エクセル 端数切り上げ。 【給与計算】端数処理はここに注意!「原則」と「例外」から徹底解説します!

Excel(エクセル)計算結果の切上げ ROUNDUP関数、切捨て ROUNDDOWN 関数の使い方

エクセル 端数切り上げ

見たい場所へジャンプ!• 【Excel関数】切り捨て、切り上げ等の面倒な労働時間、残業時間をCEILING関数で計算する方法 CEILING関数を使って時間を切り上げる 出勤時間の切り上げを設定します。 出勤時間は『9:00』で、こちらも15分刻みで時間を管理しているので、8時45分以内は9時スタートとして切り上げます。 このような15分刻みの切り上げを行うのに最適な関数はCEILING関数になります。 CEILING シージング 関数とは? 基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げる関数です。 CEILING シージング 関数の使い方 セルB4では出勤時間が『8:55』になっています。 しかし、勤務時間の開始時間は『9:00』になります。 必ず『9:00』スタートで計算していきたいので、15分刻みで出勤しているものを『9:00』スタートで計算させるような(繰り上げて計算させる)時に便利な関数がCEILING関数です。 式は以下のようになります。 【Excel関数】FLOOR フロアー)関数を使って切り捨てる 次は退勤時間の切り捨てを設定します。 定時は『18:00』で、こちらも15分刻みで残業時間をつけているので、18時15分以内の残業はカットになります。 このような15分刻みの切り捨てを行うのに最適な関数はFLOOR関数になります。 FLOOR フロアー)関数とは? 基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り捨てる関数です。 FLOOR フロアー)関数の使い方 セルC4では退勤時間は『18:01』になっています。 しかし、残業時間のカウントは15分刻みなので、『18:15』からになります。 必ず『18:15』スタートで計算していきたいので、15分刻みで残業しているものを『18:15』スタートで計算させるような(切り捨てて計算させる)時に便利な関数がFLOOR関数です。 式は以下のようになります。 【Excel関数】MAX(マックス)関数を使って残業時間を計算する 先ほどの表に遅刻(早退)時間の計算も付け足してみました。 遅刻(早退)時間も計算してみましょう! MAX(マックス)関数とは? 数値の最大値を求める関数です。 では、実際に使ってみましょう! MAX(マックス)関数の使い方 MAX関数を使って残業時間を計算します。 セルF4では残業はゼロなので『0』を表示し、F5では30分残業をしているので、『0:30』と表示するようにします。 定時のセルは固定でいいので、絶対参照『$』が付きます。 絶対参照は『I3』の上で『F4』キーを1回押します。 遅刻(早退)時間を計算するには、残業時間の計算と同じようにしてMAX関数で計算します。 残業時間計と遅刻(早退)時間計の計算の仕方 残業時間計と遅刻(早退)時間計の計算は総計でいいので、SUM関数を使います。 残業時間計は以下の通りになります。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

【エクセル時短】意外と知らない「数値の丸め」。基本のROUND系関数をマスターする!

エクセル 端数切り上げ

1、ROUNDUP 関数で切上げ処理 まず、端数の切上げ処理をするROUNDUP関数について説明します。 ---------------------------------------------------------------- *もっとも、売上高よりも売上原価が著しく大きいというケースは現実にはなかなかありません。 上のケースはあくまで関数の説明用ということでご理解下さい。 2、ROUNDDOWN 関数で切捨て処理 次に、端数の切捨て処理をするROUNDDOWN関数について説明します。 *なお、桁数が0の場合(小数点以下を切り捨てて、整数値を表示させる場合)はINT関数を使うこともできます。 ROUNDDOWN について、代表して桁数が正の値の場合のみを以下で説明します。 税金の計算の端数処理などで切捨てをする場合が多いので。 このROUNDDOWN関数を使うと、計算結果を見た目上切り捨てるのではなく計算結果そのものを切り捨てます(ROUNDUPも同じ)。 ROUNDDOWN関数を用いた計算結果を使ってさらに計算を行う場合、一度切り捨てられた値が用いられることとなります。 するとこの計算式における E11 の値は既に0. 88と小数点以下第3位で切り捨てられた値が使用されます。 3、まとめ これらの関数は ROUND 関数と一緒に使えるようにしておくと便利です。 また、ROUND 関数とROUNDDOWN 関数は四則演算と合わせて使えば、かなり複雑な計算を行うこともでき、会社の経理や会計事務所の仕事に役に立ちます。 ・執筆担当サイト: 静岡県三島市のに勤務する税理士です。 1978年5月生まれの 42歳。 中小法人、個人(事業主・一般の個人)を税務・会計の面でサポートさせて頂いております。 地方の会計事務所勤務で、現状 建設業、製造業、旅館業など雑多な業種の対応を経験しております。 また、元エンジニアという職歴を活かし、ITを使った業務効率化(Excel、VBA などのプログラミング)についてのサポートもさせて頂いております。 日々、ブログで税務・会計とIT を使った業務効率化について情報提供致します(ブログは最大で月間 11万PV 達成)。 —————————— kindle電子書籍を出版しました。 —————————— Twitter フォローボタン: Feedly フォローボタン: Facebookページ: *いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

次の

切り捨てしたい・切り上げしたい−ROUNDDOWN関数・ROUNDUP関数:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/数学

エクセル 端数切り上げ

見たい場所へジャンプ!• 【Excel関数】切り捨て、切り上げ等の面倒な労働時間、残業時間をCEILING関数で計算する方法 CEILING関数を使って時間を切り上げる 出勤時間の切り上げを設定します。 出勤時間は『9:00』で、こちらも15分刻みで時間を管理しているので、8時45分以内は9時スタートとして切り上げます。 このような15分刻みの切り上げを行うのに最適な関数はCEILING関数になります。 CEILING シージング 関数とは? 基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げる関数です。 CEILING シージング 関数の使い方 セルB4では出勤時間が『8:55』になっています。 しかし、勤務時間の開始時間は『9:00』になります。 必ず『9:00』スタートで計算していきたいので、15分刻みで出勤しているものを『9:00』スタートで計算させるような(繰り上げて計算させる)時に便利な関数がCEILING関数です。 式は以下のようになります。 【Excel関数】FLOOR フロアー)関数を使って切り捨てる 次は退勤時間の切り捨てを設定します。 定時は『18:00』で、こちらも15分刻みで残業時間をつけているので、18時15分以内の残業はカットになります。 このような15分刻みの切り捨てを行うのに最適な関数はFLOOR関数になります。 FLOOR フロアー)関数とは? 基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り捨てる関数です。 FLOOR フロアー)関数の使い方 セルC4では退勤時間は『18:01』になっています。 しかし、残業時間のカウントは15分刻みなので、『18:15』からになります。 必ず『18:15』スタートで計算していきたいので、15分刻みで残業しているものを『18:15』スタートで計算させるような(切り捨てて計算させる)時に便利な関数がFLOOR関数です。 式は以下のようになります。 【Excel関数】MAX(マックス)関数を使って残業時間を計算する 先ほどの表に遅刻(早退)時間の計算も付け足してみました。 遅刻(早退)時間も計算してみましょう! MAX(マックス)関数とは? 数値の最大値を求める関数です。 では、実際に使ってみましょう! MAX(マックス)関数の使い方 MAX関数を使って残業時間を計算します。 セルF4では残業はゼロなので『0』を表示し、F5では30分残業をしているので、『0:30』と表示するようにします。 定時のセルは固定でいいので、絶対参照『$』が付きます。 絶対参照は『I3』の上で『F4』キーを1回押します。 遅刻(早退)時間を計算するには、残業時間の計算と同じようにしてMAX関数で計算します。 残業時間計と遅刻(早退)時間計の計算の仕方 残業時間計と遅刻(早退)時間計の計算は総計でいいので、SUM関数を使います。 残業時間計は以下の通りになります。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の