コウケンテツ チャーハン。 コウケンテツ×食と道具

ごごナマで紹介されたコウケンテツのチャーハンレシピのポイント!

コウケンテツ チャーハン

こんにちは!やもです。 昨日に引き続き、またコウケンテツ様を語らせてください・・! 昨日の記事: 昨日の記事には書きましたが、コウさん、使っているキッチンツールが恐ろしいほどセンスがよい・・!! まずご自宅のキッチンがこちら より引用 Youtube配信されてるスタジオ、ご自宅だったんですね・・ シンプルでスッキリしてるのに、どこか暖かい感じ。 使っている小物ひとつひとつも、とてもセンスがいい。 なんてったってあのお洒落LEEで料理道具の連載をしていたぐらい! YouTubeでも「これええで」コーナーとして、道具紹介されてましたね。 破れても使いたいコウさんの気持ちすごい分かる。 何気に便利!タグで釣っておけるのがツボ!!テンションあがるー! そしてお次が・・・ アルマイト手付きマッコリカップ やっと買えたーー!! コウさんといえばマッコリカップを調理器具として使うことで有名。 紹介するや否や韓国の東大門からマッコリカップが消えたと噂されたとのことですが、そうなんです、YouTubeで紹介されてから、アマゾンでもずっと品切れで・・!(概要欄のURLもいつの間にか消えてた) 今度韓国行くときに買うかー。 ま、送料かかってないしね、、うんうん。 さっそく使ってみると・・・ 思ってた通り、めちゃくちゃ便利やん。。 コウさんは何cm使ってらっしゃるのか分からないけど、11cmで私はちょうどいいな。 卵は2個で写真ぐらいの感じです。 これは焦がしネギ油。 チャーハンを作っているところ・・!(言わずもがな、チャーハンめちゃくちゃ美味しかった) 見た目が可愛いのはもちろんなんだけど、コウさんの 「お気に入りを、大事に大事に長く使う」 っていう気持ちに、すごく共感してしまうんです。 我が家にきたこの子たちも、毎日早速大活躍。 おばあちゃんになっても大切に使うからね! 以上、コウさんの「これええで」。 めちゃくちゃ「ええやん・・」ってなった話でした!.

次の

コウケンテツ様「これええで」が「ほんまにええやん・・」ってなった話

コウケンテツ チャーハン

コウケンテツの二刀流パラふわチャーハンのレシピ このコウケンテツさんのチャーハン。 いったいどこがポイントなのでしょうか。 まず、材料です。 材料は特に目立った点はありません。 さて、ポイントの作り方ですね。 まず具材の下準備ですが、 チャーシューは小さめの角切りに、 ネギは輪切りに、 青ネギは小口切りにします。 ここからが調理です。 まず、フライパンを強火にして、サラダ油を入れます。 そこに、溶き卵を流し入れ、すぐにご飯を入れます。 スポンサードリンク ご飯を入れたらすぐに、木べら2本を使って素早く混ぜ合わせます。 ここがポイントで、木べらを2本使うことで手早くかき混ぜ、 卵でご飯を一粒一粒コーティングします。 この時、木べらでご飯のダマを押さえつけるように潰します。 ここでの注意点は、フライパンを振らないこと。 フライパンを振ると火力が弱まるので、そのままにしておきます。 卵が全体に混ざったら、切っておいた具材をすべて入れ、塩、こしょうで味付けします。 フライパンの1か所を空け、そこに醤油を流し入れて、手早く全体に混ぜたら火を止めます。 最後はフライパンを振ってしっかりと混ぜます。 出来たチャーハンをお椀にふんわりといれ、 お皿にひっくり返してから、そのまま1分蒸らします。 お椀を外して完成です。 レシピのポイントは? 普通のチャーハンレシピとの違いやポイントですが、 ・ご飯は温かいものを使う ・卵をフライパンに入れてからご飯を入れる ・木べら2本で素早く混ぜ合わせる ・フライパンは振らない ・お椀に入れて1分蒸らす という点ですね。 パラパラになるかどうかは、木べら2本で混ぜるところにありそうです。

次の

たべごころ│RKB毎日放送

コウケンテツ チャーハン

お母さんのところで3年間アシスタントを経て、その後コウケンテツさん自身も 31歳で「料理研究家として独立」しました。 他の仕事は長続きしなかったけど、料理は血筋なのでしょうか!? 見事に転身されたんですね。 コウケンテツの年齢など 簡単にプロフィールと合わせて見てみましょう。 ・名前:コウ ケンテツ 高 賢哲 ・韓国名:고현철(コ・ヒョンチョル) ・生年月日:1974年7月14日 45歳 ・出身:大阪府出身 先ほど紹介した母親の李映林(りえいりん)さんと父親は韓国人です。 コウケンテツさんは 「在日韓国人二世」になります。 日本で生まれ育ったので韓国語はほとんど話せないそうです。 まだ若い方なんですね~、名前のインパクトからもっと年が上の人かと思っちゃいました。 (勝手なイメージです) 紹介している料理はおいしい? 紹介しているレシピの料理はおいしいのか!? 実際作ってみた料理と感想合わせて紹介します。 レシピを参考に作った料理はこちら 「ラフテー」 まずはラフテー用に、ゆで豚を作ります。 材料は2人分 ゆで豚 豚バラかたまり肉 1本 約500g 水 2L 塩 小さじ2 1. 大きい鍋に豚バラのかたまりを曲げながら投入して、水を入れて火にかけます。 グツグツしてきたら出てきたアクをとり、アクをとったら塩を入れて約1時間ほど茹でていきます。 1時間経ったら火を消してそのまま置いておき、粗熱がとれたら取り出す。 ゆで汁はとっておく(あまったら煮物やスープに使うと便利です) 【すぐに作らないときは】 ペーパータオルにゆで汁をたっぷり含ませ肉を包んで、さらにラップをして冷蔵庫で約4日間保存ができます。 ぐつぐつしてアクが出てきたらアクをとり、弱火にして落としブタをして約1時間ほど煮ます。 1時間ほど煮たら、しょうゆを大さじ1~2加えさらに約30分ほど時々煮汁を豚にかけながら煮ます。 最後にしょうがを添え器に盛ったら完成です。 【ポイント】 しょうゆを2回に分けて入れると塩辛くなりすぎず、さらに照りや香りがよくなります。 (タレの味をみながら調節するとよい) 作った感想や味は ゆで豚から一気に作ると 相当な時間がかかります!3時間とか! 時間がある時や、ゆで豚を作ったら一旦冷蔵庫にしまっておいて、時間ができたときにラフテーを作るといいと思います。 食べた感想は 「抜群においしかった」です。 柔らかくジューシーでしつこくなく味がよく染み込んでいました。 私は「沖縄そば」に入れるために作りましたが、そのままカラシをちょっとつけて食べてもおいしいですし 立派な夕飯の一品になります。 あまったら小さく「さいの目」に切り、チャーハンにいれて食べてもすごく美味しかったです。 派生させるのがまた楽しいですよね^^ まとめ コウケンテツさんについてと、レシピはおいしいのか作ってみた感想などをまとめました。 ・コウケンテツさんは親が韓国人の「在日韓国人二世」 現在45歳 ・母親(料理研究家)のアシスタントをしたことで料理研究家へ転身した ・テレビ出演や料理本など出している ・作ったレシピは「ラフテー」で時間はかかるがとても美味しかった 本当に味がよかったので、みなさんも興味がありましたらぜひ一度「コウケンテツ」さんのレシピで料理を作ってみてください。 NHKEテレ1東京「SWITCHインタビュー」2月8日(土) 22時00分~23時00分に出演されるみたいです。 最後までありがとうございました^^.

次の