テッペン デッキ レシピ。 【TEPPEN】最新環境対応デッキランキング|【TEPPEN】デッキ

【シャドバ】デッキコードの使い方について解説【シャドウバース】

テッペン デッキ レシピ

Tier: 1 【環境トップ】 デッキとしてのパワーが高いため環境においてメタで最初に対策の対象に選択されるデッキです。 Tier1のデッキは構築幅が広い事が多く環境に残る傾向があります。 Tier: 2 【有力デッキ】 Tier1のデッキとほぼ互角のパワーを持っているデッキがTier2に入ります。 Tier1のデッキにくらべて安定性や事故が起きやすいなどの原因によりTier2に入ります。 Tier: 3 【中堅デッキ】 Tier3のデッキはTier1やTier2のデッキに比べてデッキのパワーが低い事が多く環境で見かけることは少ないデッキのことを言います。 Tier: 4 【発展途上】 Tier4のデッキはデッキとしてのパワーが足りないことやデッキ構築の研究が進んでおらず発展途上のデッキが入ります。 新カードの追加などでTier上位にランクインする可能性を秘めています。 Tier1【環境トップデッキ】 デッキ名 評価点 関連記事 8. 5点 - 8. 5点 - Tier4【発展途上デッキ】 Tier1デッキの解説 落凰破 対応幅の広いコントロールデッキ はやなど相手のデッキに対してのメタカードが大量に投入されたデッキのため対応幅が非常に広いコントロールタイプのデッキになります。 落鳳破などのコントロールデッキに有利なアグロデッキ は落鳳坡などのメモリーを主体としたコントロールデッキに対して連撃やなどの高火力を出すことができるユニットを展開することで序盤に試合を終わらせりことを目的としたアグロデッキになります。 盤面除去に特化したミッドレンジデッキ は盤面除去を行いながら自分の盤面にユニットを展開しながら戦う非常にシンプルで扱いやすいミッドレンジデッキです。 またの「真空波動拳」はシンプルながら強力な効果を持ったヒーローアーツのため対戦相手にあまり左右されないのも強みです。 Tier2デッキの解説 チャージショットでユニットを強化 はチャージショットとのコンボでユニットのスタッツを強化しながら戦うミッドレンジ型のデッキになります。 比較的安く組むことができるため初心者や無課金の方におすすめしたいデッキです。 アクションカードをメインに戦うコントロールデッキ はアクションカードを主軸に相手リーダーに直接ダメージを与えて勝利するコントロール型のデッキになります。 事故が多のデッキに比べて起きにくいのもこのデッキの魅力です。 高い攻撃力と盤面コントロール性能 赤黒天は、3コストのユニットを主体に甦る憎悪を使用して盤面を広げ、ヒーローアーツを活用して敵に打点を与えながら盤面コントロールが行えるデッキです。 瞬獄殺を採用したミッドレンジデッキ は豪鬼のヒーローアーツ「瞬獄殺」を採用することで高い除去性能と盤面展開能力が高い黒ユニットをあわせたミッドレンジデッキです。 Tier3デッキの解説 アクションカードで戦うバーンデッキ バーンは、ヒーローアーツの「デビルトリガー」で自身のライフを守りつつ、や等のバーンカードで敵ヒーローのライフを削るややテクニカルなバーンデッキです。 探索を主軸としたミッドレンジデッキ 「」は探索効果を持ったユニットを主軸に盤面コントロールを得意としたミッドレンジ型のデッキです。

次の

【TEPPEN】(8/30更新)スタンダード最強デッキランキング【テッペン】|ゲシピ

テッペン デッキ レシピ

Tier: 1 【環境トップ】 デッキとしてのパワーが高いため環境においてメタで最初に対策の対象に選択されるデッキです。 Tier1のデッキは構築幅が広い事が多く環境に残る傾向があります。 Tier: 2 【有力デッキ】 Tier1のデッキとほぼ互角のパワーを持っているデッキがTier2に入ります。 Tier1のデッキにくらべて安定性や事故が起きやすいなどの原因によりTier2に入ります。 Tier: 3 【中堅デッキ】 Tier3のデッキはTier1やTier2のデッキに比べてデッキのパワーが低い事が多く環境で見かけることは少ないデッキのことを言います。 Tier: 4 【発展途上】 Tier4のデッキはデッキとしてのパワーが足りないことやデッキ構築の研究が進んでおらず発展途上のデッキが入ります。 新カードの追加などでTier上位にランクインする可能性を秘めています。 Tier1【環境トップデッキ】 デッキ名 評価点 関連記事 8. 5点 - 8. 5点 - Tier4【発展途上デッキ】 Tier1デッキの解説 落凰破 対応幅の広いコントロールデッキ はやなど相手のデッキに対してのメタカードが大量に投入されたデッキのため対応幅が非常に広いコントロールタイプのデッキになります。 落鳳破などのコントロールデッキに有利なアグロデッキ は落鳳坡などのメモリーを主体としたコントロールデッキに対して連撃やなどの高火力を出すことができるユニットを展開することで序盤に試合を終わらせりことを目的としたアグロデッキになります。 盤面除去に特化したミッドレンジデッキ は盤面除去を行いながら自分の盤面にユニットを展開しながら戦う非常にシンプルで扱いやすいミッドレンジデッキです。 またの「真空波動拳」はシンプルながら強力な効果を持ったヒーローアーツのため対戦相手にあまり左右されないのも強みです。 Tier2デッキの解説 チャージショットでユニットを強化 はチャージショットとのコンボでユニットのスタッツを強化しながら戦うミッドレンジ型のデッキになります。 比較的安く組むことができるため初心者や無課金の方におすすめしたいデッキです。 アクションカードをメインに戦うコントロールデッキ はアクションカードを主軸に相手リーダーに直接ダメージを与えて勝利するコントロール型のデッキになります。 事故が多のデッキに比べて起きにくいのもこのデッキの魅力です。 高い攻撃力と盤面コントロール性能 赤黒天は、3コストのユニットを主体に甦る憎悪を使用して盤面を広げ、ヒーローアーツを活用して敵に打点を与えながら盤面コントロールが行えるデッキです。 瞬獄殺を採用したミッドレンジデッキ は豪鬼のヒーローアーツ「瞬獄殺」を採用することで高い除去性能と盤面展開能力が高い黒ユニットをあわせたミッドレンジデッキです。 Tier3デッキの解説 アクションカードで戦うバーンデッキ バーンは、ヒーローアーツの「デビルトリガー」で自身のライフを守りつつ、や等のバーンカードで敵ヒーローのライフを削るややテクニカルなバーンデッキです。 探索を主軸としたミッドレンジデッキ 「」は探索効果を持ったユニットを主軸に盤面コントロールを得意としたミッドレンジ型のデッキです。

次の

【TEPPEN】最新環境対応デッキランキング|【TEPPEN】デッキ

テッペン デッキ レシピ

デッキの概要 ブリザードにリーフを採用 を軸としたデッキにを採用したデッキです。 が成立すればにアクセスしやすくなり、が成立すれば浮いたマナでの進化速攻&ドローで追撃することができます。 速攻の意識 進化元になる軽量クリーチャーが多いので、序盤から攻める速攻の動きを意識しておきましょう。 デッキレシピ マナカーブ カード レア マナ 枚数 C 1 4 R 2 4 R 2 4 SR 2 4 C 2 4 C 2 4 UC 2 4 SR 3 4 R 4 4 VR 6 4 キーカード解説 ダイヤモンド・ブリザード スノーフェアリーから進化し、マナのスノーフェアリーを手札に回収しながら回収した枚数デッキトップからマナに送るカードです。 拾ってきた分が直接アドバンテージとなり、増えたマナはそのまま使うことができるためテンポも取ることができます。 アストラル・リーフ サイバー・ウイルスから進化することで3枚ドローすることができます。 、と2種類の進化クリーチャーでアドバンテージ差をつけていきましょう。 ホーリー・スパーク 完全にS・トリガーとして期待するカードです。 のミラーやブロッカーを突破することができます。 引いてしまっても1枚見せれば相手の動きに影響を与えることが可能です。 デッキ内の青が少し少ないので、何か青のカードと入れ替えても良いかもしれません。 入れ替え候補 候補 理由 、を探すことができます。 単体でドローを進めながら攻めることができます。 青を増しながら優秀なS・トリガーとなります。 立ち回り解説 序盤 ダイヤモンド・ブリザードを探す の3枚ドローを狙い、を探しに行きましょう。 は中盤以降で浮いたマナから出すのも強力ですが、まずはを探したいです。 スノーフェアリーはマナへ スノーフェアリーはマナゾーンにあればあるだけアドバンテージとなります。 進化元1枚を残してマナチャージに使ってしまいましょう。 中盤 ダイヤモンド・ブリザードで展開 を召喚し、マナを浮かせてさらに展開していきます。 マナにスノーフェアリーがあればあるだけアドバンテージとなるので、意識して立ち回りましょう。 浮いたマナでアストラル・リーフ で浮いたマナを使ってを召喚し、さらにを探しに行きます。 青マナが不足していたとしてものマナブーストで青がデッキからマナに送られることもあるので、序盤をマナに置くのはできる限り避けておきたいです。 終盤 進化速攻で詰めていく スノーフェアリー達を大量展開していきますが、全体除去等で場にクリーチャーが残らないこともあります。 序盤から詰めておくことで進化速攻の1発で勝つ、というゲーム展開になる可能性もあるので、しっかり序盤から詰めておきましょう。 S・トリガーで逆転 硬直状態から相手がトリガーを何枚かケアした攻めで詰めてきても、が捲れれば1枚で耐えながら返しに勝利を狙えます。 劣勢の場合はトリガーに期待した動きをすることも重要です。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の