小倉 ともこ インスタ。 小倉美咲さんの母親のインスタが炎上!捜索の手伝いもせず、SNSばかり更新していた?

小倉美咲さん失踪前20分を母親が明かす!7家族27人特定!一緒にキャンプ!サークル!

小倉 ともこ インスタ

小倉美咲さんが行方不明 9月26日。 小倉美咲さんが行方不明となって6日。 現在も懸命の捜索が続けられています。 千葉・成田市の小学1年生、小倉美咲ちゃん 7 が行方不明となって6日目。 26日も警察、消防に自衛隊が加わった、およそ260人規模での捜索が続いている。 捜索にあたるのは、彼らだけではない。 美咲ちゃんの名前を繰り返し叫ぶ3人。 東京や愛知県から捜索に駆けつけたボランティアだという。 ボランティアの男性は「子どもが入りそうなところを捜したい一心でやっているので」と話した。 さらに、美咲ちゃんと同じ年の孫を持つという夫婦も、埼玉から参加していた。 埼玉からボランティアに参加した人は、「孫も 美咲ちゃんと 同じ年で、仕事していても、いてもたってもいられなくて」、「美咲ちゃ~ん、迎えに来たよ~」、「見つからないのが、回ってみて不思議なくらい」などと話した。 一方、警察や自衛隊などは、捜索範囲を美咲ちゃんが行方不明となったキャンプ場から西の方角へと拡大。 住民の協力を仰ぎながら、倉庫の中や家屋のわずかな隙間、そして、その周辺など、くまなく捜索。 近隣住民は「『お母さん』とか『お母さんどこ』と叫ぶと思うが、誰も聞いていない。 とにかく 美咲ちゃんが 見つかればいい」と話した。 捜索はこのほか、近隣のキャンプ場や隣接する山の斜面で続いたが、これまでに有力な手がかりはつかめていない。 260人規模での捜索が続いていますが、有力な手掛かりもつかめていないといいます。 早く見つかるといいのですが。 そんな中、小倉美咲さんの母親、小倉とも子さんがインスタグラムを更新し炎上しています。 ボランティアの人が崖から落ちたが2日ぶりに発見! 9月27日午後1時55分ごろ、山梨県道志村で行方不明の小学1年小倉美咲さんを捜索中のボランティアとみられる20代男性から 「崖から落ちてけがをした」 と110番がありました。 救助に向かいましたが、男性の場所を特定できませんでした。 携帯の電源がきれているのか、連絡もとれな状態なんだそうです。 9月28日、早朝から小倉さんと、男性の捜索をするといいます。 捜索に協力してるボランティアの方も危ないので、十分に気をつけてください。 そしてボランティアの男性が無事に見つかることを願うばかりです。 これだけ大勢の大人が捜索して見つからないのが不思議で仕方ありません。 またボランティアの男性も連絡が取れなくなり、2人も見つからないのは嫌な感じがします。 9月29日午前6時ごろ、2日ぶりにボランティアに参加していた男性が 無事に見つかりました。 男性はケガをしていて、病院で治療中だそうですが、 見つかって本当に良かったです。 小倉美咲さんが無事に見つかることを祈るだけです。 捜索募金が開始 未だに見つかっていない小倉美咲さんの、捜索のための募金が開始されました。 日ごろ、お世話になっている皆様にお願いがございます。 有限会社ワンクスクリエイション 代表取締役 森たぐいです。 ニュースでご存知だと思いますが、9月21日(土)山梨県道志村キャンプ場で小倉美咲さん(7)が行方不明になりました。 母親の小倉とも子さんはペットサロンを経営されており、弊社が開催しているペットサロン経営塾の2019年度受講生で在り、大切な友人です。 「必ず帰ってくる!」と気丈に振舞、現場で愛娘の帰りを待っていますが、未だその望みは叶えられてない状況です。 当初想定していたよりも捜索が困難となり、警察や自衛隊、地元消防団による捜索が打ち切りとなりました。 これからの捜索はご家族が自費で捜索することとなります。 山の中ということもあり、捜索を継続するためにはかなりの費用が掛かる可能性があります。 また捜索には、山岳行動に特化した専門家にお願いしなくてはいけない状況です。 以上のようなことから、ご家族に高額な費用の負担がかかることを心配しています。 ペット業界の仲間からも心配の声、応援の声を沢山いただいており、募金活動をしようということになり、代表して募金口座を開設させていただきました。 そこで皆様に募金のご協力をお願いします。 募金いただいた金額は全て、母親である小倉とも子さんに全額寄付し、以下の目的に使用させていただきます。 募金は 捜索の活動費、捜索プロへ捜索費用(依頼費活動費、駐車場費、宿泊費等) と書かれています。 しかし、 美咲ちゃんが見付かってからの治療費(体、心の治療費) 社会へ復帰するための支援費 と書かれているのにも違和感を感じます。 こどもが行方不明になっているのに、募金というのは見たことがないですし、 逆に懸賞金を出してでも情報が欲しいのではないでしょうか。 小倉美咲さんは見つかってほしいですが、なぜか違和感しか感じない募金活動です。 まとめ 小倉美咲さんが行方不明となり6日が経過しました。 大規模な捜索が行われている最中に、母親である小倉とも子さんがインスタグラムを更新。 今するべきことではないなどと厳しいコメントが寄せられ炎上しています。 素人なので危険で捜索に協力出来ないのかもしれませんが、 状況が状況なだけに、さすがにSNSの更新は控えるべきでしょう。 日本中が小倉美咲さんを心配し無事を祈っているのに、母親がインスタを更新し、 自分のお店のハッシュタグをつけ宣伝までしていたら、炎上してしまって当然のことでしょう。 さらに、批判コメントだけを削除しているので、火に油を注ぐことになってしまっています。 小倉美咲さんが1日も早く無事みつかりますように。

次の

小倉とも子さん(小倉美咲さん母親)のインスタが炎上!削除!スクショ有!小1・キャンプ場で行方不明の7歳女児!山梨県道志村の椿荘オートキャンプ場!

小倉 ともこ インスタ

小倉美咲さん、新たな画像公開!正月の家族との画像 2019年9月、山梨・道志村のキャンプ場で行方不明となった小学1年生の小倉美咲ちゃん。 13日、家族が新たに公開した映像。 2019年のお正月に撮影された。 13日、両親を訪ねると、美咲ちゃんの写真の前には、たくさんのお年玉が置いてあった。 美咲ちゃんの母・小倉とも子さん「娘が戻ってきたら、自分の手で開けてもらおうと思って、そのままにしています」、「12月31日だけは、頑張って起きていると言って、初めて一緒に年を起きたまま越せて、ことしもそれを願っていたんですけど、その願いもかなわず、本当につらい年末年始」 美咲ちゃんの父・小倉雅さん「毎年お年玉をもらって喜んでいたりとか、楽しい正月を迎えさせてあげることができたのに、それをかなえられてない今の現状が心苦しい」 家族は、引き続きチラシ配りなどをして、情報提供を呼びかける。 情報提供は、「山梨・大月警察署 0554-22-0110 」まで。 出典:フジテレビ もういい加減にしてくれ! 早く答えを出してくれ。 小倉美咲ちゃん行方不明4カ月 無事祈る家族 求む情報提供(フジテレビ系(FNN)) — Yahoo! ニュース — 一匹兎 pepeopecn 小倉とも子さんには炎上コメントも。 インスタ、SNS投稿が原因で批判 今頃、過去動画解禁?文春みてぇな小出ししてやっぱり変な母親という印象 RT 小倉美咲ちゃん行方不明4カ月 無事祈る家族 求む情報提供(フジテレビ系(FNN)) — Yahoo! しかし、寄せられたインスタのコメントに顔文字を入れて返信する母親の心境はわからない。 人それぞれでしょう…ですか。 子供一人の命は尊いものだ。 — 誠 勇之助 makotoyuunosuke.

次の

山梨県女児行方不明事件について。

小倉 ともこ インスタ

山梨県女児行方不明事件について。 小倉美咲ちゃんの母親、小倉とも子さんの会見を見たんですけど、何かああいう会見をみると実は親が犯人なのでは?と勘ぐってしまう自分は捻くれ者なのでしょうか 写真は小倉とも子さんのインスタに投稿されていた、会見時の原稿です 補足違うなら失礼ですけど、10日以上経っても発見されてなくて心配でどうしようもないはずなのに、母親はさほど涙するわけでもなく淡々と言葉を並べていて違和感を感じました。 もし自分だったらって考えると、憔悴しきってメディアに姿を露出することすら出来ないです。 親が目を離したたったの15分の間に何があったのか、これだけ調査していてもいまだに目撃情報なし。 捜索期間中に母親はインスタで自分の店の宣伝。 ボランティアの方や捜索犬(警察犬)の写真をインスタに投稿。 我が子がいなくなってるのになぜこのような行動を?行方不明に見せかけた虐待や殺害を疑ってしまいます。 まだ親を疑う段階ではないと思います。 例えば家で物を亡くして探すとき、部屋の家財道具、押し入れの中、屋根裏から畳の裏、床ぶかまで外して徹底的に捜索しても見つからない場合は別の線が浮かんでくると思いますが、自然界の山の中ではここまで探しても見つからなければ山中にはいない、という判断基準が立てにくいのかもしれません。 熊に襲われたのか、滑落したのか、誘拐されたのか、有りとあらゆる線から捜索の限りを尽くしたと言える状況にならない限り、親を疑うという線は浮かばないと思うし、以前、子供へのしつけとして山道に置き去りにして車で去ったあと戻ったら子供がいなかったという騒ぎがありましたよね。 あのときも親を疑う声が多かったが、最終的に山中の小屋の中で発見されたという事例もあるので、親の線というのは、本当に本当の最終手段だと思いますね。 とにかく無事に見つかることを祈るばかりです。

次の