の立場に対して返答をするのがマナーです。 実際に「よろしくお伝えください」といったのは仲介役Bさんの方だったとしても、話者であるAさんはちゃんとした敬語で返すべきなのです。 それでは、正しい返事の仕方を紹介していきましょう。 仲介役であるBさんより「(相手方)が、よろしくお伝えくださいと~」と伝言をもらった場合、話者であるAさんは「ありがとうございました。 謹んで御礼申上げます」と返事をしましょう。 まちがっても「お伝えください」に「お伝えください」と返答をしてはいけません。 鸚鵡返しといって大変な失礼にあたります。 「よろしくお伝えください」に対しては、そのままお礼を述べるようにしてください。 お伝えくださいのメール文例 相手方の関係者に用事を頼む際に「お伝えください」と使う場合 お伝えくださいを使ったメール文例を紹介します。 まずは、相手方の関係者に用事を頼む際の文例です。 よく使われる内容なので是非参考にしてみましょう。 まずは宛先から書くのはどんな場合でも同じです。 そして【いつもお世話になっております。 】という挨拶から始めましょう。 『いつもお世話になっております。 先日は楽しい会をありがとうございました。 おかげでチームの士気も高まり、デザイン班もいい仕事をしてくれています。 』このように自己紹介も含めて、エピソードを入れ込みましょう。 次に本来の要件に移ります。 』 【ところで】を使うことで話題の切り替えとなり、肝心な要件を伝える準備ができます。 要件を伝えたら『手短に用件のみで恐縮ですが、失礼いたします。 』というような挨拶で締めくくりましょう。 メールの末尾に相手方を気遣う表現をおく場合 『ご連絡ありがとうございました。 先般の一件で進捗も大いに進みました。 お約束通り10月中には納品ができるものと思います。 』このようにお礼やエピソードを挟むだけで印象は随分変わります。 なにとぞよろしくお伝えくださいますよう。 』相手を気遣う形での使い方は、丁寧な印象を与えるだけでなく、ビジネスマナーをきちんとできるという人物像の評価にも繋がります。 是非取り入れてみましょう。 「お伝えください」のより丁寧な言い方は? 『よろしく』と付けることでより丁寧な言葉に 「お伝えください」だけだと愛想がないようにも思われてしまう場合があります。 そのような時に付けくわえてほしい言葉が『よろしく』という言葉なのです。 使い方としては先述したように「よろしくお伝えください」となります。 わたくしからも同様に申しておりましたこと、よろしくお伝えください」 このような何と織物表現が可能です。 とくに「お伝えいただけますでしょうか」は謙譲表現で使い勝手がよく、目上の方にも同僚にも幅広く使えますので、「お伝えください」だけではぶっきらぼうに感じられる時に使えます。 ただし「よろしくおつたえくださいませ」はあまり使わないほうがよいでしょう。 もちろんそれはビジネスマナーに反するものではありませんが、本当に伝えて欲しい内容である場合には伝言ゲームになってしまって大変な事になることもあります。 伝言ゲームにならないようにするためには、「よろしくお伝えください」のような表現ではなくメールの用件に直接【重要】や【連絡】などと記してしまったほうがよいでしょう。 くだけた言い方に気をつけよう 「お伝えください」を使う場合、くだけた言い方にならないように注意が必要です。 「伝えてください」や「連絡御願いします」といった言葉はビジネスマナーとしてはアウトです。 自分では丁寧に聞こえても、ただのメッセンジャーのような役割を担わされたように感じることでしょう。 仲介や連絡を頼む場合でも、挨拶代わりの文句でも丁寧な表現を心がけることで、しっかりと用件を伝えることができるのです。 友人や知人に伝言を頼みたい時の注意点 友人や知人を介して伝言を伝える場合にはこの限りではありません。 親しい間柄で「お伝えください」を使うと、逆に重要な用件や気遣いであることがわからなくなってしまいます。 敬語はTPOを弁えて使う物ですが、むしろ親しい仲の人では疎遠さを感じさせてしまうことも少なくないのです。 最初に「お伝えください」があってもいい場合 「よろしくお伝えください」とだけ書くと、良い風に伝えてくださいという意味になってしまいます。 しかし、これはおおむね末尾に書くケースの場合です。 逆に、末尾ではなく文頭に「~~とお伝えください」のように書く事で、挨拶代わりではなく本当に伝えて欲しい言葉であることを示す事ができます。 というのも~~」といった文章を作ることが有効です。 このように、ちょっとした一工夫で、相手へただしく情報を伝達して信頼を勝ち取ることができるのです。 「よろしくお伝えください」という表現は、何気なく使うことが多く、挨拶や相手によいようにしてくださいというニュアンスを吹くんだ定型句になってしまいますが、それを避けるいろいろな表現の仕方があります。 また、「お伝えください」は仲介者に対してではなく、直接やりとりをしている相手の向こうの本当の相手に対する敬意を示すように使わなければなりません。 紹介したように、注意したいポイントはいくつかあるものの、「お伝えください」は決して失礼な言い方ではないので、ビジネスシーンでも普通に使うことができます。 敬語が苦手なら使いやすい表現から始めよう 文章表現を身につけるということは、自然とTPOにあった敬語を使うことができるようになるということです。 もし、あなたが敬語に不安があるのであれば、「お伝えください」のように使いやすい敬語から身につけ、ビジネスマナーを踏まえた表現方法ができるように努めてみてはいかがでしょうか。

次の