醸造アルコール 頭痛。 醸造アルコールで頭が痛くなる方へ

醸造アルコールで頭が痛くなる方へ

醸造アルコール 頭痛

こんにちは! 日本酒の原材料にある、「醸造アルコール」。 これなんだ?って思ってる方多いと思います。 しかも、「醸造アルコール入ってると頭痛くなる!」って言う方も時々いるみたい。 でもね、頭痛くならないですよ。 だって、もしもそれが本当だったら、一般的な料理酒なんてほぼ入ってるんだから、毎回料理食べながら頭痛くなるってことだし。 量が少ないから? 沸騰させてアルコール飛ばしてるし?料理酒ではならないって? そんなのもあまり関係ないです。 アルコール飛ばしたら何が残ってる?蒸留酒なんだから、水か、わずかに残ってる原材料由来の成分ですよ。 まぁ、理詰めするつもりは毛頭ありません!ごめんなさい!日本酒が好きだから誤解をときたいだけです! とにかく、昔の酒はよくなかった。 普通のコメの量から、山ほど酒を造ろうと考えた結果、「三増酒」とかいって、変なアルコールと糖分打ち込んで米の割合が少ない日本酒を作った時代はありました。 でもね、今はもうそんなの無いです。 法律でも定められているし。 しかもそんなの作っても売れないし。 ある酒蔵さんに蔵見学に行ったらあったのでパシャリ。 協和発酵だったかな、2018年に「お米から醸造アルコール造りました!」って記事もありましたね。 (福井県の一本義久保本店も自社の本醸造に入れてる醸造アルコールは自社で作った米の蒸留酒です) これが駄目なら仕方がないですが、これって焼酎やウィスキー・ブランデーとおんなじようなもので、ハイボールやチューハイ飲んでる方は醸造アルコールと似たものを飲んでいます。 あ、第3のビールってのも、小麦スピリッツ、とか使ってるのが多いからあれも、同じようなもの。 それらを普段飲んだりしている方は、醸造アルコールが駄目なことはあり得ないです。 カクテルとかのリキュールやスピリッツもです。 そもそも考えてください。 身体に具合悪いもんが、未だに日本酒の最上ランク「大吟醸」に使われるわけないじゃないですか~。 健全な原材料から造られた蒸留酒を法律で定められた適正な量を使用して出来上がった日本酒ですよ。 イメージ悪いよね。 醸造アルコールって。 しかも「添加する」って言うし。 正直なところ、昔の良くないことしたことと、この名前で頭が痛くなっちゃうんじゃないかなと思っています。 そんなことより! Q じゃぁ、なんで「醸造アルコール入れんの?」ですよね。 A 昔と現代はこの用途が違うのでいくつか答え書きますね。 昔(江戸~明治くらい?)は、衛生環境が良くなくって、乳酸菌とか火落菌というので酒が傷んじゃうのを防ぐのに使われていました。 ちょっと昔(第二次世界大戦後といわれている)、日本人が増えたけど、お米が足りないから、お酒を魔法のように倍増させる「三増酒」ってのが出た。 (もちろん良くないことはわかっていたので、これをさらに日本酒に混ぜて売ってたらしい) 現代 香りを良くするため。 アルコールの調整。 品質の向上。 という感じです。 そりゃね、冷蔵庫もクロネコもなかった時代から日本酒はあるわけだから、どうにか健全に保管しようと考えた末の、醸造アルコール添加だったんでしょうね。

次の

醸造アルコールは正義か悪か!?もし日本酒が純米酒だけになったなら

醸造アルコール 頭痛

純米酒と吟醸酒の違いは、原料がお米だけか、そうじゃないか。 そう把握している方も少なくないでしょう。 その違いを分けるお米以外の原料こそが、今回のテーマである「 醸造アルコール」です。 醸造アルコールを加えた日本酒は、界隈では「 アル添酒」などとも言われますが、実はその正体についてはあまり知られていません。 「醸造アルコール」だけでは、かなり含みを持つワードだけに原料が何なのか、どういったものなのか想像もできません。 それもあってか、なかには「 正体不明の謎の材料」というネガティブなイメージを持つ方もおり、悪いものとも捉えられがちです。 そこで本記事ではこの正体不明の材料について知っていただくために、醸造アルコールは一体何が原料でどんなものなのか詳しく解説していきます。 実は、決してネガティブな材料ではありません。 多くの場合、サトウキビの搾りかすが原料となる。 それを発酵させ、連続的に蒸留することでアルコール度数を95度前後までに高めたものが醸造アルコールです。 度数からして ほぼ純正アルコールのようなもので、基本的には無味無臭となっています。 何より95度前後という度数にびっくりしたかもしれませんが、 日本酒に使用する際は水で薄めてから使用するので、度数がやたら高くなるということはありません。 日本酒ではこれを「醸造アルコール」と言いますが、他の酒類では「ニュートラルスピリッツ」などとも言われます。 ちなみに、これを加水し薄めたものがいわゆる甲類焼酎であるため、醸造アルコールとは焼酎のようなものと捉えて良いでしょう。 要するに大吟醸や本醸造、普通酒には使用されますが、純米大吟醸や純米には使用されないということです。 ただし、そういったお酒ではその使用量は厳しく制限されています。 つまり、多くの日本酒では少量しか使用されていないということ。 とはいえ、そもそもなぜ醸造アルコールを使用するのでしょうか? 気になるところですが、その目的について次項で解説します。 醸造アルコールを使用する理由は増量ではない? 大吟醸など高級酒にも使用される醸造アルコールですが、使用目的はいくつかあります。 香りを立たせる• 品質を安定させる• 味をスッキリさせる それぞれ詳しく見ていきましょう。 香りを立たせる 醸造アルコールを加えることで、香味成分が日本酒の中にとどまり、結果として より香りが立つお酒になるとされています。 そのため、鑑評会に出品するような高級な大吟醸酒などにも醸造アルコールが使用されているのです。 一般的に純米大吟醸より大吟醸の方が香りが華やかなのは、この醸造アルコールあってのものと言っても良いでしょう。 味をスッキリさせる 醸造アルコールは香りだけでなく、味わいにも影響をもたらし、一般的に味をスッキリさせるとされています。 そのため 淡麗辛口の日本酒になりやすく、同様の日本酒を好む方に本醸造や、意外にも普通酒などのウケが良いのはそのためかもしれません。 品質を安定させる 醸造アルコールを加えることで、品質を保つ効果も見込めるようです。 日本酒の香味を劣化させる原因となる乳酸菌が増えるのを防止する効果があるとされています。 普通酒など安価な日本酒では「増量」も狙って醸造アルコールを使用しているかもしれませんが、実はこのように、私たち 飲み手にとってもポジティブな効果があるのです。 醸造アルコールの正体は焼酎のようなもの。 原料はサトウキビの搾りかすで、発酵・蒸留させたもの。 「純米」以外の日本酒に使用される。 香りを立たせ、味をスッキリさせる効果がある。 醸造アルコールについては、「正体不明の材料」とネガティブに捉えてしまう方も少なくないですが、実は身近なものが原料となっており、しっかりとした目的があって使用されているということが分かりました。 飲み手にもポジティブな効果をもたらし、しかも日本酒以外のお酒でも重宝されているものなのです。 醸造アルコールについて分かったことによって、今まで以上に本醸造や大吟醸といったお酒を美味しく飲めるかもしれません。 それではこの辺で。

次の

特定の日本酒だけ頭痛がするのは体質ですか?

醸造アルコール 頭痛

赤ワインは悪酔いしやすい、焼酎は二日酔いしにくい・・・、そんな経験はないでしょうか?実はこれ、 お酒に含まれる「不純物」の量が関係しているんです。 肝臓は、1種類のアルコール成分だと効率よく分解できますが、「不純物」が多く含まれているほどその効率が落ちてしまい、結果としてアルコール頭痛になりやすくなるのです。 このことから、 アセトン、フーゼル油、タンニンなどの「不純物」が多く含まれる醸造酒(日本酒、ビール、ワインなど)は、比較的アルコール頭痛になりやすいお酒と言えます。 一方、 蒸留酒(焼酎・泡盛、ウォッカ、ウィスキー、ブランデーなど)は、醸造酒を沸騰させ、「不純物」を取り除いたものなので、アルコール頭痛になりにくいお酒と言えます。 また、お酒の色も重要なポイントです。 同じワインでも、赤ワインと白ワインでは色がついている赤ワインの方が「不純物」が多いため、アルコール頭痛になりやすいとも言えます。 これらを踏まえて、自分に合ったお酒を見つけてみてはいかがでしょう。 月1回以上飲酒で頭痛が起こることがある20-69歳男女400名対象のアンケート調査 小林製薬調べ 左のグラフは、アルコール頭痛が起こる人に、 予防法に関するアンケートを行った結果ですが、なんと 最も多かったのは「特になし」でした。 皆さんアルコール頭痛に悩まされていながらも、 多くの方は決め手となる手段には出会えていないようです。 また、右のグラフは、アルコール頭痛が起こったときの 対処法についてのアンケート結果ですが、 最も多かったのは「水分補給」、次いで「睡眠をとる」でした。 市販の鎮痛剤を服用するという回答もありましたが、「お酒が入った状態で鎮痛剤を飲むのが不安」「他の薬との飲み合わせが心配」といった不安の声がありました。 月1回以上飲酒で頭痛が起こることがある20-69歳男女99名対象のアンケート調査 小林製薬調べ 上のグラフは、様々な年代の男女99人に「現在行っているアルコール頭痛への対処法への満足度と不満点」を尋ねたものです。 現在のアルコール頭痛対策で 不満に思っていることの1位は「正しい方法なのかどうかわからない」というもので、 大半の人が半信半疑でアルコール頭痛対策をしているようです。 また2位には「予防しても頭痛が起こることを防げない」とあり、不確かなアルコール頭痛対策をして、 結局予防できなかったというケースが多く発生していることが推察されます。

次の