陣痛どんな痛み。 出産・陣痛の痛みを例えると?体験談も知りたい!

陣痛の始まりは?どんな痛みなの?長さや間隔について【医師監修】|Milly ミリー

陣痛どんな痛み

痛みの感じ方は人それぞれです。 痛みに弱い・強い、緊張しやすい・大らか、そばに家族がいる・ひとりだけ、といった体質、性格、環境などによっても感じ方は違います。 徳岡さん、実際のところはいかがですか? 「鼻からスイカを出すよりは、陣痛の方が楽だと思います(笑)。 赤ちゃんは硬いスイカと違って実はすごく柔らかいし、スムーズに出てくるんですよ。 『腰の骨が砕けそう』という人は体や骨盤がゆがんでいるのかも。 赤ちゃんが通るときに骨盤に当たって、痛みが増しているのかもしれません。 ところで、皆さんの表現を聞くと、陣痛をネガティブにとらえていますね。 『痛い』『苦しい』というネガティブな気持ちが先に立つと、体が緊張して通常よりも痛く感じてしまうことがあります。 でも陣痛は、自分の内側から放たれたエネルギー。 『エネルギーの力で赤ちゃんが押し出されている』とポジティブにとらえると、痛みも少しは和らぐのではないでしょうか」 前駆陣痛やおしるしのような兆しがあったら、「そろそろ陣痛が始まるかな」と考えておきましょう。 実際の陣痛が来たら、時計で「陣痛の間隔」を測って簡単にメモしてもOK。 「子宮が収縮して痛みがあるときを陣痛の『発作』、収縮が終わり、次の陣痛が来るまでの間を『間欠』といいます。 陣痛の間隔=発作+間欠の時間です。 陣痛の間隔が約10分で規則的に繰り返される(1時間に発作+間欠が6回ある)ことが、陣痛の始まりです。 陣痛が始まったら、病院に電話で連絡してください。 ただし、経産婦さんの場合は、一気にお産が進むことがあるため、陣痛が15分間隔でも、強くなってきているようなら早めに連絡を。 病院に連絡するときは、次のことをしっかり伝えるようにします。

次の

後陣痛とはどんなもの?原因や時期は?【看護師が解説】

陣痛どんな痛み

陣痛ってもう忘れました? 私もう忘れてしまって…思い出すために言葉で表しましょう! 出産のとき、あの陣痛の痛みはもうこの先絶対に忘れるはずがない…と思っていたのに気が付けば忘れてしまっている、ということに共感できるママもいるかもしれません。 忘れてしまうことは仕方のないことなのかもしれませんが、あの痛みを忘れるなんて自分でも驚いてしまいますよね。 しかし、一度経験したことを丸ごと忘れるはずはありません。 あのときのことを思い出して、先輩ママたちに言葉で陣痛を例えてもらいました。 先輩ママに聞く、陣痛の痛みを言葉で表すと? 出産で陣痛を経験した先輩ママたちに、陣痛の痛みを「痛い」という表現ではなく言葉で表して頂きました。 これから初めての出産を控えている妊婦さんは、痛いとは分かっていてもどのようなものなのか想像ができないかもしれません。 先輩ママの言葉は、リアルそのもの。 ぜひ、参考にしてみてくださいね。 自分がまるで獣のように つらい陣痛。 痛みの先にあるもの 先輩ママたちの陣痛を表す言葉、どれもこれも聞いているだけでおなかの辺りに痛みを感じてしまいそうですね。 出産経験のあるママは、当時のことを思い出したという方もいるのではないでしょうか?プレママの方は、なんとなく想像することができたのでは?もしかすると、不安になったり怖くなったりしてしまった方もいるかもしれません。 しかし、陣痛も人それぞれ。 筆者の場合、1人目が普通分娩でいざ陣痛を迎え病院へ行き、陣痛室で構えていると、隣の部屋から陣痛に悶え苦しむ声が聞こえ、かなりおじけづいてしまいました。 「まだこんなのではない、ここまではない…」と思って、ほぼ無言で耐えていると子宮口全開に。 最後の方は泣きながら声を出していた気もしますが、「まだまだこんなのじゃない」という気持ちが強く、そう耐えていると全身に響く強烈な振動と共にわが子を出産。 今でも鮮明に覚えています。 痛みの先には、たくさんのものが待っています。 初めて会うわが子、今までに感じたことのない「いとおしい」という感情、命をつなぐという感動…言葉には言い表せないほどのものが待っています。 そして、強くしてくれます。 母は強し!この言葉に嘘はないはず。 きっと赤ちゃんもママに会えることを楽しみにして、おなかの中でそのときを待っていますよ。

次の

後陣痛とはどんなもの?原因や時期は?【看護師が解説】

陣痛どんな痛み

看護師・助産師を免許を取得後、未熟児病棟、脳神経外科病棟、産科病棟で医療業務に従事。 その後、医療現場での経験を活かして、青年海外協力隊の看護職としてアフリカに2年間駐在し、現地の医療技術向上に貢献。 赤ちゃんを出産するときに起こる「陣痛(本陣痛)」とは別に、「前駆陣痛」というものがあります。 耳にしたことはあっても、実際にどんなものなのか想像しにくいですよね。 「前駆陣痛と本陣痛を見分けられるのか?」と不安に感じるかもしれません。 そこで今回は、前駆陣痛とはどういうものか、時期はいつから始まるのか、症状や痛み、間隔などについてご説明します。 前駆陣痛とは?なぜ起こるの? 前駆陣痛とは、出産前に起きる不規則な子宮収縮のことで、間隔や痛みの強弱も不安定で、規則的ではありません。 本陣痛に先駆けて起こるので、「前駆(ぜんく)」陣痛という読み方をします。 「偽陣痛」という言葉で呼ばれることからもわかる通り、お産につながる本陣痛とは異なります。 前駆陣痛は本陣痛の予行練習のようなもので、お産の準備に必要な過程です。 本陣痛が始まる前に子宮収縮を起こして、子宮の下の部分や子宮頸管を柔らかくするなどの作用があります。 前駆陣痛があれば出産が近いことを意味するので、これを合図に出産に向けた心の準備を始めましょう。 関連記事 前駆陣痛の症状は?生理痛のような痛みが出る? 前駆陣痛の痛みや症状は個人差が大きく、一概にはいえません。 お腹が痛くなったり、張りを感じたり、人によっては腰痛が現れたりするなど様々です。 また、「赤ちゃんがお腹の下を蹴っているような痛み」「生理痛のような痛み」「お腹を下したときのようなゴロゴロ、シクシクした痛み」など表現の仕方も人それぞれです。 そのため、前駆陣痛と気づかないことも多く、「臨月に入ってお腹に違和感を覚えたら、その翌日に突然本陣痛が始まった」ということもあります。 ただし、お腹の痛みと一緒におしるしなどの症状が現れた場合は「お産が始まるサイン」です。 じきに本陣痛が始まると思って、心の準備をしておきましょう。 関連記事 前駆陣痛の間隔はどれくらい?痛みの長さは? 前駆陣痛は、強さ、長さ、間隔などが不規則な子宮収縮で、痛みの感じ方もさまざまです。 本陣痛のように何分間隔で痛みが現れることや、間隔が徐々に短くなることはありません。 忘れた頃に痛みが戻ってきたり、息をつく暇もなくお腹が張り続けたりと、本人も予測できません。 夜遅くに前駆陣痛が始まって、なかなか眠れないこともあります。 1時間に6回以上、もしくは陣痛周期が10〜15分以内の、ある程度規則的な陣痛周期になったら本陣痛に移行したサインです。 つまり、その前の不規則な子宮収縮が前駆陣痛ということになります。 痛みは本陣痛に比べれば弱く、時間が経つごとに強くなっていくこともありません。 ほとんどの場合、しばらく安静にすると痛みがなくなります。 妊娠中の迷信の一つに「前駆陣痛がひどければ難産になる!」と聞いたことがある人もいるかもしれませんが、医学的な根拠はないので過度に心配しないでくださいね。 臨月に前駆陣痛が起きたらいつ受診すればいい? 臨月に前駆陣痛があったからといって急いで産婦人科を受診する必要はありません。 本陣痛が始まるまでは、安静に休んでください。 ただし、以下の症状が当てはまる場合には、かかりつけの産婦人科へ連絡してください。 お腹の痛みや張りが治まらない 前駆陣痛は間隔や長さ、痛みが不規則で、時間が経てば治まります。 ただし、激しい痛みを感じるときや、お腹がカチカチに張って治まらないときはなんらかのトラブルが起こっている可能性があります。 このような症状がみられたらすぐに産院に連絡し、いつから痛みがはじまったのか、また出血があるかどうかを伝え、指示を仰ぎましょう。

次の