カナブン 駆除。 コガネムシとカナブンの大量発生と原因と対策について

カナブンの幼虫の駆除のしかたを教えてください。畑でカナブンの幼虫を発券し、...

カナブン 駆除

コガネムシが加害する植物 コガネムシには数多くの種類がおり、食性は種類によって様々です。 コガネムシによる芝生の被害を減らすためには、上記の 特定の植物を近くに植えないという 生態的防除法がポイントとなるようです。 しかし、コガネムシの中には ウスチャコガネや ヒラタアオコガネの成虫のように、摂食行動をとらずに交尾と産卵だけをする種もおり、その場合は芝草地のみで繁殖していきますので生態的防除法はとれません。 後述しますが、コガネムシの防除法としてフェロモントラップが有効なので、どの植物の葉が加害されているかを見てコガネムシの種類を判別する手掛かりになるので、種類ごとに食害する植物の種類が違う事を覚えておくと良いでしょう。 コガネムシの退治方法・対策 コガネムシの成虫の退治方法と捕獲器の作り方 コガネムシの成虫を退治するには 「手で捕獲」「薬剤散布」「フェロモントラップで誘引捕獲」の3つの方法があります。 プランターに付く数匹の成虫であれば手で捕獲するだけでも十分ですが、あまりにも数が多い場合は薬剤散布が効果的です。 プランターや鉢植えの土への産卵を防ぐためには土の上にカバーをするという方法もありますし、フェロモントラップなどでおびき寄せて捕殺することもできます。 コガネムシを誘引して捕殺するコガネムシトラップの作り方は後述しますが、まずは物理的に捕殺する時に効果的な道具「コガネムシ捕獲器」の作り方をご紹介します。 コガネムシ捕獲器の作り方 コガネムシは、人間が近づくと葉からぽろっと落ちて 死んだふりをします。 何も用意せずにコガネムシを捕まえようとすると、そのまま簡単に土に潜ったり飛んで逃げてしまうので、上記の画像のような手順で捕獲器を作ると逃がさずに捕獲できます。 コガネムシの成虫を捕獲できるフェロモントラップ ただし難しいのは、自分が食害を受けているコガネムシがどの種類なのかを断定していないと、フェロモントラップを購入する際に迷ってしまうという点じゃ 私個人的には、フェロモントラップは 高価であること、 効果が持続する期間が1~2か月程度であることに加え、上記の通り数多くのコガネムシがいるので どの種類を購入すれば良いのか迷ってしまうことなどが欠点であると思います。 コガネムシの駆除方法としてどうしても農薬を使いたくない方にお勧めです。 プランターや鉢植えに来るコガネムシの幼虫の対策 コガネムシで最も厄介なのが幼虫の存在です。 根を食害する幼虫の侵入を防ぎたいところですが、その方法はたった一つ 「土の中に産卵させないこと」です。 土の中にいる幼虫を駆除するための薬剤は後述しますが、まず簡単な方法として鉢植えやプランターの土を隠してしまってコガネムシが侵入しにくいようにしてしまうという方法があります。 成虫のコガネムシが土に接近できなければ土に産卵される可能性も減りますので、そもそも幼虫が発生しません。 その方法としておすすめなのが 「ココヤシファイバー」や 「パームマット」などのヤシの繊維を土の表面に敷き詰めてしまうという方法です。 ダイアジノン粒剤は コガネムシや ハムシ類の駆除に効果的な有機リン系の薬剤で、 播種時に土壌に散布することによって飛来してくる成虫や土壌に産卵しようとする成虫への殺虫効果を発揮します。 種をまく前に土壌に混ぜ込むと効果的なのですが、均一に混ぜるよりも畝の表層に薬剤がある方がガス効果で殺虫力が高いことがわかっているようです。 同剤を全面処理土壌混和,つまり圃場全面に処理し,その後トラクターにより耕転,畝立てを行うと,薬剤の粒子は土中深くまで均一に分布する。 作条処理土壌混和,つまり畝上に薬剤を散粒し,レーキ等で土中に混和すると,薬剤の粒子は地表面近くに集中して分布する。 両処理方法で処理量が同じである場合には 後者の方が地表面における薬剤の有効成分濃度は高くなると考えられることから,羽化後土中から地表面に出現する, あるいは発芽間もない子葉を食害,産卵するため飛来してくる成虫に対して より高い殺虫効果を示すと考えられる。 — 上記の研究はキスジノミハムシに対する殺虫効果の検討ですが、土中に産卵するコガネムシにも同様に言えるポイントだと思います。 販売中止となっているためディプテレックス粉剤との効果の比較はできませんでしたが、上記薬剤でも効果が出ていますので大丈夫でしょう。 コガネムシトラップの作り方 1.材料を全て混ぜて誘引剤を作る まずはコガネムシをおびき寄せるための誘引剤を作ります。 材料を全て混ぜ合わせて練り込んでいきましょう。 形状は「きな粉団子」ですが、殺虫剤 オルトランorダイアジノン を混ぜ込むので、食事に使う調理器具との混用は避けてくださいね。 2.空の牛乳パックにカッターで窓を作る 誘引剤を作ったら、空の牛乳パックを使って誘引剤を設置する箱を作りましょう。 4面あるうちの2面にカッターで大きく窓をあけると、コガネムシが入ってくる侵入口になります。 それが実は逆で、樹木の穴や隙間に営巣する鳥は開放的な巣箱にはあまりよりつかず、穴が3~4センチ程度の小さな入口の場所を好むんじゃ 3.牛乳パックを青くする 切り込みを入れて窓を作ったら、牛乳パック全体を目立つように 青くします。 これは コガネムシが青い色のものを好んで寄ってくると言われているためで、塗装するのでも良いですし、青いテープや紙を貼って青くするのでも良いでしょう。 4.誘引剤を中に入れ、コガネムシトラップを設置する 牛乳パックを青く染めたら最初に作った誘引剤を 50~60g程度にして設置します。 設置場所は 地上から 約1. 5m位の場所に設置すれば完了です。 まとめ コガネムシの食害にあったら、注意しなくてはいけないのは葉を食べる成虫よりも土の中で根を食べる幼虫です。 成虫を発見した時点で土の中に産卵されている可能性があるので、早めに対処することが望ましいです。 土を掘り返してみて1匹でも幼虫を見つけたら、是非ダイアジノンを散布してみてください。 幼虫が大量に地表に這い出てくるかもしれませんよ!.

次の

有効なコガネムシの駆除方法とは?成虫だけでなく幼虫にもご注意を!|生活110番ニュース

カナブン 駆除

害虫と益虫 害虫とはペットや家畜・農作物などに有害な作用をもたらす虫の事です。 特に昆虫類を現し、一般的に殺虫剤を使って駆除される事がほとんどです。 日常生活で接する機会が多い害虫は、ハエやゴキブリなどがすぐに思い浮かびます。 食品に触れたり混入するとの衛生面の問題が発生し、企業や飲食店のイメージダウンにも影響します。 害虫は他にバッタなどの農業害虫やシラミなど人体への害虫、家屋に害を与えるシロアリなども広く知られている害虫です。 害虫と対照的に何らかの形で人の暮らしに役立つ虫を、益虫と呼びます。 これは人の暮らしとその虫との利害関係で決まり、蜂蜜を提供してくれる蜂やダニ・ハエなどを捕食してくれるヤモリなども益虫の仲間に入ります。 益虫は直接資源を供給してくれるもの・害虫を駆除してくれるもの・農作物の受粉を媒介してくれるものなどに分けられます。 スポンサーリンク カナブンとは カナブンについて、よくコガネムシと区別がつかないという話を聞きます。 コガネムシとカナブンは見た目の色は似ていますが、大きさや胴体の作りが違うので並べて比べると違いが良くわかります。 どちらも日本中に生息しているような気がしますが、カナブンは北海道を除く本州・九州・四国・離島に生息しています。 2~3cmの大きさで色はメタリックブラウンの物が多いのですが、種類によってはワインレッドやディープブルーのものもいます。 成虫は樹液を餌にするので、カブトムシやクワガタムシと一緒に樹液を吸っている姿を図鑑などで見たことがある人もいるでしょう。 幼虫の時は腐植を餌にします。 カナブンは益虫?害虫? カナブンの幼虫は害虫だから、見つけたら駆除するようにと友達が言います。 その友達は見つけるとすべて駆除しているそうです。 畑で作物を作るときに欠かせないのが土です。 土は作物を固定して倒れる事を防ぎ、温度の変化や有害物質から根を守る役割をします。 そして土の中の水分を根から吸収して成長させるのですが、根から吸収されるのは水だけではありません。 植物や農作物も人間の体と一緒で成長には栄養が必要で、土の中の栄養素を根っこから吸収しています。 この時に植えてある土壌に栄養分が少なければ、栄養不足で作物が育たなくなる事があります。 栄養たっぷりの土づくりに役立つのが益虫です。 益虫は土の中の腐植を食べて不要なものを分解して、必要な栄養の素を土に戻して土づくりに無く立ちます。 栄養の吸収が促されるので、益虫が暮らしている土で育てられている作物は良く育ちます。 カナブンは成虫では樹液を餌にしますが、幼虫の時は土の中の腐植を食べて成長します。 カナブンの幼虫は実は害虫ではなくて益虫なのでした。 カナブンの幼虫は、腐植を食べて土づくりのお手伝いをしてくれます。 駆除してしまったら勿体ないので調べた結果を友達にも教える事にしました。 後からわかりましたが、私の友達のように カナブンの幼虫を害虫だと勘違いして駆除する人はたくさんいるそうです。 それは 色や形が似ているコガネムシの幼虫と勘違いするからだそうです。 コガネムシの幼虫は土の中で植物の根を餌にします。 土に残しておくと育てている植物や野菜に被害が出ます。 同じような幼虫のように見えますが、色や動き方に違いがあるのできちんと区別できるようにして益虫のカナブンの幼虫は土に残しておきましょう。 YouTube kanabun YouTube カナブンの幼虫の背面歩行.

次の

コガネムシの生態と対策|幼虫と成虫の駆除方法とコガネムシトラップの作り方

カナブン 駆除

pinimg. コガネムシの成虫は主にマメ科の植物の葉 や、バラやローズマリー、 ブルーベリーの葉などをエサにして生活を しています。 家庭の庭で育てている植物などに多大な 被害を与えることで知られていますが、 実はコガネムシは幼虫のほうが食欲旺盛で 危険な存在なのです。 幼虫は固くない土であればところかまわず 成長することができ、 そして植物の根をエサにして育つため、 鉢植えの中で卵を産まれた日には、 知らないうちに植物が枯れていくという 被害を受けることになります。 その威力は、 幼虫2匹でバラの鉢植えが 一鉢ダメになってしまうほどと いわれています。 広くてキレイな芝生などにコガネムシが 大量に産卵してしまうとせっかくの芝生は 一気に枯れてしまうこともあります。 子供からもらった母の日のプレゼント であるバラの鉢植えや 丹精込めて育ててきた植物をダメにされる 前に、 コガネムシの幼虫を発見した場合 には早急に駆除する必要があるわけです。 pinimg. コガネムシは良質の有機質が入った条件の 良い土を好み、産卵する傾向があります。 さらに、庭の植物の土や植木鉢の土に 腐葉土などを混ぜることでコガネムシを 呼び寄せてしまうことにもなります。 またコガネムシは 灯りに集まる習性が あるので、夜間に街灯などの灯りの近くに ある植物にコガネムシが近寄る傾向があります。 家の庭先など防犯のため夜間に光の強い ライトをつけている場合はコガネムシに とっては格好の目印になってしまうかもしれません。 他には近くに山林などがあるような場所に コガネムシは飛来してきます。 山林には多くのコガネムシが生息している ので、このような現象は避けられません。 pinimg. コガネムシの幼虫を一匹発見した場合、 その場所には多くの幼虫が潜んでいる 可能性が高いといえます。 特に芝生や畑などといった敷地が広い場合 にはその幼虫の数は想像するだけで ため息が出てしまいますよね。 一匹づつ捕獲するのには手間がかかるので 農薬を使うことで手軽に効率よく駆除する ことができます。 植木鉢の中でコガネムシの幼虫を発見した 場合には、植木鉢を他の植木鉢に入れ替えて、 幼虫すべてに殺虫剤をまくという方法もあります。 また、周囲でコガネムシを発見したが、 未だ捕まえられていないという場合には、 フェロモントラップを仕掛けて駆除する 方法もあります。 とにかく早め早めの駆除が必要です。 コガネムシの幼虫駆除におすすめな薬剤は? では実際にコガネムシの幼虫駆除に有効な 薬剤をいくつかご紹介します! 家庭園芸用サンケイダイアジノン粒剤3 株元にばらまくだけで広範囲のコガネムシ の駆除ができる殺虫剤で、 芝、カーネーション、なす、きゅうり、キャベツ、はくさいなど、 様々な花や野菜の栽培に役立ちます。 pinimg. コガネムシの成虫は、葉物を食し、 その場所の土に産卵します。 つまりコガネムシの幼虫対策としては、 植物の葉をコガネムシに食べられないよう にすればよいわけです。 そこで 予防法として提案したいのが、 植木鉢網を張るという方法です。 ホームセンターなどで網戸の張り替え用の 網を購入し、植木鉢に合わせて切ります。 その網戸用の網を植木鉢にかぶせることで コガネムシの成虫の侵入を防ぐことができます。 網のため、外から土の状態もわかりやすく とても効果があるとされています。 網をかぶせる以外の方法は、柔らかい質の よい土ではなく、少し固くてザラザラした 土を使用する方法があります。 コガネムシは比較的柔らかくて質のよい土 を好んで卵を産む傾向があります。 そのため、あえて質の悪い土を使用して コガネムシの産卵を防ぐわけです。 畑や芝生といった場所でのコガネムシの 幼虫対策は、 周囲の雑草をこまめに 刈り取ってコガネムシを近寄らせない、 成虫の早期発見を心がけることです。 この記事をご覧になった方には こちらの記事もおすすめです。 <関連記事> いかがでしたでしょうか? コガネムシの幼虫は根から栄養を 吸い取って、成虫への準備をします。 そのため植物は根を食いあらされてしまう ため、枯れてしまうことになるので、 駆除する必要があるわけです。 農薬や殺虫剤を利用して、効率よく コガネムシの幼虫を駆除して みなさんの大切な植物を守りましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。 以上、「コガネムシの幼虫の駆除の仕方とは?効果的な方法や薬剤、対策も紹介」でした。

次の