電気 引っ越し。 電気の引っ越し手続き:停止から使用開始まで【引越し侍】

価格.com

電気 引っ越し

この記事の目次• 引越し先のお部屋が決まると、いよいよ「引越しするんだ」という実感が湧いてきますよね。 新しい生活に期待がふくらむいっぽうで、引越しにまつわる手続きを面倒に感じるのもこのタイミングでしょうか。 引越し手続きのひとつである、「電気」の手続き方法が、電力自由化によって変わりました。 今回は、電力自由化後の 引越し時の電気の手続きや理想的なスケジュール、気をつけておきたい注意事項をわかりやすくご説明します。 引越し手続きやることリストご紹介の前に… 2016年4月の電力自由化で、数多くの電力会社のプランから自分の好きなプランを選んで契約できるようになりました。 引越しで電力会社との契約は必ずするものなので、せっかくなら自分に見合った電力会社のプランを選んで、電気代をおトクに節約してみてはいかがでしょうか。 電力自由化前 地域ごとに 決められた電力会社と契約 電力自由化後のいま じぶんで、 電力会社を選べる ではさっそく、「電力自由化後の、電気の引越し手続き」をご紹介します。 電気の手続きやることリスト、理想的なスケジュール 電気の引越し前の手続き、引越し後の手続きは以下のように進めていきます。 [引越し前]どんな手続きが必要? 電気の使用停止・開始手続きをしましょう。 引越し先で申し込みたい電力会社のプランを決める 引越し先で申し込みたいプランを検討します(迷ったら、が便利です)。 決まったら、引越し先ですぐに使用開始できるかどうか確認しましょう。 引越し時には契約できない電力会社もあります。 その場合は、引越し先の地域の電力会社と契約をした後、電力会社を選ぶことになります。 引越し先で使う電力会社に申し込む 引越し先で使う電力会社に申し込みを行います。 電力会社のHPから、もしくはエネチェンジからも申し込みができますよ。 今契約している電力会社へ解約を申し込む 引越し先で使う電力会社との契約が順調に進んでいることが確認できたら、今契約している電力会社に解約申し入れをします。 [引越し後]どんな手続きが必要? 1. 電気がつくか確認 【ブレーカーの場合】引越し先でまず行うのは、ブレーカーをあげる作業。 電気がつけばOKです。 【スマートメーターの場合】の場合は、事前に入居日をつたえておけばOKです。 照明などをつけてみて、電気がつくかどうか確認しましょう。 使用開始の書類を確認 多くの場合、引越し先で使う電力会社から、使用開始日がメールもしくは書面で届きます。 お客様ページへのログイン方法なども記載されている場合があるのでしっかりと確認しましょう。 お客様ページで電気の使用開始を確認 電気使用量のお知らせ(電気使用量の確認)を紙ではなく、WEBで行う会社もあります。 会員ページへのログイン情報が届いたら、ログインできるかしっかりと確認しましょう。 引越し先では、手続きというより確認作業を行うイメージですね。 電気の引越し手続き、意外と簡単だと思いませんか? 電気の引越し手続き、注意事項はある? 電力自由化後、引越しで初めて新しい電力会社に手続きをする時って不安なことも多いですよね。 注意事項をまとめました。 電気の引越し手続きをきちんとしておかないと、引越し先で電気がつかないことも! 電力会社を選ぶことのメリット• 自分の生活時間帯に合うプランで 電気代の節約ができる!• 選ぶプランによっては、電気代自体がグンと安くなったり、ガスとセットにして支払いを一緒にできたり、 おトクなポイントがたまったりする• 再生可能エネルギーなど、自分が購入する電気の 発電方法も選べる 節約やポイントがたまるなど、私たちの 日常生活に直結するメリットもあります。 引越しをする時は、どちらにせよ電力会社に何かしらの手続きをする必要があるので、引越しの機会に電力会社の切り替えを検討してみてはいかがでしょうか?電気代が節約できたり、自分にとっておトクなサービスがあったり、さまざまな電気料金プランを野中から自分に合ったプランを選ぶことができますよ。 いっぽうデメリットは…? 電力会社を選ぶことのデメリット• 電力会社のプランの数が多すぎて、どうやって選べばいいのか 迷ってしまう• どの会社が安心できるかわからず、心配……(詐欺とかもあるんじゃないかな) 「自分で電力会社を好きに選んでいいよ」と言われても……困ってしまいますよね。 特に東京や大阪などの大都市圏は、新しく参入した電力会社の数も多く、とにかく電力会社・電気料金プランを選ぶだけで一苦労です。 ましてや、生活に欠かせない電気を適当に選ぶわけにもいきません。 どうやって選べばいいんでしょうか? 電力会社の選び方 エネチェンジのでは、引越し予定日をご入力いただくことで、その日までにインターネット上でお申込みのお手続きが間に合う電力会社の中から、アナタにぴったりな電気料金プランを診断し、 そのままお申し込み手続きができます。 引越し先での契約手続き、使用開始手続きが同時にできるため、忙しい引越し準備の負担を軽減できます。 引越し日から電気を問題なく使っていますし、電気の質も同じです。 実際に電気料金も以前より安くなっているし、これで節約ができるなら、すごい簡単だしラクだと思います。 私はこまめな節電ができない人なので(笑)ありがたいですね。 年間数千円、人によっては1万円以上も節約でき、メリットが多いですよね。 電気の引越し手続きまとめ 電力自由化後の 電気の引越しについてご説明しました。 引越しはやらなければならない手続きが多くて大変なので、電気の引越し手続きは、簡単におトクな電気料金プランが選べてそのままお申し込みができる、エネチェンジ「」をぜひご利用ください。 あわせてよみたい記事 引越しでは電気、ガス、水道の住所変更など、さまざまな手続きが必要です。 引越しで必要な手続きを、わかりやすくまとめました。 引越しでは、電気だけでなくガスの手続きも必要です。 使用停止、申し込みから使用開始までの流れなどを説明しています。

次の

引っ越しの時、電気の使用停止・開通に立ち会いは必要?

電気 引っ越し

この記事の目次• 電気に関する手続き 電力会社への連絡は、領収書や検針票に記されているインターネットのサイトにアクセスする方法と、受付窓口に直接電話をする方法があります。 希望日にきちんと手続きしてもらうためには、引っ越しの1週間前までに連絡を済ませておくと安心です。 手続き方法 使用停止 現在契約している電力会社に、電気の使用停止を申し込みましょう。 申し込みは、インターネット、または電話で行えます。 いずれの場合も、自分のお客様番号がわかる領収証や検針票などを、あらかじめ手元に用意しておきましょう。 引っ越し先の地域が、現在利用している電力会社の管轄エリアである場合は、引っ越し先での使用開始手続きも併せて行うことができます。 使用開始 引っ越し先で電気を使用するには、事前の申し込みが必要です。 インターネット、または電話で使用開始の申し込みを行いましょう。 引っ越した後は、新居の玄関などに備え付けてある「電気使用申込書」に、支払い方法についての必要情報を記入し、郵送します。 申込書が見当たらない場合は、電力会社に連絡しましょう。 また、インターネットで使用開始の手続きができることもあります。 電気の使用開始に、担当者の立ち会いは必要ありません。 従来型の電力メーターの場合は、「アンペアブレーカー」「漏電遮断器」「配線用遮断器」の順につまみを「入」にすれば、電気を使用することができます。 引っ越しを機に電力会社を変更する場合 引っ越しは、電気料金プランの見直しにも良い機会です。 大手電力会社から、「新電力」と呼ばれる低価格の小売電気事業者に変更すると、月の電気代を抑えられる可能性があります。 電力会社を変更する場合は、まず新しく利用したい電力会社に契約手続きの申し込みをします。 申し込みの際には、現在契約している電力会社、現在のお客様番号など、必要な情報を手元に準備しておきましょう。 その後、現住所の電力会社に利用停止の連絡をして、解約手続きを行います。 引っ越し先が集合住宅であっても、その物件の大家さんや管理会社が一括契約している場合を除いて、自分で自由に電力会社を選ぶことが可能です。 できるだけ電気代を安くしたい方は、検討してみてください。 手続きの期限 電気の使用停止・開始手続きは、1か月先までの申し込みが可能です。 年末年始や引っ越しの繁忙期などは、希望日に手続きが行えないこともあるので、電力会社への連絡は引っ越しの1週間前までには済ませておくと安心です。 遅くとも、引っ越し当日の1営業日前(土日祝を除く)までには連絡しておきましょう。 電気料金の支払い 旧居の電気代の支払いは、引っ越し当日に行います。 担当者が来訪し、停止直前までの電気使用量をメーターで確認してくれるので、精算金額を現金で支払いましょう。 引っ越し当日に立ち会えない場合は、新居へ請求書を送ってもらって振り込むか、今まで料金の引き落としに使っていた口座から引き落としで支払うことも可能です。 水道に関する手続き 水道の引っ越し手続きも、電気と同じく旧居・新居の両方で行います。 旧居の使用停止手続きが済んでいないと、使っていなくとも基本料金がかかってしまうので、忘れずに手続きしましょう。 手続き方法 使用停止 旧住所の管轄の水道局へ、使用停止の申し込みをします。 電気と同じく、インターネットか電話での手続きが可能です。 申し込みの際は、領収書や検針票など、お客様番号がわかるものを手元に用意しておきましょう。 水道局の管轄地内での引っ越しなら、新居での使用開始手続きも一緒に行うことができます。 使用開始 引っ越し先では通常、すぐに水道が使えるようになっています。 玄関や駐車場付近などに水道のメーターボックスがあるので、その中にある「水止め栓」を左に回しましょう。 水が出るのを確認したら、新居に備え付けの「水道使用開始申込書」に必要事項を記入し、ポストへ投函すれば手続きは完了です。 インターネットで申し込み手続きを行うこともできます。 もしも、申込書が見当たらなかったり、水止め栓をひねっても水が出なかったりする場合は、水道事業者へ連絡しましょう。 手続きの期限 使用停止の手続きは、引っ越しの1週間前までに済ませておきます。 遅くとも、3~4日前には水道事業者に連絡しましょう。 使用開始の手続きに必要な水道使用開始申込書は、特に提出期限は定められていません。 ただし、提出が遅いと使用開始日の確認ができず、料金トラブルの原因になってしまう可能性があります。 できるだけ早めに郵送するようにしてください。 また、一部の地域では申し込みをしないと水が出ないことがあります。 その場合は、引っ越しの1週間前までに新居で利用する水道事業者に連絡するようにしましょう。 水道料金の支払い 水道を使用停止するときの支払いは、引っ越し当日に行います。 担当者が来訪して、直前までの使用量をメーターで確認してくれるので、清算金額を現金で支払いましょう。 口座振替で料金を支払っている場合は、引き落としによる精算も可能です。 ガスに関する手続き ガスの引っ越し手続きは、ほかのライフラインと違って使用開始に立ち会いが必要です。 希望日時に作業を行えるように、申し込みは早めに済ませましょう。 手続き方法 使用停止 現在契約しているガス会社に、インターネットまたは電話で申し込みます。 申し込みの際は、お客様番号が書かれた検針票を手元に用意しておきましょう。 ガスの閉栓に、立ち会いは必要ありません。 ただし、オートロックの建物など、ガスメーターのある場所まで担当者が立ち入りできない場合は、立ち会いが必要になるので注意しましょう。 使用開始 引っ越し先の地域を管轄しているガス会社へ、インターネットか電話で事前に申し込みます。 使用開始には、必ず担当者の立ち会いが必要です。 当日は開栓のほか、点火の確認試験など、安全にガスを使用するための点検作業が行われます。 手続きの期限 ガスの使用停止・使用開始手続きは、引っ越しの1週間前くらいに済ませておくのが目安です。 特に、使用開始には立ち会いが必要なので、引っ越し日時が決まったら早めに連絡しましょう。 訪問予定日の前日まで申し込みは可能ですが、引っ越しの多い3~4月などは、希望日に予約が取れない場合もあります。 「引っ越しても、すぐにガスを使えない…」ということにならないよう、余裕を持って手続きをしてくださいね。 ガス料金の支払い 旧居でのガス料金は、引っ越し当日に清算します。 担当者が来訪し、直前までの使用量をメーターで確認してくれるので、現金で支払いましょう。 支払いを口座振替にしている場合は、引き落としによる精算も可能です。 引っ越し先で使用できるガスの種類が変わる場合の注意点 一般家庭で使われるガスには、「都市ガス」「プロパン(LP)ガス」という2つの種類があります。 都市ガスは、地下の導管を使って供給されるもので、おもに人口が密集している都市部に導入されています。 一方プロパンガスは、ボンベに入れたガスを販売するもので、人口が密集していない地域に導入されています。 もし、引っ越し先に旧居のガス機器を持ち込む場合は、転居先のガスの種類が今と同じかどうか、必ず確認しましょう。 都市ガスとプロパンガスでは、それぞれ適したガス機器の出力が違うためです。 ガスの種類が変わる場合は、今使っているガス機器は使うことができません。 新しく購入する必要があるので、注意してください。 UPDATE 2020. 24 電話の引っ越し手続き|申し込み時期や同じ番号を使い続ける方法は? 引っ越しとなるとただ新居を探すだけでなく、さまざまな手続きが必要となります。 引っ越しに伴う住所変更でまず気になるのは電話番号ではないでしょうか。 今までずっと使ってきた電話番号を引っ越し後もそのまま継続して使えるのか、もしも電話番号が変更になるのであれば、いつ、どのようにして手続きを行えばいいのか、携帯電話についてはどうなるのか、気になる点は多々あるのではないでしょうか。 この記事では、引っ越しの際に必要となる電話番号の変更手続きについて、みなさんが疑問を持ちやすい点を順番にご説明していきます。 記事を読む.

次の

電気の引っ越し手続き:停止から使用開始まで【引越し侍】

電気 引っ越し

電気の手続き流れと時期 引っ越しの手続きは、大まかに2つ対応が必要です。 旧住所地の電気停止手続き• 新住所地の電気使用開始手続き どちらも、原則 「1週間前」までに手続きが必要です。 特に使用開始手続きは、引っ越し日が決まっているのであれば、早めに手続きすることをおすすめします。 また、年末年始や引っ越しの繁忙期時期は電力会社も非常に忙しい時期のため、 希望開始日から電気を使えない可能性が高いです。 上記の様に、電力会社の忙しい時期は 「2週間前」には対応するとよいでしょう。 以下では、各手続きの詳細を説明していきます。 電気の停止手続き 引っ越し日が決まったら旧居の電気を停止する手続きが必要です。 電気の停止手続きには、 インターネット上と 電話の2パターンがあります。 ただし上記2パターン共に、使用している電力会社によって手続き先が異なりますので、まずは現在使用している電力会社を確認しましょう。 確認には、毎月電力会社から届く「電気ご使用量のお知らせ」を調べてみましょう。 確認が終わったら、ご自身に合った手続きパターンを選び、下記から停止手続きが可能です。 記載のないものは別途ご自身でお調べください。 お客様番号(「電気ご使用量のお知らせ」や「電気料金領収証」などに記載されています)• 電気停止予定の住所• 名前(名義の名前)• 新居の住所• 新居での利用開始日• 新居での支払い方法 上から3項目の太字の項目は必ず必要になりますが、太字以外の項目については、あればスムーズに手続きを進めることが出来ます。 特に同じ電力会社を利用予定の方は、準備をしておくと良いでしょう。 停止日をもって電気契約は終了となり、その日付までで電気料金が日割りで計算されます。 支払いには、以下の方法があります。 係員に集金依頼する• 新居へ請求書・振込用紙送付• クレジットカード• 各電力会社のWEBサイトなどを確認してください。 ちなみに引っ越し日(退去日)の当日はガスなどと違い、立ち会いの必要はありません。 ブレーカーを落としたら手続き完了です。 ただし、寒冷地で電気を使用した凍結防止設備付の給湯器や配管が備わっている住居では、電源を落としてしまうと配管内の水が凍結してしまうことがあり、 破裂などの危険を伴います。 事前に確認しておきましょう。 電気の使用開始手続き 停止手続きが完了した次は、新住所地の電気開始手続きが必要です。 しかし今は電力自由化といって、その地域の電力会社だけではなく新電力会社への申込みも可能になるため、 まずは契約したい電力会社を決める必要があります。 電力会社ってどうやって選ぶの? 電力自由化のメリットは、何よりそれぞれの生活スタイルで 1番お得な電力プランを選べる点です。 例えば、下記のようなプランが挙げられます。 ガスもセットでご使用になられる方におすすめなプラン• あまり電気を使用しない方には基本料金がかからないプラン また契約する電力会社や電力プランによっては、ポイントが貯まったり、他サービスを格安で受けることが出来たりと様々なメリットを受けることが出来ます。 例として、中央電力のHPに記載の内容をピックアップしました。 出典: つまり 知らない人が損をしてしまう、裏返すと知っている人が得するってことですね。 今回は例として中央電力会社の情報を記載しましたが、他の電力会社でも多くのメリットがあります。 是非この機会にプランを見直してみてはいかがでしょうか。 ただし、実際に選べる電力プランは100種類以上もあります。 どのプランが自分に1番お得なのか分かりづらいですよね。 しかもよく調べずに電気の引っ越し手続きをすると、逆に電気代が高くなる可能性があるため注意が必要です! 当社では、電力プランを迷われている方や引っ越し手続きのご相談など承っております。 ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。 地域電力 インターネット上のお申し込みページ 電話での手続き番号 北海道電力 0120-12-6565 東北電力 0120-175-266 東京電力 からご確認ください 北陸電力 0120-77-6453 中部電力 0120-921-697 関西電力 からご確認ください 中国電力 0120-452-565 四国電力 からご確認ください 九州電力 0120-623-376 沖縄電力 0120-586-390 電気の使用開始手続きで必要な情報 停止手続きと同じように、使用開始の場合も下記の情報が必要となるため準備しておきましょう。 引っ越し先の住所• 契約者の名前• 申し込み予定の電気料金プラン日• 引っ越し日時(入居日/電気使用開始日)• 電気料金の支払い方法(クレジットカード、銀行振替、振込用紙) 入居後に初めて電気を使う場合は、下記対応をもって電気が使えるようになります。 アンペアブレーカーのスイッチをON• 漏電遮断器を入のスイッチをON• 該当のご家庭は前もって電力会社に伝えておきましょう。 まとめ いかがでしたか?旧住所地、新住所地での電気に関する引っ越し手続きについてまとめてみましたので、参考にして下さい。 電気の引っ越し手続きは実際にやってみると意外と簡単です。 ただし使用開始予定の電力プランによっては引っ越し後の生活費を圧迫することになりかねないため、十分に検討してから手続きするようにしましょう。

次の