しらす 強化 投手 デッキ。 しらす強化投手育成デッキ案はこんな感じ!!最近の中だと最も自由度が高い!![パワプロアプリ]

しらす強化投手育成デッキ案はこんな感じ!!最近の中だと最も自由度が高い!![パワプロアプリ]

しらす 強化 投手 デッキ

投手 野手 彼女・相棒・サポート 支良州水産高校強化に適正のあるキャラの特徴 適正のあるキャラの特徴 重要度 項目 S ・コツイベ発生率が高い ・選手能力の初期値が低い A ・シナリオ固有キャラ ・試合経験点ボーナスを所持している ・二刀流キャラ ・コツイベボーナスの値が高い B ・イベントの体力回復量が多い ・練習性能が高い ・金特を所持している ・メンタルキャラ 上記の項目で適正ランクを評価。 当てはまる項目が多ければ支良州水産高校強化で強い選手を作りやすいキャラとなり、ランクが高くなる。 Sランク項目解説 コツイベ発生率が高い 各指導イベント 青・赤・金コツ はコツイベ発生率が高いキャラほど発生しやすい。 指導イベントは経験点・コツの入手やチムランUPなど、しらす強化において最も重要な要素であるため、コツイベ発生率の高いキャラは超プラス評価。 選手能力が低い 選手能力の低いキャラは赤コツを青コツに変換しやすい。 これにより経験点・コツの入手量が多くなるだけでなく、 船長ループ回数も増やせるため、プラス評価。 Aランク項目解説 シナリオ固有キャラ シナリオ固有キャラは 固定イベでの入手経験点UPや青コツを踏んだ際のチムラン上昇量UPなど、デッキに編成した際に強力な恩恵があるのでプラス評価。 試合経験点ボーナスを所持している しらす強化では 1〜3セクションの終わりにそれぞれ練習試合と地区大会が4試合あり、他の高校に比べて試合数がかなり多い。 試合経験点ボーナス持ちのキャラを多く編成することで経験点を大きく伸ばすことができるため、プラス評価。 二刀流キャラ は 選手能力に関わらず、常に指導イベントが青コツとなる「無限指導」が可能となる。 これにより、序盤の安定した経験点入手やチムランUPが可能となるためプラス評価。 コツイベボーナスの値が高い 指導時の入手経験点は、指導したキャラのコツイベボーナスの値に依存する。 コツイベボーナスが高ければ高いほど、一度の指導で多くの経験点を入手できるためプラス評価。 Bランク項目解説 イベントの体力回復量が多い イベントでの体力回復量が多いと練習できる回数が増え、育成を有利に進められるためプラス評価。 練習性能が高い 指導以外でも練習自体で多くの経験点を稼げれば選手査定をより伸ばせるようになるため、プラス評価。 金特を所持している しらす強化では、金特を所持しているキャラから「金コツイベ」で金特コツを入手可能。 青コツを5回以上踏むことでキャラが金特を覚えるが、 最初から金特を持っているキャラは5回以上指導しなくても金コツイベが発生するため、プラス評価。 メンタルキャラ 支良州強化では固定イベントで早い段階から精神練習の練習レベルが上がり、メンタルタッグで経験点が稼ぎやすいためプラス評価。

次の

ダイナマイトに疲れた君に!!しらす強化投手おすすめキャラ&デッキ案!![パワプロアプリ]

しらす 強化 投手 デッキ

さらに赤原がフル覚醒していれば、天音との組み合わせで高査定の付くも可能に。 フラ往田で真・アーチストを入手可能 フランケン往田はSRイベと金コツでを取れるため、1人で虹特を入手可能。 これにより総指導回数が多くなり、船長ループ回数もかなり多くの数をこなせる。 打撃の複数タッグで大量経験点を稼げる 打撃キャラが3人いるため、指導だけでなく打撃の複数タッグでも大量経験点を稼ぐことが可能。 敏捷ptが不足しやすいので注意 メイン得意練習が走塁のキャラが1人もいないため、敏捷ptを稼ぎにくい。 そのため、 走塁練習での青コツや天音との走塁タッグなどで意識的に敏捷ptを稼ぐ必要がある。 選択肢下でいいやつを取得した際はもねの評価も10上がるため、もねの評価上げという意味でも有用。 大谷の青コツで能力UPのための経験点・コツを入手 序盤は挑戦者大谷の青コツ 無限指導 を中心に踏み、自身の能力UP用の経験点を入手する。 赤原の青コツは能力UP量の大きい打撃・筋力以外なら1回まで、天音・フラ往田の青コツは打撃or筋力とそれ以外を1回ずつであれば踏んでOK。 最初の船長就任まではなるべく安コツは潰さない 最速で船長に就任にするにあたって安コツを全て潰すような経験点の余裕は無い。 そのため、初回の船長就任まではやなどの安コツは無理に潰す必要はない。 査定上昇量の多いミート・パワーUPや・などの特能取得で最速の船長就任を狙おう。 サクセス中盤以降での立ち回り 打撃・筋力の青指導を踏んで船長ループ回数を増やす 中盤以降は手持ちの経験点に余裕ができて自身の選手能力を調整しやすくなる。 技術・精神ptは余りやすいので随時捌く 船長ループをする上で技術・精神ptが特に余りやすいので、自身の能力が上がりすぎないように気を遣いつつ随時捌いていこう。 船長ループを優先するため、多少はptがオーバーフローしてしまっても仕方がない。 最も不足する敏捷ptは意識的に稼ぐ 走力上限突破をする上で敏捷ptがかなり不足しやすいため、 走塁練習での青コツや天音との走塁タッグなどは優先して踏んでいこう。 金コツ発生時はなるべくすぐ取りに行く 金コツ計3回を踏むのを後回しにすると終盤でかなり無理が出てくるので、金コツ発生時はなるべくすぐ取りにいくのがオススメ。 特にフラ往田に関しては金コツでアーチストを早く取らないと指導で他の金特を覚えてしまうため、要注意。 余裕があればもねを追って評価上げ もねはイベントでの評価上昇量が少なめでエピで満点を取りづらいため、余裕があれば彼女になった後ももねを追って評価を上げたい。 イベ完走のために暇なターンでの妄想は全然OK 前後バランスに無理がなくイベ完走率は高いデッキだがたまにイベント未完が起きるため、暇なターンで妄想してキャライベを引き起こすのは全然OK。 特に前イベの方がイベ未完率が高いため、大谷・赤原の妄想優先度は高くなる。 チムランSを目指す 全員がコツイべ率UP持ちかつ大谷の無限指導により、チムランS到達は充分狙えるデッキとなっている。 自身の能力UPや空きターンでのモブとの妄想などをうまく活用して、確実にチムランSに到達するようにしよう。 さらに赤原がフル覚醒していれば、天音との組み合わせで高査定の付くも可能に。 照守・ユニ静火を入れた二股編成 彼女キャラを2人入れた二股編成。 照守は二股以上だとイベント内容が強化されるため、照守の真価を発揮できる。 もう1人の彼女キャラは、SR覚醒で初期評価大幅UPが可能で、イベント内容も強力なユニ静火を採用。 序盤に発動できれば彼女評価上げが一気に楽になり、告白早期発生やエピ満点確実入手などにつながる。 前2後4編成なので序盤に発生しやすいのもメリット。 ユニ静火の所はもねでも良い 「敏捷ptを稼ぎづらい」「なるべく彼女を追いたくない」「前2後4にして走一郎から早くモテモテを取りたい」これらの理由からユニ静火を採用しているが、最大値を目指すなら持ちの黒戸もねを入れるのも大いにアリ。 ただし、 立ち回りがかなり難しくなる点に注意。 選手キャラ全員がコツイベ率UP持ち 4人の選手キャラ全員がコツイベ率UPを持っているため、赤・青・金コツが発生しやすい。 打撃の複数タッグで大量経験点を稼げる 打撃キャラが3人いるため、指導だけでなく打撃の複数タッグでも大量経験点を稼ぐことが可能。 筋力ptが不足しやすいので注意 筋力上限突破をする上で筋力ptが特に不足しやすい。 そのため、 走一郎との船長ループや筋力練習での青指導を多く行うなど、意識的に筋力ptを稼ぐ必要がある。 イベントが失敗してもユニ静火がSR覚醒で初期評価UPが付いていればギリギリ評価は間に合うため、諦めずに続行しよう。 照守を追って早く彼女にする 覚醒ユ二静火とは違い、照守に関しては彼女にするために3回前後追う必要があるので、優先的に追って評価を上げよう。 照守のデート連続消化で能力UP用の経験点確保 照守と彼女になったらデートを連続消化して、能力UP用の経験点を早く確保する。 デート3回目では大量経験点を入手可能だが、その時点でユニ静火も彼女になっていなければならないので注意。 青コツは場合によっては踏んでもOK 赤原・走一郎の青コツは能力UP量の大きい打撃・筋力以外なら1回まで、天音の青コツは打撃or筋力とそれ以外を1回ずつであれば踏んでOK。 冴木は初期船長のため、自身が船長となるまで青コツを踏むのはNG。 最初の船長就任まではなるべく安コツは潰さない 最速で船長に就任にするにあたって安コツを全て潰すような経験点の余裕は無い。 そのため、初回の船長就任まではやなどの安コツは無理に潰す必要はない。 査定上昇量の多いミート・パワーUPや・などの特能取得で最速の船長就任を狙おう。 サクセス中盤以降の立ち回り 打撃・筋力の青指導を踏んで船長ループ回数を増やす 中盤以降は手持ちの経験点に余裕ができて自身の選手能力を調整しやすくなる。 筋力ptが不足しやすいため、筋力練習での青コツは特に優先して踏みたい。 走一郎との船長ループで筋力ptを稼ぐ 不足しがちな筋力ptは走一郎との船長ループでも多く稼げる。 そのため、 なるべく走一郎の能力は高い状態でキープし、走一郎との船長ループをより多く行えるようにしたい。 技術・精神ptは余りやすいので随時捌く 船長ループをする上で技術・精神ptが特に余りやすいので、自身の能力が上がりすぎないように気を遣いつつ随時捌いていこう。 船長ループを優先するため、多少はptがオーバーフローしてしまっても仕方がない。 金コツ発生時はなるべくすぐ取りに行く 金コツ計3回を踏むのを後回しにすると終盤でかなり無理が出てくるので、金コツ発生時はなるべくすぐ取りにいくのがオススメ。 アーチスト・安打製造機などの査定が低い金特を取得してしまわないように注意。 暇なターンは妄想で後イベを走らせる 前2後4編成で後イベが若干重たいので、暇なターンでは妄想で後イベキャラのイベントを引き起こそう。 ただし、後イベがガンガン走っていて明らかにイベ全完走しそうな場合は妄想する必要はない。 その他立ち回りでの注意点・ポイント 木場との勝負に注意 ユニ静火とのデート4回目で大量経験点を入手するには、木場との1打席勝負で勝利する必要がある。 ほぼほぼストレートしか投げてこないが、 パワーが低いと真芯で捉えてもヒットにならないことがあるので要注意。 ユニ静火には空デートあり ユニ静火には発生確率こそ低いものの、空デートがある 体感15回に1回ぐらい?。 甲子園移動前ギリギリにデートをまとめて消化すると空デートに阻まれるリスクがあるため、なるべく余裕をもってデート消化しよう。 チムランAを目指す 計10回のデートによって総指導回数は彼女1人のみデッキより少なくなるので、チムランS到達はほぼほぼ不可能。 かといってボーナス経験点がもらえるチムランAにはしたいので、自身の能力UPやモブとの妄想などで確実にチムランAには到達するようにしよう。 照守の効果ででの彼女評価マイナスも回避できる。 3, モテモテチャンスが2回ある 走一郎の全レアイベに加えて5号の全レアイベでもをランダム取得可能なため、彼女評価を序盤からかなり上げやすい。 2人の彼女評価をMAXまで持っていきやすいため、エピローグでの経験点が満点になる確率がかなり高い。 4, 練習で稼げる経験点が多い 練習効果UP持ちが3人 走一郎・冴木・5号 いる。 特に冴木と5号の練習性能がかなり高いため、タッグがハマれば大量の練習経験点を入手可能。 青コツや強力なタッグを踏める回数が多くなる。 6, 前イベが重い 前イベが計13回 空き枠は38 とかなり重いため、前イベキャラのイベントを妄想で複数回走らせる必要がある。 7, 精神ptが余りやすい 冴木・5号の2人がメイン得意練習メンタルで、この2キャラの船長就任が続くと最終的に精神ptがかなり余る。 そのため、 船長ループ対象のメインは赤原 技術pt と走一郎 筋力pt にする必要がある。 ただし、 序盤から筋力練習の青コツを踏みすぎるとキャラ能力が上がりすぎてしまうので注意。 2, 船長ループ対象は走一郎と赤原 不足しがちな筋力ptと最も消費量の多い技術ptを船長交代で稼ぐため、船長ループ対象は走一郎と赤原にしたい。 精神ptは余りやすいため、冴木・5号の船長就任に関しては優先度低め。 3, 妄想で前イベを走らせる 最低2回 前イベが重いため、こまめに妄想をして前イベキャラのイベントを走らせよう。 妄想なしだと高確率で前イベで未完が発生するため、最低2回は前イベキャラの妄想をしたい。 2, チムランSを達成しやすい 赤原・おやすみ須々木による特効で青コツを踏んだ際のチームメイト能力UP量が多く、投馬とのもあるのでチムランSをかなり達成しやすい。 4, 敏捷が不足しやすく精神が余りやすい 練習・船長交代で敏捷を多く稼げるキャラがいないため、走力上限突破をする上で敏捷ptが不足しやすい。 一方、王子冴木・おやすみ須々木の2人がメイン得意練習メンタルで精神ptはかなり余りやすいので、経験点バランスを整えるのが難しい。 チムランS達成でALL100ptの経験点を入手したいため、赤原・須々木の青コツは優先して踏もう。 2, 走塁練習の青コツを優先して踏む 得意練習走塁のキャラが不在で敏捷ボーナス持ちもいないため、 敏捷ptはほぼ青コツで稼いでいくことになる。 敏捷pt不足にならないよう。 走塁練習の青コツは優先して踏んでいこう。 3, 船長ループ対象は赤原と走一郎 敏捷ptだけでなく、技術・筋力ptも余裕がない。 5種上限達成に必要な技術・筋力ptは赤原と走一郎との船長ループで稼いでいこう。 精神ptは比較的余裕があるため、冴木・須々木の船長就任に関しては優先度低め。 4, 王子のSRイベでは逆襲を入手 王子冴木は金特、を所持している。 アイコンタクトは王子冴木のSRイベでも入手可能なので、被りが発生しないようにSRイベは3回目まで進めての方を入手しよう。 基礎上限6種デッキ デッキの特徴・ポイント 1, 6種全ての能力を上限突破可能 野手の6つの基礎能力全てを上限突破可能。 経験点の不足やバランス調整に悩まされるが、 6種上限突破を達成できれば選手査定を大幅に伸ばすことが可能。 照守の効果でを回避可能だが、そもそも2人の評価をMAXにするのが難しいため、意識して追っていく必要がある。 3, イベントが全完走しやすい 前後それぞれにイベント回数2回のみと少ないもね・照守がいるため、イベントが全完走しやすい。 無理やり妄想をする必要があまりない。 4, 精神ptが余りやすい 王子冴木・おやすみ須々木の2人がメイン得意練習メンタルのため、精神ptが余りやすい。 この2キャラの船長就任が続くと最終的に精神ptがかなり余るので、 船長ループ対象のメインは赤原 技術pt と走一郎 筋力pt にする必要がある。 5, フル覚醒赤原がいないなら投馬で代用 赤原はPSR覚醒時でないとミート上限UPが付かない。 フル覚醒赤原を使用できない場合は同じミート上限UPキャラである投馬で代用可能。 投馬使用時は前2後4と前後バランスが崩れ、技術ptを稼ぎづらくなる点に注意しよう。 ただし、 覚醒聖はPSR覚醒をしていないと守備力上限UPが付かないので注意。 序盤からどんどんコツ潰しをしてしまうと一切青コツを踏めなくなってしまうため、序盤はコツ潰しを控えよう。 2, 赤原・須々木の青コツでチムランを上げる 支良州特効キャラの赤原・須々木の青コツを踏んだ際は、通常よりもチームメイト能力が大きくUPする。 チムランS達成でALL100ptの経験点を入手したいため、赤原・須々木の青コツは優先して踏もう。 3, 青コツ未発生時はデート消化で経験点入手 青コツ発生回数を増やすため、なるべく早い段階から経験点をストックしておきたい。 青コツや強力なタッグが発生してないターンでどんどんデートを消化し、早めに経験点をストックしよう。 4, 走塁練習の青コツを優先して踏む 得意練習走塁のキャラが不在で敏捷ボーナス持ちもいないため、 敏捷ptはほぼ青コツで稼いでいくことになる。 敏捷pt不足にならないよう。 走塁練習の青コツは優先して踏んでいこう。 5, 船長ループ対象は赤原と走一郎 敏捷ptだけでなく、技術・筋力ptも余裕がない。 6種上限達成に必要な技術・筋力ptは赤原と走一郎との船長ループで稼いでいこう。 精神ptは比較的余裕があるため、冴木・須々木の船長就任に関しては優先度低め。 6, 王子のSRイベでは逆襲を入手 王子冴木は金特、を所持している。 アイコンタクトは王子冴木のSRイベでも入手可能なので、被りが発生しないようにSRイベは3回目まで進めての方を入手しよう。 この状態を保ったまま指導を進められれば船長交代回数が多くなり経験点を伸ばしやすくなるので、キャラの能力は均一に上げていこう。 2, 赤原・須々木の青コツでチムランを上げる 支良州特効キャラの赤原・須々木の青コツを踏んだ際は、通常よりもチームメイト能力が大きくUPする。 チムランS達成でALL100ptの経験点を入手したいため、赤原・須々木の青コツは優先して踏もう。 3, 赤原を船長にして技術pt入手 このデッキでは技術ptがやや不足しやすい。 赤原を多めに船長にして、極端な技術pt不足に陥るのを防ごう。 4, 前イベキャラは妄想で全完走させる 前イベがやや重くイベント未完走のリスクがあるため、前イベキャラに関しては空きターンで妄想をしてイベントを走らせよう。 ライターが実際に育成した選手 もね・フラ往田入りデッキ 実際の使用デッキ.

次の

【パワプロアプリ】しらす強化野手デッキテンプレ【パワプロ】

しらす 強化 投手 デッキ

指導で経験点を稼げるのはもちろん、船長ループも発生させやすいため、育成を有利に進めやすい。 能力UPがしづらい序盤では特に恩恵が大きい。 南のエールタッグで経験点を伸ばせる 相棒キャラである南を編成することで、エールタッグで経験点を更に伸ばすことができる。 南は技術ボーナスを所持しており、不足しがちな技術ptをタッグでも多く稼げるようになるのは非常に強力。 イベ、しらす高校のランダムイベと5回の取得チャンスがあり、早期にいいやつを取得しやすい。 イベキャラとタッグを早く発動できるのはもちろん、南の絆イベントも発生させやすくなる。 技術ptが不足しやすい 虹特取得やコントロール上限突破に大量の経験点を使うため、技術ptが不足しやすい。 コントロールでの指導や堂江の船長ループ、南のエールタッグを生かして意識して経験点を稼ぎたい。 前イベのイベント数が多いので注意 本デッキの前イベの総数は13とかなり重いため、イベ完走を目指すためにできるだけまねき猫を持ちこみたい。 体力管理が難しい 彼女キャラを編成していないため、クリスマスやバレンタインなどの固定タイミングでの体力回復が非常に少ない。 イベントで体力回復ができるときはできるだけ回復に努め、体力を温存しておきたい。 サクセスを通じて技術ptが非常に不足しやすくやコンコツなど優秀なコツも取得可能なので、 青指導に変換するほどの経験点のない序盤は堂江の赤指導を積極的に踏んでいきたい。 船長就任までの青指導は[フ]往田か守備・メンタル サクセス開始時のイベキャラの初期選手能力が非常に近く、序盤に往田以外の青コツを踏んでしまうと船長就任に必要な選手能力が高くなってしまう。 最序盤は船長就任に影響のない往田or守備・メンタルの指導のみにとどめたい。 南の評価を上げるのはいいやつ取得後 キャラorシナリオ いいやつ取得イベント 堂江 全レアイベ 確定 深見 全レアイベ 確定 [フ]往田 全レアイベ 不確定 別Ver. イベ 不確定 支良州ランイベ 凪ちゃんと子猫 不確定 このデッキはいいやつ取得可能なイベントが多く、序盤からいいやつを所持しやすい。 いいやつを取得してから南を追うことで評価を絆イベ発生まで上げるのに必要なターンを節約できる。 目安としては初詣までに絆イベントが発生していれば十分。 変化指導は絶対に踏まない 変化量の伸びによる査定上昇は非常に大きく、1度変化球練習で指導をしてしまうとイベキャラの選手能力が大きく上がり、自分が追いつくのが難しくなったりサクセス全体での船長ループの回数が減ってしまう。 序盤は変化指導は絶対に踏まないように。 安コツは潰してOK 投手育成は必要経験点の少ないコツの数が少なく基礎能力で選手査定を上げるにもある程度まとまった経験点が必要。 そのため安コツを潰して必要経験点の多い特能のコツをもらったほうが良い。 ・・・などは率先して潰したい。 査定の高い変化量ややなどを早めに取得し選手能力をあげよう。 サクセス中盤以降での立ち回り 船長ループはできるだけ堂江と 技術ptが大幅に不足するため、堂江と複数回船長ループをする必要がある。 堂江はコツイベ率は非常に高く指導イベントは発生しやすいため、堂江に青指導できるように選手能力をあげていくのが重要。 金コツ発生時はなるべくすぐ取りに行く 金コツ計3回を踏むのを後回しにすると終盤でかなり無理が出てくるので、金コツ発生時はなるべくすぐ取りにいくのがオススメ。 深見の指導回数に注意する 深見は自身が強心臓を所持しているため、SRイベと合わせて真・強心臓を取得可能。 しかし、深見が新たな金特を覚えてしまうと金コツ発生時に強心臓以外の金特を取得するリスクがあるため、 深見の金コツ発生までは深見の青指導の回数は4回までにとどめたい。 虹特の下位コツはできるだけ先に取得する 虹特取得のために下位コツの金特を取得すると選手ランクが大幅に上がる。 イベントが走ってから慌てて取得すると船長交代がやりにくくなるので、早めに取得してしまったほうが計算が立ちやすい。 特にはコツをもらう恩恵が少ないためは優先して取得しよう。 前イベの消化できる妄想は積極的に使用 このデッキは前イベの総数が13と非常に重いため前イベの妄想は積極的に使用したい。 ただしノビコツのないタイミングで降谷や堂江のイベントを速く進めすぎると、怪童を直取りするはめになり大量の経験点を消費してしまうため注意。 能力UPがしづらい序盤では特に恩恵が大きい。 覚醒ユニ静火で序盤の動きを強力に!覚醒で初期評価がUPし、早期に彼女にできるユニ静火を採用。 序盤からデートを消化していくことで、早い段階での経験点ストックが可能。 別Ver. イベントで経験点やコツも取得でき、堂江や降谷のSRイベが早く進行したときもを取得しやすい。 技術ptが不足しやすい 虹特取得やコントロール上限突破に大量の経験点を使うため、技術ptが不足しやすい。 コントロールでの指導や堂江の船長ループを生かして意識して経験点を稼ぎたい。 サクセスを通じて技術ptが非常に不足しやすくやコンコツなど優秀なコツも取得可能なので、 青指導に変換するほどの経験点のない序盤は堂江の赤指導を積極的に踏んでいきたい。 船長就任までの青指導は[フ]往田か守備・メンタル サクセス開始時のイベキャラの初期選手能力が非常に近く、序盤に往田以外の青コツを踏んでしまうと船長就任に必要な選手能力が高くなってしまう。 最序盤は船長就任に影響のない往田or守備・メンタルの指導のみにとどめたい。 イベントでコツが取得可能。 また堂江や降谷のイベントが爆走したときにもが取得しやすくなり、金特被りを防ぎやすい。 変化指導は絶対に踏まない 変化量の伸びによる査定上昇は非常に大きく、1度変化球練習で指導をしてしまうとイベキャラの選手能力が大きく上がり、自分が追いつくのが難しくなったりサクセス全体での船長ループの回数が減ってしまう。 序盤は変化指導は絶対に踏まないように。 安コツは潰してOK 投手育成は必要経験点の少ないコツの数が少なく基礎能力で選手査定を上げるにもある程度まとまった経験点が必要。 そのため安コツを潰して必要経験点の多い特能のコツをもらったほうが良い。 ・・・などは率先して潰したい。 査定の高い変化量ややなどを早めに取得し選手能力をあげよう。 サクセス中盤以降の立ち回り 船長ループはできるだけ堂江と 技術ptが大幅に不足するため、堂江と複数回船長ループをする必要がある。 堂江はコツイベ率は非常に高く指導イベントは発生しやすいため、堂江に青指導できるように選手能力をあげていくのが重要。 体力回復はできるだけデートで ハマったサクセスではデートにターンを割く余裕はあまり多くなく、 ユニ静火には空デートも存在する。 そのため体力回復をできるだけデートで行いターン進行に余裕を持ちたい。 金コツ発生時はなるべくすぐ取りに行く金コツ計3回を踏むのを後回しにすると終盤でかなり無理が出てくるので、金コツ発生時はなるべくすぐ取りにいくのがオススメ。 虹谷の金特は驚異の切れ味を 虹谷の金特はとから選択。 驚異の切れ味はエピ金特と被る可能性はあるがドクターKより査定も高く不足しがちな技術ptの必要量も少ない。 変化指導は踏める回数も少なく走力・変化のチムランがSになることも少ないため、驚異の切れ味を狙いたい。 虹特の下位コツはできるだけ先に取得する 虹特取得のために下位コツの金特を取得すると選手ランクが大幅に上がる。 イベントが走ってから慌てて取得すると船長交代がやりにくくなるので、早めに取得してしまったほうが計算が立ちやすい。 特にはコツをもらう恩恵が少ないためは優先して取得しよう。 オクタヴィアの変化指導は終盤まで踏まない オクタヴィアは変化球を5方向所持しており、一度の変化指導で選手能力が超大幅に伸びてしまう。 一度踏んでしまうと他のキャラとの船長交代は非常に難しくなるので、全体的にイベキャラの能力の上がる後半まで踏まないようにしたい。 指導で経験点を稼げるのはもちろん、船長ループも発生させやすいため、育成を有利に進めやすい。 能力UPがしづらい序盤では特に恩恵が大きい。 エプロン明日音採用で指導可能キャラ増加 エプロン明日音は選手兼彼女なので指導可能。 指導で経験点を稼ぎやすくなるほか、チームの総合力も上げやすくなるので育成を有利に進めやすい。 技術ptが不足しやすいので注意 虹特取得やコントロール上限突破に大量の経験点を使うため、技術ptが不足しやすい。 コントロールでの指導や堂江との船長ループを複数回行うなど、意識的に技術ptを多く稼ぐ必要がある。 前イベのイベント数が多いので注意 本デッキの前イベの総数は13とかなり重いため、イベ完走を目指すためにできるだけまねき猫を持ちこみたい。 技術ptはかなり不足しやすく、やコンコツなど優秀なコツも取得可能なので、 青指導に変換するほどの経験点のない序盤は堂江の赤指導を積極的に踏んでいきたい。 船長就任までの青指導は[フ]往田か守備・メンタル 序盤に往田以外のキャラの青コツを踏むと船長就任が遅くなってしまう。 そのため、序盤は船長就任に影響のない往田or守備・メンタルの指導にとどめたい。 ただし明日音は選手能力がやや低いため変化以外であれば1回は踏んで良い。 明日音は基本的にローテンションで運用 明日音は基本的にローテンションで運用し、全レアイベやデートで体力回復ができる機会を増やす。 ただし精神ptは余ることが多いので、5回目のデートでハイテンションに変えてエピで筋力ptを入手する。 全レアイベが2回とも発生してから5回目のデートができると良い。 指導に行けない時に明日音を追う 普通のコツイベと異なり指導では明日音の評価が上がらないため、他のシナリオ以上に明日音の評価を意識して上げる必要がある。 指導に行けない時に優先して明日音と練習し、できるだけ速く告白ラインまで持っていきたい。 変化指導は絶対に踏まない 変化量の伸びによる査定上昇は大きく、1度変化球練習で指導をしてしまうとイベキャラの選手能力が大きく上がり、船長ループの総回数が減ってしまう。 そのため、序盤は変化指導は絶対に踏まないように。 安コツは潰してOK 投手育成は必要経験点の少ないコツの数が少なく基礎能力で選手査定を上げるにもある程度まとまった経験点が必要。 そのため安コツを潰して必要経験点の多い特能のコツをもらったほうが良い。 ・・・などは率先して潰したい。 査定の高い変化量ややなどを早めに取得し選手能力をあげよう。 サクセス中盤以降の立ち回り 船長ループはできるだけ堂江と 技術ptが大幅に不足するため、堂江と複数回船長ループをする必要がある。 堂江はコツイベ率は非常に高く指導イベントは発生しやすいため、堂江に青指導できるように選手能力をあげていくのが重要。 体力回復はできるだけデートで ハマったサクセスではデートにターンを割く余裕はあまり多くなく、 明日音には空デートも存在する。 そのため体力回復をできるだけデートで行いターン進行に余裕を持ちたい。 金コツ発生時はなるべくすぐ取りに行く 金コツ計3回を踏むのを後回しにすると終盤でかなり無理が出てくるので、金コツ発生時はなるべくすぐ取りにいくのがオススメ。 深見の指導回数に注意する 深見は自身が強心臓を所持しているため、SRイベと合わせて真・強心臓を取得可能。 しかし、深見が新たな金特を覚えてしまうと金コツ発生時に強心臓以外の金特を取得するリスクがあるため、 深見の金コツ発生までは深見の青指導の回数は4回までにとどめたい。 虹特の下位コツはできるだけ先に取得する 虹特取得のために下位コツの金特を取得すると選手ランクが大幅に上がる。 イベントが走ってから慌てて取得すると船長交代がやりにくくなるので、早めに取得してしまったほうが計算が立ちやすい。 特にはコツをもらう恩恵が少ないためは優先して取得しよう。 前イベの消化できる妄想は積極的に使用 このデッキは前イベの総数が13と非常に重いため前イベの妄想は積極的に使用したい。 ただしノビコツのないタイミングで降谷や堂江のイベントを速く進めすぎると、怪童を直取りするはめになり大量の経験点を消費してしまうため注意。 その他のキャラ金特も・など軒並み高査定のものばかりなので、虹特2種とキャラ金特で選手査定をかなり伸ばせる。 2, 青コツをかなり踏みやすい 無限指導キャラが2人おり 風薙・往田 、 その他の選手キャラも全員コツイベ率UP持ちのため、青コツを踏める回数がかなり多くなる。 3, すぐに彼女にできる覚醒ユニ静火を採用 彼女キャラは覚醒で初期評価がUPし、早く彼女にできる覚醒ユニ静火を採用。 序盤からデートを消化していくことで、早い段階での経験点ストックが可能。 PSR覚醒でイベントボーナスUPが付けば更に強力になる。 4, 堂江・風薙でコントロール106を狙う 風薙がフル覚醒状態なら堂江との組み合わせで高査定のが可能に。 より高査定な選手を作りやすくなる、 5, 変化ptを稼ぎにくい 得意練習変化のキャラが1人もいないため、変化ptを稼ぎにくい。 とはいえ変化ptがかなり不足するので、赤コツは踏んでもOK。 2, 筋力ptを多く使う特能は直で取得 5種の経験点の中で最も余りやすいのは筋力ptで、不足しやすいのは変化、次いで精神pt。 なるべく青コツで変化・精神ptを多く軽減できるコツを入手したいので、やなどの筋力ptを多く使う特能は直で取得しよう。 3, 軽い特能も序盤から直で取得してOK 無限指導キャラが2人おり、選手能力を上げていなくても青コツを踏みやすいため、序盤からなどの軽い特能を直で取得してOK。 敏捷ptも大量に稼げるので、などの敏捷系特能も取得してよい。 4, 深見との船長交代で精神ptを稼ぐ 深見との船長交代数が少なくなると、最終的に精神ptが不足してしまう。 深見は選手能力が低く、1人だけ能力が低いまま置き去りになることもあるので、深見との青コツもしっかり踏んで複数回船長にしよう。 特に、イベント数が少なく金特査定の高い風薙に関しては、余裕のあるときに妄想して復活を取りにいくとよい。 ライターが実際に育成した選手 彼女なし南入りデッキ 使用デッキ.

次の