豆腐ハンバーグ離乳食。 【離乳食・幼児食】混ぜて焼くだけ!冷めても美味しい豆腐の鶏ハンバーグレシピ

離乳食×豆腐ハンバーグ|子供も喜ぶ栄養満点レシピ6

豆腐ハンバーグ離乳食

塩分が多い• アレルギーの心配• 添加物が含まれる などが考えられます。 アレルギーがなければ、離乳食中期・後期からでも食べられるという方がいますが、市販されているものは避けた方が良いでしょう。 手作りのものなら、味の調節や火の通し具合も分かりますので、安心ですよ。 1歳までに与えるなら、まずが手作りのものから与えるとよいでしょう。 アレルギー、添加物については、後程詳しく説明します。 卵豆腐にはどれくらい塩分が含まれているのかご存知ですか? 卵豆腐の塩分 市販されている卵豆腐は、赤ちゃんが食べるようには作られていないので、大人が食べておいしいと感じるように塩分や糖分が含まれています。 離乳食期の赤ちゃんには味覚形成の大切な時期なので、塩分や糖分の多いものは控えた方がよいのはご存知だと思いますので、あまり早い時期から与えない方がよいと言えます。 一般的な卵とうふ1個(80g)には、 食塩が0,6g含まれています。 1歳以降でも与える量には注意が必要ですよ。 もちろん付属のだしにも塩分が含まれているので、 赤ちゃんに食べさせる時には付属のだしは使わない方が良いですよ。 ビタミンB12:血液中の赤血球の生成を助けてくれます。 ビタミンB2 :皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがある。 糖質・脂質・タンパク質の消化吸収を高めます。 パンテトン酸:ビタミンの一つで、ビタミンB2と同じような働きをします。 ホルモンや免疫抗体をつくる働きも。 たんぱく質 :血液、筋肉など体をつくる主要な成分です!体つくりには欠かせない栄養。 他には、 ビタミンK、鉄、亜鉛なども含まれていますよ。 離乳食で卵豆腐を与えるときの注意点 卵豆腐で赤ちゃんの卵アレルギーに注意! 卵豆腐の原料は、もちろん 『卵』です。 よって、 卵アレルギーがある赤ちゃんは食べることができません。 卵自体は離乳食中期から与えることができる食品ですが、卵白のほうがアレルギーが起こりやすいので、 卵黄が大丈夫でも全卵はNGの場合は市販のものは食べない方がよいでしょう。 全卵を食べても大丈夫であれば、卵豆腐でアレルギーが起こることは少ないので、まずは少量与えて様子をみてください。 また、スーパーで売られている卵豆腐の原料には、 魚介エキスが使われているものもあります。 卵が大丈夫なのに、アレルギーのような症状が起こった場合は、 他に含まれいる原料に反応している可能性もあるので、購入して赤ちゃんに食べさせる時には、しっかり成分表示を確認してください。 何か症状が出た時には、念のために病院で診てもらうほうがいいですよ。 関連記事 卵豆腐に含まれている添加物に注意! 卵豆腐は、卵を使った加工食品です。 美味しくするため、賞味期限を長くするために 添加物が含まれているものもあります。 添加物は食べてなにかすぐに起こるということはありませんが、長期にわたって食べ続けると発がん性があるものもあるので、赤ちゃんにはできるだけ控えたいと思う方が多いでしょう。 商品によっては、安心して与えられそうなものもあるので、購入するときには成分表を必ずみてくださいね。 参考までに、こちらの一般的な卵豆腐の原材料を見てみましょう。 材料(6人分(8cmココット) 卵 M 3個 出汁(鰹節一番出汁) 230g 薄口醤油 10~12g 塩(味塩) 少々 作り方 1、鰹で出汁を作りさましておきます。 一番出汁を使用します。 2、卵3個をボールに割り入れ、ほぐして裏ごしし、出汁230gと混ぜ合わせます。 3、2に薄口醤油を入れ、さらに混ぜ合わせます。 4、塩を少々入れます。 (私は味塩3~4ふり位ですが、好みで調整を。 味は冷えた時の方が若干濃く感じるので、薄目調整が良いかも) 5、4の液をココットに均等になるように注ぎ入れます。 6、温めた蒸し器に入れ、弱火でで15~20分蒸します。 (茶碗蒸しのように竹串で淵を刺して出来上がりを確認して下さい。 ) 7、蒸しあがったら粗熱をとり、ラップをして冷蔵庫に入れ、しっかり冷やします。 冷えたら完成です。 まとめ• 卵豆腐は塩が多いので、1歳以降から与えるのがおすすめ• 卵アレルギーがある赤ちゃんには与えられません。 全卵を食べられるようになってからが安心• 市販のものは添加物も含まれているので、安全なものを与えてください• 1歳までには、手作りのものが安心! 赤ちゃんの体のために、市販のものを早くから与えることは避けるほうがよさそうです。 食べさせたい方は、手作りのものから与えてみてくださいね。 関連記事.

次の

離乳食の豆腐ハンバーグおすすめレシピ。冷凍保存テクや肉なしレシピも

豆腐ハンバーグ離乳食

子どもにも大人にも大人気のハンバーグ!ハンバーグはお肉も野菜も摂れる上に、小さな具材が噛みやすいので、離乳食におすすめのメニューです。 ひき肉も豚肉・牛肉・鶏肉のミンチによってバリエーションがありますね。 ソースのアレンジもできるしたくさん作って冷凍もできます。 食べるときは電子レンジで解凍するだけで簡単なので、離乳食メニューにもってこいですよ。 でもいつから食べられるのか、アレルギーなどの心配もありますよね。 今回は離乳食の中期・後期・完了期におすすめのハンバーグレシピと、冷凍保存方法をご紹介します。 定番の合挽き肉ではく豆腐を使ったものや、卵なし、ひじきやじゃがいもなどを混ぜ込んだものなどヘルシーなものが多いので、大人のダイエットにもなりますよ! みじん切りで苦手野菜も克服!冷凍保存もOK ハンバーグにすることで、たくさんの野菜や肉を一度に摂ることができます。 また、野菜が細かく刻まれて入っているので、いつもは食べようとしない野菜を入れても気づかずに食べてくれるというメリットもあります。 ハンバーグの基本の作り方は、材料をみじん切りにして混ぜて焼くだけ!特に離乳食用となると大人のハンバーグより小ぶりなので形を作りやすく、火の通りも早いので失敗しにくいですよ。 まとめてハンバーグのタネを作ったときは、ジップロックなどに入れて冷凍保存ができます。 食べるときには解凍して焼くだけなので、1回ごとに野菜を切ったり、混ぜたりする手間が省けて時短になります。 冷凍でも長く保存すると味が落ちるので、1週間~2週間程度で食べきれる量をまとめて作ることをおすすめします。

次の

赤ちゃんの離乳食で卵豆腐はいつから?アレルギーは?手作り卵豆腐レシピご紹介!

豆腐ハンバーグ離乳食

1歳半の幼児食ハンバーグに使う肉の種類 離乳食の初期から後期までは脂肪分が少ない鶏挽肉を好んでよく使いますが、幼児食を食べる1歳半くらいになるとそれ以外の豚挽肉や合挽肉、牛肉も使うことが出来るようになります。 一般的に挽肉はいろいろな部分をひいているのですが牛挽肉より豚挽肉のほうが肉質が軟らかいようです。 脂肪分は鶏挽肉よりも多いですが、ビタミンB1、ビタミンB6が多く含まれています。 栄養を積極的に摂取したい幼児食ですので、今回は軟らかく栄養素も豊かな豚挽肉でレシピを作成します。 噛んで食べることに慣れていけば、合挽肉や牛挽肉でも作ることが可能です。 肉の選び方 挽肉は空気に触れる面積が多いため酸化作用を受けやすく、いたみやすい食材です。 よく売れている店で購入して早めに使い切りましょう。 選ぶ時は肉の色に注意しましょう。 表面が黒っぽく変色しているものや、肉汁がパックに溜まっているものは鮮度が落ちている証拠です。 本来の肉の色より白っぽいものは脂肪分が多く含まれているので、なるべく色の良いものを選びましょう。 お財布に優しいのも嬉しいです。 多めに作って冷凍保存しても良いですね。 また、千キャベツやミニトマト、ブロッコリーなどを付け合せてみるのもよいでしょう。 生の千キャベツに抵抗がある場合は軽くゆでてみると良いでしょう。 豚挽肉とキャベツの相性はとても良いのでおススメです。 今回は離乳食を卒業したばかりの1歳半のお子さんの幼児食ということで豚挽肉と豆腐で紹介しましたが、お子様の好みにあわせていろいろなハンバーグを作ってみてはいかがでしょうか?ハンバーグは野菜を細かく刻んで混ぜ合わせるので野菜が苦手なお子さんにも有効です。 もし、みじん切りでも食べないようでしたら、すりおろしてみてはいかがでしょうか?今回は野菜を混ぜ込みましたが、ひじきを使っても美味しいです。 また、料理に興味のあるお子さんは一緒に作っても良いですね。

次の