ホーランドロップ 色。 ホーランドロップ|里親募集|ジモティー

ホーランドロップ

ホーランドロップ 色

都道府県 :• 全国のホーランドロップ• 宮城 0• 富山 0• 山梨 0• 茨城 0• 鳥取 0• 島根 0• 佐賀 0• 長崎 0• 沖縄 0 カテゴリ :• 全ての里親募集• 犬 0• 猫 0• 217• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のホーランドロップ• 宮城 0• 富山 0• 山梨 0• 茨城 0• 鳥取 0• 島根 0• 佐賀 0• 長崎 0• 沖縄 0.

次の

ホーランドロップの色と特徴

ホーランドロップ 色

原産国:オランダ 体長:35cm程度 体重:1. 3~1. 8kg程度 タイプ:小型種、短毛、垂れ耳 色:カラーバリエーションが充実している ホーランドロップの特徴は小柄でありながらも意外に体つきがしっかりしているところです。 1980年にアメリカで新しい品種として誕生したホーランドロップは、垂れ耳うさぎの中では最も小さい品種でもあります。 ホーランドロップの性質は温厚で人なつっこく甘えんぼうなところです。 ホーランドロップはとても穏やかな性格をしています。 活発で自己主張の強いところもありますが、人になでられるのが大好き! ときどき人の後ろをついて歩いたりもするので、丸っこくてかわいらしい姿と愛されるキャラクター性が人気です。 セーブルポイント• トータス• サイアミーズスモークパール• ブルートータス• フロスティー セーブルポイントは全体がクリーミーホワイト、耳、鼻先、足先、しっぽはセピアブラウンでグラデーションになっています。 落ち着きのあるカラーです。 目の色はブラウンです。 トータスは毛並みが茶色で耳、鼻のまわり、おなか、足が黒っぽい色のグラデーションになっています。 目はブラウンです。 サイアミーズスモークパープルは頭、耳、背中がスモークグレーをしていて、顔、おなか、体の側面に向けて色が薄くなっていきます。 目の色はブルーグレーです。 ブルートータスは体全体がグレーに近いフォーンで、鼻のまわり、耳、おなか、足が濃いグレーのグラデーションとなっています。 目の色はブルーグレーです。 フロスティーは体がライトパールで、耳、鼻、足が少し濃い色をしています。 目の色はブラウンorブルーグレーです。 ブロークントータス• ブロークンブラックオター• ブロークンブラック• ブロークンスクワレル• ブロークンオレンジ• ブロークンブルートータス• ブロークンセーブルポイント• ブロークンチンチラ ブロークントータスは、頭、背中、おしりに茶色が不規則に色が入っています。 目の色はブラウンです。 ブロークンブラックオターは、黒やオレンジ色のぶち模様が、顔、おなか、背中、おしりなどに入っています。 目の色はブラウンです。 ブロークンブラックは、黒のぶち模様が特徴です。 鼻まわりはヒゲのように見えます。 目の色はブラウンです。 ブロークンスクワレルは、白と綺麗な淡いグレーの混ざったぶち模様をしています。 目の色はブルーグレーです。 ブロークンオレンジは、淡いオレンジ色のぶち模様になっています。 目の色はブラウンです。 ブロークンブルートータスは、グレーがかったフォーンの濃淡が背中からおなかにかけて広く入っています。 目の色はブルーグレーです。 ブロークンセーブルポイントは、クリーミーホワイトとセピアブラウンが、顔、耳、背中からおしりにかけてまだらに入っています。 目の色はブラウンです。 ブロークンチンチラ は、灰色がかったシルバーが顔から背中にかけて部分的にはっています。 目の色はブラウンです。

次の

たれ耳がトレードマーク!ホーランドロップの特徴や寿命、性格やなりやすい病気は?

ホーランドロップ 色

【目次】ホーランドロップの特徴・大きさ・値段・寿命・飼育時の注意点!適切なケージのサイズも紹介 ホーランドロップの歴史 ホーランドロップの特徴や性格を知る上で、まずは歴史について簡単に確認しておきましょう。 「ホーランド・ロップ(英語名:Holland Lop)」は、ウサギ目ウサギ科アナウサギ属。 ホーランド(=オランダ)の垂れ耳種という意味を持ちます。 原産国はオランダで、ペット用に交配され、20世紀の半ばに誕生しました。 オランダのうさぎブリーダー「アドリアン・ド・コック」氏が、垂れ耳のミニウサギを作りたいという願いのもと、大型の垂れ耳うさぎである「フレンチロップ」と小型の「 」を掛け合わせ、そこから生まれた子を交配させていくことで生まれたと言われています。 その後、1980年代に「アメリカンラビットブリーダーズ協会(ARBA)」に公認されました。 なお、ホーランドロップは垂れ耳うさぎ(ロップ種)の中で最も小さいことから「ミニ・ロップ (英語名:Mini Lop)」とも呼ばれます。 ホーランドロップの体の特徴とは ホーランドロップの見た目のトレードマークと言えば、やはり愛らしい垂れた耳ですよね。 耳は、他のロップ種と比べると厚みがあり短いのも特徴です。 また、頭頂部に「クラウン」と呼ばれる、二つのコブのようにも見える太めの帯状の毛が生えています。 足が太く短く、がっしりとした筋肉質な体格で、顔も体型も丸っこいのが印象的です。 ホーランドロップの体のサイズ・大きさは? ロップイヤー系の中で最小と言われる、ホーランドロップ。 オス・メスともに、体長は30~35cm、体高は10~14cmほどです。 ホーランドロップの平均・標準体重 平均的なホーランドロップの体重は、1. 5〜2. 0kg程度です。 個体によっては1. 3kg程度と小柄であったり、2. 3kg以上とやや大きめだったりすることもあります。 8〜2. 0kgになる子も多いですが、「1. 8kg以上は肥満」という説もあるため、太り気味になっていないか、健康状態が悪くないか不安な場合には、獣医師さんに確認してもらうと安心でしょう。 ホーランドロップの性格 ホーランドロップは、ペット用と生み出された品種なこともあり、うさぎの中でも比較的飼いやすいと言われます。 ネザーランドドワーフと比べると警戒心が強くはなく、撫でてもらうことが好きな子も多く、飼い主に懐いて後ろをついて来るなどの傾向もあります。 欧米では「アニマルセラピー」に使用されることもあるほど人慣れしており、優しい性格であまり攻撃的ではないことでも知られています。 うさぎとたくさんコミュニケーションをとりたい・抱っこして遊びたい方には、適した品種と言えるでしょう。 ただ、もちろん個体差はあるため、おとなしい性格の子もいれば、好奇心旺盛でわんぱくな子、自分から飼い主にどんどん甘えてくる子など多種多様です。 ホーランドロップの値段・販売価格 ホーランドロップをお迎えする際の個体の値段は、ペットショップか、専門店・ブリーダー経営店かによって相場が異なります。 ペットショップの場合 ペットショップでの販売価格は、およそ2~4万円ほどです。 人気の品種であることから、たいていの場合うさぎを扱うペットショップでは出会うことができるでしょう。 うさぎ専門店・ブリーダー直営店の場合 うさぎ専門店・うさぎのブリーダーさんから購入する場合には、約5〜11万円で販売されていることが多いです。 安いショップや、成長してきた個体であれば、1〜4万円で譲ってくれることもあります。 血統書や健康診断書などを発行してくれる場合も多く、親うさぎの健康状態の記録も残っている可能性が高いため、今後の健康対策もしやすいと考えられます。 ただし、条件は非常に細かく、またきちんと良好な環境で飼育できているか報告の義務が発生する場合もあるため、ご自身がしっかりとした里親になれるかどうか熟慮した方がよいでしょう。 日本では、特に人気があるのは明るい毛色の子で、オレンジの子が非常に多いようです。 また、ブロークンオレンジ(白ベースに、まだらのオレンジ柄がある)や、 のような濃いグレーの子も店頭でよく見られます。 なお、成長中にやや明るくなるなど、毛色が変化することもあります。 ホーランドロップの飼い方・飼育の注意点 ホーランドロップは、毛玉や耳の病気にならないよう注意してあげることが肝心です。 また、うさぎ全般に言えることですが、かじる習慣や温度についても配慮してあげましょう。 病気にならないよう、ブラッシング・耳掃除が大切 ホーランドロップは短毛種ではあるものの、毛皮が分厚いという特徴があります。 さらに、年に4回ほど大きな換毛期もあります。 毛玉を飲み込むと「毛球症」になってしまう恐れがあります。 週に1度を目安にブラッシングを行い、毛を手入れしてあげてください。 抱っこが好きな子も多いので、グルーミングはしやすいでしょう。 また、耳が垂れているこから、通気性が悪くなりがちな耳が病気にかかりやすい傾向があります。 そのため、耳掃除もこまめに行ってあげましょう。 「かじること」がお仕事!イタズラ対策や牧草補充を忘れずに ホーランドロップに限らず、うさぎは本能的に物をかじる癖があります。 家の壁紙・柱・木製ドアなどに気をつけることはもちろんのこと、ケーブル・電気コードなどをかじると関電の恐れがあるため、部屋の中で散歩をさせる際には、くれぐれも注意してあげてください。 うさぎの歯は一生伸び続けるものです。 繊維質をたくさん含む牧草・チモシーを常に食べ放題の状態にしてあげましょう。 咀嚼することによって歯が適度に削られていくため、歯の伸び過ぎなどの病気を防止できます。 暑さ対策・気温の管理も重要 うさぎは気温差(特に夏の暑さ)が苦手のため、一年中エアコンで温度調節を行うことも大切です。 ホーランドロップの飼育ケージのサイズ.

次の