パルコ フォルゴレ。 パルコ・フォルゴレ

高橋広樹

パルコ フォルゴレ

キャンチョメ [編集 ] 声 -• 本の色:• 人間換算年齢:6歳• 家族構成:父• 好きな食べ物:、、• 趣味:、、手でこぐ、間食 ガッシュの仲間。 ののような口が特徴の 数少ない善の心を持つ魔物の子。 や小型化など、主に敵を撹乱させる術を使う。 の正体にいち早く気づくなど、同年代の魔物の子と比べ、頭の回転が速い(デュフォーにも「ティオやシェリーよりは頭がいい」と言われるほど察しがいい)。 服のには常に大好きなを忍ばせていて、菓子の誘惑にはめっぽう弱い。 魔界を良いにするのが目標。 人や魔物に対しては敬称略で呼んでおり、ガッシュの仲間に位置するメインキャラでは唯一、「さん」付けで呼んでいない。 作中では白いロンパース(股の部分にボタンがある)とアヒルの顔を模した靴を着用している。 つなぎ服の尻の部分はアヒルの尻と同じ形をしている。 当初はとても臆病なお調子者で、本人いわく「フォルゴレがいないと何にもできない」ほどだった。 ガッシュのことは魔界時代から知っており、同じ落ちこぼれの彼になら勝てると思って来日する。 しかし、常に逃げ続けていた自分とは対照的に強く成長していたガッシュの姿に愕然とし、これを機に強い魔物になろうと決意。 イギリスでフォルゴレとはぐれてしまい、スペインや南極に行ってしまうというトラブルに巻き込まれるが、そこで経験を通して徐々に勇気を身に付け、大事なものを守る時は戦うまでに成長した。 石版編では南極でフォルゴレと再会し、ナゾナゾ博士から千年前の魔物の事を知る。 デボロ遺跡でガッシュ達と再会し、清麿の指示で主にサポートを行い、千年前の魔物の本を燃やすことに非常に貢献した。 しかし、キッドがベルギム・E・Oとの戦いで魔界に帰った際、それは自分が何もできなかったせいだと思い込んでしまい、それが大きなとして心に残ってしまう。 ファウード編では、ガッシュとともにキースやブザライと戦うが、相当な実力の差に圧倒されて上述の出来事を思い出し、決死の思いで新呪文「ディマ・ブルク」を習得。 ガッシュとの連携でブザライを送還し、キースを撃退。 メインコントロールルームではロデュウやジェデュンと対峙し、ゼオンに最初の標的にされ、今まで送還された魔物(ウォンレイ、リーヤ、テッド、バリー)のことを思いながら戦うが、あと一歩というところで倒れて柱に閉じ込められてしまう(後で他の仲間と共にチェリッシュに助けられた)。 クリア・ノート編で大きな転機が訪れた。 デュフォーを驚愕させるほどのすさまじいを秘めており、その能力は相手の脳に直接影響を与える強力な幻の力を持つ ことが明かされる。 また、それ以外でも洞察力や発想力に長けており、難解なデュフォーの説明を一度で把握して応用方法を考え出すなど、心に干渉する自身の術と相性抜群の素質を秘めており、デュフォーから高い評価を受ける。 そして、練習試合でガッシュに「バオウ・ザケルガ」を出させた上で完勝し 、アースが手も足も出なかったゴームを無傷で一方的に叩きのめすまでに強くなった。 この強大な力を得たことで、られっ子だったトラウマや大事なものを失うことへの恐怖心を克服したが、同時に悪者を徹底的に追い詰めて恐怖と苦痛を与える非情な面を見せるようになってしまう。 幻によって変化した最終形態は、まさにに似た怪物だった。 ゴームや、助けようとしたはずのパピプリオたちも恐怖させるが、フォルゴレの過去(後述)を聞いて自分の過ちに気付く。 もう一度「シン・ポルク」でゴームに「魔界に帰ったら友達になろう」と誘うが、クリアの不意打ちからフォルゴレ達を守るため、パピプリオと共に本を犠牲にして魔界に帰った。 この時の行動は後のゴームとミールに大きな影響を与えることになる。 のちにガッシュの金色の本を通して出現。 「シン・ポルク」でに迫ってくるガッシュと清麿、地球の幻を見せて、クリア完全体に攻撃を無駄打ちさせた。 魔界で復活した後は家族と暮らしているようで、人間界で友達になったゴームやパピプリオと仲良くしている模様。 呪文 [編集 ] 1. ポルク 様々な物に姿を変える。 自由自在に変身できるが、基本的に形を真似るだけで、キャンチョメ自身が強くなることはない。 人間に変身するとどこか一部分が異常な形(嘴がある、鼻や頭部が異常に長いなど)になる。 だが、キャンチョメのタイムリーなリップサービスがこれに加わると、あまり利口でない魔物なら簡単に騙される。 逆に人間以外なら魔物含めて完璧に化ける事が可能。 初期は見掛け倒しの術扱いだったが、清麿の助言などにより有効に活用する場面も描かれるようになった(壁に化けて待ち伏せし、パートナーが近づいてきた瞬間にマッチで本を燃やす、床に化けて敵の攻撃を回避する、背景に化けて傷ついた味方を匿うなど)。 コポルク 自分の身体を小さくする術で、奇襲に有効。 初使用時にはフォルゴレに「弱くなる術」と称されてしまったが、これで気付かれずに何度か奇襲を仕掛けた事もある。 緊急回避にも使用される。 ディカポルク 自分の巨大な幻影を作り出し、本体であるキャンチョメと同じ動きをする。 主に敵の気を引いたり、幻影に向かって術を撃たせ、心の力を無駄遣いさせるために使用される。 竜巻のように継続的に攻撃する術を使用されると、見破られやすい。 ディマ・ブルク 自分の分身を8体生み出す。 キャンチョメの想いの強さで分身体の強さが変わる。 複数体が力を合わせればギガノ級の術も押し戻せる強さを持ち、全員がキャンチョメであるためにコンビネーションも抜群である。 単体でも大人一人を持ち上げたり、高い所を素早く登れる為、強化呪文を持たない魔物やパートナーの足代わりにもなる。 術(術によって強化された格闘技も含む)のダメージを受けると消滅する。 幻やまやかしを得意とするキャンチョメの術の中では珍しく実体を伴い、なおかつ唯一術名に「ポルク」と付かない術である。 フォウ・スプポルク 手から出した光と音で相手の術を包み込み、発動させた魔物のパートナーがそのどちらかを見るか聞くことで、相手のパートナーの脳に「術を止める」や「心の力を止める」という命令を強制的に出させる。 その結果、相手のパートナーは自ら呪文の発動を自分の意思とは無関係に、しかも無自覚の状態で止めてしまう。 この術の仕組みを知らない相手からして見れば、「この呪文により自分の術を打ち消された」と思い込まされる。 クリアの術とは違い、この術1つでほぼすべての術を無効化することが可能と思われる。 ただし、消せるのはあくまで術のみのため、例えばロップスの「リグロン」で放たれた岩など物理的なものは防げない。 ミリアラル・ポルク 相手に幻想を与える高密度のガスを放つ。 キャンチョメは一度見たことのある他の魔物の呪文を自身で唱えると同時に、これを使用した。 このガスに触れた魔物は脳に「自分の術を受けた」という強烈な暗示がかかり、肉体に自分の術と同等のダメージを受ける。 これにより、見かけ上は相手の術をキャンチョメがそっくりにコピーしたように見える。 ただし、標的となる魔物が術の正確な情報を知っていなければ効力が現れないため、真似たその術を使えない他の魔物やただの人間には効果がない。 シン・ポルク キャンチョメの最大呪文で「シン」の術の1つ。 「自由に姿を変える」「幻を作り出す」「敵の脳に直接命令を下す」といった、これまでキャンチョメが体得した術すべてを同時かつ極めて強力な形で発動させる。 この3つの能力を組み合わせることで、発動中は自身の肉体に想像した通りの能力を付加させることができるように見せかける。 作中の具体的な描写としては敵や周囲の空間すべてを支配し、「空間を幻で覆うことで風景を自由自在に変える」や「見た目を武器に変化させた体の一部を標的に命中させると、標的は武器で攻撃された錯覚によって肉体的ダメージを負う」「発動中はキャンチョメの姿・声を認識させることで相手の呪文や能力を打ち消す」「錯覚による肉体的ダメージと同時に衣服が傷付いて行く幻影を見せることで、攻撃によって本当に物理的外傷を負ったと思い込ませる」など、無敵にも見えるほどに凶悪な効果を発揮。 眼を閉じていようが、攻撃されたところから脳に情報が送り込まれるため、回避も不可能。 挙げ句の果てには、フォルゴレに対して「本を手放せない」や「心の力を出し続ける」という命令を下すことで一方的に使い続けることも可能。 ガッシュとの模擬戦では「バオウ・ザケルガ」を発動させた上でほぼ無傷の勝利を納め、ゴームとの戦いでも相手の攻撃すべてを破った上で一方的な勝利を収めている。 また、精神攻撃のため、術を解けば多少の怪我や大きな疲労感は残るが、術中ほど肉体にダメージはない。 ただし、長時間この術の影響下にあると精神が崩壊する危険性がある。 数ある「シン」の術の中で、使用者自身の身体にまったく負担が掛からない数少ない術だが、その強力さゆえにキャンチョメの心に負の感情が芽生えてしまい、精神的には悪影響を及ぼした。 あまりにも強力であるため、デュフォーには「 魔物同士の戦いにおいて、最強の呪文」と評されている。 しかし、これまでの術同様、キャンチョメの肉体そのものを強化する効果はないため、術の効果による撹乱をかいくぐってキャンチョメ本体に物理的ダメージを与えられれば、なすすべもないという欠点も存在。 ガポルク ゲームオリジナル呪文。 「ポルク」とは違い、巨大うちわに変身し竜巻を起こしたり、壁に変身して相手を押し潰したりといった、能力を伴う物に変身する。 パルコ・フォルゴレ [編集 ] 声 -• 誕生日:• 年齢:24歳• 血液型:• 身長:190cm• 家族構成:父・母• 趣味:、、オシャレ• 好きな食べ物:たっぷりの• 好きなタイプ: キャンチョメの本の持ち主で、出身の世界的映画スター。 キャンチョメとはの日にイタリアので出会い、「高貴なる魂」を認め合った仲。 長いと下まつげ、が特徴。 「 絶世の」と「 イタリアの」を自称しているが、デフォルメなしで描かれた時の姿や行く先々でたちまち大勢の女性に囲まれていることを考えると、あながち間違ってはいないようである。 女性が大好きで触った尻や揉んだは数知れずであり、殆どの女性はその行為に対して喜んでいる。 なお、とはイタリア語で雷の意味で、この通りに雷をバックに背負って登場や活躍をすることが多い。 自身の奇行・愚行で清麿の怒りを買い、「ザケル」を食らうこともしばしば。 何度倒れても「鉄のフォルゴレ」のテーマで立ち上がるタフガイで、戦いではその頑丈な体を生かしキャンチョメをサポートする。 キャンチョメには無敵だと思われているが、攻撃呪文を受け過ぎるとさすがに限界が来てしまう。 基本的にかなり純度の高いギャグキャラクターだが、時折非常にカッコイイ表情も見せる。 また、ダルモス戦で清麿の撤退の指示を拒もうとする恵達を止める 、石化の恐怖に恐れて自分たちに攻撃するレイラを説得する清麿を見て「清麿のやっていることは正しい」「何かあったら私が行く」と冷静に対処する、リオウ戦で清麿が心肺停止となり、「サイフォジオ」でも息を吹き返さなかった際にはメインキャラクターで唯一諦め、清麿の意志を継いで日本を守るためエリーたちと共にファウードを止めようとするなど、物事を見極める目も持っている。 仲間(年上であるサンビームも含む)に対しては敬称略で呼んでおり、自分のファンの女性達に対しては「バンビーナ」と呼んでいる。 作中では主に襟の長い白い上着、赤いズボン、爪先が長いブーツ(靴下も爪先が長い)を着用している。 服は戦いの中でボロボロになる事が多く、特にズボンは炎や胃酸によって尻が丸出しになる事がある。 その異常なまでのタフさの秘密は、少年時代の過去にある。 のでは、今の姿からは想像できないほどグレており、ハードな風の出で立ちをし、ライオンのように荒んだでに生きる日々を送っていた。 人助けもしていたが、周囲から凶暴さを良く知られているため、助けても怖がられ逃げられてしまうだけだった。 遂には、両親からを突き付けられて、家を追い出されるという仕打ちを受けてしまう。 故郷を追われてからしばらく経ったある日、偶然店のTVでにを留めているを見て、自分もカバのように不格好で良いから他人に受け入れられることを決心し、暴力と決別してへの道を進み、現在のように愉快で愛情あふれるキャラクターとなった(そのため、彼は好きな動物にカバを挙げている)。 そのような思いからか、が旺盛で、多忙な中でも病気の子供たちのために病院を訪れてを行うなど、あらゆる人のために活動をすることを惜しまない(その姿を見た清麿は彼を認め「生き残れよ」と告げており、その後ガッシュの仲間に加わり清麿も態度が軟化した)。 しかし、それでも両親からは面会を拒否され続けており、ゆえに暴力によって大切なものを失うことを人一倍熟知している。 大ヒット曲「チチをもげ! 」は実際にCD化された。 原作ではこのCDは日本限定でリリースされている模様 で、アニメでは地元のイタリアなどでも披露された。 また、作者が取材(清麿達がイギリスに行く話を描く目的)でイギリスに行った際、おもちゃ屋でフォルゴレのラジコンを購入しており、漫画やアニメでもそのラジコンを出している。 脚注 [編集 ]• 主要人物の中ではガッシュと最初に出会った魔物であるが、当初は敵として対面した。 作者によると、「初期設定ではをベースにデザインしていたら、ガッシュの仲間になるキャラだからと言う理由で人型にしようとして書き直していつの間にかアヒルのようになっていた」とのこと。 アニメでは、魔界をお菓子の国にするという具体的な目標を作り、自身が王になったらキース戦の最中で友情が芽生えたモモンをチョコ大臣にすると約束した。 実際にバーゴとの戦いでは、ルシカの羊を取り戻そうと奮闘している。 また、サーカスでの特訓で火の輪潜りや玉乗りを成功。 元々キャンチョメは術でハッタリをかました時、すべての術で最低一度は騙せたほど。 清麿はデュフォーから「『答えを出す者』は使わないように」と警告された。 ガッシュ戦では鼻が長い清麿に変身しており、怪しげな言動をとっていたのにも関わらず、ガッシュや鈴芽は気付いておらず、本物の清麿が登場するまで気付かなかった。 バーゴ戦では頭部が長いフリトに変身しており、リップサービスでバーゴを騙してフリトを殴らせた。 ビクトリーム戦では清麿の作戦により、モヒカン・エースの腹に自分の顔を描き、自分はビクトリームの本に変身するという逆手を取った。 ベルギム・E・O戦ではキッドに変身してベルギム・E・Oを騙した。 アニメ版ではキッドと別れたナゾナゾ博士を元気付ける為にキッドに変身したが、時々顔が元の顔に戻る事があった(博士は最初から気付いていたが、知らないフリをしていた)。 清麿の腹に噛みついたり、フリトのズボンを脱がす等。 ガッシュ戦でも「ガッシュの股間を洗濯バサミで挟むぞ」と脅しており、ガッシュを恐怖に陥れている。 初めて使ったキース・ブザライ戦では当初は逃げ出したり、嫌な役目を別の分身に押し付けていたが、キャンチョメに叱咤されて以降、弱気な面を見せなくなった。 作者ブログより。 原作ではイギリスの病院に来た際、清麿に「チチもげ魔」と言われ、その場にいた厳つい看護師に2階以上の高さから投げ出された。 アニメの石板編では恵に近付こうとしたが、清麿から「チチもげ魔」と聞いた恵に合気道で返り討ちされたという例外もある。 清麿達は千年前の魔物との連戦により心の力が少ない状態だった。 なお、ほぼ全世界フォルゴレの出向く地での女性はこの曲を知っているファンが多いので、ネットでの配信等別メディアでのリリースをされている可能性がある。 フォルゴレは病院の子供達の見舞いに行く際、花屋とお菓子屋とおもちゃ屋に立ち寄っており、花束と菓子とラジコン10台を購入して子供達にプレゼントしている。 ちなみにフォルゴレは各店の女性店員のチチや尻を触った模様。

次の

金色のガッシュベル!! キャンチョメ&パルコ・フォルゴレ|商品情報|メガホビ MEGA HOBBY STATION|メガハウスのホビー商品情報サイト

パルコ フォルゴレ

パルコ• フォルゴレは簡単にいうと、 で、 で、 で、 で、 で、 で、 で、 で、 で、 なキャラです! 下線は、似たキャラが持ってない、このキャラの個性です。 [ステータス] : [容姿] : [頭部 髪 ] : [頭部 その他 ] : [持ち物] : [服装 トップス ] : [服装 ボトムス ] : [背景] : [能力] : [基礎性格] : [性格] : を押すと、必ずその属性を持つキャラの中から、パルコ• フォルゴレに似たキャラを探せます。 パルコ• フォルゴレ 特殊な趣味な破天荒 の特徴 & その特徴を持つ似たキャラ 左端に、同じ特徴を持っていて、パルコ• フォルゴレに似ているキャラを表示しています。 ポンコツ で、ドジっ子 な所 このキャラの各属性についての情報・エピソード・印象的なセリフの引用に加え、それで自分がどう思ったかを書くと、このキャラの良さをより伝えられます。 このキャラを褒めるように書いて頂けると助かります。 コメントが少ないときには、本文中ではなく最上部に掲載されることがあります。 「概要」を投稿することで解消できます。 コメントを気軽に投稿してね! パルコ• フォルゴレの について 括弧内は既存コメント数 似合う属性: について その他の似合う属性: について 同じ作品の と似ている所、違う所、関係、その他情報を教えて下さい! シリーズ: の と似ている所、違う所、関係、その他情報を教えて下さい! 一番似ている 小紫ワキヤと似ている所、違う所、関係、その他情報を教えて下さい!• キャラにコメントをするとランキングポイントが加算されます。 スパムにはこちらで対処します。 しばらく対処されてないスパムがあったら、その近くでコメントして教えて下さい。 利用者の方が自分でスパムに対して報復コメント・報復用画像を添付することは、当サイト自体に深刻なダメージを与えるので、絶対におやめください。 パルコ• フォルゴレに似ている の エピソード 3: クレヨンしんちゃんの野原しんのすけや菜々子お姉さんやマサオくんや風間くんやチーターやぎんのすけやドラえもんののび太やスネ夫やのびすけやジャイアンやひかるや響やなぎさやえりかやフワや真琴やみゆきやいちかやあおいやマナやカッパードやミルモでポン! のミルモやヤシチやワルモ団やサスケやムルモや安純や松竹やおじゃる丸や野獣先輩やポケモンのムサシやポッチャマやラブライブ! の鞠利やにこや善子やプリリズレインボーのいとやガウドロのガウやいないいないばあ! のうーたんやオレ様キングダムのみゆうやリリカや谷口さんや輝やにゃんこやうる星やつらのラムやプリパラのジュルルやドロシーやあじみやはなかっぱや東京ミュウミュウの歩鈴やハナヤマクのハナ・N・フォンテーンスタンドやにじいろプリズムガールの虹かや東方のチルノやきらりんレボリューションのエリナやアンパンマンのばいきんまんやドラゴンボールの亀仙人やボルトのうずまきナルトやハルヒやしましまとらのしまじろうのしまじろうやとっとこハム太郎のこうしくんや美少女戦士セーラームーンの月野うさぎや愛野美奈子やちびうさやおジャ魔女どれみのどれみや花や少年アシベのアシベやウォレスとグルミットのショーンや忍たま乱太郎のしんべえや恐怖コレクターのジミーや雷太やアイカツ!の二階堂ゆずと同じくウルフルンも粗相したことがある。

次の

メガハウス G.E.M.シリーズ 金色のガッシュベル!! キャンチョメ&パルコ・フォルゴレ|ホビーの総合通販サイトならホビーストック

パルコ フォルゴレ

金色のガッシュベルの文庫本版が発売されたので久しぶりに読み返しました! 本来は全33巻を16巻にまとめ1つ1つのボリュームも上がりとてもいい感じに! ガッシュベルは感動はもちろん、ギャグもおもしろくてとてもいい作品ですね。 その中で連れ添ったパートナーとの最期の別れは全て泣けると言っても過言ではありません。 その中でも今回はこの2人 キャンチョメとフォルゴレについて話したいと思います。 この2人は最初は魔物の子であるキャンチョメはとても弱く、パートナーであるフォルゴレのほうがとても強かったのです。 それこそGCで出たゲームなんかではほぼ攻撃はフォルゴレだったり しかし最終回が近づくにつれキャンチョメはある事をきっかけに一気に強者の仲間入りをします。 それこそ連戦練磨の主人公であるガッシュを本当に倒しかねないほどに。 物語は佳境を迎え大きな闘いに入ります。 その中で敵である2組の魔物のうち、空間移動能力をもつこれまた化け物じみた敵とこの2人は相対します。 その敵は決して弱くなく今までも多くの魔物を倒してきた恐ろしいものでしたが、キャンチョメはその2人をまるで赤子の手をひねるように圧勝してしまいます。 敵は全く勝てない恐怖から猛烈に身体を震わせ戦闘意欲が削がれていましたがそれでもお構いなく、キャンチョメは敵を追い込んでいました。 やっと自分が強くなったこと、大切な仲間をやっと守れるようになったこと、そういった事から仲間を傷つけた敵を執拗に攻撃していました。 しかしその途中でその攻撃を敵からかばうようにフォルゴレが邪魔をします。 なぜだ!とキャンチョメが聞くと、間違った道に進ませないため。 とフォルゴレ キャンチョメが急激にパワーアップをした際にそれをしてくれたある者から注意がありました。 「力を持ってしまった者は変化してしまう、そこに注意しろ」と。 もともとキャンチョメは弱かったが仲間のピンチには必ず立ち向かうとてもいい子でした。 しかし仲間が傷つけられ、そして強くなった今キャンチョメは戦意喪失した敵を決して許さないとまだ攻撃します。 また動物の中で1番かっこよくて強いのはライオンだ、自分はライオンになれたんだ!と考えがどんどん悪い方向に突き進みかけていました。 その時にフォルゴレは過去の自分の話をし始めます。 かつてフォルゴレはとても悪く、町では誰もが逆らうことが出来ないまさに百獣の王ライオンのようでした。 しかしあまりに酷いその行いからか周りから人は消え、最後には実の両親からも避けられるように町から追い出されてしまいました。 その時にふと電気店で見たテレビに映っていたカバの映像を見ます。 そのカバの牙には小鳥が止まっていました。 自分もいつかこうなりたい、だからフォルゴレはライオンよりカバさんの方が好きだ。 とキャンチョメに諭します。 現在、フォルゴレはスーパースターになり決して昔の面影なんかはない良きスターになった今でも両親は怖がって会ってくれない。 だからこそキャンチョメにはそうなってからでは遅いとかばった時に受けた傷でボロボロになりながらもキャンチョメに伝えます。 それでもキャンチョメはのろまなカバじゃなく強くてかっこいいライオンが良いと攻撃します。 その攻撃をフォルゴレは受け止め… 「カバさんはとっても強いんだ、子どもを守るときはライオンだって倒してしまうくらいに。 私はいつだってカバさんだった。 私の姿は、キャンチョメの目にはかっこ悪く映っていたかい?」 その瞬間、キャンチョメの呪文は解けキャンチョメはフォルゴレに抱き着きその場は落ち着きました。 戦闘の末、戦意喪失した敵の本を取り燃やそうとする前にもう一度最後に同じ呪文を掛けます。 その時、そこに現れたのは一面がのどかな草原でした。 キャンチョメの能力は幻を見せる技、使い方によってはものすごく強く恐ろしい力にもなるが最後には、キャンチョメ自身が本来はこういった正しい使い方をしないとね!ととても楽しい幻を見せ敵であった相手にもプレゼントを渡します。 そして術も解け本を燃やそうとしたその時に、敵のもう1人に突然攻撃され咄嗟に本を投げましたが止む無く本が燃やされてしまいます。 突然の別れに2人は話します。 「フォルゴレは強いんだから泣いたらダメだぞ」 「キャンチョメだって強くなったのに泣くなんて情けないぞ」 「僕なんかまだまだだからいいんだよ、それより嫌だよ、別れたくない」 「嫌だ、消えてほしくない、頼む行かないでくれ」 「僕だって。 僕だってまだまだこれから…」 「寂しくなる、まだ消えちゃだめだ!」 そう会話しながらも無情にも本は消え、キャンチョメは魔界に帰っていきそこには肩を落として泣き崩れたフォルゴレの姿だけが残りました。 その悲しみの後、フォルゴレはガッシュ達に会い、事の顛末を話しました。 またその時に悲しみに暮れ、敵の本を燃やし忘れたことを謝罪しその場を去ります。 ガッシュ達は決して燃やし忘れたことを責める事はせず、フォルゴレやキャンチョメの想いを聞き強い気持ちを改め、また戦いに備え修行に戻りました。 しかし、この時に敵の本を燃やし忘れたことがきっかけで展開は思わぬ方向に進んでいきます。 …そこはぜひ、単行本33巻または文庫本16巻を直接見てみてください! ある日、今まで出来なかったりして悩んでた自分が力をつけた時にみんな誰しも世界は変わるはず。 そしてその力を良い方向に使える人もいれば悪い方に使ってしまう人も。 もしその時に使い方を間違えてしまうと、また正しい使い方をするとどんな素晴らしい世界が開けるのか。 そういったメッセージもこの2人もとい金色のガッシュベルで学ぶものがありますね。 この感動の別れは文庫本では15巻にあるのでぜひそちらも!文字でどこまで伝えれるか、知っている人には伝わっているかもしれませんが、やはり漫画と比べるとこの自分の感動した思いの丈だけでは、原作の10分の1、いや100分の1にも見てないはずですので、少しでも興味が湧けばぜひ漫画で読んでみてください!!! 戦闘の迫力や、おもわず笑えるギャグ、さらには別れのシーンなどは非常に泣けます。 1巻、最初から読んでも飽きずに最後まで読めると思うのでぜひ! もう1周してこようかな?それでは! 注意 勢いで書いてしまっているので会話の内容や順序がめちゃくちゃになってるかもしれません。 気になる人はぜひ読んで確認してね!この熱い気持ちの勢いのままここに載せておきます。 笑 ぜひとも合わせて読みたい感動作品 「ニャースのめっちゃ泣ける過去とロケット団に入った理由」 「金色のガッシュベル バリーとグスタフの別れ。 男の別れ。 」 どうぶつの森BGM ポケモン BGM どうぶつの森 ポケモン.

次の