出会い が ない 大学生。 男子大学生はこのマッチングアプリで彼女を作れ!【出会い系は使うな!】

「出会いがない」と嘆く大学生に送る5つの打開策

出会い が ない 大学生

もくじ• 工学部の大学生に彼女がいる割合 男女比の割合も女性の数が圧倒的に少なく、彼女を作るのを諦める方も多いです。 実際に次のグラフが工学部の男女比率になります。 (引用元:) 男女比率が約8対2となっていることが分かります。 さらに数少ない女性の中でも、すでに彼氏がいたりする場合もあり非常に厳しい戦いになります。 絶望的な数値ではありますが、ご安心ください。 しっかり行動にうつせば彼女はできます。 工学部の大学生の彼女の作り方とは? と、その前に 自分自身の身だしなみは問題ないでしょうか。 以下の項目を確認してください。 ・体臭・口臭 ・寝癖がついていないか ・眉毛・ヒゲの剃り残し ・爪の長さ ・服のシワやシミ せっかく女性と出会っても、不潔であったら振り向いてくれません。 エチケットでもあるので、しっかり身だしなみを整えてから女性と交流していきましょう。 工学部の大学生が女性と出会う方法 工学部の大学生でも女性と出会う方法を解説します。 全部で6つの出会い方があるので、自分に合った方法で試してみてください。 アルバイトで作る! 工学部は忙しいと思いますが、週1からでも良いのでアルバイトを始めましょう。 まずは 新しい異性の友達を増やすことが大事なのです。 学内だけではなく、外部にも出会いのチャンスを作れば素敵な女性と出会える確率はあがるでしょう。 しかし、闇雲に時給のいいバイトに応募しても意味がありません。 女性スタッフが多いバイトを選んでください。 「自分はコミュ障だから・・」と決めつけてデータ入力や新聞配達など個人で完結するバイトを行っても、彼女は作れません。 時給で判断しつつ女性と出会えるバイトを選んでみましょう。 インカレで彼女を作る! 学内のサークルに入るのも良いですが、一気に女性の友達を増やすならインカレがおすすめです。 インカレはIntercollegiateの略で大学間同士のサークルです。 つまり、 大学生なら誰でも入れるという事です。 文系の大学に多く、早稲田や慶應にも有名なインカレがあります。 理系のサークルは真面目なものばかりで女性の数も少ないですが、このようなインカレには、 出会いを求めてる女子大生が多いのでおすすめです。 注意点として、ツイッターやフェイスブックなどSNSデ募集をしているのですが、人数の多いところはやめましょう。 雰囲気に圧倒されて、 ぼっちになる確率があります。 したがって、初めて参加する場合は20〜30人前後の少人数で、 アットホームな雰囲気がある団体を選ぶのが賢明です。 マッチングアプリで彼女を作る! ガチで時間がない・・コミュ障・・という方に一番のおすすめはマッチングアプリになります。 わたしが初めて彼女を作った方法でもあります。 彼女を作るには自分の時間を使わないといけません。 忙しい工学部の人にとっては、できる限り 簡単に彼女を作りたいですよね・・・ 巷にある出会い系サイトを使うのも良いですが、今度はお金がかかってきてしまいます。 マッチングアプリであれば、 無料からでも始められるのでおすすめです。 出会い系サイトと違って、男女ともに安心・安全に始められます。 はっきり言って、これで彼女ができなれければ諦めるしかありません。 アメーバが運営する情報サイト「Spotlight」が男女に出会いの場所を調査したところ、 20代〜30代の4人に1人がアプリを通して出会っている事が分かり、今では当たり前な出会い方となっています。 現在いる環境で彼女を作るのが難しくても、 視野を広げれば女性との出会いはたくさんあります。 しかし、 行動しなければ出会いは増えません。 いつまで経っても彼女はできません。 まずは上記で挙げた方法をどれでも良いので、行動することが大事です。 >> 素敵な女性と出会えることを願っています。

次の

「出会いがない」と嘆く大学生に送る5つの打開策

出会い が ない 大学生

「出会いがない」と嘆く大学生はとても多い。 確かに、「大学生活における出会いの数」は、最初の1年で決まってしまう側面があります。 入れ替わりの激しいテニスサークルに所属していれば出会いは多く、ニッチな趣味サークルでは少ない。 同じように、文系学部の出会いは多く、理系学部の出会いは少ない。 「出会いない大学生活コース」に入ってしまうと、異性と出会うのは一苦労です。 とは言え、全く方法がない訳ではありません。 アルバイトや合コンなら途中からでも飛び込めますし、今やマッチングサービスも普及しています。 あなたの行動力さえあれば、「出会いが全くない」というのはあり得ないのです。 そこで今回は、• この3つに分けて 大学生の出会いを徹底的に解説していきます。 「モテる出会いの場」の基本戦略 闇雲に出会いを求めるのは良くありません。 例えば、大学生男子と街コンの相性はあまり良くない。 と言うのも、街コン参加者の多くは社会人です。 「社会人女性」の多くは異性に経済力を求めるため、大学生男子とマッチングする可能性は低い。 もちろん、何もしないよりは"まし"ですが、大学生には大学生に適した出会いの場所が存在します。 「モテる出会いの場所」を探すときに大切になるのは次の3つです。 複数のコミュニティに属す• 自分が優位に立てる場所を探す• リアルがなければマッチングアプリへ それでは、1つずつ解説していきます。 複数のコミュニティに属す 人は、出会った人の中でしか恋愛できません。 当たり前の話ですが、この基本を忘れている大学生はとても多い。 極論、100人の異性と出会えば恋人候補は100人ですが、5人としか出会わなければ恋人候補は5人だけなのです。 そのため、出来る限りたくさんのコミュニティに属し、出会いの数を増やすことが何よりも大切になります。 自分が優位に立てる場所を探す 女子は、基本的に格上にしか惚れません。 中高では運動部のエースがモテやすく、大学ではサークルのリーダー格がモテる。 社会人になれば、仕事のできる上司がモテやすい。 あらゆるシチュエーションにおいて「格上」は最高の武器なのです。 あなたも、自分が優位に立てる場所を探すことが大切になります。 ここで大切になるのは「相対的に優位で良い」ということ。 繰り返しになりますが、人は出会った人の中でしか恋愛することが出来ません。 オタサーの姫が1人だからモテるように、男子が少ない場所に行けばモテる確率はハネ上がります。 「サークル」や「学部」「アルバイト」で優位に立てないのであれば「料理教室」や「手芸クラブ」などの女子中心のコミュニティに混ざってみてください。 あなたしか男子がいないのであれば、そのコミュニティではあなたがナンバーワン。 圧倒的にモテやすくなるのです。 マッチングアプリも"あり" マッチングアプリの利用者は年々増えています。 はっきり言って、ひと昔前は「出会い系」「マッチング系」の利用者はクセのある人が多かった。 女子はメンヘラばかりでしたし、男子はヤリモクだらけ。 そのため、普通の恋愛を求める大学生にはオススメしていませんでした。 ただ、やはり時代は変わっていくものです。 の登場を皮きりに、マッチングアプリはどんどん一般層に受け入れられています。 もちろん、闇を感じる出会い系サービスもまだまだ存在しますが、マッチングアプリとは明確な線引きが出来ているのです。 そのため、どうしても出会いのコミュニティに飛び込めないのであればマッチングサービスを利用するのも"あり"です。 大学生の基本的な出会いの場 大学生の出会いは「コミュニティ」が9割です。 特殊な出会いは少なく、カップルの9割は同じような場所で出会っています。 アルバイト• サークル• 合コン,飲み会 それでは、1つずつ見ていきましょう。 学部(ゼミ,研究室) 大学生の出会いの定番は「学部」です。 人間の基本心理に「単純接触効果」というものが存在します。 シンプルに言えば「会えば会うほど好感度が高まる」という心理です。 そのため、週に何度も会う学部生同士は気が合いやすい。 特に、地方から出てきて同じ学部になった学生同士は、1年のうちにカップルになりやすいのです。 サークル 学部に次ぐ出会いの定番が「サークル」です。 サークルのメリットは、• 男の先輩はモテやすい• 定期的に入れ替わりが起こる という点です。 先ほども少し解説しましたが、女子は基本的に「格上」にしか惚れません。 そういう観点から見れば、「サークルの先輩」というのはそれだけで格上の要素を満たすのです。 そのため、「テニスサークル」や「イベントサークル」「フットサルサークル」などの活発なサークルで良いポジションをキープしておけば、大学4年間ずっとモテ続けることも可能になります。 アルバイト 仕事内容によるものの、一定の出会いを期待できるのが「アルバイト」です。 出会いが多いのは「チェーンの飲食店」や「大型の小売店」です。 アルバイトの人数が多く、入れ替わりも激しいため常に新しい出会いが溢れています。 サークルと同じく「バイトリーター」的なポジションになれば、常に一定のモテを享受することが可能です。 ただ、「個人の飲食店」や「小さい小売店」などはバイトの人数も少なく流動性も低いため、出会いは少なくなってしまいます。 合コン 自分で出会いを調節できるのが「合コン」のメリットです。 これまでに紹介した、• サークル• アルバイト などは、どれも出会いに「運」の要素が絡みます。 理系学部では出会いは少なく、異性がほとんどいないサークルも多いのですから。 しかし、合コンであれば話は別。 ノリの良い異性が1人でもいれば合コンは開催できるため、出会いを自由にコントロールすることが可能です。 出会いがない学生はマッチングアプリを使う 出会いがない学生の選択肢は「マッチングアプリ」です。 正直に言うと、ここまでに紹介した出会い方、• サークル• アルバイト• 合コン このどれかで出会うことが本当は望ましい。 このあたりで出会った異性には必ず「共通点」が存在します。 人は、共通点があるとお互いに好意を持ちやすいため、マッチングアプリよりも仲良くなりやすいのです。 しかし、マッチングアプリにも独自のメリットは数多く存在します。 出会いの数が圧倒的に多い マッチングアプリ最大のメリットは「出会いが多いこと」です。 サークルやアルバイトの出会いの数とは比べものになりません。 例えば、最大手の「Pairs」ならば、登録者数は800万人を超え、毎日5000人以上が新規登録を行っています。 加えて、本人証明を行わないと利用できないため、サクラや業者がほとんど存在しません。 もちろん、メッセージだけのやり取りで仲良くなるのはリアルな場所より大変です。 だけど、出会いの母数がリアルとは比べ物にならない。 相手も出会いを望んでいる 「相手も出会いを望んでいる」という安心感は大切です。 例えば、サークルの可愛い子には彼氏がいるかもしれません。 或いは、趣味に夢中で彼氏なんて必要としてないかもしれません。 そういった人物にアプローチをかけるのは無駄ですし、断られれば少なからずダメージを受けることになる。 ところが、マッチングアプリならば安心です。 どんな性格の子だろうが、どんな属性の子だろうが、マッチングサービスに登録している以上「出会いを求めている」のです。 言い換えれば、 みんながあなたからのアプローチを待っています。 アプリは「タップル」を中心に複数チェック マッチングアプリを使うなら、 同時進行でいくつかのアプリを利用するのがおすすめです。 なぜなら、恋愛には偶然が大きく絡むから。 言うまでもなく、人間は1人しかいません。 マッチングアプリの「タップル」でも「pairs」でも「with」でも良いのですが、 気に入った相手がいるかどうかは実際に始めてみないと分からないのです。 そのため、無料で始められるマッチングアプリをいくつかチェックするのが基本。 最大手の「pairs」を中心に、「タップル」「with」あたりを見ておけば間違いありません。 ちなみに、 マッチングアプリは全て18禁です。 念の為。

次の

大学生におすすめの出会い25選!

出会い が ない 大学生

出会いがない大学生必見! 良い出会いの引き寄せ方と出会いの場12 大学生になったら、素敵な出会いがあってすぐに恋人ができると思っていたのに、いざ大学に入学してみると、理想の出会いがなくて恋愛とは無縁……そんな状態になっている人はいませんか? 大学生は出会いのチャンスが多そうに見えますが、実際には「出会いがない」「彼氏・彼女ができない」と嘆いている人がたくさんいます。 では、どうすれば心がときめくような出会いがあるのでしょうか。 この記事では、良い出会いを引き寄せる方法や、大学生におすすめの出会いの場をご紹介します。 【目次】 あなたにはなぜ良い出会いがないのか? 「出会いがない」と嘆いているだけでは、何も進みません。 まずはなぜ出会いがないのか、自分の行動を振り返りながら考えてみましょう。 常に受け身で自分から出会いを探しに行かない 「出会い」とは文字通り「出て会う」ことであり、自ら外へ出なければ、人と会うことはできません。 自身の生活パターンを振り返ってみましょう。 家に閉じこもってばかりだったり、行動がルーチン化したりしていませんか?過去1カ月間を振り返って、一度も新しい場所へ出掛けていない人は、出会いに対して受け身な姿勢に問題があるかもしれません。 理想が高すぎる 「イケメン」「高学歴」など相手のスペックばかりを気にしている人は、高すぎる理想像が邪魔をして、せっかくの出会いを無駄にしている可能性があります。 この場合、相手が自分の理想に該当しないと、相手の欠点ばかりが目についてしまいがちです。 その結果、異性を見る選択肢がどんどん狭くなり、結局は「出会いがない」という状況に自分を追い込んでしまっています。 出会いがないのではなく、出会ってはいるけれど、きちんと相手を見ていないというパターンです。 ネガティブ思考 愚痴や自己卑下が多い人も、恋愛から縁遠くなります。 「どうせ自分なんか恋人はできない」「あの人は高根の花すぎて、自分には無理」といったネガティブ発言を繰り返していると、聞いている方もうんざりしてしまいます。 自分では謙遜しているつもりでも、度が過ぎると周囲に良い印象を与えません。 自身の行動や言動にネガティブ感が漂っていないか、振り返ってみましょう。 自分磨きを怠っている 出会いを引き寄せるには、いつ素敵な出会いがあってもいいように日頃から準備をしておくことも大切です。 「どうせ大学と自宅の往復だけだから」とファッションやメイク、ヘアスタイルなどで手抜きをしていませんか?身だしなみに自信が持てないと、魅力的な表情が自然と少なくなります。 良い出会いの引き寄せ方 良い出会いがない理由がわかってきたら、次は解決策を考えてみましょう。 行動や考え方を変えるだけで、恋を引き寄せる体質に少しずつ改善していけます。 引きこもらないで外出し、自分から話しかける 出会いに対して受け身になりがちな人は、難しく考えずにまずは人がたくさん集まる場所へ出掛けてみましょう。 女子大に通っている人は、男性が集まりやすいスポットへ意識して足を運ばないとなかなか男性との出会いがありません。 できれば自分から異性に話しかけるなど積極的に動くのが理想的ですが、いきなりは難しいという人もいるかもしれません。 自分から異性に話しかけるのは苦手という人は、まず同性に話しかけ、そこから少しずつ異性を含めた仲間の輪を広げていって、グループで仲良くなるきっかけをつくってみてはいかがでしょうか。 友達に紹介を頼む 自ら出会いの場へ行く勇気がない人は、友達に紹介を頼む手があります。 信頼できる友達なら、あまり変な人は紹介されないでしょうし、価値観が似ている人とつないでくれるかもしれません。 変に気負わず、気軽にお願いをしてみましょう。 最初から一対一で出会うのはハードルが高いという人は、友達や仲間を交えて一緒に出掛けたり食事をしたりする方法もあります。 自己肯定感を高める ネガティブ思考になりがちな人は、意識して自己肯定感を高めましょう。 自己肯定感が低い人の中には、「成功体験が少ない」「自分らしく過ごせる居場所があまりない」「得意分野が少ない」といった特徴が見られることがあります。 例えば、夢中になれる趣味や特技を見つけることで、今の生活に達成感や満足感をプラスできるかもしれません。 「どうせ私なんて」が口癖になっていると、恋のチャンスは逃げてしまいます。 自分を好きになれるようなきっかけを見つけましょう。 身だしなみを整える 人と人との出会いで最初に目につくのは、性格でも学歴でもなく、外見です。 「人は外見だけではない」のは確かですが、一方で外見は人の印象を大きく左右します。 自分に似合っているお気に入りのファッションでおしゃれをしていれば、表情は自然と魅力的になります。 恋を始める準備として、ファッション・メイク・ヘアスタイルなどをいま一度見直してみましょう。 アルバイトで資金を貯めて、新しいファッションやヘアスタイルに挑戦してみるのも、恋に近づく方法の一つです。 失敗してもめげずに、次の出会いを探す 出会った後に告白して失敗したとしても、恋そのものを諦める必要はありません。 良い恋を成就させるためには、数をこなすことが大切な場合もあります。 そのために、出会いの数をなるべく増やしましょう。 「もっと良い人と出会うために、今回の経験を活かそう」と前向きに考え、積極的に動くことで次の出会いがやってきます。 大学生におすすめの出会いの場 最後に、大学生におすすめの出会いの場をご紹介します。 「出会うチャンス自体がない」と嘆いている人は、もう一度自身の生活を見直して、日常の行動パターンを変えてみてください。 講義・ゼミ 平日ほぼ毎日通っている大学には、もう新しい出会いがないと諦めていませんか?同じ学部や学科でも、まだ話したことがない人はいるでしょう。 例えば、いつも学食でランチを食べているのであれば、気分転換も兼ねてたまにはキャンパス内の広場でお弁当を食べるなど、通常とは違う行動を取ってみましょう。 もしかしたら出会いのきっかけがあるかもしれません。 また、同じ講義やゼミを受けている顔なじみのメンバーの中にも、一度も話したことがない人はいませんか?気になる人と一緒に課題に取り組むきっかけなどがあれば、思い切って話しかけてみましょう。 大学の中には、恋のチャンスはたくさんあります。 サークル 女子大に通っている人なら、他大学の男性と出会えるインカレサークルへの参加がおすすめです。 インカレサークルに入ると、他大学に友達ができたり、男性がいないとできないアクティブなイベントに参加できたりと、さまざまなメリットがあります。 人間関係や行動パターンを大きく広げるチャンス作りにぴったりです。 インカレサークルではない場合も、共学の大学と一緒にイベントを計画するなどして、出会いのきっかけをつくりましょう。 アルバイト 定番の出会いの場とも言えるのがアルバイト。 恋活とお小遣い稼ぎを兼ねて行いたいなら、男女比率で異性の割合が多めの職場や、同年代の仲間がたくさん働いている職場がおすすめです。 例えば、居酒屋やカフェ、ファミレスなどは大学生に人気があります。 シフト制を取っているお店が多く、学業と両立して働きやすいのも魅力です。 学祭 学祭で恋を見つけたいなら、自分の大学だけでなく他校の学祭にも足を運んでみましょう。 他校の学祭では、男子学生が接客や案内係を担当していることも多く、コミュニケーションを取って仲良くなれる機会がたくさんあります。 また、イベント独特の非日常的な雰囲気が、二人の仲をより親密にしてくれるでしょう。 コンパ・合コン 一度に大勢の人と出会いたいなら、新歓コンパや合コン、街コンなどに参加してみましょう。 コンパへの参加に不安がある人は、友達の紹介による集まりなら人脈につながりがあるため、多少は安心です。 「コンパはガツガツしている印象だから気が引ける」という人がいるかもしれませんが、コンパならではの良さもあります。 それは、異性だけでなく同性の友達もできたり、多くの人と話すことで人脈や価値観が広がったりすることです。 まずは「友達と飲む」という気軽な気持ちで参加してみましょう。 同窓会 同窓会も、出会いの場の王道です。 今はSNSの発達で、昔の同級生とも比較的簡単につながることができます。 連絡を取り合っている旧友と、同窓会を企画してみましょう。 同窓会のメリットは、地元が一緒だったり同じ思い出を共有していたりするため、初対面の相手よりも簡単に親しくなれることです。 また、身元も判明しているため、変なトラブルに巻き込まれる確率も低いでしょう。 ボランティア 合コンや飲み会といった派手なイベントが苦手な人は、ボランティアに参加してみてはいかがでしょうか?「人の役に立ちたい」という同じ目的意識を持った仲間と良い出会いがあるかもしれません。 また、ボランティア経験は就活の際にもアピールポイントになるので、恋活と就活の一石二鳥になります。 習い事 語学や楽器演奏などの趣味をはじめとした習い事も、出会いに恵まれやすい定番の一つです。 習い事に通えば、仲間同士で食事に行くなど交流の機会があるかもしれません。 一緒に勉強に励んだり、発表会やライブのために練習を重ねたりする中で、仲間から恋愛関係に発展することもあります。 合宿免許 合宿免許もカップルが生まれやすいことで知られます。 学生の参加者が多く、2~3週間ほど泊まり込みで同じ学校に通うため、参加者同士で仲が深まりやすい点がメリットです。 合宿場所が観光名所の近くに存在するところもあります。 1人で参加するのが不安な人は、友達同士何人かとグループで参加すると、旅行感覚で楽しめます。 就活 大学3・4年生の人なら、就活と恋活を同時進行するチャンスです。 例えば、同じ業界内の企業を何社も回っていると、セミナーなどでいつも同じ人と会場で一緒になることがあります。 声をかけて親しくなり、就活に関する情報を交換したり、一緒にセミナーに参加したりしているうちに恋に発展するかもしれません。 SNS・アプリ・マッチングサイト 自分から直接話しかける勇気がなかなか持てなかったり、住んでいる地域や時間的な問題などで自分から出会いの場へ出掛けることが難しい場合は、SNSやアプリを活用する方法もあります。 アプリやマッチングサイトの中には、実際に多くのカップルを誕生させている優良なものもあれば、中には悪質なものも一部存在するため、プライバシー設定などがきちんと考慮された安全なサイトを見極めてから利用しましょう。 シェアハウス 大学進学を機会に地元を離れた人なら、シェアハウスに住むという手があります。 近年、シェアハウスを舞台にしたテレビ番組なども人気ですが、番組と同様にドラマチックな恋愛関係に発展するかもしれません。 社会人になると、住む場所や生活スタイルに制約が出てくる可能性があるため、シェアハウスを体験するなら、時間に余裕がある大学時代がおすすめです。 素敵な出会いを求めて、恐れず、凹まず、積極的な活動を 恋愛に限らず大学時代に出会う人々は、将来の進路や人生観など、さまざまな面で今後の人生に大きな影響を与えてくれます。 切磋琢磨し合い、お互いを尊重できる恋人に出会えれば、大学生活は今よりさらに充実したものになるはずです。 恋に失敗はつきもの、時に傷つくことがあるかもしれませんが、恐れずに出会いを求めてどんどん外の世界へ飛び出していくことが大切です。 出会いに対して前向きな気持ちになれば、自然と周囲の人々や見える世界が変わってくるでしょう。

次の