アンダー ヘア 手入れ。 アンダーヘアiラインの正しいお手入れ・処理方法!Iライン女性事情

女性のアンダーヘア事情。様々なお手入れ&処理方法

アンダー ヘア 手入れ

[目次]• アンダーヘアの処理方法とは アンダーヘアの処理方法は、大きく分けると、• 自宅でのセルフ処理• 皮膚科• 脱毛サロン で行う方法に分かれます。 自宅での処理としては、• カミソリやシェーバーで剃る• ピンセットなどで抜く• 除毛クリームやワックスでの除去• 家庭用脱毛器• セルフ・ブラジリアンワックス• ヒートカッター での熱処理などが一般的です。 セルフ処理には自信がないけれどキレイに処理したいという方は、• 脱毛サロン• ブラジリアンワックス• 医療レーザー• 光脱毛 などがおすすめです。 アンダーヘアの正しい7つの処理方法とメリット・デメリット 仕上がりの美しさや肌への負担を考えると 脱毛では、レーザー脱毛や光脱毛がおすすめの方法といえるでしょう。 長さの調整では、毛先が水着や下着から突き抜けにくいという点からも、 ヒートカッターがアンダーヘアの処理に適しています。 コストや手軽さという観点も加味して、自分に適した方法を選ぶには、それぞれの処理方法の特徴や メリット、デメリットをしっかり理解する必要があります。 主な処理方法によるメリットやデメリット、注意点を以下に説明します。 カミソリ・シェーバーで毛を剃る カミソリやシェーバーで剃るという行為は、頻繁に行わないといけないため、 肌への負担が大きくなります。 そのため、 アフターケアも念入りにすることが必要不可欠です。 メリット• 手軽で簡単• 一度に広範囲を処理できる• コストが安い デメリット• すぐに毛が生えてくる• 伸びてきた毛先がチクチクする• 肌への負担が大きく、角質をはがしてしまう• カミソリ負けをしてしまうことがある• 頻繁に処理をすることで、色素沈着などの肌トラブルを誘発することがある 毛抜きやワックスで毛を抜く 処理する頻度が少なくて済みますが、 処理時の痛みや肌へのダメージが大きいのが毛を抜く処理の特徴です。 特に、 埋没毛は抜く処理をした場合に頻発するトラブルで、一旦発生すると自宅ケアではなかなか治すことができないため、注意が必要です。 メリット• 毛根からひき抜くので、毛が伸びてくるまでの期間が長い• 伸びてきた後のチクチク感が少ない デメリット• 毛をひき抜く際に痛みが大きい• 皮膚へのダメージが大きく、「埋没毛」を引き起こすことがある• 毛抜きで1本1本抜く場合は、時間がかかる 除毛クリームで脱毛する クリーム状あるいはムース状の除毛剤を脱毛したい部分に塗り、洗い流す処理です。 除毛クリームは、 毛を溶かす作用のある強い薬剤のため、 塗った部分の肌にも大きなダメージが加わります。 また、 デリケートゾーンは粘膜の近くなので塗るのは控えましょう。 メリット• 塗るだけなので、手軽• カミソリのように切り傷を作ってしまう心配がない• 一度に広範囲を処理できる デメリット• 肌にダメージが加わる• 薬剤にかぶれたり、アレルギー症状が発生することがある• 表面の毛を溶かすだけなので、すぐに生えてきてしまう• 刺激の強い薬剤のため、粘膜部分には基本的に使用不可• アンダーヘアのような、太くて硬い毛よりも産毛の方が向いている 熱線により毛をカットするヒートカッター 熱線によりアンダーヘアをカットする方法で、カッターの形は櫛(くし)型タイプが主流です。 メリット• 切断面が丸くなるため、チクチク感が少ない• 簡単に処理ができる• 肌への負担がない デメリット• 切るだけなので、毛自体をなくすことはできない ワックスシートで脱毛する ブラジリアンワックスなど、粘着力のある脱毛用の ワックス剤を塗った後、ワックスと一緒に毛根から脱毛する方法です。 メリット• 広範囲の脱毛が可能 デメリット• 毛を引き抜く処理と同様、痛みや肌へのダメージが大きい• 毛が皮膚の中で成長する「埋没毛」を引き起こすことがある 美容皮膚科など専門クリニックで処理するレーザー脱毛 主に 美容皮膚科などのクリニックで行われる脱毛方法です。 メリット• 医療レーザー脱毛の場合、ほぼ永久的に生えてこない(個人差はある)• 毛のメラニン色素にのみ反応するので、皮膚へのダメージが少ない• 自分では処理しにくいところを確実に処理可能 デメリット• アンダーヘアのような太い毛だと、レーザー照射時に痛みが強い• コストがかかる• 2~3か月程度ごとに、3~6回ほど通わなければいけない エステやサロンで行う光脱毛 主に エステティックサロンや脱毛サロンで行われる脱毛方法です。 メリット• 皮膚へのダメージが少ない• 自分では処理しにくいところを確実に処理可能• レーザーよりも痛みが少ない デメリット• レーザーと比較すると、処理した毛が再生しやすい• レーザーよりも頻繁に通わなければならないことが多い アンダーヘアを自分でお手入れするときの注意 以上のように、アンダーヘアの処理方法も特徴もさまざまです。 安全性や皮膚への負担、仕上がりの美しさという点では、すでにご説明した通り、• レーザー脱毛• 光脱毛• ヒートカッター による処理がおすすめです。 アンダーヘアのお手入れは、形を整え、下着や水着からヘアがはみ出ないことも大切ですが、清潔で快適に過ごせるためという理由もあります。 美容面だけでなく、衛生面からもアンダーヘアのお手入れをするように心がけましょう。 また、自己処理を行う場合は、デメリットやリスクをしっかり理解したうえで、適切に行うようにしてください。

次の

アンダーヘア処理7つの方法とお手入れ注意点!今更聞けない大事な話

アンダー ヘア 手入れ

アンダーヘアを手入れしないのは普通のことでしょうか?一度もしたことがない人にとっては、アンダーヘアを手入れしないことは普通です。 しかし、一度でもしたことがある人は、アンダーヘアをしないということは驚きでしょう。 また、異性にアンダーヘアの手入れをしてもらいたいという人は、それぞれ7割ほどいます。 セックスの時などにいざ身体を見たら、手入れがされていない、量が多いというのは気持ちが萎えてしまうのでしょう。 男性は男らしいと考えていてもいざ目の前にするとほとんどの人にとって気持ちの良いものではありません。 また女性の場合は、体毛は処理してあるのにアンダーヘアだけ手入れしていないこともあります。 それに加えてにおいがこもりやすいという特徴もあります。 アンダーヘアの手入れをしたことはないけれど、相手にはしてほしいと考えている人が多そうです。 アンダーヘアを手入れする人の割合 アンダーヘアの長さは、長すぎると困ります。 夏場であれば水着やホットパンツから見えないか気になる人もいるでしょう。 また男性の場合は毛が絡まるということもあります。 それに加えて毛が長い人は、汗などで蒸れやすく、またにおいがこもりやすくなるという側面もあります。 では、どれくらいの長さにすればいいのかというと、3cmを目安にするといいでしょう。 アンダーヘアは短ければいいということではありません。 坊主頭のように、短すぎるとざらざらとした手触りになります。 また下着の生地は薄いため、生地を破って飛び出ることもあります。 3cm以上になると、特に女性は下着からはみ出るか気になる長さとなります。 男性であればそのようなことはほとんどありませんが、女性の基準委合わせておくとウケが良いでしょう。 手入れをするなら アンダーラインの手入れの方法を見てきましたが、どうでしたか。 これまでアンダーラインの手入れをしていなかったという人にとっては、手入れをしている人が半数程度いるというのは驚きだったのではないでしょうか。 たしかにアンダーヘアの手入れは手間がかかります。 しかし、夏場や大切な場面で急に手入れをしようと思い立っては、その方が時間がかかりますし、失敗することもあります。 それよりは定期的に少しずつ長さや形を整えておくほうが良いでしょう。 また、アンダーヘアの手入れの評価はほとんどの場合が異性によるものでしょう。 細かく形や長さをチェックすることはありませんが、手入れをしているのとしていないのとでは明確な違いが出てきます。 あなた自身の自信をつけることはもちろん、汗による蒸れやにおいなどの悩みも解消されることがあります。 アンダーヘアの手入れをして楽しく過ごしましょう。

次の

アンダーヘア(VIO)の処理はセルフでも大丈夫! おすすめのお手入れ方法や理想の形についてご紹介

アンダー ヘア 手入れ

次に思いついたのは 除毛クリームでした。 パッチテストとしてすね毛で試したところすごい威力。 見る見る間に毛は溶けて、つるっつるの足になりました。 これならいける!と意気込みVラインと、玉に試しました。 が、、、 悲劇が私を襲いました。 効力が強すぎて、キンタマの皮も一緒に溶けてしまい、拭き取る際に声を上げるほどの激痛が・・・ 皮膚科に行きました。 2日はまともに歩けませんでした。 Vラインも荒れに荒れ、2度とやらないと誓いました。 ちなみにリンクにあるのがそのとき使った除毛クリームです。 私の肌に合っていなかっただけかもしれないので、大丈夫な人は大丈夫かもしれません。

次の