あはれ 現代語。 中学生の古文 「をかし(おかし)」と「あはれ」の違い|極上の受験勉強法

「我を愛する歌」石川啄木全短歌作品の現代語訳と解説

あはれ 現代語

台風の翌日はたいそうしみじみと趣深い。 立 たて 蔀 じとみ ・ 透 すい 垣 がい などの乱れたるに、 前栽 せんざい どもいと心苦しげなり。 立蔀や透垣などが乱れている上に、庭の植え込みもとても痛々しい様子だ。 大きなる木どもも倒れ、枝など吹き折られたるが、 萩 はぎ ・ 女郎花 おみなえし などの上によころばひ伏せる、いと思はずなり。 大きな木々も倒れ、枝などの吹き折られたのが、萩や女郎花などの上に横たわり伏しているは、たいそう思いがけない。 格 こう 子 し の 壺 つぼ などに、木の葉をことさらにしたらむやうに、 格子のます目などに、木の葉をわざわざしたように、 こまごまと吹き入れたるこそ、荒かりつる風のしわざとは覚えね。 細かく吹き入れてあるのは、荒々しかった風の仕業とは思われない。 いと濃き衣の 上曇 うわぐも りたるに、 黄 き 朽 くち 葉 ば の 織 おり 物 もの 、 薄 うす 物 もの などの 小 こ 袿 うちぎ 着て、 たいそう濃い色の着物でつやが薄れている着物に、黄朽葉の織物、薄物の小袿を着て、 まことしう清げなる人の、夜は風の騒ぎに寝られざりければ、 誠実そうでさっぱりとして美しい人が、夜は風の騒ぎで寝られなかったので、 久しう寝起きたるままに、 母 も 屋 や より少しゐざり出でたる、 長く朝寝して起きてすぐに、母屋から少し膝をついたままにじり出ている状態で、 髪は風に吹き迷はされて、少しうちふくだみたるが、肩にかかれるほど、まことにめでたし。 髪は風に吹き乱されて、少しふくらんでいるのが、肩に掛かっている様子は、ほんとうにすばらしい。 ものあはれなる気色に見いだして、「むべ山風を」など言ひたるも、 なんとなくしみじみとした様子で外を見て、「むべ山風を(=なるほど山風を嵐というのだろう。 )」などと言っているのも、 心あらむと見ゆるに、十七八ばかりやあらむ、 情趣を理解するのであろうと思われるが、十七、八歳ぐらいであろうか、 小さうはあらねど、わざと大人とは見えぬが、 小さくはないけれど、特に大人とは見えない人が、 生絹 すずし の 単 ひとえ のいみじうほころび絶え、はなもかへり、濡れなどしたる、薄色の 宿直物 とのいもの を着て、 生絹の 単衣 ひとえ がひどくほころび(縫い目の糸が)切れ、はなだ色も色あせて、ぬれなどしている(その上に)、薄色の夜着を着て、 髪、色に、こまごまとうるはしう、末も尾花のやうにて、 丈 たけ ばかりなりければ、 髪は、つややかで美しく、細かくきちんと整い、毛先もすすきようにふっさりしていて、背丈ぐらい(の髪の長さ)だったので、 衣 きぬ の 裾 すそ に隠れて、 袴 はかま のそばより見ゆるに、 着物の裾に隠れて、袴の所々から(髪の毛が)見えるが、 童 わらわべ 、若き人々の、根ごめに吹き折られたる、ここかしこに取り集め、 起こし立てなどするを、 (その人が)童女や、若い人たちが、根こそぎ吹き折られたのを、あちこちに取り集めたり、起こし立てたりするのを、 うらやましげに押し張りて、 簾 す に 添 そ ひたる 後 うし ろ 手 で もをかし。 うらやましそうに(簾を外に)押し出して、その簾に寄り添って(外を見て)いる後ろ姿も趣深い。 解説・品詞分解はこちら -.

次の

枕草子第一段「春はあけぼの」現代語訳と文法解説

あはれ 現代語

「父よ、父よ(または乳よ、乳よ)」 と心細そうに鳴くのは、大変しみじみと心打たれる。 コメツキムシも、また趣深く感じる。 そんな(ちっぽけな虫の)心にも仏教を深く信仰する心を生じさせて、額を地につけて拝みまわっているのだろうよ。 予期しない暗い所などで、ことことと音を立てながら歩いているのは面白い。 蝿こそ気に入らないものの中に入れるべきで、かわいげのないものである。 人間並みに、相手などにするほどの大きさではないが、秋などに、直接にいろいろな物にとまり、顔などに濡れた足でとまっていることよ。 人の名に(蝿と)ついているのは、とてもいやな感じだ。 夏虫はとても趣があってかわいらしい。 明かりを近くに引き寄せて物語などを読んでいると、本の上を飛んでいる様子はとても趣がある。 蟻は、とても気に入らないのだが、身軽さは並々ではなく、水の上などを、ひたすら歩きに歩き回るのは、趣がある。

次の

歴史的活用で、「あはれなり」がなぜ現代語訳で「あわりなり...

あはれ 現代語

うーん、本当は、それでもいいんです。 「あはれなり」は、しっとりとした感じの感動がある、ということが原義だから、 「いい」でも、その「いい」に、 「ハア・・・しみじみ、いいもんだなあ・・・」 という意味を含んでいるつもりだったら、 それでいいんだよ、本当は。 FBだっけ、なんだっけ、俺はやってないので知らないんだけど、 「イイネ」というのがあるでしょ、 あの感じではない、ってことなんだよ。 なんでも、ネガティヴな記事、 「もう死にたい」「俺はダメだ・・・」なんてのに「イイネ」を押したら、 それに賛同したってこと(「いいぜ、死ねよ」「そうだ、お前はダメだ」)になるらしいね? こういうのは、「陽性」の「いい」なんだよね。 「あはれなり」は、この「イイ」とは違うってことなのです。 「とびいそぐさへあはれなり」は、 秋の夕暮れの、烏のことを言っているところでしょ。 ちょっとしんみりした「良さ」であって、 「心を打つ」とか「感動的だ」と訳したっていいところなんだよ。 「じ~んときちゃう」っていう感じなの。 ウェットな感じ。 君は、「いい」を、そういう意味で使ったのだとしても、 答案用紙に書いたのだとしたら、たった「いい」という二文字の字面だけで、 「私の言っている「いい」は、しみじみと感動的なほうの「いい」で、 「イイネ!」の「いい」じゃないんです」 ということを、説明しきることはできないよね。 試験とかじゃなくて、自由に、 「枕草子」のある程度の分量の章段を現代語訳して楽しむ、 というような場合なら、 「あはれなり」が出てきたらいつでも「しみじみと感動的だ」と訳すんじゃ、 芸がないし、単調になるから、 あるところでは「泣けてくる」と訳し、あるところでは「いいものだ」と訳し、 あるところでは「心にしみる」と訳し、あるところでは「胸が震える」と訳し、 いろんなバリエーションで、豊かに「感動」を表現していいのだけれども、 試験のときは、「いい」だけでは、「伝わらない」のが現実だよね。 だから、試験の答案として、その一部分だけを訳せと言われた場合には、 「しみじみと趣深い」とか、「心打たれる」とか、 「あはれなり」の原義は分かっていますよということを、 アピールする訳にしておかなければなりません。 試験というものは、「私はここまで理解しています」ということを、 採点者に「伝え」ないと、点数につながってこないから、 だいたい合ってりゃなんでもいい、っていうわけではない。 セオリーとか、試験のルールっていうものはあるの、そこは分かってね。

次の