とんぼ 同窓会。 『ぴったんこカン・カン』で長渕剛さん伝説のドラマ「とんぼ」の同窓会開催!!

とんぼ33会(33回卒)

とんぼ 同窓会

平成16年3月満63才となり規定にて3月末日定年退官いたしました。 最後の退官組だそうです。 退官の折には同窓会から過分のご芳志をいただき、会員の皆様にこの場をお借りしてご報告し、お礼申し上げます。 私にとって定年退職は、60才ぐらいが良いかと思っていました。 後はその人の健康状態やライフスタイルにより、65才までを自由に選択出来ると良いと思っている。 もしかすると、定年退職などは無く全くの自由業に。 縁あって沼津高専に赴任して35年余、若い頃は長く、50の坂を越えるとある種の焦慮を感じますが。 昭和43年10月工業化学科1回生が3年生の後期に着任し、日本経済は右肩上がりの高度成長期へ入る頃。 私は大学院へ進み辛気臭い研究者になるよりは、高校の教員でライフワークを1つか2つ、ものにすれば良いと思っていた。 N大教授には神奈川県か静岡県東部の教職を希望し、院への進学はしない旨を話した。 しばらくして、教授から沼津高専を紹介され、念のため工業教員採用準備とY社内定をとった。 ところが数ヶ月ほどして、半年前倒しで物理化学実験半年、化学工学実験1年分の立ち上げを、特に化学工学は装置全て手作りで。 どうしたものかと相談してみたが、10年したら身の振り方を考える事にして、何とか成るだろうと承諾した。 今思うとずいぶん乱暴な話である。 下見に高専を訪れた時、住所と同じ大岡駅に降りたが学校には遠く、あっけにとられた夏の白い日差しを思い出す。 道は未舗装で車の後は土埃が舞い上がった。 学校の周りは雑木林と民家が畑の中にちらほら。 案内された4階建ての工業化学科はガランとしたコンクリートであった。 これはこれはと内心思った。 着任して1年半、技官D君と装置作りに明け暮れ、実験指導教官K先生の内地留学もあり悪戦苦闘した。 環境科学は学際的分野で何でも屋であった。 講義は後ほど環境化学を主に、安全工学、化学工学等に携わったが、タブーの時代からの環境科学から多くのことを学んだ。 人はたかだか500万年で環境を破壊し滅びることを覚えた。 人中が薬、創立期の優れた先達者に人間的魅力を感じ、教育について教えられた。 学生はモラルもしっかりしており、優秀な学生が多く、そうでない人にもいろいろ教えられた。 新幹線利用で東京も近く感じ、やりたいことは自由に、居心地が良く思いもかけず長居をした。 振り返れば無駄なことが多かったが、無駄も、人生には大切だと老子も言っている。 理性のある動物、人間はまことに好都合である。 何にだって理屈を付け、生きることが出来る。 当初の思惑とは違ったが、沼津高専に来たことはかなり良かったと思っている。 学生諸君にとって良かったかどうかは分からないが。 後任が決まらないので、退官後講義をすることになった。 差し当たり5年生きのびることが出来るか、健康状態を精密検査することにした。 一カ所、予約検査、診断と1ヶ月近くかり、年相応の結果を認識させられる。 秋から暮れにかけ体調不良を実感し、呼吸器と消化器を検査治療することになった。 柄にもなく薬の副作用を考慮し、消化器は講義終了後にした。 長丁場になりそうなので、桜前線を追い新緑を愉しみたく延期、粋な計らいに感謝。 山梨北信の桜、富山の古い民家、黒部渓谷の新緑を愛で覚悟を決めた。 副作用は食欲不振、味覚障害、体重激減、発熱、全身倦怠感、多痰、息切れ、動悸、肋骨痛、白髪脱毛、貧血、皮膚の赤色化、喉の渇きなどさまざま発症する。 1年2ヶ月ほど軽い抗ガン剤の経験をした。 経過観察5年、肩書きが付きこれで一人前の人間になった。 年をとっても立派に生きることはなかなか難しい、人生(死)をどのように考え対処、処理するか。 杉本健吉美術館にて「色即是空、空即是色」これにつきる。 生活が全てではあまりに寂しい。 積ん読本の埃を払い、気ままに読書し整理処分する。 今時本はがらくたで、資源ゴミの部類になってしまった。 新刊は極力買わないようにしているが、それでも月に1、2回、行きつけの本屋へ足を運ぶ。 古本屋へも時々行くが本の安いのには驚く。 買い求める本は1/3以下になった。 視力も体力も衰え自然の成り行きを受け入れるしかない。 油絵はともかく、水彩画を始めようと思った矢先、昨年暮れ春日井市在住絵の師を失い、今年春沼津在住知人の画家が亡くなった。 散文はまだメモ帳の段階であるが、肉体が許せば書きたいこと多々ある。 初夏から月に2回は旅に出かけることにした。 体調と相談しながら5月会津地方へ、見過ごしてしまいがちな町、土管の坂道常滑、蔵の町半田、大正時代の町並み明智、山あいの小さな城下町岩村、塩田平戦没画学生の「無言館」、夭逝の画家「信濃デッサン館」、京都高台寺方丈の能、クラシックコンサート、山下洋輔ニューヨークジャズ、群馬信州の紅葉、月2回はさすがに疲れが残る。 旅は人を生き生きとさせる。 新しい発見、自由な気持ち、好奇心をかき立て。 私は「遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん、遊ぶ子供の声聞けば、我が身さへこそ動がるれ」の気持ちである。 常日頃は、健康のため週3、4回だが近くの池の周りを散歩する。 春は桜、秋はキンモクセイ、夏は昆虫の天下、冬から春にかけ緑色に光った雄のマガモ、毛が逆立ち気取ったカンムリカイツブリ、目の周りが金色で羽の先が白いキンクロハジロ、白いくちばしで黒一色のオオバン、ヒスイ色の背中でくちばしの長いカワセミを、運が良ければ見ることが出来る。 今年の秋はカモメのように飛んでいるコアジサシを見つけ驚いた。 季節によっていろいろな小鳥も見かけ、散歩もなかなか愉しい。 気に掛けなくても健康である若い頃と違い、60才以降は健康に注意する年、人生も教育と同じで、他人に助けられはするが、肝心なところは自分が自分を作り上げることで、そのためにも多少の努力は惜しまずに。 *沼津高専だより第84号退官挨拶「さて腰を上げますか」一部引用.

次の

長渕、ぴったんこ★カンカンでとんぼ同窓会 : ロックンロール・ブック2

とんぼ 同窓会

ドラマ『とんぼ』とは… 1988年10月~11月までTBSで放送されていたドラマです。 全8話。 長渕剛さん主演の連続ドラマとして5作目のドラマでした。 第7回向田邦子賞を受賞しています。 主人公のヤクザが不愉快なことや間違っていることに対して、真正面からぶつかっていく姿、激しい生き様を描いた作品です。 結構、過激なシーンも多くて、当時小学生だった私は見られなかった覚えがあります。 が、なんとなくラストシーンは覚えています。 それほど衝撃的でした…。 出典 2年の刑期を終えて、出所してきた暴力団、八田組の若頭である小川英二(長渕剛さん)。 しかし、出迎えに来たのは舎弟の水戸常吉(哀川翔さん)だけでした。 哀川翔さんは、『とんぼ』で本格的に俳優を始めました。 英二が服役中に、妹のあずさ(仙道敦子さん)は勝手に大学を中退し、喫茶店で働いていました。 彼氏は水戸常吉です。 英二の恋人だった夏実(竹井みどりさん)は、英二が服役した途端に別の男性と結婚してしまっていました。 服役中に八田組の裏事情を握っていた英二。 下剋上を恐れる組長、八田昇(中野誠也さん)は英二を始末しようと企んでいます。 そんな中、あずさの働く喫茶店のオーナーである波子(秋吉久美子さん)と出会います。 英二に思いを寄せていく波子、英二も波子が気になりかけています。 しかし、英二の親友である「鉄ちゃん」こと鉄(石倉三郎さん)が組長から英二を始末するように命じられます。 波子の喫茶店に八田組から嫌がらせがあり、常吉はあずさのために足を洗うことを決意します。 ところが、常吉は八田組のチンピラに瀕死の重症を負わされてしまい、怒りが頂点に達した英二は八田組に乗り込みます。 英二には自分のこだわりを人に押し付けるという面がありますが、愛する者に対して深い愛をもっています。 舎弟、親友、妹、愛する人、そして親代わりである河合松次郎(植木等さん)との情愛や絆、友情を大切にする英二。 ヤクザドラマだからというだけでなく、人の絆をしっかりと感じるストーリーに視聴者は惹きつけられました。 衝撃のラストシーンでは、英二が背中を刺されます。 死んでしまったかと思われましたが、『英二 ふたたび』という続編が放送されました。 8年の刑期を終えて、英二が帰ってくるという話です。 長渕剛さんが歌う主題歌『とんぼ』も大ヒットしました! 出典 長渕剛さん出演のドラマ 1982年『王貞治物語』でドラマデビューします。 この時、主題歌である「青春は魔術師」を長渕剛さんが歌われています。 1983年~1985年『家族ゲーム』シリーズに出演。 『家族ゲーム』では、受験生を厳しく指導する家庭教師の役でした。 1986年『親子ゲーム』では、元暴走族ではあるが、ラーメン屋さんの店主で、家族や社会から仲間はずれになった青少年と疑似家族のようになっていくというホームドラマでした。 1987年『親子ジグザグ』では、定食屋を営みながら恋人と同棲しようとした矢先に息子と名乗る少年が現れ、恋人、息子、そして息子の母と騒動を繰り広げていくというストーリーです。 そして、1988年に『とんぼ』に主演されます。 今までのドラマでは、人情味のある青年の役が多く、家族をテーマにしたホームドラマに主演していた長渕剛さんが『とんぼ』で一気にイメージが変わりました。 ホームドラマのイメージからヤクザドラマなので、全然違う役作りですが、『とんぼ』の長渕剛さんは役にぴったりはまっていました。 演技がとても上手で雰囲気や動きなど役作りに余念がないのだと感じます。 1991年に放送された『しゃぼん玉』。 元ゴロツキの医者、ポーさん役が本当にぴったりはまっていました。 「権力」に立ち向かうところは、『とんぼ』と同じでかっこいい!と、しびれた視聴者も多かったです。 『しゃぼん玉』に哀川翔さんも出演されています。 石倉三郎さんも共演されています。 1993年の『RUN』では、少し変わった役どころである、現代版ねずみ小僧を演じられました。 昼間は易者、夜は巨悪に立ち向かう泥棒でした。 こちらも石倉三郎さんと共演です。 最後の連続ドラマ主演は1997年の『ボディーガード』でした。 空手の心得があるボディガード役を演じられました。 こうして見てみると、ドラマに出演し始めた頃は、ホームドラマやヒューマン・ドラマを中心とした青年役が多かったんですね。 それが、『とんぼ』をきっかけにアウトローながらも、社会の悪に立ち向かっていくという役柄に変わりました。 その姿が本当にぴったりで長渕剛さん自身のイメージになったように思います。 当時、ドラマを見ていた世代にとっては、長渕剛さんはアウトローながら信念を持つ、強い男!というイメージがあるのですが、また違った役柄の違うイメージの長渕剛さんも見てみたいな、と思います。 スポンサーリンク まとめ 5日放送の『ぴったんこカン・カン』に長渕剛さんが登場されます。 31年ぶりにドラマ『とんぼ』の同窓会ということで、共演された哀川翔さん、仙道敦子さん、石倉三郎さんも出演されます。 今だから話せるドラマの裏話なんかも聞けるのでしょうか!?放送が楽しみです! 長渕剛さんは、ドラマに出演し始めた頃は、ヒューマンドラマやホームドラマの青年役が続いていました。 『とんぼ』で、初めてヤクザドラマに主演したのですが、そのイメージがぴったりでした。 その後は、アウトローながら社会の悪に立ち向かっていくというかっこいい男を演じられました。 伝説のドラマ『とんぼ』のDVD、Blu-rayが発売されます。 懐かしのドラマ、もう一度見てみたいですね。 現在の長渕剛さんは62歳。 今後、ドラマや映画で違うイメージの長渕剛さんを見てみたいな、と思います。 今後の長渕剛さんのご活躍を期待しています!.

次の

松本深志高校20回生 ウェブサイト トップページ

とんぼ 同窓会

経歴 [ ] 、を卒業後、プロダクションのとなる。 2年間の勤務を経てフリーの脚本家となる。 (昭和53年)で放送された『』でTV脚本家としてデビューした。 「とんぼ」「うさぎの休日」で第7回受賞。 (元年)『オルゴール』で映画監督デビュー。 自身がメガホンを取った作品は全て自らが脚本を手がけている。 監督作品映画『』で脚本家の一人として参加し、以来、木下惠介とともに山田洋次を師として仰ぐ。 脚本、監督作品ともを主演として起用したものが多い(長渕剛の「浦安の黒ちゃん」は黒土三男を元に書かれた曲である)が、映画『』の演出を巡り対立したため現在二人の間に交流はない。 5月、映画『蝉しぐれ』の撮影時に出会ったのお米を応援する「庄内米ファンクラブ」の初代会長に就任した。 2011年7月より放送の水戸黄門第43部では、脚本として参加している。 2011年3月の東日本大震災以降、愛知県豊田市に移住。 作品 [ ] テレビドラマ脚本 [ ]• コメットさん(1978年 TBS系 主演:)• ( TBS系 主演:)• 雨上がりの女( 系 主演:)• どっきり天馬先生( 系 主演:)• ( フジテレビ系 主演:)• ( TBS系 主演:長渕剛)• ( TBS系 主演:長渕剛)• ( TBS 主演:長渕剛)• うさぎの休日(1988年 主演:長渕剛)• 新橋烏森口青春編(1988年 NHK 主演:)• 男たちの運動会( NHK 主演:)• 旅のはじまり( NHK 主演:)• (1990年 テレビ朝日系 主演:緒形直人)• ( TBS系 主演:)• ( テレビ朝日系 主演:萩原健一)• (1996年 系 主演・葉月里緒菜)• 「怪人食いしんぼ フグで殺す」(1996年、テレビ朝日、主演:)• ( テレビ朝日系 主演:長渕剛)• ( テレビ朝日系 主演:)• ( TBS 主演:)• (2003年 NHK 主演:)• ( TBS 主演:)• 居酒屋もへじ2〜あなたとわたし〜( TBS 主演:水谷豊)• (2014年 TBS 主演:)• (2016年 NHK 主演:)• (2016年、TBS、主演: 第25回橋田賞受賞作品) 映画監督・脚本 [ ]• (1989年 主演:長渕剛)• 渋滞( 主演:萩原健一)• ( 東映 主演:長渕剛)• ( 主演:)• ( 主演:) 舞台脚本 [ ]• おたふく物語(2016年9月公演 主演:) 脚注 [ ] [].

次の