女子 駅伝 2020。 【大学駅伝】日体大の新監督はOBの玉城良二氏、長野東高で全国高校女子駅伝準優勝

都道府県対抗女子駅伝2020かわいい選手は?注目選手や優勝候補も|あなたとつながりたい!懸け橋ノート

女子 駅伝 2020

第38回全国都道府県対抗女子駅伝は2020年1月12日、京都府京都市のたけびしスタジアム京都(西京極運動公園)発着の9区間、42・195キロで行われる。 京都、大阪、兵庫の近畿勢、東京などが優勝争いの中心になりそうだ。 昨年2位の京都は東京五輪代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)に出場した一山麻緒、安藤友香(ともにワコール)と力のある選手をそろえる。 前半で主導権を握れば、3大会ぶりの頂点に近づく。 大阪は東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)、昨年の世界選手権マラソン代表の中野円花(ノーリツ)を擁し、兵庫は世界選手権5000メートル代表の田中希実(豊田自動織機TC)を軸に各世代の戦力が充実している。 東京は世界選手権1万メートル代表の新谷仁美(積水化学)がけん引する。 長崎は19歳のホープ、広中璃梨佳(日本郵政グループ)、MGC出場の野上恵子(十八銀行)らの陣容で上位をうかがう。 連覇を狙う愛知も実業団選手の出来が鍵。 宮城は、全国高校駅伝を制した仙台育英高勢の走りが注目される。 箱根駅伝で青山学院大の優勝に貢献した1年生の岸本大紀は新潟のメンバーに入った。 設楽悠太(ホンダ)は埼玉から出場する。

次の

都道府県駅伝【全国女子駅伝】2020 区間エントリー・出場チーム

女子 駅伝 2020

大阪府チームは、 東京オリンピックに内定している前田穂南選手や 昨年の世界選手権マラソン代表の中野円花選手がエントリーしているので、優勝する可能性が高いと思います。 大阪府エントリー選手 中野円花(ナカノ マドカ) 大森菜月(オオモリ ナツキ) 前田穂南(マエダ ホナミ) 前田梨乃(マエダ リノ) 髙松智美ムセンビ(タカマツ トモミムセンビ) 中島紗弥(ナカジマ サヤ) 岡村綾香(オカムラ アヤカ) 安なつ美(ヤス ナツミ) 松室真優(マツムロ マユ) 佐藤千紘(サトウ チヒロ) 羽原恋乃(ハバラ コイノ) 西澤茉鈴(ニシザワ マリン) 向井友希(ムカイ ユウキ) 愛知 愛知は、 有力選手である鈴木亜由子選手が出場しません。 なので、優勝は厳しいと思います。 彼女もオリンピック代表に内定した選手です。 高校3年生から大学4年まで、 愛知代表で1区を担当。 常に区間上位の走りを見せ、 2019年の大会ではアンカーを努め、 ゴールテープを切りました。 そんな鈴木亜由子選手が抜けた穴は大きいと思いますね。 全世代、強力なラインナップです。 ワコールの一山麻緒と安藤友香というMGCランナーや高校生にも立命館宇治の松村灯、三原梓など日本を代表する選手がずらりとエントリーしています。 優勝を狙える布陣です。 京都エントリー選手 一山麻緒(イチヤマ マオ) 安藤友香(アンドウ ユカ) 谷口真菜(タニグチ マナ) 長谷川詩乃(ハセガワ シノ) 村松灯(ムラマツ トモ) 橋本充央(ハシモト ミオ) 伊藤美空(イトウ ミク) 三原梓(ミハラ アズサ) 林美怜(ハヤシ ミレイ) 村松結(ムラマツ ユウ) 瀨川藍(セガワ アイ) 佐藤鳳羽(サトウ フウワ) 深田望友(フカダ ミユ) 都道府県駅伝2020女子の注目選手 都道府県駅伝2020女子で注目したい選手を、 3人紹介します。 東京オリンピック代表!前田穂南選手 【速報】 MGC女子 前田1位、鈴木2位で五輪出場権 3位は小原 後半に独走状態を続けた前田穂南が2時間25分16秒で優勝。 2位に鈴木亜由子が入り、上位2人が五輪切符を獲得した。 3位小原怜は最後に懸命に鈴木を追い上げたが、わずか4秒届かなかった。 小学校5年生の頃から陸上を始め、 中学生時代にはその才能を開花させています。 3年生のとき、 尼崎市中学校総合体育陸上大会で 800m走、1500m走の2種制覇を達成しました。 全国高校駅伝の常連校、 大阪薫英女学院に入学しましたが、 高校時代は他にスター選手がいたため補欠選手。 目立った活躍はできませんでした。 高校卒業後は、 岡山の実業団・天満屋に入社します。 2012年ロンドンオリンピックの 女子マラソン代表選手の重友梨佐選手などを輩出した、 強豪チームです。 実業団に入ってからは、 駅伝などで主要選手として活躍するようになります。 そして、2019年3月の東京マラソンで総合12位、 日本人ランナーとしては2位でゴールし、 9月のマラソン・グランドチャンピオンシップに出場。 東京オリンピック代表に内定しました。 2019世界選手権マラソン代表!中野円花選手 ドーハ世界陸上出場の中野円花、初めての日の丸に「ユニホーム着て鏡の前で『おお~!』って」 — スポーツ報知 SportsHochi 1991年8月14日生まれの28歳で、 小中学生時代から全国大会に出場。 大阪薫英女学院に入学し、 3年生のときにインターハイ大阪で、 1500m走、3000m走の2種制覇を達成しました。 高校卒業後、ノーリツに入社。 2014年からマラソンに挑戦し、 第21回泉州国際市民マラソンで初マラソンで初優勝します。 2019年の大阪国際女子マラソンで 日本人2位でゴールし、 マラソン・グランドチャンピオンシップへの出場権獲得。 しかし、 世界陸上の女子マラソン代表に選ばれていたので、 辞退しました。 世界陸上では、 2時間42分39秒のタイムで11位でゴール。 グランドチャンピオンシップを辞退した理由は、 世界陸上との日程が近かったからなんですよね。 なので、グランドチャンピオンシップを辞退していなかったら、 彼女もオリンピック代表に内定していたかもしれません。 毎年区間賞を獲得!廣中璃梨佳選手 実業団女子長距離記録会 5000m タイムレース3組 トップ 廣中璃梨佳選手(JP日本郵政)15分05秒40 — M. Kawaguchi rikujolove 廣中璃梨佳選手は長崎のメンバーで、 2000年11月24日生まれの19歳。 社会人ランナーとしては 今回が初の都道府県駅伝ですが、 中学3年生のときから毎年出場しています。 驚くべきことに、 すべてで区間賞を獲得。 高校2年生のときに4区で区間新記録を出し、 4区の区間記録保持者でもあります。 高校卒業後は、JP日本郵政に入社。 クイーンズ駅伝で、 1区区間賞を獲得しました。 その後の記録会で15分05秒を記録し、 U20日本記録を樹立。 東京オリンピックの標準記録も突破しています。

次の

都道府県対抗女子駅伝2020かわいい選手は?注目選手や優勝候補も|あなたとつながりたい!懸け橋ノート

女子 駅伝 2020

都道府県対抗女子駅伝2020 京都が優勝 2020年の第38回全国都道府県対抗女子駅伝は1月12日、京都市のたけびしスタジアム京都発着の9区間、42. 195キロで行われ、京都が2時間16分15秒で、3年ぶり17度目の優勝を飾った。 京都は4区まで16位と遅れたが、5区の三原梓(立命館宇治高)の区間タイ記録の好走で8位まで順位を上げた。 6~7区も区間賞で追走し、8区でトップに立った。 アンカーの一山麻緒(ワコール)もリードを守ってゴールした。 宮城が10秒差の2位。 3位には東京が入った。 2連覇を目指した愛知は20位。 1月12日(日)12時30分スタート。 女子は選手13名の構成。 また残り7区間中、ジュニアA選手(高校生)が3区間以上を走る。 女子駅伝の最終結果・順位・タイム一覧 (1)京都 2時間16分15秒 (2)宮城 2時間16分25秒 (3)東京 2時間16分36秒 (4)長野 2時間16分37秒 (5)鹿児島 2時間17分4秒 (6)兵庫 2時間17分42秒 (7)群馬 2時間17分56秒 (8)大阪 2時間17分56秒 (9)岡山 2時間18分8秒 (10)長崎 2時間18分8秒 (11)千葉 2時間18分18秒 (12)福岡 2時間18分30秒 (13)神奈川 2時間19分22秒 (14)熊本 2時間19分35秒 (15)埼玉 2時間20分13秒 (16)静岡 2時間20分37秒 (17)大分 2時間20分38秒 (18)広島 2時間21分15秒 (19)山口 2時間21分23秒 (20)愛知 2時間21分32秒 (21)宮崎 2時間21分50秒 (22)福島 2時間21分52秒 (23)滋賀 2時間21分54秒 (24)石川 2時間21分59秒 (25)愛媛 2時間22分07秒 (26)岐阜 2時間22分31秒 (27)徳島 2時間22分56秒 (28)和歌山 2時間23分02秒 (29)三重 2時間23分03秒 (30)秋田 2時間23分10秒 (31)佐賀 2時間23分32秒 (32)茨城 2時間23分34秒 (33)山梨 2時間23分44秒 (34)北海道 2時間23分53秒 (35)鳥取 2時間24分17秒 (36)新潟 2時間24分38秒 (37)栃木 2時間25分30秒 (38)富山 2時間25分35秒 (39)奈良 2時間25分40秒 (40)山形 2時間26分41秒 (41)高知 2時間26分44秒 (42)岩手 2時間26分56秒 (43)福井 2時間27分11秒 (44)香川 2時間28分30秒 (45)島根 2時間28分48秒 (46)青森 2時間29分38秒 (47)沖縄 2時間32分44秒 目次 目次• 第9区 10km 烏丸紫明 — 西京極陸上競技場 【ゴール地点】1位は京都!2位は宮城、3位は東京、4位は長野、5位は鹿児島。 6位は兵庫。 7位は群馬、8位は大阪、9位は岡山、10位は長崎 (1)京都 2時間16分15秒 (2)宮城 2時間16分25秒 (3)東京 2時間16分36秒 (4)長野 2時間16分37秒 (5)鹿児島 2時間17分4秒 (6)兵庫 2時間17分42秒 (7)群馬 2時間17分56秒 (8)大阪 2時間17分56秒 第8区 3km 丸太町寺町 — 烏丸紫明(ジュニアB) 【第8中継所】トップは京都でアンカーへタスキリレー。 2位は宮城で13秒差。 3位は長野で37秒差。 4位は鹿児島で39秒差、5位は兵庫で46秒差、6位は千葉で53秒差。 7位は福岡で1分18秒差、8位は長崎で1分24秒差。 9位は東京で1分34秒差、10位は群馬で1分54秒差。 (1)京都 1時間44分5秒 (2)宮城 +13秒 (3)長野 +37秒 (4)鹿児島 +39秒 (5)兵庫 +46秒 (6)千葉 +53秒 (7)福岡 +1分18秒 (8)長崎 +1分24秒 (9)東京 +1分34秒 (10)群馬 +1分54秒 第7区 4km 北白川別当町 — 丸太町寺町 【第7中継所】トップは宮城でタスキリレー。 残り2区間へ。 2位は京都で15秒差、3位は鹿児島で38秒差、4位は兵庫で40秒差、5位は千葉で46秒差、6位は長野で52秒差、7位は長崎で1分6秒差。 8位は東京で1分10秒差、9位は福岡で1分19秒差、10位は群馬で1分25秒差。 (1)宮城 1時間33分49秒 (2)京都 +15秒 (3)鹿児島 +38秒 (4)兵庫 +40秒 (5)千葉 +46秒 (6)長野 +52秒 (7)長崎 +1分6秒 (8)東京 +1分10秒 (9)福岡 +1分19秒 (10)群馬 +1分25秒 第6区 4. 0875km 国立京都国際会館前 — 北白川別当町 【第6中継所】宮城がトップで7区へリレー。 2位は長野で14秒差、3位は兵庫で15秒差、4位は京都で25秒差、5位は鹿児島で28秒差、6位は長崎で30秒差、7位は千葉で30秒差、8位は東京で49秒差、9位は群馬で1分2秒差、10位は福岡で1分5秒差。 (1)宮城 1時間21分18秒 (2)長野 +14秒 (3)兵庫 +15秒 (4)京都 +25秒 (5)鹿児島 +28秒 (6)長崎 +30秒 (7)千葉 +39秒 (8)東京 +49秒 (9)群馬 +1分2秒 (10)福岡 +1分5秒 第5区 4. 1075km 北白川山田町 — 国立京都国際会館前 【第5中継所】トップに宮城が踊りでて6区へタスキリレー。 宮城・木村は区間新記録に迫るタイム。 2位は長野で5秒差。 3位は長崎で19秒差、4位は兵庫で28秒差。 5位は神奈川で36秒差、6位は東京で37秒差、7位は鹿児島で38秒差、8位は京都で40秒差、9位は千葉で41秒差。 10位は静岡で48秒差。 (1)宮城 1時間8分6秒 (2)長野 +5秒 (3)長崎 +19秒 (4)兵庫 +28秒 (5)神奈川 +36秒 (6)東京 +37秒 (7)鹿児島 +38秒 (8)京都 +40秒 (9)千葉 +40秒 (10)静岡 +48秒 第4区 4km 丸太町河原町 — 北白川山田町 【第4中継所】トップは長野が逆転、長崎を抜いて1位でタスキリレー。 2位は長崎で3秒差、3位は宮城で10秒差、4位は兵庫で12秒差。 5位は静岡で2秒差、6位は福岡で31秒差。 7位は東京で33秒差、8位は鹿児島で34秒差。 9位は千葉で40秒差、10位は神奈川で41秒差。 (1)長野 54分58秒 (2)長崎 +3秒 (3)宮城 +10秒 (4)兵庫 +12秒 (5)静岡 +26秒 (6)福岡 +31秒 (7)東京 +33秒 (8)鹿児島 +34秒 (9)千葉 +40秒 (10)神奈川 +41秒 第3区 3km 烏丸鞍馬口 — 丸太町河原町(ジュニアB) 【第3中継所】トップは長崎で4区へリレー。 2位は静岡で9秒差、3位は長野で10秒差、4位は兵庫で11秒差。 5位は千葉で30秒、6位は宮城で31秒、7位は鹿児島で33秒、8位は徳島で35秒、9位は福岡で36秒、10位は東京で36秒差。 (1)長崎 41分43秒 (2)静岡 +9秒 (3)長野 +10秒 (4)兵庫 +11秒 (5)千葉 +30秒 (6)宮城 +31秒 (7)鹿児島 35秒 (9)福岡 +36秒 (10)東京 +36秒 第2区 4km 平野神社前 — 烏丸鞍馬口 【第2中継所】トップは長崎で3区へリレー。 2位は兵庫で12秒差。 3位は長野で29秒差。 4位は宮城で37秒差、5位は東京で43秒差。 6位は徳島で46秒差、7位は石川で47秒差、8位は千葉で47秒差、9位は神奈川で47秒差、10位は福岡で49秒差。 (1)長崎 31分37秒 (2)兵庫 +12秒 (3)長野 +29秒 (4)宮城 +37秒 (5)東京 +43秒 (6)徳島 +46秒 (7)石川 +47秒 (8)千葉 +47秒 (9)神奈川 +47秒 (10)福岡 +49秒 第1区 6km 西京極陸上競技場 — 平野神社前 【第1中継所】長崎がトップでタスキリレー。 1区の廣中がぶっちぎりの独走で区間新記録、18分39秒を記録。 2位は兵庫でトップと34秒差。 3位静岡は41秒差、4位秋田は44秒差、5位長野は46秒差、6位大阪、7位岐阜、8位石川、9位山口、10位神奈川。 11位千葉、12位奈良、13位福岡、14位宮城、15位徳島。

次の