弔電文例。 弔電、お悔やみ(ご母堂・お母様)電報の例文・文例集

弔電のお礼状の書き方・文例10選!会社へのお返しの方法やメールも

弔電文例

本来、親や兄弟、配偶者など身内に不幸があった時、忌引き休暇を取ることができる規定がある会社がほとんどです。 ただ、叔父・叔母などの3親等の親族が亡くなった場合は、忌引き休暇を対象にしているかが勤め先の会社によって違いがあります。 また、勤め先の会社の規定によっては忌引き休暇の日数にも違いがあります。 叔母となると3親等になりますので忌引き休暇の期間としては1〜2日ではないでしょうか。 そのため遠方の親族、特に叔母の場合は、往復の時間を考えると忌引き休暇のみでは足りない場合もあるでしょう。 ここでは叔母が亡くなった場合の弔電について、文例を中心にご紹介します。 弔電に使う叔母に対する敬称 まず知っておかなければならないことは「叔母」と「伯母」の違いです。 ここでは「叔母」についてですが「叔母」は 父または母の妹にあたる方であり、一方「伯母」は父または母の姉にあたります。 今回は「叔母」が亡くなった場合の弔電に関してですが、それぞれの意味をしっかり理解しておきましょう。 叔母へ弔電を送る場合、 一般的には叔母上様や叔母様が敬称にあたりますが、故人と自身の関係によって敬称が異なりますので注意しましょう。 叔母に対する弔電の文例 では実際に 叔母に対する弔電の文例はどういったものがあるでしょうか。 以下の文例では故人との関係によって敬称が変わっています。 ここでは敬称が入る弔電の文例を2つ、参考までに紹介させていただきます。 文例1 喪主が叔母の父母にあたる文例は以下のようになります。 弔電を送る際にはいろいろと注意点があります。 ここでは弔電を送る際の注意点について、そのタイミングや使ってはいけない言葉についてもご紹介します。 忌み言葉などは聞いたことはあるけれど、どれが該当するのか分からないという方もぜひご覧ください。 弔電を送るタイミング 送るタイミングとして一般的には通夜に届けるものなので、弔電は訃報を聞いたらすぐに手配するものです。 しかし、事情によっては通夜に間に合わない場合もあると思います。 その場合は 告別式や葬儀の開始時間前には届くように手配しましょう。 忌み言葉を使用しない 弔電には忌み言葉を使用しないようにしましょう。 葬儀や告別式での忌み言葉とは、「重ねる」「重ね重ね」「再び」「いよいよ」「くれぐれも」「追う」「たびたび」「返す返す」といったものは使用を控えたほうが良いです。 なぜなら、 不幸が「重なる」や不幸が「再びくる」といったものを連想させるため、弔電のみならず、お悔やみの言葉でもこうした表現は避けましょう。 故人の宗教の把握 故人の宗教によって、忌み言葉は変わってきます。 しっかりと 故人の宗教を確認の上、弔電を打つようにしましょう。 仏教では、「迷う」なども使用を避けるべき言葉になります。 そして、キリスト教などでは、「冥福」「合掌」といった仏教用語が使用してはいけない用語になる場合もありますので、ご注意ください。 以下の記事では、弔電に関する詳細なマナーについて解説しています。 気になる方はぜひご覧ください。 突然の身内の訃報となったが日程が合わずに参列できない場合はすぐに弔電を送ることと文を考える。 文例にも敬称が必要な文例を選ぶ場合には、受取人から見た故人の関係で敬称を使わなければならない。 弔電を送るタイミングは通夜に間に合わせるようにできるだけ素早く出した方が良い。 また、忌み言葉や宗教によって使える言葉があるため、それぞれ事前に確認しておくべき。 弔電の敬称は喪主または受取人からみた故人との関係になるので、弔電を送る際に十分にご注意ください。 そのためにも、身内の訃報があった場合は、必ず連絡先や喪主が誰なのかを確認するようにしましょう。 今回の記事がみなさまのお役にたてば幸いです。 「終活ねっと」ではこの他にも葬儀に関する記事を多数掲載しています。 葬儀の供物は何を贈るかについて知りたい方は以下の記事もぜひご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

浄土真宗での弔電 文例集

弔電文例

一口に弔電のお礼状と言っても、いくつかの種類に分けられます。 特によく用いられている形式は、 ハガキと 手紙(便箋)です。 以下で弔電のお礼状として用いる場合の、ハガキと手紙の特徴を解説します。 印刷されたハガキ 弔電のお礼状として最近よく用いられている形式は、 ハガキです。 以前は手書きが主流でしたが、最近は 印刷が一般的になっています。 印刷であれば手軽に作成できることから、最も人気が高いお礼状の形式です。 ただし、より丁寧な形にしたいのであれば、文章全体を手書きにするか、 署名だけでも手書きにするとよいでしょう。 手書きにする場合は毛筆が最も丁寧ですが、筆ペンやはがき用のサインペンでも構いません。 手紙 ハガキよりも丁寧にお礼の気持ちを伝えたい場合は、 手紙を用います。 具体的には、 白無地の便箋を用います。 お礼状を手紙で送る場合は、ハガキよりも丁寧にしたいという気持ちが強いため、 手書きが一般的です。 ただし、最近は手紙を印刷にする人も珍しくありません。 手書きの筆記には、毛筆や筆ペンを使います。 メールでのお礼は非常に親しい間柄に限る 弔電に対してメールでお礼をすることは、 よほど親しい間柄でない限りはやめておきましょう。 最近はメールで訃報や訃報への返信をすることも多く、弔事関連のやり取りをメールで行うこと自体は珍しくありません。 ただし、弔電はあくまでメールとは別物であるため、お礼はハガキや手紙などの古典的な手段で行った方がよいでしょう。 普段からメールやSNSでやり取りをしているような親しい間柄であれば、メールや電話、SNSなどでお礼をしてもよいですが、ハガキや手紙の方が丁寧であることに変わりはありません。 弔電のお礼状のマナー 弔電のお礼状はただ弔電に対するお礼を述べればよいというものではありません。 多くの弔事関連の風習がそうであるように、弔電のお礼状にも独特のマナーがあります。 以下で 弔電のお礼状のマナーについて解説します。 弔電が届いてから1週間が目安 弔電に対するお礼はできるだけ早く、できれば 弔電が届いてから1週間以内の投函が目安です。 香典に対するお礼である香典返しは忌明けに送るのが一般的ですが、弔電に対するお礼は忌明けを待たずに早めに送ります。 弔電は告別式の最中に読み上げられることが多いため、告別式から1週間以内に送ることになります。 葬儀直後で喪主は大変ですが、葬儀が終わったことに対する報告も兼ねているため、 できるだけ早めに送りましょう。 白無地のハガキや便箋が一般的 先に解説した通り、弔電のお礼状は 白無地のハガキや便箋が一般的です。 ハガキの場合は余計なデザインが付いていないシンプルなハガキを選びます。 便箋の場合は、白無地の便箋を一重の封筒に入れて送ります。 「不幸を重ねる」と解釈されて縁起が悪いため、 二重の封筒は使わないようにしましょう。 略儀で済ませることを謝る お礼状には略儀で済ませることを 謝罪する文面を入れましょう。 弔電に対するお礼は、 本来は直接会って行うことが正式とされています。 しかし、実際には遠方に住んでいる人も多く、全ての人に直接会ってお礼をすることは現実的ではないため、ハガキや手紙によるお礼が広く行われているのです。 ただし、ハガキや手紙はあくまで略儀であることに変わりはないため、謝罪の文面が必要なのです。 お礼状も薄墨で書くの? 香典の表書きは薄墨で書くのがマナーとされていますが、弔電のお礼状を 薄墨で書く必要はありません。 一般的な黒の毛筆や筆ペン、黒インクの印刷で構いません。 香典の表書きを薄墨で書くようになった理由ははっきりしていませんが、「突然の訃報に慌てていたため、墨をする時間がなかった」「悲しみのあまり流した涙で墨がにじんだ」などの意味から薄墨で書くようになったという説があります。 弔電のお礼状はすでに葬儀が終わって落ち着いた状態で送るものであるため、薄墨で書く必要はありません。 弔電のお礼状の例文 拝啓 このたび 亡父 終活太郎(故人の名前)儀の葬儀に際しましては ご丁寧な弔電をいただき誠に有難うございました 父もきっと喜んでいると思います お陰さまで滞りなく葬儀が済みましたことをご報告申し上げます 本来ならばお伺いして御礼申し上げるべきところでございますが 略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます 敬具 友人相手であればやや崩した文章でも構いません。 ただし、あくまで弔事に関わるお礼状なので、 崩しすぎは禁物です。 頭語・結語の使用などの最低限のマナーは守りましょう。 句読点、忌み言葉に注意する 弔電の文面には、 句読点や忌み言葉を使わないように注意します。 弔電に限らず、弔事に関わる文章に 句読点や忌み言葉は使えません。 弔事に関わる文章に句読点を使わない理由ははっきりしていませんが、「日本語の文章にはもともと句読点がなかった」「弔事の流れが切れずに滞りなく行われるようにするため(句読点は文章の流れを「切る」と解釈できる)などがあり、基本的に句読点は使いません。 忌み言葉とは、弔事での使用は縁起が悪いので避けるべきだとされている言葉です。 具体的には以下のようなものがあります。 弔電に対してお礼の品を送る必要はないが、お礼状を送ることは一般的に行われている。 弔電のお礼状にはハガキや手紙(便箋)がよく用いられている。 ハガキよりも手紙の方が丁寧であり、どちらも印刷よりも手書きの方が丁寧である。 手書きの場合は、毛筆や筆ペンで書く。 弔電のお礼をメールで送ることは、相手が親しい間柄の場合を除いて避けた方がよい。 弔電のお礼状を送るタイミングは、葬儀終了から1週間以内が望ましい。 弔電のお礼状の用紙には、ハガキも手紙(便箋)も白無地のものを用いる。 手紙は白無地の一重の封筒に入れる。 二重の封筒は縁起が悪いので避ける。 弔電のお礼状はあくまで略儀なので、必ず略儀である旨を謝罪する文面を入れる。 弔電のお礼状を薄墨で書く必要はない。 一般的な黒の毛筆や筆ペン、黒インクの印刷で構わない。 弔電のお礼状の文面は、相手との関係性によって多少内容が変わるが、頭語・結語を使うなどの基本的な書き方は変わらない。 弔電のお礼状に句読点や忌み言葉は使えない。 この点は他の弔事関連の文章と変わらない。 弔電のお礼状は葬儀が終わった直後に送らなければいけないため、喪主は大変ですが、お礼状を送れば忌明けまでは落ち着いて過ごせます。 慌てずに一つ一つの作業をこなして喪主の務めをしっかりと果たしましょう。 「終活ねっと」では、他にも葬儀に関わるお返しについての記事を掲載しています。 そちらもぜひご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

弔電のお礼状の書き方|ハガキ・手紙・メール・例文・マナー|終活ねっと

弔電文例

本来、親や兄弟、配偶者など身内に不幸があった時、忌引き休暇を取ることができる規定がある会社がほとんどです。 ただ、叔父・叔母などの3親等の親族が亡くなった場合は、忌引き休暇を対象にしているかが勤め先の会社によって違いがあります。 また、勤め先の会社の規定によっては忌引き休暇の日数にも違いがあります。 叔母となると3親等になりますので忌引き休暇の期間としては1〜2日ではないでしょうか。 そのため遠方の親族、特に叔母の場合は、往復の時間を考えると忌引き休暇のみでは足りない場合もあるでしょう。 ここでは叔母が亡くなった場合の弔電について、文例を中心にご紹介します。 弔電に使う叔母に対する敬称 まず知っておかなければならないことは「叔母」と「伯母」の違いです。 ここでは「叔母」についてですが「叔母」は 父または母の妹にあたる方であり、一方「伯母」は父または母の姉にあたります。 今回は「叔母」が亡くなった場合の弔電に関してですが、それぞれの意味をしっかり理解しておきましょう。 叔母へ弔電を送る場合、 一般的には叔母上様や叔母様が敬称にあたりますが、故人と自身の関係によって敬称が異なりますので注意しましょう。 叔母に対する弔電の文例 では実際に 叔母に対する弔電の文例はどういったものがあるでしょうか。 以下の文例では故人との関係によって敬称が変わっています。 ここでは敬称が入る弔電の文例を2つ、参考までに紹介させていただきます。 文例1 喪主が叔母の父母にあたる文例は以下のようになります。 弔電を送る際にはいろいろと注意点があります。 ここでは弔電を送る際の注意点について、そのタイミングや使ってはいけない言葉についてもご紹介します。 忌み言葉などは聞いたことはあるけれど、どれが該当するのか分からないという方もぜひご覧ください。 弔電を送るタイミング 送るタイミングとして一般的には通夜に届けるものなので、弔電は訃報を聞いたらすぐに手配するものです。 しかし、事情によっては通夜に間に合わない場合もあると思います。 その場合は 告別式や葬儀の開始時間前には届くように手配しましょう。 忌み言葉を使用しない 弔電には忌み言葉を使用しないようにしましょう。 葬儀や告別式での忌み言葉とは、「重ねる」「重ね重ね」「再び」「いよいよ」「くれぐれも」「追う」「たびたび」「返す返す」といったものは使用を控えたほうが良いです。 なぜなら、 不幸が「重なる」や不幸が「再びくる」といったものを連想させるため、弔電のみならず、お悔やみの言葉でもこうした表現は避けましょう。 故人の宗教の把握 故人の宗教によって、忌み言葉は変わってきます。 しっかりと 故人の宗教を確認の上、弔電を打つようにしましょう。 仏教では、「迷う」なども使用を避けるべき言葉になります。 そして、キリスト教などでは、「冥福」「合掌」といった仏教用語が使用してはいけない用語になる場合もありますので、ご注意ください。 以下の記事では、弔電に関する詳細なマナーについて解説しています。 気になる方はぜひご覧ください。 突然の身内の訃報となったが日程が合わずに参列できない場合はすぐに弔電を送ることと文を考える。 文例にも敬称が必要な文例を選ぶ場合には、受取人から見た故人の関係で敬称を使わなければならない。 弔電を送るタイミングは通夜に間に合わせるようにできるだけ素早く出した方が良い。 また、忌み言葉や宗教によって使える言葉があるため、それぞれ事前に確認しておくべき。 弔電の敬称は喪主または受取人からみた故人との関係になるので、弔電を送る際に十分にご注意ください。 そのためにも、身内の訃報があった場合は、必ず連絡先や喪主が誰なのかを確認するようにしましょう。 今回の記事がみなさまのお役にたてば幸いです。 「終活ねっと」ではこの他にも葬儀に関する記事を多数掲載しています。 葬儀の供物は何を贈るかについて知りたい方は以下の記事もぜひご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の