かぶ を 使っ た 料理。 かぶを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

かぶを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

かぶ を 使っ た 料理

「かぶ」の歴史は深く、『古事記』や『日本書紀』にも登場すると言われ、カブラ、カブナ、カブラナ、スズナ、ホウサイ、ダイトウナなどの様々な別名があり、古くから多くの人に親しまれ、全国各地にわたりたくさんの品種が栽培されてきました。 また、この時季には春の七草のひとつ「すずな」(鈴菜または菘。 「蕪」の昔の呼び名)として、スーパーで見かけた方も多いことでしょう。 品種も多く、大きくて丸いもの、小さくて丸いもの、細長いもの、白い色、赤い色、半分紫がかったのもの……と形や色も様々。 料理によく使われる根の部分は淡色野菜、葉は緑黄色野菜に分類され、農林水産省の統計によると生産量1位は千葉県。 さらに地方色豊かな、その土地にしか出まわらない「かぶ」もたくさんあります。 「かぶ」のうれしい栄養 「かぶ」はいろいろな栄養を含んでいますが、白い根の部分と、葉の部分では栄養分に違いがあります。 「かぶ」は白い根の部分と葉の部分がセットになって売られていることが多いのですが、意外と白い根の部分を使うものの、葉のほうは捨ててしまう人が多いようです。 ところが、品種によっては主に葉の部分だけを食するものもあり、栄養から考えても根の部分に栄養が集中しているイメージがありますが、葉のほうにたくさんの栄養が含まれていることが多いのです。 胃もたれや胸焼けなどの時に食べるといいと言われています。 【食物繊維】 便秘の解消はもちろん、カラダ全体の健康を守ってくれる腸の活動を整える食物繊維も含まれています。 【葉酸】 葉酸は女性に必須のビタミンともいわれる、ビタミンB群のひとつです。 「かぶ」を使ったカンタン、オススメ料理 「かぶ」の主な栄養成分は水溶性ビタミンなので、スープとしてそのまま飲めるもののほうが、栄養も一緒に体に取り入れることができます。 さらに「かぶ」の持ち味を活かすためにも、温かいスープがおすすめ。 例えば「かぶ」のスープを前夜に作り置きし、起きがけの冷えた体を効果的に温めるのもいいですね。

次の

かぶの浅漬け(即席漬け)のレシピ/作り方:白ごはん.com

かぶ を 使っ た 料理

かぶの浅漬け/即席漬けのレシピ かぶの浅漬けに使うかぶは、 1玉が100gほどの小かぶがおすすめ。 そのくらいの大きさであれば皮をむく必要がなく、葉っぱも浅漬けで食べやすいからです。 葉っぱはきれいに水洗いして、かぶは皮ごと3〜5㎜幅に、葉っぱは3〜4cm幅に切ります。 それから加える塩の分量は、 『かぶの実と葉の合計重量に対して2. 5〜3%の塩』。 一般的な浅漬けは2%なので、それに比べると少し塩は強めです。 ボウルに切ったかぶを入れて塩を混ぜ合わせると、まんべんなく塩がいきわたり漬かりが早くなります。 また、塩は精製塩と自然塩で、同じ小さじ1でも重さが異なるので注意してください。 目安としては精製塩は小さじ1が6g、自然塩は小さじ1が4〜5gです。 あとは、漬物容器やジップロックなどに移して重しをかけて漬け込みます。 この時に加えるのが材料Aの 昆布・輪切り唐辛子・穀物酢・砂糖です。 これらも全体にしっかりと混ぜ合わせて漬け込み、重しをかけて冷蔵庫に移します。 キッチンはさみで切るのですが、切る前にさっと火であぶるとバリバリとかけらが飛び散ることなく、細く切ることができます。 冷蔵庫に移したら、6〜7時間後くらいから美味しく食べることができます(時間に余裕があれば1日以上漬け込むとよいです)。 食べるときは汁気を軽くしぼってからいただきます。

次の

寒い冬こそ、体が温まる食材「かぶ」を美味しく食べよう(blog.grandprixlegends.comサプリ 2017年01月16日)

かぶ を 使っ た 料理

かぶの浅漬け/即席漬けのレシピ かぶの浅漬けに使うかぶは、 1玉が100gほどの小かぶがおすすめ。 そのくらいの大きさであれば皮をむく必要がなく、葉っぱも浅漬けで食べやすいからです。 葉っぱはきれいに水洗いして、かぶは皮ごと3〜5㎜幅に、葉っぱは3〜4cm幅に切ります。 それから加える塩の分量は、 『かぶの実と葉の合計重量に対して2. 5〜3%の塩』。 一般的な浅漬けは2%なので、それに比べると少し塩は強めです。 ボウルに切ったかぶを入れて塩を混ぜ合わせると、まんべんなく塩がいきわたり漬かりが早くなります。 また、塩は精製塩と自然塩で、同じ小さじ1でも重さが異なるので注意してください。 目安としては精製塩は小さじ1が6g、自然塩は小さじ1が4〜5gです。 あとは、漬物容器やジップロックなどに移して重しをかけて漬け込みます。 この時に加えるのが材料Aの 昆布・輪切り唐辛子・穀物酢・砂糖です。 これらも全体にしっかりと混ぜ合わせて漬け込み、重しをかけて冷蔵庫に移します。 キッチンはさみで切るのですが、切る前にさっと火であぶるとバリバリとかけらが飛び散ることなく、細く切ることができます。 冷蔵庫に移したら、6〜7時間後くらいから美味しく食べることができます(時間に余裕があれば1日以上漬け込むとよいです)。 食べるときは汁気を軽くしぼってからいただきます。

次の