年末の挨拶 会社。 年末の挨拶が関係構築のカギ!挨拶のタイミングとそのまま使えるテンプレート&例文を紹介!|ferret

年末の挨拶が関係構築のカギ!挨拶のタイミングとそのまま使えるテンプレート&例文を紹介!|ferret

年末の挨拶 会社

会社の懇親会で乾杯の挨拶を依頼された時、何を話そうかすぐに思い浮かびますか? 懇親会は仲間同士の親交を深めるだけではなく、情報交換の場でもありますよね。 他の部署の人達と話をすることができるので、新しい発見があったりします。 そんな懇親会ですが、乾杯の挨拶にルールやマナーはあるのでしょうか。 ここでは、会社で行われる懇親会の乾杯の挨拶についての文例をご紹介します。 乾杯の挨拶のルールやマナーは? 挨拶は手短に 乾杯の挨拶は、宴会開始の合図となります。 逆を言えば、乾杯が行われるまでは誰も食事に手を付けられません。 懇親会の目的は、親交を深めたり情報交換を行うことですよね。 だらだらと長い挨拶はせずに、1分以内を目安に収めましょう。 会の趣旨に触れる 会社の懇親会なので親交を深めたり、親睦を図ったり、情報交換を行うことが目的です。 それ以外にも目的がある場合は、簡単でもいいので触れるようにしましょう。 場が和むようなユーモアを入れて挨拶ができれば、部下の緊張もやわらぐでしょう。 但し、誰かを傷つけるような内容や言い方は好ましくありません。 また、挨拶を聞いている人が不快に思うような内容は避けましょう。 日頃の疲れを癒すべく、楽しい時間を共に過ごしましょう。 普段はあまり関わりのない部署の方とも話をする絶好の機会です。 おもしろい話などをしながらお互いの親睦を深めていきましょう。 それでは、乾杯の音頭を取らせて頂きます。 皆様グラスをお取になりまして、ご唱和をお願いいたします。 日頃の皆様一人一人のご助力の結果、こうして懇親会を開けることに深く感謝いたします。 我が課といたしましても、大きなプロジェクトに一区切りをつけることができました。 これからが本番です。 とは言え、今までの疲れを癒すべく本日は大いに飲んで楽しい時間を過ごしましょう。 それでは、乾杯を行いますので皆様ご唱和をお願いいたします。 誠に申し訳ありませんが、グラスを手にご起立をお願いいたします。 プロジェクトの成功と皆様のご健勝、ご活躍を祈念いたしまして、乾杯! まとめ 乾杯の挨拶をする時、どうしても緊張はしてしまうものです。 早口になったり、ボソボソと何を言っているのかわからないなんてこともあります。 ゆっくり話すことを心がけて、はっきりと発音するようにしましょう。 「乾杯!」が宴会開始の合図です。 楽しい時間を過ごせるように元気な乾杯の挨拶で宴会を盛り上げましょう!.

次の

年末年始の挨拶》挨拶状・書き方文例・例文・年賀状・英語英文・新年の挨拶

年末の挨拶 会社

12月は別名「師走」とも言われています。 師が走ると書くように、12月は1年の中でもとても忙しい月になっています。 忙しい理由は企業によって様々ですが、「仕事納めがあるので、仕事を年内中に片付けてしまいたい」というのが一般的な理由ではないかと言われています。 そんな中、忘れてはいけないのが「年末年始の挨拶回り」です。 12月中にお世話になった企業や取引先に挨拶回りをするのであれば、早めに粗品を用意しておく必要があります。 しかし、いざ粗品を決めるとなると迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 師走で忙しい相手の迷惑にならないようにするためにも、実用性があったりかさばらないようなものを用意したいですよね。 今回は年末年始の挨拶回りに最適な粗品を紹介していきます。 なぜ年末年始の挨拶回りが必要なのか 営業職に携わっている人の中には、12月は取引先やお世話になっている企業への挨拶回りで忙しくなるという人も多いでしょう。 挨拶回りは営業職についている人のほとんどが経験しますが、一方で「本当に年末の挨拶回りは必要なのか」「逆に生産性が低くなるのではないか」という意見もあります。 本当に挨拶回りは必要なのでしょうか。 企業の年末の挨拶回りには「一年の感謝を伝えて、今後の取引を円滑に進めていくためのもの」という意味合いがあります。 以前は年末だけでなく、年始にも挨拶回りをしていましたが、今では年末の挨拶にとどめている企業も多いです。 習慣やしきたりを大切にする企業では、挨拶回りに来ないというのは失礼だと思われてしまうこともあるので、挨拶回りの有無には注意するようにしましょう。 年末年始の挨拶におすすめの粗品 粗品の定番中の定番【カレンダー】 年末年始の挨拶回りの粗品の定番といえば、カレンダーです。 カレンダーの魅力は何と言っても需要の高さです。 年末が近づくと新しい年に向けて、次の年のカレンダーを用意しなくてはなりません。 そのため、カレンダーが最も必要になる季節になっています。 また、デザインが自由にできるのも魅力の1つです。 キャラクターのものから写真といったように、カレンダーのデザインにはたくさんのバリエーションがあります。 他と差をつけたい時におすすめ【アクリル万年カレンダー】 カレンダーは挨拶回りに配る粗品としては定番ですが、その一方で一番貰うであろう粗品になってしまうことも事実です。 企業によっては、使い切れないほどカレンダーをもらってしまい、処理に困ってしまうということも考えられます。 そこでおすすめなのが、「アクリル万年カレンダー」です。 アクリル万年カレンダーの魅力は何と言っても「デザインの独自性」です。 カレンダーの中でも普通のカレンダーとは違い、アクリ万年カレンダーはカレンダー全体にデザインを施すことができるので、粗品に企業の独自性を出すことができます。 また、万年カレンダーなので、他のカレンダーよりも長く使って貰うこともできます。 ビジネスの場でも大活躍【付箋・メモ帳】 付箋やメモ帳は、仕事中に目印をつけたいときやメモをしたい時に重宝するオフィスアイテムです。 粗品としても需要が高く、人気のアイテムとなっています。 付箋やメモ帳には様々な形状があるので、粗品として製作する時は好きなデザインやタイプのものを選べるという魅力があります。 また、メモ帳や付箋はかさばらないので、挨拶回りの際に、手間にならないというメリットもあります。 さらに、1個あたりの単価が安いので、メモ帳や付箋は粗品を大量に作る際、とてもお手頃なアイテムでもあります。 実用さNo. 1の粗品【タオル】 タオルもカレンダーと同様に粗品の定番として知られているアイテムです。 タオルは多すぎて困るということもないので、受け取る側の迷惑にもなりにくい粗品です。 粗品タオルの場合、多くがフェイスタオルサイズです。 タオルの下部や端に、会社名を印字して包装の際にのしをつけるというのが一般的な粗品タオルです。 他の粗品にくらべてデザインがとても簡単なので、時間がないときや、手早く粗品を作成したいときにはタオルがおすすめです。 仕事の中のメール確認も楽々【アクリルスマホスタンド】 アクリルスマホスタンドはアクリル素材で作られたスマホスタンドで、軽いのが特徴です。 スマホを立てておいておくことができるため、デスクワークをしながらでも携帯に入る電話やメールのチェックがすることができます。 そのため、利便性が高く粗品としてもオススメです。 また、定番の粗品ではなく、粗品に独自性を出したいときにもオススメです。 スマホスタンドは粗品としても意外性が高いアイテムの上、アクリルスマホスタンドは独自にデザインできるので、他と差をつけることのできる粗品です。 仕事でもそれ以外でも必需品【ボールペン】 ボールペンもカレンダーやタオルと同様に粗品として人気が高いアイテムです。 粗品としてのボールペンで最も重要なのが、「書きやすさ」と「機能」です。 もらったボールペンが滲みやすかったり、インクが出にくかったりすると使ってもらえず、捨てられてしまうこともありえます。 そのため、書きやすいかどうか、きちんと確かめてから製作するようにしましょう。 どれくらいの色が使えるようにするのか、シャーペン付きのボールペンにするのかによって値段や見た目、粗品としての価値が変わります。 単色だと使う場面が限られてしまいがちですが、2色以上のボールペンにすると使いやすさがアップします。 長くたくさん使ってもらえるためにも2色以上のボールペンにすると良いでしょう。 仕事帰りの安全を守る【リフレクターキーホルダー】 リフレクターキーホルダーは光を反射する素材を使ったキーホルダーです。 夜道で街灯の光や車の光を反射するので、実用的なキーホルダーになっています。 粗品としては珍しいですが、仕事帰りの安全を守ることができるので、使ってもらえる粗品の1つです。 デザインも好きなように決めることができるので、年末年始に合わせ、干支を象ったデザインにすると季節感が出る粗品になります。 挨拶回りをする際のルール 年末年始の挨拶回りをするときには気をつけなければいけないルールがいくつかあります。 まず、事前にアポイントメントを取る必要があるという事です。 12月では日々の業務がさらに忙しくなるため、挨拶先の企業にアポなしで伺うと迷惑に思われてしまったり、対応してもらえないといったことが発生してしまいます。 必ずアポを取ってから挨拶に伺うようにしましょう。 次に、手短に済ますということです。 商談ではなく挨拶が目的の来訪なので、長々と居座ってしまうと相手の業務に支障が起きてしまいます。 そのため、無礼にならない程度に簡単な挨拶や世間話を済ませて、忙しい相手の時間を取らないように心がけましょう。 まとめ 年末年始が迫る中、営業職の人の中には、取引先や関わりのある企業へ挨拶回りをしなければならないという人も多いでしょう。 そのなときに迷ってしまうのが、粗品です。 年末年始の粗品の定番といえば、カレンダーやタオル、ボールペンです。 しかし、特にカレンダーはどの企業でも用意する可能性があるので、粗品に独自性を出したいのであれば、アクリル万年カレンダーや付箋・メモ帳、アクリルスマホスタンドやリフレクターキーホルダーがおすすめです。 年末年始の挨拶回りで渡す粗品に迷っている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の

年末挨拶の正しい時期や言葉選び 【ビジネス(取引先)編】

年末の挨拶 会社

今年も残すところわずかとなりました。 最終営業日が近づくにつれて慌ただしくなり、つい後回しになりがちな、年末の挨拶。 中には「ご挨拶メール」を送付したいけれど、どのようなことを書けばいいかわからず、時間ばかり経っている方もいるかもしれません。 そこでこの記事では、何かと迷いがちな挨拶文の例文をいくつか紹介します。 合わせて、読んでもらいやすくなる「ご挨拶メール」のポイントや、年末の挨拶用に粗品を送る際などに添付できる手紙の例文も掲載。 これらを参考にして、クライアントの心に残る挨拶状を作成してみましょう。 年末の挨拶は、新年の仕事に繋がる可能性もあります。 年末作業だと思わず、相手の顔を思い浮かべながら丁寧に書いていくようにしましょう。 それだけで、伝わる内容が変わってくるはずです。 年末のご挨拶メールはいつ頃送る? まず、クライアントの年内最終営業日と、できれば担当者の予定をさりげなく伺っておいた方がいいでしょう。 担当者が有給を使い早目に休みをとっている場合もあります。 クライアントの最終営業日よりも数日前に送るようにしましょう。 もし事前にきいておくタイミングを逃したならば、2019年の場合は最終営業日を27日と考えておくと無難です。 年末のご挨拶メールの件名は? メールの件名欄はわかりやすい内容とします。 本文も伝えたいことを整理した上で、記していくことが大切です。 それでは例文を見ていきましょう。 年末のご挨拶メール例文(社外向け) まずは、一般的なご挨拶メール例文を紹介します。 手紙では「拝啓」「敬具」のビジネス文章が基本ですが、メールではあまり使われていません。 「拝啓」と時候の挨拶のかわりに「お世話になっております」が一般的です。 しかしそれでは味気ないと感じる場合は、「早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 」などの一文を加えると良いでしょう。 早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 〇〇様には1年間大変お世話になり、心より感謝しております。 なお、弊社の年内の営業は12月00日までとなり、新年は1月00日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 参考: 一般的なメール用挨拶文は「メール例文1」のような構成となります。 最初に「感謝」を告げ、「要件」を伝え「締めの言葉」で終わります。 年末の挨拶メールで気持ちを伝えたい場合は、「メール例文1」の「感謝」の部分を、しっかりと記し今後の展望にも触れると良いでしょう。 具体的には「メール例文2」のようになります。 〇〇様のご支援により、同プロジェクトは円滑に進めることができました。 来年は、さらにその内容を充実させていく所存ですので、より一層のご支援のほどよろしくお願いいたします。 なお、弊社の年末年始の休業期間は、下記の通りです。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 時節柄、ご多忙のこととは存じますが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 参考: 次に、もう少し堅めの印象の年末の挨拶メールを紹介します。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊社は、下記の期日を年末年始休業とさせていただきます。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 年末年始休業期間は何かとご迷惑をおかけいたしますが、 何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。 この例文を使う場合は、次の「社内向け年末のご挨拶メール 例文1」にもあるように「追伸」を加え、エピソードを交えながら感謝を伝える方法もあります。 来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、 ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。 本日の業務はまだ残っておりますが、取り急ぎ年末のご挨拶とさせていただきます。 それでは、良いお年をお過ごしください。 忘年会の際は、色々とありがとうございました。 ご提案いただいたお店は、とても雰囲気がよくプライベートでも、ぜひ使わせていただきます。 私にはちょっと分不相応かもしれませんが、ランチ時ならどうにかなりそうです……。 このように、社内の人間にあてるメールの場合は「追伸」の部分で、相手の気持ちを温かくするような言葉を加えると良いでしょう。 上司や先輩に対して褒めるフレーズを並べすぎると、逆に信頼をなくす恐れがあります。 ほどほどとし、感謝したいポイントを思い浮かべながら、あまり飾り過ぎない言葉でエピソードを入れたご挨拶メールとしましょう。 次はエピソード中心の挨拶メール例文を紹介します。 ありがとうございます。 来年はそうしたミスを減らしていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。 次は取引先に粗品と共に送る挨拶状の際に使える例文を紹介します。 手紙の場合は「拝啓」から始まる文章が基本です。 お歳暮を贈る際にも使えるので、フォーマットとして持っておくと便利です。 【番外編】挨拶状(手紙)を送る場合 拝啓 歳末の候、ますますご清栄とお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。 お陰様で弊社も無事に年の瀬を迎えることができました。 これもひとえに〇〇様のお力添えによるものと感謝しております。 来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。 敬具 参考: 挨拶は基本を抑え、相手を思い浮かべながら書こう 年末は繁忙期のため、ご挨拶メールのタイミングを逃しがちです。 忘れないようにしっかりと用意しておきましょう。 また件名は「年末のご挨拶」や「年末年始のお知らせ」などにして、他のメールに埋もれさせない工夫をすると読んでもらいやすくなります。 そして何よりも相手の顔を思い浮かべて、丁寧に気持ちを伝えていきましょう。 そうすれば受け取った相手も、きっと喜んでくれるはずです。 年始の挨拶の文例を見てみる.

次の