う ぜん 漫画。 Uminonokorigaのポイピク

島袋全優

う ぜん 漫画

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2018年4月) 氏家 ト全 生誕???? 年 ・ 国籍 職業 活動期間 - ジャンル 代表作 『』 『』 『』 『』 『』 氏家 ト全(うじいえ とぜん、 - )は、の。 2001年に『』()掲載の読み切り『』でデビューし、同作が『』(同)で連載化して連載デビュー。 代表作に『』・『』・『』・『』・『』がある。 『週刊少年マガジン』(同)誌上において『』を連載中(2018年4月現在)。 『生徒会役員共』にて自身の作品では初の化となった。 はの武将・(ぼくぜん)になぞらえている。 概要 [ ] 『妹は思春期』を投稿し、担当から電話をもらう。 その後FAXにて何度もやり取りをした結果、2001年に『』に(として)同タイトルでデビュー。 なお、投稿作品を読んだ担当は、当時は妹タイプの女の子がいいという風潮があったのでを題材にした、のある漫画家だと認識している。 読み切りがで大好評のため『別冊ヤングマガジン』で月刊連載する。 そこでの連載も好評だったため、『』で週刊連載を開始した。 『』以降は、主に『』で連載をしている。 処女作が『妹は思春期』ということもあり、下・エロネタが入ったギャグが主流。 また、とではのラインがかなり違うが、彼はそのが分かっていたと担当は話す。 最初に出来るキャラはで、キャラクター全員にとなる人物はいない。 ツリ目のキャラが好み。 描いていて一番楽しいシーンは、キャラクターが集まって何かをしているシーンを描いているとき。 大変なのはを描いているとき。 自分の作品をすることはない。 作品リスト [ ] 漫画 [ ]• (全10巻)• 妹は思春期 読切版 ・16号, 18号(16号は 氏家邦貴名義)• 妹は思春期 出張版 ・1号• 妹はブルマー ヤングマガジン増刊スポ僧2002年1号• 別冊ヤングマガジン・2002年33号 - 2007年24号(2巻以降に収録)• ヤングマガジン・アッパーズ妹増刊・2002年(の共同作):単行本未収録• 週刊ヤングマガジン・30号(の共同作):9巻に収録• (全6巻)• 女子大生家庭教師宿田アイ 読切 ・2003年No. 6(1巻に収録)• 女子大生家庭教師濱中アイ 連載 ・2003年40号 - 16号• 連載・週刊少年マガジン・2006年28号 - 48号(全1巻)• (既刊18巻)• 生徒会役員共 連載 マガジンSPECIAL・2007年No. 6 - No. 児童会役員共 読切 マガジンSPECIAL・2009年No. 6(3巻に収録)• 連載・マガジンSPECIAL・2012年No. 5 - 2016年No. 7(全3巻)• (第16、17話エンドカード、2014年)• (第3話エンドカード、2017年) 作風・特徴 [ ]• 直接的描写は稀であり、パンチラは最終回にしか出ないというのがお約束になっている。 コマの使い回しがよく見られる。 全作品とも登場人物の名前は全員カタカナとなっている。 また名前の元ネタによくプロ野球選手名を使用している。 サブキャラクターの名前が時々変わってしまったり、過去との矛盾がよく見られる(例として『濱中アイ』の鈴木・柴原や『妹は思春期』のケイなど)。 『』『』では下・エロネタ以外のギャグも多い。 よく擬音の「ン」が「ム」になる(扉が閉まる音「バタン」が「バタム」、人を殴る音「バチーン」が「バチーム」になるなど)。 全作を通して直書きの文字はあまり綺麗では無く、カタカナの「シ」と「ツ」が書き分けられていない事が多い。 全ての作品が同じ世界であると思われる。 『妹は思春期』と『女子大生家庭教師濱中アイ』に「いつつば銀行」が存在する。 『女子大生家庭教師濱中アイ』と『アイドルのあかほん』に「聖光女学院」が存在しており、『濱中アイ』のミサキ・リンコ・アヤナが『アイドルのあかほん』の最終回に登場している。 『女子大生家庭教師濱中アイ』と『生徒会役員共』に「英稜高校」が存在する。 また『生徒会役員共』の番外編『児童会役員共』において『生徒会役員共』のシノと『濱中アイ』のミサキは同じ小学校の児童会に所属していたことが判明している。 『アイドルのあかほん』のトリプルブッキングが、『生徒会役員共』にて登場している(アニメ版『生徒会役員共』第6話・第12話にも登場)。 逸話 [ ]• また、『濱中アイ』での人気投票の結果についてインタビューが行われたが、「よくわかりません」「考えてません」といった回答がされ続け、結局インタビュアーが沈黙する形でインタビューが終了してしまった。 の被災地域に住んでおり電話回線の復旧が遅れた模様。 脚注 [ ].

次の

氏家ト全

う ぜん 漫画

100• 101• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 113• 114• 115• 116• 117• 118• 119• 120• 121• 122• 123• 124• 125• 126• 127• 128• 129• 130• 131• 132• 133• 134• 135• 136• 137• 138• 139• 140• 141• 142• 143• 144• 145• 146• 147• 148• 149• 150• 151• 152• 153• 154• 155• 156• 157• 158• 159• 160• 161• 162• 163• 164• 165• 166• 167• 168• 169• 170• 171• 172• 173• 174• 175• 176• 177• 178• 179• 180• 181• 182• 183• 184• 185• 186• 187• 188• 189• 190• 191•

次の

島袋全優

う ぜん 漫画

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2018年4月) 氏家 ト全 生誕???? 年 ・ 国籍 職業 活動期間 - ジャンル 代表作 『』 『』 『』 『』 『』 氏家 ト全(うじいえ とぜん、 - )は、の。 2001年に『』()掲載の読み切り『』でデビューし、同作が『』(同)で連載化して連載デビュー。 代表作に『』・『』・『』・『』・『』がある。 『週刊少年マガジン』(同)誌上において『』を連載中(2018年4月現在)。 『生徒会役員共』にて自身の作品では初の化となった。 はの武将・(ぼくぜん)になぞらえている。 概要 [ ] 『妹は思春期』を投稿し、担当から電話をもらう。 その後FAXにて何度もやり取りをした結果、2001年に『』に(として)同タイトルでデビュー。 なお、投稿作品を読んだ担当は、当時は妹タイプの女の子がいいという風潮があったのでを題材にした、のある漫画家だと認識している。 読み切りがで大好評のため『別冊ヤングマガジン』で月刊連載する。 そこでの連載も好評だったため、『』で週刊連載を開始した。 『』以降は、主に『』で連載をしている。 処女作が『妹は思春期』ということもあり、下・エロネタが入ったギャグが主流。 また、とではのラインがかなり違うが、彼はそのが分かっていたと担当は話す。 最初に出来るキャラはで、キャラクター全員にとなる人物はいない。 ツリ目のキャラが好み。 描いていて一番楽しいシーンは、キャラクターが集まって何かをしているシーンを描いているとき。 大変なのはを描いているとき。 自分の作品をすることはない。 作品リスト [ ] 漫画 [ ]• (全10巻)• 妹は思春期 読切版 ・16号, 18号(16号は 氏家邦貴名義)• 妹は思春期 出張版 ・1号• 妹はブルマー ヤングマガジン増刊スポ僧2002年1号• 別冊ヤングマガジン・2002年33号 - 2007年24号(2巻以降に収録)• ヤングマガジン・アッパーズ妹増刊・2002年(の共同作):単行本未収録• 週刊ヤングマガジン・30号(の共同作):9巻に収録• (全6巻)• 女子大生家庭教師宿田アイ 読切 ・2003年No. 6(1巻に収録)• 女子大生家庭教師濱中アイ 連載 ・2003年40号 - 16号• 連載・週刊少年マガジン・2006年28号 - 48号(全1巻)• (既刊18巻)• 生徒会役員共 連載 マガジンSPECIAL・2007年No. 6 - No. 児童会役員共 読切 マガジンSPECIAL・2009年No. 6(3巻に収録)• 連載・マガジンSPECIAL・2012年No. 5 - 2016年No. 7(全3巻)• (第16、17話エンドカード、2014年)• (第3話エンドカード、2017年) 作風・特徴 [ ]• 直接的描写は稀であり、パンチラは最終回にしか出ないというのがお約束になっている。 コマの使い回しがよく見られる。 全作品とも登場人物の名前は全員カタカナとなっている。 また名前の元ネタによくプロ野球選手名を使用している。 サブキャラクターの名前が時々変わってしまったり、過去との矛盾がよく見られる(例として『濱中アイ』の鈴木・柴原や『妹は思春期』のケイなど)。 『』『』では下・エロネタ以外のギャグも多い。 よく擬音の「ン」が「ム」になる(扉が閉まる音「バタン」が「バタム」、人を殴る音「バチーン」が「バチーム」になるなど)。 全作を通して直書きの文字はあまり綺麗では無く、カタカナの「シ」と「ツ」が書き分けられていない事が多い。 全ての作品が同じ世界であると思われる。 『妹は思春期』と『女子大生家庭教師濱中アイ』に「いつつば銀行」が存在する。 『女子大生家庭教師濱中アイ』と『アイドルのあかほん』に「聖光女学院」が存在しており、『濱中アイ』のミサキ・リンコ・アヤナが『アイドルのあかほん』の最終回に登場している。 『女子大生家庭教師濱中アイ』と『生徒会役員共』に「英稜高校」が存在する。 また『生徒会役員共』の番外編『児童会役員共』において『生徒会役員共』のシノと『濱中アイ』のミサキは同じ小学校の児童会に所属していたことが判明している。 『アイドルのあかほん』のトリプルブッキングが、『生徒会役員共』にて登場している(アニメ版『生徒会役員共』第6話・第12話にも登場)。 逸話 [ ]• また、『濱中アイ』での人気投票の結果についてインタビューが行われたが、「よくわかりません」「考えてません」といった回答がされ続け、結局インタビュアーが沈黙する形でインタビューが終了してしまった。 の被災地域に住んでおり電話回線の復旧が遅れた模様。 脚注 [ ].

次の