鯛 一郎 クン。 宇和島産ブランド養殖真鯛「鯛一郎クン」の魅力

一流店も絶賛!話題のあの高級養殖鯛「鯛一郎クン」をおうちで食べてもらいタイ!

鯛 一郎 クン

愛媛朝日テレビ「なるちか!」でも取りあげられた話題の「鯛一郎(たいちろう)クン」 生産者いわく「天然ものを超える」と自慢の 高級養殖鯛がついに登場! 「養殖魚は魚臭くて料理できない」と料理店のシェフや大将の声を聞き、一念発起。 2003年に長年の技術が凝縮されできたのがこの「鯛一郎クン」 「お客さまに美味しいと食べていただくところまでが仕事」と笑顔で話すのは、生産者の徳弘多一郎(たいちろう)さん。 鯛への愛情は人一倍!優しく大切に、鯛一郎クンを育てています。 徹底した漁場管理、エサ管理、そして魚を水揚げして血抜き、冷やし込み! さらには鯛へ愛情をそそぐことにまで。 すべてに対して一切の手間を惜しむことはしません! 鯛一郎クンならではの、もちもち食感と凝縮されたウマみ。 ぜひご賞味ください。 冷蔵便にて配送いたします。 天候や交通状況によっては、ご希望のお届け日に遅れる場合がございます。 商品に欠陥がある場合を除き、返品や交換はお受けいたしかねますので、予めご了承ください。 納品書が不要でしたら、ご注文画面の備考に納品書不要とご記載ください。 また、商品と同梱以外での納品書の発送はいたしかねますので、予めご了承ください。 土・日・祝日にいただいたお問い合せは翌営業日からの受付となります。 お問い合せが混み合っている場合は、3営業日以上かかる場合もございますので予めご了承ください。 」とメールが届きます。 もしメールが届いていない場合は、注文が完了しておりませんのでご注意ください。

次の

人気シェフのとっておき「ニッポン食材」活用レシピ★「鯛一郎クン」を味わい尽くす中華の一品

鯛 一郎 クン

画像 : 新型コロナで大変!でも明るく楽しくおいしい幸せをご家庭に届けタイ! 5月22日~6月30日までの間、 真鯛養殖業の株式会社タイチ(本社:愛媛県宇和島市/代表取締役:徳弘 多一郎)のクラウドファンディングが、 クラファン株式会社(本店:佐賀県佐賀市/代表取締役社長:板越 ジョージ)が運営しているcrafun. jpによってスタートしています。 きっかけは、 新型コロナの自粛によって、 飲食店からの注文がストップしてしまったこと。 そこで、 行き場を失った養殖鯛「鯛一郎クン」をお家で食べて欲しいという想いをきっかけにプロジェクトチームが発足しました。 餌や環境、育て方にこだわった「鯛一郎クン」の加工に適した特性を活かし、 リターンとして鯛だけを提供するクラファンではなく、 愛媛県でイタリアンレストランを展開する株式会社マルブン( 本社:愛媛県西条市/代表取締役:眞鍋 明)によるオリジナルピッツァをクラファン限定で開発。 元々、 マルブンでは、 地元の生産者を活性化したいとの思いで鯛一郎クンをメニューに取り入れていましたが、 コロナ禍で店舗営業を自粛している中、 ネットショップ構築によって販路拡大を行っており、 さらに広く自社の商品を拡散する手段としてクラファンでもパートナーシップで取り組む運びとなりました。 画像 : 鯛一郎クン紅白ピッツァの応援購入はこちら : 今回一番人気で、クラファンのために開発された限定のリターン マルブン特製鯛一郎クン紅白ピッツァセット <内容> 【赤ピッツァ】四国・宇和島の日本一の養殖鯛「鯛一郎クン」とフレッシュトマトソースのピッツァ(写真左) 【白ピッツァ】四国・宇和島の日本一の養殖鯛「鯛一郎クン」と寺尾果樹園の瀬戸内レモンのピッツァ(写真右) 生産者は国の宝 食料自給率が低い日本にとって、 地方の一次産業は国の宝。 心優しく、 志の高い生産者を守ることで、 雇用を創出し、 価値の高い商品を提供することによって、 そこに関わる飲食店が活性化します。 飲食店の活性化は街の活性化につながります。 鯛一郎クンの餌は、化学物質を使わず、あえて手間暇かけて手で餌をやっているため、餌の食べ残しによる海洋汚染を防止し、内臓から健康になるように育てられています。 また、クラファンの応援は、現場で働く社員さんのモチベーション向上に役立ち、エンドユーザーの喜びや楽しさがSNSを通じて配信されることで、働きがいをうみだすことにも役立っています。 さらに、 加工に適した鯛の開発は、 飲食店の生産性を向上させ、 働き方改革を推進。 愛媛県の産地と飲食店のユニークな取組がクラファンによって広く認知されることで、 都市部からのワーケーションや疎開ワーク推進の一助になることを狙いとしています。 今回のクラウドファンディングは、単なる寄付ではなく、楽しくおいしく食べることで社会課題も環境問題も解決する、SDGs貢献型クラファンとして注目されています。 画像 : 6月13日からは、宇和島の「おでん酒庵 すぎのこ」が開発した鯛しゃぶセットがリターンとして加わりました! YouTube動画 : 鯛一郎クン鯛しゃぶセットの応援購入はこちら : 初めてのクラファンチャレンジで早くも支援者260人を突破!「鯛一郎クンファンクラブ」がfacebookで結成されました。 画像 : 5月22日のスタート以来、地元愛媛県を中心に260人もの支援者が集まり、6月12日からリターンとして到着し始めた鯛一郎クンの驚きの美味しさがSNSを賑わすようになりました。 そこで、6月13日にfacebookページ「鯛一郎クンファンクラブ」を立ち上げ、6月20日土曜日19時からズームによる初のオンラインイベントを開催する運びとなりました。 タイトルは、「タイチ徳弘社長とマルブン眞鍋社長の鯛一郎クン経営談義~これからの一次産業と飲食店の在り方~」と題し、これからの食について、生産者、飲食店、経営者、一般消費者がズームでつながり、アフターコロナに向けた「よりよい社会づくり」について考えることを狙いとしています。 【定員】 100名(ZOOMの制限により今回は100名以上は参加できませんのでご了承ください) 画像 : プロジェクトメンバー:写真前列左から、㈱タイチ 代表取締役 徳弘多一郎氏、おでん酒庵 すぎのこ 店主 清水裕一氏、㈱タイチ 専務取締役 徳弘清子氏、写真後列左から、㈱efコンサルティング 代表取締役 溝部ちえ氏、㈱マルブン 代表取締役 眞鍋明氏 イベント内容はこちら : 情報提供:.

次の

全国のシェフが絶賛する、愛媛産養殖真鯛「鯛一郎クン」。 そのおいしさのヒミツとは?

鯛 一郎 クン

画像 : 新型コロナで大変!でも明るく楽しくおいしい幸せをご家庭に届けタイ! 5月22日~6月30日までの間、 真鯛養殖業の株式会社タイチ(本社:愛媛県宇和島市/代表取締役:徳弘 多一郎)のクラウドファンディングが、 クラファン株式会社(本店:佐賀県佐賀市/代表取締役社長:板越 ジョージ)が運営しているcrafun. jpによってスタートしています。 きっかけは、 新型コロナの自粛によって、 飲食店からの注文がストップしてしまったこと。 そこで、 行き場を失った養殖鯛「鯛一郎クン」をお家で食べて欲しいという想いをきっかけにプロジェクトチームが発足しました。 餌や環境、育て方にこだわった「鯛一郎クン」の加工に適した特性を活かし、 リターンとして鯛だけを提供するクラファンではなく、 愛媛県でイタリアンレストランを展開する株式会社マルブン( 本社:愛媛県西条市/代表取締役:眞鍋 明)によるオリジナルピッツァをクラファン限定で開発。 元々、 マルブンでは、 地元の生産者を活性化したいとの思いで鯛一郎クンをメニューに取り入れていましたが、 コロナ禍で店舗営業を自粛している中、 ネットショップ構築によって販路拡大を行っており、 さらに広く自社の商品を拡散する手段としてクラファンでもパートナーシップで取り組む運びとなりました。 画像 : 鯛一郎クン紅白ピッツァの応援購入はこちら : 今回一番人気で、クラファンのために開発された限定のリターン マルブン特製鯛一郎クン紅白ピッツァセット <内容> 【赤ピッツァ】四国・宇和島の日本一の養殖鯛「鯛一郎クン」とフレッシュトマトソースのピッツァ(写真左) 【白ピッツァ】四国・宇和島の日本一の養殖鯛「鯛一郎クン」と寺尾果樹園の瀬戸内レモンのピッツァ(写真右) 生産者は国の宝 食料自給率が低い日本にとって、 地方の一次産業は国の宝。 心優しく、 志の高い生産者を守ることで、 雇用を創出し、 価値の高い商品を提供することによって、 そこに関わる飲食店が活性化します。 飲食店の活性化は街の活性化につながります。 鯛一郎クンの餌は、化学物質を使わず、あえて手間暇かけて手で餌をやっているため、餌の食べ残しによる海洋汚染を防止し、内臓から健康になるように育てられています。 また、クラファンの応援は、現場で働く社員さんのモチベーション向上に役立ち、エンドユーザーの喜びや楽しさがSNSを通じて配信されることで、働きがいをうみだすことにも役立っています。 さらに、 加工に適した鯛の開発は、 飲食店の生産性を向上させ、 働き方改革を推進。 愛媛県の産地と飲食店のユニークな取組がクラファンによって広く認知されることで、 都市部からのワーケーションや疎開ワーク推進の一助になることを狙いとしています。 今回のクラウドファンディングは、単なる寄付ではなく、楽しくおいしく食べることで社会課題も環境問題も解決する、SDGs貢献型クラファンとして注目されています。 画像 : 6月13日からは、宇和島の「おでん酒庵 すぎのこ」が開発した鯛しゃぶセットがリターンとして加わりました! YouTube動画 : 鯛一郎クン鯛しゃぶセットの応援購入はこちら : 初めてのクラファンチャレンジで早くも支援者260人を突破!「鯛一郎クンファンクラブ」がfacebookで結成されました。 画像 : 5月22日のスタート以来、地元愛媛県を中心に260人もの支援者が集まり、6月12日からリターンとして到着し始めた鯛一郎クンの驚きの美味しさがSNSを賑わすようになりました。 そこで、6月13日にfacebookページ「鯛一郎クンファンクラブ」を立ち上げ、6月20日土曜日19時からズームによる初のオンラインイベントを開催する運びとなりました。 タイトルは、「タイチ徳弘社長とマルブン眞鍋社長の鯛一郎クン経営談義~これからの一次産業と飲食店の在り方~」と題し、これからの食について、生産者、飲食店、経営者、一般消費者がズームでつながり、アフターコロナに向けた「よりよい社会づくり」について考えることを狙いとしています。 【定員】 100名(ZOOMの制限により今回は100名以上は参加できませんのでご了承ください) 画像 : プロジェクトメンバー:写真前列左から、(株)タイチ 代表取締役 徳弘多一郎氏、おでん酒庵 すぎのこ 店主 清水裕一氏、(株)タイチ 専務取締役 徳弘清子氏、写真後列左から、(株)efコンサルティング 代表取締役 溝部ちえ氏、(株)マルブン 代表取締役 眞鍋明氏 イベント内容はこちら :.

次の