アウトサイダー 拓馬 試合。 朝倉未来の喧嘩伝説が凄すぎる!!昔は不良で怖かったけど現在は温厚で優しくなった!?

Youtubeでも大人気!朝倉未来選手のハゲ疑惑を徹底解明!併せて既婚者疑惑も調べてみよう!

アウトサイダー 拓馬 試合

インスタには、格闘家らしく練習風景や試合の写真が多いです。 ツイッターには、練習風景や試合に加え、ユーチューバーとしての宣伝等の投稿もあります。 ユーチューブには、やってみた系の挑戦動画が多く投稿されています。 すごい再生回数でびっくりしました。 動画を見てると面白くてハマってしまうんです。 朝倉未来の弟 朝倉未来さんの弟は、格闘家の朝倉海さんです。 本名:朝倉海(あさくら かい) 生年月日:1993年10月31日 出身地:愛知県豊橋市 所属:トライフォース赤坂 身長:172cm 格闘技大会「RIZIN」で、堀口恭司さんを倒した事で一躍有名になりました。 朝倉未来さんと朝倉海さんは、朝倉兄弟と呼ばれていて、お互いがRIZINのスター選手になりました。 2019年の大晦日には、マネル・ケイプに残念ながら負けてしまいましたが、今後もRIZINの主役の一人である事は間違いありません。 弟の海さんを格闘技に誘ったのも、兄の未来さんのようです。 今の海さんの活躍を見ると、格闘技に誘ったのはファインプレーだったとしかいいようがありません。 朝倉未来の中学と高校 朝倉未来さんは、愛知県の豊橋市立高豊中学校出身のようです。 中学時代は、先輩に敬語を使わなかった事から、ケンカが勃発し、全て蹴散らしていたようです。 豊橋市は治安が悪い町として有名だったようで、学校以外でもケンカばかりしていたようです。 高校には入学していますが、中退しています。 どこの高校かは調べてもわかりませんでした。 高校入学後すぐに、バイクの暴走行為で、少年院に一年半収監されていたようです。 高校中退はそれが理由だと思われます。 しかし、とんでもなく悪い! ヤンキーというか、喧嘩師ですね(笑) 朝倉未来の格闘家としての経歴 小学生時代から空手と相撲を習っていた朝倉未来さん。 本格的に格闘技を始めたのは、18歳の時に仲の良い先輩から「喧嘩ばかりしていないで格闘技してみたら?」と誘われた事がきっかけのようです。 その言葉で、地元にある禅道会豊橋道場へ入門し、本格的に格闘技を習い始めます。 20歳の時に総合格闘技団体・DEEP(ディープ)に参戦。 さらに、アマチュアとセミプロの総合格闘技団体であるOUTSIDER(アウトサイダー)にも参戦して、2階級制覇を達成します。 2018年から総合格闘技大会「RIZIN」に参戦し、現在まで6連勝中です。 朝倉未来は結婚していた 朝倉未来さんは結婚してる事がわかりました。 結婚がわかったのは、朝倉未来選手が所属していたTHE OUTSIDER ジ・アウトサイダー)の創設者である前田日明さんの一言でした。 みくる結婚おめでとう。 私は口下手なので素直に面と向かって言えないけど、マジおめでとう 岡本拓馬さんは、朝倉未来さんのYoutubeチャンネルでカメラマン兼演者を担当している「たくま」さんです。 このフェイスブック投稿は、2012年9月に投稿されたものなので、朝倉さんが20歳の時に結婚していたという事がわかりました。 女性ファンにとってはショックかもしれませんが、事実のようです。 朝倉未来が離婚で新恋人!? 2020年1月に、朝倉未来さんとグラドルの小倉優香さんが真剣交際をしているニュースが報道されました。 私は朝倉未来選手に対して畏敬の念を抱いていた。 女性よりも孤独を愛する一匹狼だと思っていたのだ。 しかし彼はグラビアアイドル小倉優香さんという、セクシー&キュートな恋人がいたのだ。 彼は童貞をコケにしている。 私は、そして童貞は、この先一体どれだけコケにされ続ければ許されるのか。 — 冬の私 unoPwE7FhCfREWc 結婚してるのに真剣交際!? どうなってるのかわからなくなりました。 不倫なんでしょうか? 奥さんとは離婚したんでしょうか? 不倫だとしたら、小倉優香と不倫と報道されるはずです。 報道陣もしっかり調べて記事にするはずですからね。 という事は、離婚していたという事になります。 まとめとしては、朝倉未来さんは奥さんと離婚している可能性が高いです。 朝倉未来のジムはどこ?トレーナー? 朝倉未来さんの所属ジムは、赤坂にある「トライフォース赤坂」です。 トライフォース赤坂は、ブラジリアン柔術とキックボクシングを教えるジムで、総合格闘技家や一般の方も所属しています。 朝倉さんはこのジムで、格闘家として練習を行うだけでなく、インストラクターとして一般の指導も行っています。 弟の朝倉海さんも所属していて、インストラクターとして指導もしているようです。 朝倉未来のブランドはある? おしゃれに興味があり「自分のブランドを立ち上げたい」と語っている朝倉未来さん。 近いうちに立ち上がる可能性もありますが、現在は朝倉さんのブランドはありません。 朝倉さんはどこのブランドが好みなのか、いくつかピックアップしてみました。 SY32 最も気に入っていると思われるブランドが「SY32」です。 ご自身のYoutubeチャンネルでも、ショッピングに訪れる動画を公開していました。 イタリアのブランドだけあっておしゃれ。 値段が高くないので助かります。 BANDEL バンデルは、着用すると運動能力・バランス能力・回復力・集中力が上がると話題のブランドです。 スポーツウェアやネックレス、ブレスレットなどを開発しています。 那須川天心選手や亀田興毅さんも愛用しています。 スポーツウェアに見えないくらいおしゃれですよね。 サングラスはRay-Ban 朝倉未来選手のかけているサングラスはレイバンで、トレードマークになっています。 レイバンは芸能人のファンも多く人気があります。 ・木村拓哉 ・ATUSHI(EXILE) ・中田英寿 ・降谷建志 ・デビッド・ベッカム かっこいい男ばかり。 これは真似するしか。 まとめ 朝倉未来さんは、朝倉兄弟の兄で総合格闘家です。 18歳で格闘技を始めるまでは、路上でケンカに明け暮れていた不良でした。 DEEP、アウトサイダー、RIZINと主戦場を移しながらも、圧倒的強さを誇っています。 実は結婚していたようですが、小倉優香さんとの真剣交際が発覚した事で、離婚している可能性が高いです。 私生活にはまだまだ謎が残っています。 朝倉未来さんの今後の活躍に期待しましょう。

次の

アウトサイダー vs 敗戦 2019年11月25日試合結果

アウトサイダー 拓馬 試合

ああいう選手からキッチリタップを奪い取るにはもっと相手の気持ちを折るような気迫が必要やなと思いました。 まぁキッチリ取りきれないのも俺らしいんかなと思いますが(笑)、永遠の課題として極めれる選手になれるようにそこも追い求めて行きたいと思います。 ・・・・・ やっぱ名古屋か大阪で試合するのが一番良いですね。 東京の風は冷た過ぎます…(笑) とにかく今回連勝中の相手にしっかり勝てたことで今のDEEPバンタム級の上位でも通用する事を証明出来たと思います。 僕が最初に志したDEEPバンタム級のベルト、取りに行くんは今からでも遅くないはず。 負けたぁ。。 悔しい。。 本当に情けない。 高橋選手はいい選手でした。 良くも悪くも派手な試合の出来る獅庵がこんな試合をしてたらダメだな。 いつも応援してくれる皆さん。 本当にすみません。 応援ありがとうございました。 でも今日はどうしても勝ちたかったし、今日勝つにはとにかく前出るのが最善だと思ったんだよな。。 ・ MMAPLANET.

次の

朝倉未来結婚で子供は?ユーチューブ登録数と収入も気になる!

アウトサイダー 拓馬 試合

リモートマッチをオンライン観戦 2月末以来のシーズン再開、ということで まるで1年で2回目のシーズンインを迎えたように、ガラっとフォーメーションも変わった我が軍。 私Sは裏強化部員Fを招集し、互いの家でをつけてのオンラインで観戦。 思えばここ3週間ほど、週末を共にしている。 そろそろ彼の嫁氏に を出されてもなんら不思議ではない。 さて、飛車角落ちと言えるGKスウォヴィク&DFシマオの不在がどうなるか、帰ってきた西村がどれくらいのコンディションになっているか、いろいろ着目点はありまして。 アンカーを置く4-3-3、プレスはどんどんかけるのだろう。 まあ、 降格無いし点取られても大丈夫か、その分取ってほしいなと考えておりましたが、結果は まさかのロースコア。 1-0で勝利しました。 雑感 18歳のGK先発って、リーグ全体でも珍しいんじゃねぇかとは、 試合後のから合流したKさん談。 GKで ヤンゲストな小畑くん、軽やかでハツラツでしたな。 正直致命的なピンチはそれほど無かったですが、 堂々のプレーぶりでした。 試合後のインタビューも中途半端なベテランなんかより しっかりと話していて、ある意味 「これが若さか…」と、Fさんともども敬服しておりました。 シマオの代わりに入った地元出身・吉野も、安定したプレーを披露。 やっぱり 時折アリバイディフェンスを見せる隣の相棒を上手にサポートしておりました。 前に強いシマオとはまた異なる特徴で頑張ってくれましたな。 気がついたら手薄になっていた左に入った石原選手は、まずまずかなと。 運動量あるし、前にいくチームスタイルならでもいけそうな感じがしてきました。 試合前、左サイドを心配していたNくんからも「大丈夫」と 安堵のメッセージを受信。 本職はCBだという柳選手も含め、切磋琢磨して頑張ってほしいですな…あれ、そういや 本職の選手はいずこに。。 で解説を務めていた氏から、 なんとなくねっとりとベタぼめされてた椎橋選手。 中盤でスペース空くシーンは多々ありましたが、おおかた上手に対処してコンしておりましたな。 確かに良かった。 運動量豊富な関口はこのフォーメーションのキーマンとも言えますな。 走りまくって支えてましたよ。 ここは道渕とターンオーバーでうまく回していきたいところ。 西村は、 この記事どおりですな。 まだ 迷いがある様子。 ただ、チーム随一の修正能力と 熱量で早いうちにフィットしてくるんじゃないかなと。 まあ、。 今日も通常運転、献身的なチェイシングを見せる長沢は利いてましたな。 交代で出てきたゲデスは落ち着いたプレーと足元上手なところでワクワク、こちらも若さで積極的に仕掛けていった山田選手、 独特のリズムと世界を持つ赤崎選手と、FW登録選手フル活用も5人交代OKの成せるワザか。 アリバイのように出てきた飯尾選手と中原選手は置いておいて、Fと話題で持ちきりだったのはなんといっても ジャーメイン良選手。 開幕名古屋戦を観に行っていた裏強化部Nくんの お嫁さんが辛口評価を残すなど、 なかなかどうしてな彼。 しかし、 不器用なりに行動を起こせば何かを起こすのもこの男。 タテに仕掛け、利き足でない右足から上げたクロスは、 あら不思議ゴールに吸い込まれたとさ。 なんということでしょう。 結局この1点で勝利と。 普段シュートが明後日の方向に飛んでいようが、 1点は1点。 うむ、その通りである。 FWたるもの、前に仕掛けず 何をか言わんやだ。 相手の監督氏、「 湘南の風は理解しているのですが…」と嘆き節。 湘南の風は よろしくノリの良い方に味方するのでありましょう。 本日は18時キックオフ さて、そんな湘南戦から中2日。 早くも本日は試合です。 開幕当初か、いつぞやのJ2の時くらいに 試合が詰め込まれております。 のホームは、なんと 18時キックオフ。 そうか、「リモートマッチ」とは、 リモートワーク推進マッチのことだったのか…。 早く仕事を切り上げてプライベートを楽しむ 、そして試合後に仕事を再開する。 これもまた、今ならではの新しいとやらですなあ。 さあ、 興梠選手は今日も決めてくれるのか。 匠選手は試合に絡むのか。 17:59まで仕事して、すぐに私もキックオフ! 【追記】スタメン! GK小畑、DF右から飯尾・吉野・・柳、MFアンカー椎橋・右から浜崎・関口、FWゲデス・赤崎・山田 ベンチ:GK関、DF真瀬・タウィア、MF佐々木、FW西村・ジャーメイン・長沢 おお、ザ・ターンオーバー。 蜂須賀・平岡・石原・松下・中原が今回メンバーから外れました。 しかしまあ、もう 特別指定2名がベンチ入りと。 来季訪れるであろう 厳しい残留レースに早くも目を向けているあたり、 好感が持てます。 FWは前節からまるっと入れ替え、あまりチャンスがつくれなかった前節からチャレンジしようとする姿勢が見えますな。 アピールチャンス! そして、飯尾選手・浜崎選手がスタメン。 右という触れ込みだった浜崎選手はなんとでの起用。 これはNくんの感想をいただなかれば。 なんだかハチャメチャが押し寄せそうなゲーム、 たのしみたのしみ。 vegaltaunder なんなら強制 コロナ氏の影響ですっかりオフが長くなったも 本日、いよいよ再開ですなあ。 私めはもともとほぼ在宅仕事だったので、ほぼ何も変わらない生活を送っていました。 まあ、フットサルができないとか、友達と会えないとかはありましたが。 仕事に追われ、夜な夜なおつとめ品を食す 実録・は本年も安定運用です。 の一環 さて 「リモートマッチ」と、 誰の目線かいまいち分からんネーミングのですが、やはり 楽しみは楽しみ。 全国レベルではさっぱり注目されないカードですが、その中でも リーグの休止期間に合わせて休止した拙ブログでは全く触れなかった 西村が本当に楽しみですなあ。 西村、匠、そして復調気配だという椎橋と、 急に若さあふれてきたチームが現時点でどこまでやれるか注目です。 しかしまあ、長沢やゲデスがケガ治ったと思ったら、今度はスウォヴィクとシマオが離脱と。 いやホント降格が無いからまだいいけど、 あったら大変な事態でした。 GKはなんと ユース上がりの小畑が起用されるかもと報じられているようで。 ドモホルンリンクルもびっくりのっぷり、さてどうなることやら。 乱太郎よろしく ルヴァン浦和戦でKさんがリポートしていたとおり、まさに 是非に及ばずといった出来のチーム、開幕・名古屋戦は私とFさんがで観戦しましたが、 まあ時間かかるわと 残留への想いを新たにしたところでした。 しかしながら、今年は降格無し。 フォーメーションも木山氏が本来やりたかったであろう 4-3-3(4-1-2-3の形)になるとのことで、もはや 100%勇気の世界。 もうやり切るしかないさ。 スタメン GK小畑・DF左から石原・吉野・平岡・蜂須賀、MFアンカー椎橋・左から関口・松下、FW左から西村・長沢・ジャメと。 ベンチは、GK関、DF飯尾・、MF中原、FW赤崎・ゲデス・山田と。 ゲデスはベンチスタートですな。 匠がおらず効果は減少。 さんもしかめ面でしょう。 そして、伏兵・飯尾がベンチ入りです。 結構前に飯尾のプレーを見たNくん、 渋い表情をしていましたなあ。 あと、拙が に落書きしたフォーメーション予想で最後まで忘れていた中原くんもベンチに入りました。 共に、出場したらぜひ頑張ってほしいですな! 本日、19時キックオフ!! vegaltaunder 裏強化部もひっそり更新 巷をにぎわす コロナ氏の影響で開幕早々 オフよろしくな雰囲気。 そんな中、我が軍の広報部隊が プチハッスル。 本気でファン増やしたいならね (あえてサポーターとは言わない)。 まあ、常時これをやってしまうと 割を食う人たちがいるわけなので、 あんまり言わないでおきますが。 その辺り、 そろそろ上手くやってくださいな。 あの手この手 さて、開幕名古屋戦は裏強化部員3名(常勤2名・非常勤1名)が 出勤しました。 ですが、振り返りは またあとで。 嗚呼、夏休みの小学生メンタリスト。 マスク姿の面々が多い中、試合の方は そこそこにお寒い内容。 チームを長く追っていれば 「まあ、こんなところでしょう」と言えるくらいのレベルです。 初見さんには、ちとつらみ。 長い間かけてポジショナルなを仕込んでいた渡邉時代からは、またひとつ 趣の異なるハイラインな。 完成までにはほど遠いですな。 まあ、 そりゃそうなので。 焦りも落胆も皆無です。 とは言え、 パラ選手がまだ馴染めず(たぶんプレースピードなのかな?ちょいちょい見てると技術はありそう)、強化部員Nくんが 辛抱強く推している常田選手も ムムムな感じ。 なんと 来季のルーキー第1号加入決定、そして今シーズンのとしての合流も決定。 時代は、DF杉岡(鹿島)MF原()MF金子(湘南)など、 後の日本代表含むJリーガーたちと同学年としてプレー。 MF梁(現・)・DF二見(現・長崎)・MF松下佳貴選手の出身でもあるに進学した後は、 J注目のに成長と。 待ってますぜ。 ちなみに2番が真瀬くん。 を迎える時には 世界で活躍していてねという、 昨今の新卒のマインドを理解した効果的なラブコールに押され、真瀬くんは加入を決意したそうな。 まあ、世界かどうかはともかく、大卒入団後活躍して 鹿島で 活躍頑張っている永戸選手みたいにステップアップした例もある訳なので、 ぜひとも成長して世界に羽ばたいてほしい。 35 そう言えば、2種登録されていた 2名のユースっ子をご紹介。 彼らと真瀬くんを含め、現在チームには 35名ものメンバーが。 いつぶりだろう、こんなに選手がいるのは。 クエンカ・ゲデス・長沢とケガ人続出の攻撃陣は予期せぬ離脱ですからの、山田くんの緊急補強は理解できる(そう言えばゲデスは一部合流したようですな)。 しかし、柳&真瀬くんとを 矢継ぎ早に補強したところを見ると、どうもねえ…。 今オフには、パラと浜崎を獲っているわけで。 昨年活躍したとは言えない&ケガを抱えている飯尾選手はまあうーん…として、常田の左起用も 現時点ではいまいち。 柳も本来はCBか右サイド、常田は本来CB、浜崎・飯尾は右サイド(ハチは左右両方できるけど、右固定のような)だし。 ちなみに真瀬くんは右サイドが主戦。 今期は来期入団に向けたリハーサル的な登録と考え、戦力とカウントしないとしてもちょっと チグハグ(でも木山監督は 大学生大好きではある)。 ケガやフィットしない選手がいればすぐ手当てを!…と、 めざましい行動を起こしている表強化部。 裏強化部もビックリの 例年にない迅速な動きがみられますな。 シーズン入りのタイミングで あの手この手を使って動くのは、ここ数年無かった。 それ位、今年は勝負にこだわっている。 何を言いたいか。 個人的には、今シーズンは内々で 明確なノルマが課せられていると思うんですよね。 例えば、 順位によってスポンサーの金額が変わる(そしてその金額幅が大きい)とか。 それか、監督就任の条件として リクトがあれば迅速な選手補強を行なえると約束されているとか(まあ、良いことです)。 もろもろ工夫して補強しているけど… お金は大丈夫なのだろうか。 コロナ氏によるよもやの試合延期も今後どう影響するかという感じだしねえ。 しかしJ1・J2は、3期以上赤字でも 特例でライセンスが認定されるレギュレーションに変わっていました…(しかも 結構前に)。 投資を促すために、こうした攻めのレギュレーションとなったようです。 そんな流れのもと、確か2018年位に持ち上がっていた増資の話も地味に進んでいるはずなので、 3期連続の赤字になろうが直ぐのライセンス剥奪はありません。 もっとも年俸5億円の選手でもいれば、話は別ですが。 間違いまして、ごめんなさい。 …とは言え、言いたいことは やっぱりあるんですが。 まんずこの話は、改めて。 いずれにせよ、 何かが動いているのではないかな。 気がつけば 妙にボリュームが多くなりましたな。 やはり、夜に エモい文章を書くものではない。 さて次回は、 「不敗神話は惜しみなく~・名古屋戦~」 「2級取得のが語る・ここがヘンだよ漁信基ビル」 「裏強化部決起集会開催!2020年シーズン大予想」 のいずれかをお送りする予定です! おったっのしみにー!! vegaltaunder 開幕3日前によもやのテコ入れ 「ハイライン修正セヨ」と囁いた裏強化部007のレポート記事をアップした側から、矢継ぎ早に選手獲得の報せが舞い込みました。 昨年は、で加入したお隣さんで28試合2得点と活躍。 185㎝と大柄ながら、3-4-3の右として活躍しておりましたな。 しかし手当てが早い。 そりゃ怪我人多発だから、そうなんだろうけど。 それにしても早い。 どんなさんが(省略) 私は件の浦和戦はハイライトでしか観てないので、何とも言えませんが…先日シマオ選手とのコンビで という 至芸を見せたパラ選手もまだフィットし切れずに、 人材不足と囁かれる左SBに蜂須賀選手をコンバートして右SBで使うのか。 それとも、 裏のスペースを使われまくったハイライン戦術を体現するために、平岡選手のところで使うのか。 はたまた、 3バックへの布石か。 どう使うかが楽しみですな。 ちなみに、よく 前所属チームの選手を引き連れてくる木山監督なのですが、意外にも我が軍には初のチルドレン加入となりましたの。 では、 仕事がヤバいのでまた。 vegaltaunder 裏強化部の007登場 どーもご無沙汰、 Kでございます。 Sさん同様に 生きておりました。 音信不通にしていた数年間で身辺に色々と変化がありまして、今は 花の都・大東京に染まった日々でございます (イエッタイガー)。 さて、さて、、さてさてさて、、、。 試合数日前に 裏強化部メンバーと会合を持ち、すっかりモチベ (というかノリ)が上がり。 日曜日の朝にフラっと思い立って、我が軍は 歴史上一度も勝ったことのない地獄へと、塩試合を観に 揚々と乗り込んだワケですわ。 【ネガ】• 総じて低い選手のコンデイション• の組み合わせ• ハイラインと相性の悪いディフェンス陣 取り分け気になったのは 3だね、選手の ストロングポイントを消している感じがする。 【ポジ】• ピッチで迷子状態から突然2ゴールの渉(シュートは上手かった)• 成長の兆しが見えた2トップ(ハードワーク乙) 特に匠のオフ・ザ・ボールでの貢献度が、以前とは 段違いに質が上がっていたのが印象的。 ジャメも苦手な足元でのプレーを ガムシャラにやろうというのが見れたので良き。 《雑感》 とにかく離脱者が多く、 トグの強度が上げられないんだろうなというのは容易に想像できる出来だったよね。 フィジカルはもちろん、戦術の共通理解や選手間のクセの把握が皆無で、もう 戦術が云々というフェーズまで辿り着けておりません。 形も配置も 思い描いていたものと全く違うものを選択せざるを得ない状況で、良くやったなと。 個サルで初めてチームを組みましたって感じ。 故に、 この一戦の結果で今年のを語ることは到底できないよね。 しかし、早くもではネガりちらす輩が散見され、 正直言って浅いなぁと思います (超上から目線) リーグ開幕に向けて 個人的な予想では、 4月までは一つも勝てないと思います。 まず、離脱者が多すぎる。 そして、ハイラインの修正も必要かな。 そこをチームが乗り越えて、 サポーターが我慢すればノビシロはあると見ます。 苦戦しながらも、 新しいチームの成長を見守る1年になるのでは。 そう、このブログの読者はお解りと思います。 今年の(も)チームの目標は 『残留 』です。 そこんトコよろしく。 それでは、また気が向いたら登場します。 その時まで…アディオス!! vegaltaunder 夢のまた夢 さて、年始から悪夢のような繁忙が続いておるSでございます。 繁忙が通常になれば、それは繁忙じゃなくなるのか… の的転回を図る危険思想に陥るくらいの、 嗚呼我がメンタリティ。 大丈夫です。 の新作見るくらいの余裕はあります。 さて、前回の記事では夢リストを作成しましたが、結果はだいぶ夢のまた夢でした。 坂元さん、 でがんばったってや…。 しかし!そこは女性サポーターも多いとされるさん、 立ち回りはうまい。 長沢・ゲデスと離脱が続く我が軍のFW陣に、 ニューカマーを送り込んできたではありませんか…。 山田くんは間もなく20歳を迎える ヤン。 を主戦場として、昨年後半からはからに移籍したFW鈴木の のごとくでプレーしました。 J1経験もリーグ・戦ともにあり(戦では得点も)、も2試合経験済みと、将来を渇望されておるストラーです。 さて、時間も無いので「山田寛人」で ググった動画をベタ貼りしますゆえ。 落ち着いてシュートを狙いに行くプレーが特徴だと パッと見て思いました。 若者らしく思い切りもある。 あ、ちなみに彼は 2017年FIFAU-17ワールドカップの日本代表です。 でもいいですな、今年はの新人もいなかったので、よそ様の選手とは言え、 妙齢の私もフレッシュな気持ちになります。 経営にはもの申す 割と その辺りは期待されているのではないかと 勝手に思っておりますが、だいぶ 言いたいことがあるんだよという感じですので、そこは 別の記事で延々と述べたいと思います。 まあ最近気になったのは、このニュース。 ジョン・ピアースとかのスーツブランドじゃないですよ。 Webを主戦場にする会社です。 実は私、多少 そっち系の仕事してるんですが、出身のマーケターと言えば割と重宝される人材なのですよ。 どっから繋がったんだか。 しかも、 出資してるそうで…。 名ばかり提携が多いと風評のある我が軍ですが、同社は ちゃんとやってくれるのではないかと 淡く柔く期待しております。 ちゃんとやろうとして、漁信基さんの中の人が「こんの東京もんが!」と反発しないか、一抹の不安はありますが (風評)。 「マーケに頼り切れ!」というのは アレな人ですが、スポーツビジネスにマーケ視点は必要です。 と、言う訳でその辺りも今年は注視したいと思います。 では、次回の 経営与太話で会いましょう!! vegaltaunder お年玉くらはい 年末年始と飲み続けて むしろ仕事以上に困憊のSです。 今年は アクティブに行きます。 あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 さて、年明け最初のニュースは既報通り。 そして、 永戸さん 鹿島へ。 振り返れば、今オフは出ていく選手の話にあまり触れておりませんでしたな。 そこはまた改めて記事をアップするとしよう。 では苦戦、 メルカリの資本が入り捲土重来を期す変革期の鹿島で活躍してほしいものです。 そして 代表に入ってほしいですな。 そうなれば、武藤・シュミットに続くわけで。 意外と慧眼なスカウト陣の評価もしっかりと上がることでしょう。 遅きに失した思い出も添えて さあ、 メディア界を代表するの拙文乱文をお待ちかねのみなさま、いよいよ裏強化部補強リストの 本邦初公開でございます。 だがしかし。 とうにも後半戦。 もはやのばりに何の意味も成さない与太話でございますが、そこは 許してちょんまげ。 俺がやる!と息巻いておりましたが、監督就任会見で木山氏は「4バックを継続して~」と フレキシブルな構想を表明。 さすが 最年少監督として叩き上げてきたリアリスト。 ここ数年の渡邉氏の 頑なな哲学に毒されていたことを実感し、恥じるSさん。 すっかり弱気になりKさんに 愚痴る意見を問うと「4バック発言はブラフだと思っている」と 頼もしい一言。 さすがに彼も 長く見ている。 でも、そうなのですよ。 契約更新&補強の状況を鑑みるに、どうも4バック構想は無理があるとも言える。 「カタログスペックなら、常田は最高の左になり得ます!」と 本人も半笑いで話す裏強化部随一のイケメンNくんの 妙案がハマれば面白いのか。 石原崇もやれそうだけど、もっと前で見たいなあ。 …新外国人さん来るんでしょうね。 てなわけで、12月中旬にはあらかたでき上がっていたリスト(五十音順)はこちら。 実は、つながりの深い鹿島・川崎に在籍、木山さんがいた筑波大卒と来る要素満載でした。 あとは「柏方面に気をつけろ」と謎のメッセージを残したKさんの予想がどうなるか。 工藤・矢野・山崎はまだ去就が決まっておりません。 個人的には、木山さんの教え子がそろそろ来るのでは?と考え、阪野・井出・坂元をリストアップ。 私の初夢は坂元です。 強化指定を経て2019年に加入した山形、まだ1年目なので難しいかもしれませんが。 今年の山形攻撃陣の中心として活躍した選手です。 縦に仕掛けられるプレイヤーは木山の生命線。 来たらいいのになあ。 まあ、ゲデス加入濃厚ということで、吉尾・ハモンのどちらかが残れば、ここのポジションは打ち止めかもしれませんのう。 匠も帰ってきたし、 に大した興味のないサッカー仲間とでも話題になるイサック選手もいるし。 蜂須賀の左コンバートも想定して右サイドの選手もリストアップしました。 が、やはりハチは右サイドで使った方いいかなとも思ったり。 それとも、左・蜂須賀&右・浜崎とかにするのか…いずれにせよ層が薄い。 ブラジル人さん早よ。 しかし、 みんないなくなった。 松下がフィットして良い感じにはなりましたがね、 片割れをどうするか裏強化部一同頭を抱えています。 ただ、新加入の吉野はもできるので、少なくとも今オフは動きないかなあ。 夏くらいに 野津田選手加入のお知らせを待望しております。 は、ひと目ではなんだか分かりづらい 山形の熊本選手でも来るかなあと思っていましたが、まあ契約更新と。 もうここは動きないでしょう。 それでは、IN&OUT・去就未定メンバーをおさらい。 さあ、三が日も終わればぼちぼち動き出すであろう後半から、目を離すな! vegaltaunder.

次の