小松 成美 浜崎 あゆみ。 小松成美と浜崎あゆみの関係は?暴露本を発売した理由についても

浜崎あゆみ「身滅ぼすほど」松浦会長との交際を告白

小松 成美 浜崎 あゆみ

あゆの告発本『M』(幻冬舎刊) 浜崎あゆみが松浦勝人・エイベックス社長との恋愛について告白した『M 愛すべき人がいて』(小松成美/幻冬舎)をめぐって、浜崎が批判を浴びている。 この『M』は、ノンフィクションライターの小松成美氏が浜崎あゆみに取材した「事実に基づいた小説」だ。 売れないアイドル女優だった浜崎を、エイベックス専務だった松浦氏が見初め、デビュー。 当初既婚者だった松浦氏が離婚したことを知ったあゆがFAXで松浦氏へのラブレターを送信。 あゆの思いを知った松浦氏は、あゆが母親と同居する自宅を訪れ、いきなり交際宣言。 あゆは松浦氏への思いを、歌詞に込める。 浜崎あゆみの数々の曲は、松浦氏との恋愛を歌ったものだった……。 というようなストーリーが小説仕立てで描かれている。 浜崎自身は巻末にどの部分が事実でどの部分がフィクションか〈答え合わせなどするつもりは無い〉という言葉を寄せており、松浦氏の離婚と交際開始あたりの時系列はごまかしていそうな気配も漂うが、概ね事実に基づいているのだろう。 一時代を築いたカリスマ歌手の実名での恋愛告白ということで、発売と同時に、各局ワイドショーが大々的に取り上げ、大きな話題になり、現在14万部のヒットとなっている。 しかし、浜崎に対する反応は手厳しい。 売れなくなった落ち目芸能人の暴露本扱いで、ワイドショーでもコメンテーターたちは「なぜ今頃になって、こんなことを暴露する必要があったのか」「松浦氏の家族はどういう思いをするのか」などと、浜崎に辛辣なコメントをする者も少なくない。 しかし、この見方は的外れも甚だしい。 そもそも、松浦勝人は、芸能界の実力者であるのに加え後ろ盾に芸能界のドンの存在もあり、テレビのワイドショーなど御用メディアにとって、松浦氏の批判やスキャンダルはタブー。 実際、この本を執筆した小松成美氏は浜崎だけでなく松浦氏にも取材している。 カバーに使用されている写真も松浦氏が撮影したもの。 そもそも版元である幻冬舎の見城徹社長と松浦氏は菅義偉官房長官も交えて会食するほどの、昵懇の仲だ。 見城社長は、例の部数晒し問題で止めたはずのツイッターや755を一瞬再開し〈何度も胸が詰まり、何度も堪え切れずに泣いた〉〈歌詞と現実が縒り合わさってこの世あらざるラヴ・ストーリーが展開される〉などと、この本をPRしたほど力を入れている(炎上したため、現在は削除)。 さらにこの本、テレビ朝日で来春ドラマ化されることがすでに決まっているのだが、見城社長が放送番組審議会の委員長を務めており多大な影響力を持っていることは本サイトでもなんどもお伝えしているとおりだ。 この『M』とほぼ同時期に、松浦氏は自伝的ビジネスエッセイ本『破壊者 ハカイモノ』を、やはり同じ幻冬舎から出版している。 こちらは『M』とは違って数千部ほどしか売れていないが、併売している書店もある。 これ、浜崎あゆみの再売り出しというより、むしろ松浦氏のほうのPRへあゆがダシに使われた、というほうが実態に近いのではないか。

次の

浜崎あゆみM愛すべき人がいて著者が小松成美の理由

小松 成美 浜崎 あゆみ

【内容情報】(出版社より) それでもマサ、私は歌っているよ。 浜崎あゆみを生きているよ。 歌姫誕生に秘められた、出会いと別れの物語。 しかし、別れは思いのほか、早く訪れ……。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 博多から上京したありふれた少女・あゆを変えたのは、あるプロデューサーとの出会いだった。 しかし、別れは思いのほか、早く訪れ…。 歌姫誕生に秘められた、出会いと別れの物語。 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 小松成美(コマツナルミ) 1962年横浜市生まれ。 広告代理店勤務などを経て89年より執筆を開始。 主題は多岐にわたり、人物ルポルタージュ、ノンフィクション、インタビュー等の作品を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) また好きになりました。 スパグラン 評価 5. 00 投稿日:2019年08月11日 昔は大ファンでした。 自分自身も子育てや仕事で忙しくなり、 いつのまにか熱も冷め、大好きだったライヴもいかなくなっていました。 本見て泣きました。 皆さんがおっしゃる通り、批判してる人ほど読むべきです。 今暴露本を出した理由も読めばわかります。 これからもずっとファンでいようと思いました。 またライヴにもいきたくなりました。 あゆが批判されてもここまで歌い続けてる理由がよくわかります。 本当の意味でアーティストなのだなと。 主婦になる道もあったはず、でもそれら全て捨てて今も走り続けてるあゆをいつまでも応援したくなった今日この頃。 2人が参考になったと回答.

次の

小松成美の結婚相手(夫)や子供・経歴を調査!金スマ浜崎あゆみ「M」の取材の裏側とは?!10月11日放送

小松 成美 浜崎 あゆみ

10月11日放送の 「金スマ」には、浜崎あゆみさんの小説 「M愛すべき人がいて」の著書である 小松成美さんが出演します。 スポーツライターや ノンフィクション作家として活動している小松成美さんですが、今回の浜崎あゆみ「M」の出版で知ったという人も多いのではないでしょうか? 「金スマ」に出演した 小松成美さんが描いた、浜崎あゆみさんの 「M愛すべき人がいて」は、 事実に基づいたフィクションとうたわれていながらも、浜崎あゆみ全盛期だったあの時代、実は エイベックスの松浦勝人(会長 さんと交際していたという事実に、世間から一気に注目を集めました。 小松成美さんが描いた 浜崎あゆみ「M」のタイトルはエイベックスの松浦会長の「M」だったという。 あの2人はただならぬ関係なんじゃないかとうすうす気づいている人は多かったと思う。 10月11日放送の 「金スマ」では、小松成美さんが描いた浜崎あゆみ 「M愛すべき人がいて」の 取材の裏側を語ってくれるそうです。 1年間という取材期間の中、小松成美さんは浜崎あゆみさんだけではなく、 松浦さんと2人一緒に取材をしたというのも驚きです。 また 中田英寿さんや イチローさんなど多くのスポーツ選手の著書も出版してきた小松成美さんですが、 結婚している旦那さん 夫 はハンガリー人だとか。 この記事では 「金スマ」に出演する小松成美さんの 結婚相手の夫 旦那 や子供についてや経歴 「金スマ」に出演した小松成美さんが描いた浜崎あゆみ小説 「M愛すべき人がいて」の取材の裏側について紹介していきたいと思います。 浜崎あゆみの生い立ちから歌姫誕生まで 「金スマ」に出演する小松成美さんが描いた浜崎あゆみさんの「M」の内容について少し触れておきます。 この本の最初は 「M」との再会から始まります。 白人男性との離婚の後ですね。 そしてその後に 「M」との出会いから別れまでが描かれています。 福岡県で産まれた浜崎あゆみさんは 4歳の頃に父親が蒸発し母子家庭で育ちます。 小学生の時に地元の 「SOSモデルエージェンシー福岡」にスカウトされ、地元の銀行のポスターなどのお仕事をしていました。 その後サンミュージックを紹介され 中学を卒業後に母親と共に上京。 女手一つで育ててくれている母に 「負担を減らしたい」という思いで上京したものの、 芸能界では一向に目が出る気配はありませんでした。 そして当時の所蔵事務所との契約を解消したところでエイベックスの松浦会長に声を掛けられます。 元々歌手としての勉強も何もしてこなかった浜崎あゆみさんは、最初は断っていたそうですが、松浦会長は 「大丈夫だ、俺を信じろ! 俺がお前を歌手にする!」と言ったそうです。 そして浜崎あゆみさんは エイベックスと契約し再び芸能界デビューを果たします。 ここから浜崎あゆみさんの人生は180度変わりました。 小松成美が描いた浜崎あゆみ「M」を読んだ世間の反応 「金スマ」に出演する小松成美さんが描いた浜崎あゆみ小説「M」。 発売が発表されてからも発売されてからもかなり賛否がありましたよね。 小松成美さんが描いた浜崎あゆみ小説「M」に対する世間の反応についても調べてみました。 あゆもうちらと変わらない 女の子だったんだなと思った。 彼女の書いた歌詞1つ1つが深い意味を持つ事を知る。 もう一度彼女の歌をじっくり聞き返したくなる。 そしてこれからの彼女を見守りたくなる。 — ゆう Yuna6019 『M 愛すべき人がいて』 賛否両論あるけど、私は好き。 ただ純粋にあゆの歌が好きだから。 好きな人がいる時、失恋した時、あゆの歌がどれだけ心に響いたか。 その歌詞が妄想じゃなくて、自分の気持ちである事がどれだけ素敵か。 そしてその歌は、たった1人に向けられてる。 そんな素敵な事ってある?? 浜崎あゆみの動画も見てみた。 何故今この本を出したんだろう?真実を元にしたフィクション…ドラマ化になるみたいなニュースもあるけど。 大事な恋を公にするのは起死回生の松浦さんの策略でしょうか? — yokko1011 yokko1011.

次の