コロナ 予言 いつまで。 【新型コロナ収束見込み】スピリチュアルではいつまで?占い師の予言をチェック!|Rioの日々、気になるコト。

【新型コロナ収束見込み】スピリチュアルではいつまで?占い師の予言をチェック!|Rioの日々、気になるコト。

コロナ 予言 いつまで

山中伸弥教授(写真:石田高志) 安倍晋三首相は2020年4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため緊急事態宣言を発令しました。 対象地域は東京を含む7都府県(神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)で、期間は4月8日から5月6日までの約1カ月です。 1カ月という期間を長いと感じるか短いと思うか、捉え方は人それぞれでしょう。 確実に言えるのは、このウイルスは人間の都合など全くお構いなしだということ。 暖かくなれば感染拡大のペースが落ちるのではないかという、当初の楽観論も最近は聞かれなくなりました。 では、新型コロナの影響は一体いつまで続くのでしょうか。 「新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。 ランナーでもある山中教授が「マラソン」という言葉を使った真意を、私なりにデータを基に考えてみました。 世界の感染データを検証すれば、今後の趨勢がある程度予測できるからです。 米Johns Hopkins大学のデータより。 「現感染者数(Active cases)」=「累計の感染者数」-「リカバーした人数」-「死亡した人数」 現感染者数が世界で最も多いのは米国の28万9798人でした。 死亡率は2. 4%と世界平均(5. 8%にとどまっているのはまさに今、感染が爆発的に増えている証拠でしょう。 Trump大統領は3月31日、厳しい行動制限などの対策を打ったとしても米国内の死亡者数が最終的に10万から24万人になるとの見通しを発表しました。 米国に次いで現感染者数が多いのはヨーロッパ諸国です。 2週間ほど前から感染が爆発的に広まったイタリアとスペインが8万人台、その下にドイツとフランスが6万人台で並びます。 これらの国はまだまだ予断を許しませんが、治癒率が10%から20%台の後半になっている点が米国と大きく異なります。 医療体制が整ってくれば、現感染者数も少しずつ減っていくはずです。 「現感染者数」では既に日本と中国が逆転 私が注目したのは中国のデータです。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生国であり、累計の感染者数は8万人を大きく超えているにもかかわらず、現感染者数は2116人にとどまります。 この数は日本の現感染者数(2548人)よりも少なくなっているほどです。 「中国の統計データは信用できない」と考える人は少なくありません。 気持ちは分かりますが、国際的に見れば日本の検査数が少ないことも否めない事実です。 そもそも国民全員を対象にPCR検査をすることは物理的にも経済的にも不可能であり、検査品質を世界で統一することもできません。 結局、各国政府が公表しているデータを「正しい」と信じるしかないのです。 関連記事: 中国に関して間違いなく言えるのは、感染防御に向けて世界のどの国よりも厳しい措置を取っているということ。 感染の発生源である武漢市(湖北省)は1月23日から封鎖(4月8日に76日ぶりに封鎖が解除される予定)。 北京や上海など国際都市も含め、海外から来た人は外国人であっても強制的に2週間隔離しています。 スマートフォンの位置情報を使って、感染の疑いのある人が今どこにいるかを示すアプリまで登場しました。 先進国であればプライバシーの侵害だと大問題になるのは必至です。 そうした批判も顧みず強権を発動できるのが中国という国であり、感染防御という側面ではそれが効果的に働いたことは事実です。 中国でも感染拡大の「第1波」を乗り越えられただけ では、中国は新型コロナウイルスを克服できたのでしょうか。 図1に中国における感染者数と死亡者数の推移をグラフで示しました。 これを見れば、中国では感染のピークが過ぎたことが分かります。 欧州疾病予防管理センター (ECDC)が公開している国別感染者データ(the geographic distribution of COVID-19 cases worldwide) ただし、感染者をゼロに封じ込めた状況とはなっていません。 ピーク時は1日に1000人以上の新規感染者が発生していましたが、3月中旬から100人未満となり、下旬には1日の新規感染者数が10人から20人台の日が続いていました。 ところが、3月末から再び100人を超える日が増えてきたのです。 中国政府は人民に対して厳しい外出規制を課してきましたが、3月に入ってから状況に応じて都市ごとに規制を緩めました。 その結果、週末になると商業施設や観光施設が混雑するようになりました。 感染の第2波がやってくるリスクが、ひたひたと高まっているのです。 WHOの基準ではウイルスの潜伏期間の2倍の期間、感染者が新たに発生しなければ終息宣言となります。 新型コロナウイルスの潜伏期間は2週間とみられていることから、少なくとも4週間、感染者数がゼロにならない限り、ウイルスとの闘いは終わりません。 独裁的な中国共産党をもってしても、感染者数をゼロにするのは至難の業です。 21世紀の世界では、人の往来を完全にシャットアウトすることは誰にもできません。 つまり非常事態宣言を出して感染拡大の第1波を乗り越えられたとしても、新型コロナウイルスを完全に封じ込めるには相当長い期間がかかるのは(残念ながら)間違いありません。 山中教授が「1年は続く」と指摘したのは、感染力の極めて高いSARS-CoV-2ウイルスの本質を見抜いているからです。 もちろん、バイオテクノロジーを駆使すれば、効果的なワクチンや治療薬も開発できるでしょう。 ただ、その未来がやってくるには年単位の時間がかかります。 それまでの間、私たちは医療崩壊を防ぎながら、何とかしのいでいくしかありません。 山中教授は、ウイルスとの闘いをマラソンに例えました。 もはや、長期戦で臨むことを覚悟するしかありません。

次の

コロナを予言している人は誰・何者?志村けんの死や黒沢かずこ、宮藤官九郎の感染を予言していた!

コロナ 予言 いつまで

Contents• 予言とはそもそも? 予言という言葉を履き違えて、違っている者が多いと感じる。 そもそもこの言葉は言ってしまえば、宗教的な意味合いが色濃く反映されていると認識している。 そして、 必中 ( 必ず当たるもの)でなければ、予言という言葉の意味には当てはまらない。 加えて、合理的な説明が出来る見通しというのは、予言とは言えないと定義されている。 仮に『Aである』と予言したとして、答えは『Bだった』とするのであれば、これは予言ではなく単なる予想であっただけの話。 今回のコロナウイルスに関しても、既に以前から予言されていたと言って憚らないメディアも少なからず存在している。 これは単なる後付けであり、後付けならば何とでも言えるというのが個人的感想なのだ。 現代において予言者ということで広く認知されている人物として挙げるならば、エドガー・ケイシーやジュセリーノであるが、懐疑的な見方をしている者も多い。 私もその口なのだが、人々の『わからないことへの不安』を取り除く一つの精神的支柱となるという意味においては、価値ある人物として考えている側面もある。 コロナウイルスがいつまで続くかの予言? コロナウイルスの蔓延により、世界中がパニックを起こしている昨今。 株式市場をはじめとする金融の世界でも、これが切欠となって凄まじい暴落の憂き目を見ている。 物理的に何の関係がない分野にまで、非常に損失を出しているコロナウイルスではあるが、これがいつまで続くのか?を予言してくれる者がいるとすれば、縋りつきたい人間がいるのも仕方がないことなのかも知れない。 よくよく氾濫している情報を紐解いて考えてみると答えが見える。 前述したように予言というものは、『必中』でなければ予言という言葉の定義には合わないと個人的に考えている。 なので、それが出来る人間はいないと断言してもいいくらいだ。 今はメディアなどもこぞってコロナウイルスの危機を煽り、人々に恐怖感を植え付けているという見方も出来る状況だ。 そんな中で『予言』という根拠に欠けるものに縋ったところで、それを信じてしまって日々の行動を決めてしまうのは早計であると思うのだが。 実際に現在、確実にいつまで続くのかを何時何分何秒という単位で、指摘している者は誰もいない。 つまり、予言などは出来ないことを匂わせている一種の答えでもあるのだ。 コロナウイルスがいつまで続くのかの予言ではなく予想ならば・・・ コロナウイルスがいつまで続くかという予言ではなく、予想ならば可能であるが、それも確実とは言えない。 方法としては過去の類似ケースを紐解いて、人々がどう動いたかなどを分析することで、終息はどの程度の期間が必要なのか?というものを計ることは可能。 今回の新型コロナウイルスは2003年に大規模な広がりを見せたSARSのいわば親戚みたいなものである。 2003年のSARSは14ヶ月で終息をみたと言えるが、今回もそれに当て嵌まるかどうかは断言出来ないところだ。 しかし、1年間という短い様で膨大な時間の中において、相手が例え未知の病原体だったにせよ抗う結果が一つとして出ないなんてことはあり得ないと感じる。 実際には予言ではなく予想ということであるので、事態はもっと早期に終息を見るかも知れない。 或いはMERSの様に現在進行中の伝染病として、人々がそれを認知する形で落ち着くかも知れない。 個人的には、コロナウイルスがいつまで続くのか?という問いは必ずしも適正ではないと感じている。 もっと具体的に言うのであれば 『 コロナウイルスが切欠で起きている様々なパニックはいつまで続くのか?』 『 コロナウイルスが不安材料であり続ける期間はいつまで続くのか?』 と、いう方が正しいといえるだろう。 これら問いの答えならば、早ければ夏・・・わずか数か月のうちにパニックは終わりを迎えると感じている。 何故ならば人々は不安ばかりを抱えては生きていけないし、不安を感じる要因である情報というのに慣れる生き物であるからだ。 実際にこういったパニックを助長しているのは、大手メディアなどであると言っても過言ではないが、ここは特定の組織などを否定する場所ではないので割愛する。 後者の問いに関して言えば、抗ウイルス薬やワクチンが開発されて一般普及するするまでは、前例をなぞるならば少なくとも一年の期間は必要なのかも知れない。 しかし筆者はコロナウイルスをそれほど恐れていないのだ。 むしろ恐れているのは、恐れることを必要としないコロナウイルスが切欠となりパニック心理が働いて、多大な損失を被っている金融市場の在り方や、人々の意識だ。 それらは本来、全く関係のないところにまで飛び火して、失わなくても良かったものまでも失わせる悲劇に繋がるからだ。 残念なことに金融市場においては、経済の総本山であるアメリカとて食い止めることが出来なかったので、時間の経過が必要というしかない。 加えて人々の意識も未だに薬局などにいっても、紙類が品薄であることからみても、不安を煽って増長させた個々のパニック心理は非常に罪深いと言わざる得ない。 コロナウイルスがいつまで続くのかの予言や予想についてのおわりに コロナウイルスの世界的な蔓延が切欠になり、誰にも分からない未来への予言や予想に注目が集まるのは、考えようによっては仕方がないのかも知れない。 だが、それを完全に結果を言い当てられる人間などは誰もいない。 分からないのだ。 分からないならば、考える必要もそもそも無い。 考えるからこそ、前述したようなパニックが起きてしまうのだ。 そしてそれが本来は起きなかった筈の損失や悲劇を生み出す要因となる。 しかし、こうした考えを日常の生活に取り入れて生きている人間は極々、僅かであることは言うまでもない。 事態の終息は考えるのではなく、『待つ』ことしか手立てはないというのも、悲しい現実ではあるが、受け容れなければならないと感じざる得ない。

次の

「コロナ禍」はいつまで続く?:2022年終息説ほかいくつかのシナリオ

コロナ 予言 いつまで

コロナはいつ収束するの!? ハリウッド開運術 占星術 :サラ・セイヤス先生 サラセイヤス先生は、ロサンゼルスを活動の足場にしている占い師です。 運命鑑定師の家系の生まれで、幼い頃から算命学、数秘術、占星術などを勉強し、大学卒業後両親から運命鑑定を引き継いだことをきっかに人気を集めることになったそうです。 また、コロナウィルスについてサラ・セイヤス先生は、占星術を用いて以下のように言われています。 2020年は魚座の時代からみずがめ座の時代に移行する重要な年• 時代の移行は2000年という長い時間をかけて起こるもの• 新型コロナウィルスは、コンジャンクションにあわせるように世界に広まり、2020年4月現在も収束していません。 現在の状況から、次に重要な日として4月10日の満月の日を挙げられています。 そして、 この4月10日の満月の日から5月の半ばくらいまでは、注意が必要であり、5月半ばを過ぎるころに収束する可能性が高いと言われています。 2020年4月現在、世間では5月ごろまで営業を自粛したり自宅勤務など外出を控える流れになっているので、サラ・セイヤス先生の言う通り、5月半ばまではじっと耐える必要がありますね。 マンディーン占星術:yoya先生 yoya先生はマンディーン占星術(金融占星術)を用いて、経済について占いをされています。 その内容は有名企業や、アメリカ経済、原油下落についてなど様々で、非常に興味深いですね。 そんなyoya先生ですが、新型コロナウイルスの未来についても占われています。 yoya先生の未来予測では、 3月末から4月頭ごろがピークであり、そこからは落ち着いていくと予想されています。 ただし、ワクチンができるまでは完全に収束することはなく、まだ時間がかかるとも予想されています。 少し時間はかかってしまうかもしれませんが、油断することなく生活し、しかるべく時を待つことが重要ですね。 魔女占い ホロスコープ :カメリア・マキ先生 カメリア・マキ先生は、 全米魔女協会より魔女名Darkmoonを受けた日本人で初めての魔女です。 テレビ出演や雑誌での連載、講師としての活動など、幅広く活躍されている人気、知名度のどちらも高い占い師の先生です。 カメリア・マキ先生は、新型コロナウイルスについても、西洋占星術を用いて占われています。 木星と土星がコンジャンクションに入る20年~25年の一度の周期は、社会が混乱して恐れられる時期だと言われており、この星の配置は 2020年2月以降ピークを迎え、3月23日にいったん抜けたあと、4月10日の満月あたりで、すさまじい勢いになると予測されています。 この星の配置が終わるのが5月14日ということも言われていますので、そのあたりから落ち着きだすのでは?という感じでしょうか。 どちらにせよ、対策のために私たちの行動も問われることかと思います。 霊感タロット:たまき 霊感タロットたまきチャンネルというYouTubeチャンネルで占いの動画を配信されている占い師の先生です。 霊感タロットを用いて、結婚や恋愛についてだったり、芸能人やユーチューバーなどの有名人を占ったりなど、豊富なネタが満載の動画になっています。 その中には時事ネタもあり、新型コロナウイルスについても霊感タロット占いをされています。 3月20日に配信されている『新型コロナウイルスに関する質問をまとめて占った!』では、ヨーロッパの収束ではいつ収束するのか、地球上で最後までくすぶる地域はどこなのか、などの質問に対し占いの結果を知ることができます。 いつ収束するのか?については、8月ごろを予測されており、必要以上に不安になる必要はないというメッセージではないかと読み解かれています。 算命学、易学など:渋谷の父ハリー田西 ハリー田西先生は、幼い頃から手相、算命学、姓名判断、気学などを研究されており、運命鑑定師として活躍しながら、放送作家としても活躍している占い師の先生です。 芸能界や政財界でも鑑定をするほど人気、信頼、実力を持たれています。 渋谷の父とも呼ばれているハリー田西先生ですが、4月のブログで新型コロナウイルスについてつづられています。 このブログで以前、ハリー田西先生は、 2020年と2021年は『2年でひとくくり』で考えるべきと述べられていますが、新型コロナウイルスの影響で2020年のオリンピックが1年延長され、2021年の開催になったことで、『2020年に起きた出来事が2021年にまで影響した』ことを的中されています。 また、 4月は庚辰の月であり、リーダーが未来に向けて前向きかじをとれば良い方向へ向かうと読まれています。 占星術:レイコローラン ファッション雑誌eclat(エクラ)のwebサイトにて、占いを担当されているレイコローラン先生。 London School of Astrology認定の占星術師であり、西洋占星術、数秘術を用いて注目を集めている人物や時事問題について、占いをされています。 2020年の運勢を占った際には、 『2020年は大きな変化がある年』と言われており、何かが起こることは予測されていましたが、それがウイルスだということまでは予測できなかったと述べられています。 コロナウイルスはいつ収束するのかという点では、 収束するのはワクチンができるまでですが、落ち着いたり、目途がつくのは7月の上旬あたりだと言われています。 コロナウイルスが激しい勢いを見せ始めたのは、土星がみずがめ座入りした3月19日前後であり、土星がやぎ座に戻るのが7月頭ということから、落ち着くのも7月だと予測されています。 コロナウイルスのことを予言・予測していた占い師はいる? 占い師として コロナウイルスのことを具体的に予言していた人はいませんでした。 しかし「すごく当たってるけどこれって予言なの?」と話題になったことが2つありますので ご紹介します。 松原照子先生 2019年の 月刊ムー2月号『松原照子の大世見』にて、新型インフルエンザが生じ、流行病として表明されるといった内容が掲載されています。 また、2013年の時点で東京でオリンピックが中止になるということも予言されています。 大友克洋先生 大友克洋先生は占い師ではなく漫画家の先生です。 大友克洋先生の作品の中でも有名な作品である SF漫画『AKIRA』。 1983年の漫画であり、35年以上も前の作品ですが、この作品の中でコロナウイルスが予言されていると思えるほど、伝染病についてや2020年の東京オリンピックのことが描かれおり、『AKIRA』がコロナウイルスを予言しているとSNS上で話題になっています。 職場の人に教えて貰ったんだけど、何年も前のAKIRAっていう漫画が、今の日本と完全一致しててヤバい 東京五輪開催 カウントダウンのパネル 肺炎伝染 東京オリンピック中止 作者は予言者なのかよ、、、 てかマンガのことが今現実で起きてるって相当やばいな — U GAMES ugames666 有名占い師は2020年の運勢をどう占ってる? 具体的にコロナに関して言及はしていませんが、有名占い師たちも 2020年は世の中がガラッと変わるという予測をしている人が多いです。 ゲッターズ飯田先生の2020年の運勢予想 ゲッターズ飯田先生は、2020年に気をつけるべきことの中で、このようなことを予言されています。 おくまん「2020年、あとは気をつけるべきことはなんでしょう?」 飯田「夏はちょっと危ない。 ほんとに。 大きい事故起きるよ。 大変です。 なので、本当に気をつけて欲しいので。 」 おくまん「夏にそういう、大きいのがある可能性がある」 飯田「あるあるある。 運気的にね。 だから、あんまり悪いことなければいいな、と思ってますけど。 まあでも、起きやすいからって全員が巻き込まれる訳ではないですけど、まあ暑いとかはね、あるから、やっぱり。 特に日本は夏運気良くないのよ、真夏。 」 おくまん「えっ、それは2020年が?」 飯田「いや、もともと。 」 おくまん「毎年?」 飯田「毎年。 」 おくまん「夏、運気悪いんだ!」 飯田「(中略)まあ、良い時もあるんだけど、でもそれはちょっと注意かな。 ただ、さっきも言ったけど、庶民からスターが出る運気なので、そういった部分では面白いと思いますね。 」 ウイルスのことではありませんが、夏ごろが危険だと予言されています。 時期的にも少しずれがありますが、大きなことが起きると言われていますね。 また、権力者や大きい企業が崩れてくるというような予言もされています。 飯田「権力者とか、大きい企業があと1年だけなので。 2021年ぐらいまでしかないので、大きい所が、ガタってくる。 」 おくまん「よし! じゃあトゥインクルコーポレーション大丈夫だ! こっからだよ! ちっちゃい所が」 飯田「ちっちゃ過ぎて逆にやばいよ。 常にやばいよ。 」 おくまん「ええ〜大きい所はそうなんだ。 」 飯田「大手は、まあいくでしょうね、そろそろ。 2020年からガタってくるから。 」 おくまん「そっか、価値観が変わり始めるから。 」 飯田「そう、もともとあったこういう価値ってものが無くなってくる部分では、ちょっと変わってきますね。 」 仕事の進展が遅れたり、ストップしてしまったりと、企業にとっても大きな影響がありますよね。 新型コロナウイルスによる企業への影響を予言していたとも捉えられるのではないでしょうか? 2020年は大きな変化がある年とも言われている通り、新型コロナウイルスの影響で、私たちの日常も大きく変わってしまっています。 水晶玉子先生の2020年の運勢予想 水晶玉子先生の開運歴2020には、ゲッターズ飯田先生との対談が収録されており、この中で水晶玉子先生は次のようなことを話されています。 2020年は、六十干支で「庚子」(かのえね)で、新しい流れができていく運気の変わり目になる。 世の中が混沌としそうだから、2024年の「甲辰」(きのえたつ)のほうが明るく活動的な気の年なのでいいのでは?と思ったんです。 実は1964年の東京オリンピックも「甲辰」の年で。 だから、あれほど祝祭的になったのではないかと。 引用元:水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020 未知のものと遭遇し、人々の意識が刷新されるような、大きな時代の曲がり角になるのは間違いないと思います。 引用元:水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020 コロナウイルスのことは話されていませんが、世の中が混沌としそうだと予言されていますね。 まさに、現在のコロナウイルスの影響を受けた日本の状態を表しているのではないでしょうか? 2020年は200年に一度の大きな運気の切り替わりであり、未知のものと遭遇することで大きな時代の曲がり角になるとも言われています。 この『未知のもの』は新型コロナウイルスを指していると考えられます。 未知のものに遭遇したことによって混乱している状態ですが、今一度落ち着いて心を1つにし、困難を乗り越えることが大事ですね。 オフェリア・麗先生の2020年の運勢予想 2020年は激動の年と読まれているオフェリア・麗先生は、日本にとって試練の時であり、激動の時代が始まると言われています。 2020年の前半は、はっきり言って 日本にとって試練のときとなりそうです。 前半の早い時期に大きな出来事があり、激動の時代が始まります。 この12月に木星が山羊座に入りました。 1年にひとつずつ星座を移動する木星は幸運を司る星ですが、1月には土星と冥王星も天頂に位置する山羊座に集まります。 この 3大惑星が接近する、「トリプル・コンジャクション」といわれる非常にまれな年が2020年なのです。 土星を表現する言葉は「制裁」、そして「歴史をつくる」星。 冥王星は「眠っているものを呼び覚ます力」を示す星です。 木星は「物事が本来の姿を取り戻す」ことを表しています。 これら3つの惑星が山羊座で織りなす稀有な配置が何を意味するか。 まさに 「大いなる審判が下されるとき」と言っても過言ではありません。 古い枠組みが崩れて、社会の再構築がはかられるという意味では、日本にとって必要な試練といえますが、やはり 払うべき代償は小さくありません。 社会も一時的に混乱をきたすでしょう。 しかし 3月後半あたりから、早くも希望の兆しが見え、世の中は徐々によい方向に向かっていきます。 火星と木星が重なり、 3月20日の春分の日以降は、よい気運に満ちてきます。 志のある人材が頭角を現し、再生へと導くでしょう。 先に厳しい試練が訪れるけれど、その 混乱の中で立ち上がり、戦う人が登場する。 そういうタフな人物が出てきそうな気配が感じられます。 この年に限ったことではありませんが、 災害への備えは日頃から心がけておくとよいですね。 新しくて便利といわれているものより、 昔から使われている道具のほうが役に立つシーンは多々あると思います。 「地図」を見ることができる能力も大事ですし、「ろうそく」「らんたん」「ヘルメット」などのアナログな道具も有効です。 災害グッズなどを用意しておくのはいいことだと思います。 2020年の前半に、大きな出来事があると読まれており、現在の日本の状態と一致していますね。 占星術の世界では200年に一度の大変革の時代と読まれている2020年。 世界に大きな変化があり、私たちを取り巻く状況も大きく変わっている状態ですが、3月後半あたりから希望の兆しが見えるとも予言されています。 大きな試練のまっただ中にいても、希望を持って前向きに行動することが大事ですね。 コロナで生活環境が変わってしまった方へ SNSやインターネットを見ていると、「テレワークになって好きな人と会える機会が減ってしまった。 どうアプローチしたら良いんだろう…」「コロナで仕事の将来を考えるようになったけど、私は今後どうすべきなんだろう…?」という声がたくさんあがっています。 私は迷ったときに占いで今自分の置かれている現在地や、今後どんな道 選択肢 があるのかを見るようにしています。 ただ自粛中では、対面の占い店に行くのって難しいですよね。 対面の占い店の休業も続いていますし… 筆者が通っている対面店も緊急事態宣言を受けてLINE電話で鑑定するスタイルに変わりました。 誰かに相談したい!アドバイスしてほしい!という方には初回無料サービスもある電話占いがおすすめです。 占いに行きたいけど、今の時期の対面占いはちょっとリスクを感じる• 電話占いって聞いたことあるけど、やったことないしな…• 電話占いって高く請求されそうで不安 とちょっと不安にお思いの方は、電話占いのWILLに相談してみませんか?• 専門のコンシェルジュが受付や鑑定について細かく説明してくれる• 初回3,000円分の無料鑑定プレゼント• 対面店舗もあるサービスなので、実体がある分信頼できる \3000円分無料お試し鑑定特典キャンペーン/ 最後に 今回はコロナウイルスについて占っている占い師や、コロナウイルスを予言していた占い師を紹介しました。 直接的ではないものの、2020年に何か大きなことが起きるということは、どの占い師も予言しています。 私たちにとって2020年は大きな変化の年になりますが、 占いはあくまで指標です。 コロナウイルスの収束は、ワクチンが完成するまで時間がかかると思いますが、私たち1人1人の行動も大きく影響するのではないでしょうか? 収束に向けて不要不急の外出を避けたり、手洗いうがいなどの対策は個人個人で行いましょう。 2020年4月現在、コロナウイルスにより大きな混乱を招いていますが、 早く平和な世の中になることを願います。 本当に当たる電話占い知りたくないですか?• 電話占いがありすぎて選べない• 電話占いは初めてで不安• 本当に当たる占いってどこなの?• 無料で占える電話占いサイトがあるの?• 無料特典が豊富な占いがいい! 電話占いは受けてみたいけど色々不安という方に向けて、独自調査&口コミを徹底比較して、全76サイトもの電話占いを比較しています!• 口コミで人気の電話占いランキング• 無料特典が豊富な電話占いランキング• 復縁に強い電話占いランキング• 恋愛成就に強い電話占いランキング• 霊能者が在籍する電話占いランキング• 自分にあった電話占いの選び方 をまとめていますので、お店選びで失敗したくないという方はぜひご覧ください。 \全76サイト徹底比較/ 関連する記事•

次の