仮面 ライダー オーズ 俳優。 三浦涼介

三浦涼介

仮面 ライダー オーズ 俳優

【保存版!】「仮面ライダーOOO オーズ 」心に残る、感動の名セリフ! 楽して助かる命がないのはどこも一緒だな! お前楽して助かる命はないって言ったな、タダで助かる命もないんだよ! 人が人を助けていいのは、自分の手が直接届くところまでなんじゃないかって… 誰が正しくて、誰が間違ってるってとっても難しいことだと思います。 自分が正しいと思うと周りが見えなくなって、正義のためなら何をしても良いって思ったり、きっと戦争もそうやって起こっていくんです。 いまのおまえは、欲望っていう酒に酔っぱらってるだけだ。 欲望がある限り、何かが変わり、生まれる。 今日という日を明日にすることさえ欲望だ。 目の前で起こってることに、一生懸命になるしかないんです。 小さな幸せを守るために・・・。 自分ができること以上のことはできませんしね。 火野!掴まれ!早く!もう何でも1人で背負い込むのはやめろ!俺達がいる、俺達の手を掴め!! 誰にも頼らないってのは、強いことじゃねえぞ。 アンク。 はい、約束。 ………アンク、また会おう。 お前と俺がいる…明日に。 俺は…俺は欲しかった。 欲しかったはずなのに諦めて蓋して、目の前の事だけを…どんなに遠くても届く俺の腕、力!もっともっと…もう叶ってた…お前から貰ってたんだ…一度も言ってなかった……アンク、ありがとう。 分かってる、お前がやれって言うなら…お前が本当にやりたい事なんだよな、アンク…行くよ! 手が届くのに手を伸ばさなかったら死ぬほど後悔する。 それが嫌だから手を伸ばすんだ。 それだけ。 次にチャンスがあったら迷うな。 (中略)いいか、オレのピンチは、おまえのチャンスだ! 道を間違えたら、誰かが教えてくれる。 だから、自分を信じて、自分のやりたいようにやれ! 仮面ライダーOOO オーズ の作品概要 平成ライダーシリーズの第12作。 「OOO」と書いて「オーズ」と読む。 なお「OOO」は、アルファベットのO(オー)が3つである 「OOO」には変身に使用する「3枚のメダル」や「王s」といった意味が込められている。 テーマは「欲望」であり、オーズは人々の欲望から産まれる怪人・ヤミーと戦う。 しかし「欲望=悪」という図式にはなっておらず、単純な善悪ではくくれない人物が多い。 欲望から生まれる硬貨・オーメダルと、メダルを巡る人間と怪人との争奪戦を描く。 敵との戦いの中で新たなオーメダルを獲得し、強化していくという点において、初代『仮面ライダー』から続いている「敵の力を利用して敵に立ち向かう」というシリーズ最大の特徴がより前面に押し出されている。 キーアイテムの争奪戦、相棒、師弟、種族の苦悩など、平成仮面ライダーシリーズのテーマを複数取り入れているほか、ヒロイズムに徹した主人公の性格、主人公が異形の者へ変貌していく過程と狭間の苦悩といった昭和仮面ライダーシリーズの要素をも組み込み、原点回帰の側面も持ち合わせている。 2011年4月3日放送の第28話において、1971年4月3日放送の『仮面ライダー』第1話から数えて仮面ライダーシリーズの放送話数が通算1000回を迎えた。 これを記念し、特別編として放送された第27話・第28話の前後編は、作中人物が1000回到達を祝福するメタフィクション的な内容となっている。 また、1000回にちなんで森下千里、千秋、若槻千夏、ハリセンボンら女性タレントたちがカメオ出演した。 放送当日は、番組枠内で仮面ライダー40周年の記念CMも流れた。 平成仮面ライダーシリーズ第9作『仮面ライダーキバ』放送時から稼働してきたデータカードダス「仮面ライダーバトル ガンバライド」が、本作品の放送開始と同時期に稼動開始する001弾よりオーメダルに対応。 従来のカードダスに加えて玩具のオーメダルからもデータを読み込んで遊べるようになり、なりきり玩具とカードゲームの両面から商品展開が行われる。 仮面ライダーOOO オーズ のあらすじ 西暦2010年秋。 「鴻上ファウンデーション」が運営する鴻上美術館に収蔵されていた「オーメダル」の封印が解かれ、800年の眠りから目覚めた怪人たち「グリード」が街中へと逃亡。 それぞれの種族の王=グリードはメダルをめぐり怪人=ヤミーを放つ。 この事態に備えて配備されていた鴻上の戦闘部隊「ライドベンダー隊」もあっけなく壊滅し、美術館も全壊してしまった。 そんな大惨事にも全く気づかず、美術館の事務室で眠りこけていたアルバイト警備員がいた。 彼の名は火野 映司。 何の欲もなく、わずかな日銭と明日のパンツだけを持ち、世界を放浪している青年である。 全壊に際してようやく目を覚ました映司は、室内に偶然落ちていた赤いメダルをアルバイト代と勘違いし、現場から持ち去ってしまう。 働き口を失った映司は街をさまようが、そこに突然宙に浮く腕の怪物アンクが現れ、「俺のメダルを返せ」と要求する。 不完全すぎる姿で復活してしまったグリード・アンク。 だが、そこに他のグリードの分身ヤミーが乱入。 ヤミーは駆けつけた刑事泉 信吾らに重傷を負わせたうえ、アンクにも一方的に危害を加える。 映司はアンクを含めた人々を救おうと無謀にもヤミーへ立ち向かうが、そんな彼を見たアンクは「利用できる」と判断すると、さらに2枚のメダルと謎のベルトを映司に手渡し、「死にたくなければ変身しろ」と促す。 こうして映司は、オーメダルの力を使って戦う戦士仮面ライダーオーズとなり、メダルを巡るグリードたちの戦いに巻き込まれていく。 その日を暮らせる金と食料、パンツがあれば生きていられる。 人から好かれる方だが、年長者には叱られる。 日本に帰ってくる前は世界各地を旅しており、旅先で仲良くなった家族を内紛の被害から助けられなかった経験から今を生きている人々を助けようと奮戦する。 名前の由来は、初期案は借金ライダーという設定で「火の車」から「火野」。 そして某借金まみれの漫画の主人公をもじって「映司」。 アンクに促されるままオーズドライバーの封印を解きオーズに変身し、彼と「人の命よりメダルを優先させない」という契約を結んでオーメダル集めに奔走することになる。 仲間に先んじて復活したが、メダルが足りず復活したのは右腕のみだった。 メダル不足により右腕のみで復活したため、代わりに映司にベルトを与えてメダルを回収させる事を目論む。 瀕死だった泉刑事の身体を使って人間体となる。 怪人らしく 強欲で計算高い。 野望の為に必要なメダルの数にうるさく、無駄遣いは許さない。 そんな性格も物語が進むにつれて変わっていく…かもしれない。 信吾が密かに買っていたipadやiphoneを完璧に使いこなし、メダルカウント用のアプリまで作成している。 初期案では鳥系幹部だからトーリ(映司が適当に付けたという設定)だったが、それはあんまりだろうということでヒンドゥー語で「目」を意味するアンクに落ち着いた。 他にも日本語由来でアッシュ(「圧する」のもじり)にする案もあった。 アンク(ロスト)に融合されかけた拍子に泉刑事の意識が復活、アンクが融合されたときに完全復活した。 泉刑事の体を使ったことで五感が発生し、アイスを好物にする。 その後、命を渇望するようになり、真木に一度はついたこともあったが、真木がアンクを器にしなくなったため元鞘に収まる。 しかし、アンクの人格の宿るタカ・コアが傷を負ってしまい、最終決戦で割れてしまった。 海外で医者として働いていたらしく、帰国後「セルメダル収集の報酬として1億稼ぐ」事を理由に仮面ライダーバースの装着者となった男。 警察出身のエリートで会長の忠実な部下。 無口で無愛想、淡々とオーズのサポート任務をこなすが、お人好しな映司とグリードであるアンクをライバル視していた。 自分の未熟さを自覚してからは平和の為にオーズのサポートに尽力。 一時財団を抜けてクスクシエでバイトまでした。 バース登場後は主に伊達の変身するバースのセルメダル補充や、予備のバースバスターでライダー達をサポートしていたが、成長の末に伊達からドライバーを引き継いだ。

次の

渡部秀

仮面 ライダー オーズ 俳優

【保存版!】「仮面ライダーOOO オーズ 」心に残る、感動の名セリフ! 楽して助かる命がないのはどこも一緒だな! お前楽して助かる命はないって言ったな、タダで助かる命もないんだよ! 人が人を助けていいのは、自分の手が直接届くところまでなんじゃないかって… 誰が正しくて、誰が間違ってるってとっても難しいことだと思います。 自分が正しいと思うと周りが見えなくなって、正義のためなら何をしても良いって思ったり、きっと戦争もそうやって起こっていくんです。 いまのおまえは、欲望っていう酒に酔っぱらってるだけだ。 欲望がある限り、何かが変わり、生まれる。 今日という日を明日にすることさえ欲望だ。 目の前で起こってることに、一生懸命になるしかないんです。 小さな幸せを守るために・・・。 自分ができること以上のことはできませんしね。 火野!掴まれ!早く!もう何でも1人で背負い込むのはやめろ!俺達がいる、俺達の手を掴め!! 誰にも頼らないってのは、強いことじゃねえぞ。 アンク。 はい、約束。 ………アンク、また会おう。 お前と俺がいる…明日に。 俺は…俺は欲しかった。 欲しかったはずなのに諦めて蓋して、目の前の事だけを…どんなに遠くても届く俺の腕、力!もっともっと…もう叶ってた…お前から貰ってたんだ…一度も言ってなかった……アンク、ありがとう。 分かってる、お前がやれって言うなら…お前が本当にやりたい事なんだよな、アンク…行くよ! 手が届くのに手を伸ばさなかったら死ぬほど後悔する。 それが嫌だから手を伸ばすんだ。 それだけ。 次にチャンスがあったら迷うな。 (中略)いいか、オレのピンチは、おまえのチャンスだ! 道を間違えたら、誰かが教えてくれる。 だから、自分を信じて、自分のやりたいようにやれ! 仮面ライダーOOO オーズ の作品概要 平成ライダーシリーズの第12作。 「OOO」と書いて「オーズ」と読む。 なお「OOO」は、アルファベットのO(オー)が3つである 「OOO」には変身に使用する「3枚のメダル」や「王s」といった意味が込められている。 テーマは「欲望」であり、オーズは人々の欲望から産まれる怪人・ヤミーと戦う。 しかし「欲望=悪」という図式にはなっておらず、単純な善悪ではくくれない人物が多い。 欲望から生まれる硬貨・オーメダルと、メダルを巡る人間と怪人との争奪戦を描く。 敵との戦いの中で新たなオーメダルを獲得し、強化していくという点において、初代『仮面ライダー』から続いている「敵の力を利用して敵に立ち向かう」というシリーズ最大の特徴がより前面に押し出されている。 キーアイテムの争奪戦、相棒、師弟、種族の苦悩など、平成仮面ライダーシリーズのテーマを複数取り入れているほか、ヒロイズムに徹した主人公の性格、主人公が異形の者へ変貌していく過程と狭間の苦悩といった昭和仮面ライダーシリーズの要素をも組み込み、原点回帰の側面も持ち合わせている。 2011年4月3日放送の第28話において、1971年4月3日放送の『仮面ライダー』第1話から数えて仮面ライダーシリーズの放送話数が通算1000回を迎えた。 これを記念し、特別編として放送された第27話・第28話の前後編は、作中人物が1000回到達を祝福するメタフィクション的な内容となっている。 また、1000回にちなんで森下千里、千秋、若槻千夏、ハリセンボンら女性タレントたちがカメオ出演した。 放送当日は、番組枠内で仮面ライダー40周年の記念CMも流れた。 平成仮面ライダーシリーズ第9作『仮面ライダーキバ』放送時から稼働してきたデータカードダス「仮面ライダーバトル ガンバライド」が、本作品の放送開始と同時期に稼動開始する001弾よりオーメダルに対応。 従来のカードダスに加えて玩具のオーメダルからもデータを読み込んで遊べるようになり、なりきり玩具とカードゲームの両面から商品展開が行われる。 仮面ライダーOOO オーズ のあらすじ 西暦2010年秋。 「鴻上ファウンデーション」が運営する鴻上美術館に収蔵されていた「オーメダル」の封印が解かれ、800年の眠りから目覚めた怪人たち「グリード」が街中へと逃亡。 それぞれの種族の王=グリードはメダルをめぐり怪人=ヤミーを放つ。 この事態に備えて配備されていた鴻上の戦闘部隊「ライドベンダー隊」もあっけなく壊滅し、美術館も全壊してしまった。 そんな大惨事にも全く気づかず、美術館の事務室で眠りこけていたアルバイト警備員がいた。 彼の名は火野 映司。 何の欲もなく、わずかな日銭と明日のパンツだけを持ち、世界を放浪している青年である。 全壊に際してようやく目を覚ました映司は、室内に偶然落ちていた赤いメダルをアルバイト代と勘違いし、現場から持ち去ってしまう。 働き口を失った映司は街をさまようが、そこに突然宙に浮く腕の怪物アンクが現れ、「俺のメダルを返せ」と要求する。 不完全すぎる姿で復活してしまったグリード・アンク。 だが、そこに他のグリードの分身ヤミーが乱入。 ヤミーは駆けつけた刑事泉 信吾らに重傷を負わせたうえ、アンクにも一方的に危害を加える。 映司はアンクを含めた人々を救おうと無謀にもヤミーへ立ち向かうが、そんな彼を見たアンクは「利用できる」と判断すると、さらに2枚のメダルと謎のベルトを映司に手渡し、「死にたくなければ変身しろ」と促す。 こうして映司は、オーメダルの力を使って戦う戦士仮面ライダーオーズとなり、メダルを巡るグリードたちの戦いに巻き込まれていく。 その日を暮らせる金と食料、パンツがあれば生きていられる。 人から好かれる方だが、年長者には叱られる。 日本に帰ってくる前は世界各地を旅しており、旅先で仲良くなった家族を内紛の被害から助けられなかった経験から今を生きている人々を助けようと奮戦する。 名前の由来は、初期案は借金ライダーという設定で「火の車」から「火野」。 そして某借金まみれの漫画の主人公をもじって「映司」。 アンクに促されるままオーズドライバーの封印を解きオーズに変身し、彼と「人の命よりメダルを優先させない」という契約を結んでオーメダル集めに奔走することになる。 仲間に先んじて復活したが、メダルが足りず復活したのは右腕のみだった。 メダル不足により右腕のみで復活したため、代わりに映司にベルトを与えてメダルを回収させる事を目論む。 瀕死だった泉刑事の身体を使って人間体となる。 怪人らしく 強欲で計算高い。 野望の為に必要なメダルの数にうるさく、無駄遣いは許さない。 そんな性格も物語が進むにつれて変わっていく…かもしれない。 信吾が密かに買っていたipadやiphoneを完璧に使いこなし、メダルカウント用のアプリまで作成している。 初期案では鳥系幹部だからトーリ(映司が適当に付けたという設定)だったが、それはあんまりだろうということでヒンドゥー語で「目」を意味するアンクに落ち着いた。 他にも日本語由来でアッシュ(「圧する」のもじり)にする案もあった。 アンク(ロスト)に融合されかけた拍子に泉刑事の意識が復活、アンクが融合されたときに完全復活した。 泉刑事の体を使ったことで五感が発生し、アイスを好物にする。 その後、命を渇望するようになり、真木に一度はついたこともあったが、真木がアンクを器にしなくなったため元鞘に収まる。 しかし、アンクの人格の宿るタカ・コアが傷を負ってしまい、最終決戦で割れてしまった。 海外で医者として働いていたらしく、帰国後「セルメダル収集の報酬として1億稼ぐ」事を理由に仮面ライダーバースの装着者となった男。 警察出身のエリートで会長の忠実な部下。 無口で無愛想、淡々とオーズのサポート任務をこなすが、お人好しな映司とグリードであるアンクをライバル視していた。 自分の未熟さを自覚してからは平和の為にオーズのサポートに尽力。 一時財団を抜けてクスクシエでバイトまでした。 バース登場後は主に伊達の変身するバースのセルメダル補充や、予備のバースバスターでライダー達をサポートしていたが、成長の末に伊達からドライバーを引き継いだ。

次の

渡部秀

仮面 ライダー オーズ 俳優

本シリーズは同一の番組ではなく、仮面ライダーの名を冠した複数の番組が、登場人物や設定を変えながらシリーズとして続けられている作品群である。 数度の中断をはさみながら現在も放映され続け、放映期間は1971年に始まる第1作『仮面ライダー』放映以来40年を超え、2016年には45周年を迎えた。 また、映画・漫画・小説・舞台など、テレビ以外の媒体でも展開されている。 いずれの作品も石ノ森章太郎が原作者とされる。 生前の石ノ森は『仮面ライダー』第1作から『仮面ライダーBLACK RX』まで企画・制作に関わり、数篇の漫画も執筆している。 また、映画監督を志したこともある石ノ森は、『仮面ライダー』第84話をはじめとして何度か撮影の監督を務めたり、あるいは端役として出演したりもしている[1]。 『仮面ライダークウガ』以降は没後の作品ゆえに関与していないが、「仮面ライダー」というコンセプトに対する原作者としてその名をクレジットされている。 また、早瀬マサトによれば、新ライダーのデザインや要素を考える過程で、石ノ森の旧作や未使用スケッチを参考にすることもあるという。 各作品の内容は、主人公などが仮面ライダーと呼ばれる戦士に変身し、怪人と総称される敵と戦うというものである。 しかし同じく東映が制作している特撮ヒーロー番組である「スーパー戦隊シリーズ」と異なり、仮面ライダーシリーズは明確なフォーマットが確立していない。 そのため、テーマや演出は作品によってまちまちである。 平成年間の数作品のプロデューサーを務めた白倉伸一郎は、「仮面ライダー」を成立させるための最低限の要素として、以下の3つを挙げている。 2000年1月~放送された平成仮面ライダーシリーズ1作目『仮面ライダークウガ』の主人公五代雄介を演じたのはオダギリジョーさんです。 オダギリさんは当初特撮作品に疎く、趣味ではなかったそうで、仮面ライダーを演じることに戸惑いを覚えていたんだそうです。 しかし「五代雄介」というキャラクターがオーディション時に質疑応答するオダギリジョーさんにあまりにもぴったりだったことと、これまでの昭和ライダーとは一線を画した作品にしたいと考えていたスタッフたちは、彼しかいないと思ったそうです。 実際にクウガは大ヒット!平成ライダーはこどもだけでなく大人も魅了する作品となっていきます。 オダギリさんは現在も映画・ドラマにも多く出演し、数々の作品を通して映画賞や男優賞を獲得し、人気俳優として活躍しています。 プライベートでは香椎由宇さんと結婚し現在は2児の父となりました。 2003年1月~放送された平成仮面ライダーシリーズ4作目『仮面ライダー555』の主人公乾巧を演じていたのは、半田健人さんです。 半田さんは第14回ジュノンスーパーボーイコンテストでファイナリストであり、当時は史上最年少のイケメンライダーとして注目を浴びました。 その後バラエティー番組にも出演しており、2008年には『炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN! BANBAN! 劇場BANG!! 』で再び特撮作品へ出演しています。 2006年1月~放送された平成仮面ライダーシリーズ7作目『仮面ライダーカブト』の主人公天道総司を演じていたのは、水嶋ヒロさんです。 大学時代からモデル業を中心にドラマや映画などで活躍していた水島さんですが、当作品で一躍有名になりました。 その後も『メイちゃんの執事』『MR. BRAIN』『東京DOGS』など話題作に出演、映画『ドロップ』では、第33回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。 2010年には小説『KAGEROU』で第5回ポプラ社小説大賞を受賞し、クリエイターとしての才能も発揮、2014年公開の主演映画『黒執事』では、共同プロデューサーも務めています。 プライベートでは歌手の絢香さんと結婚し一児の父となっています。 2009年1月~放送された平成仮面ライダーシリーズ10作目『仮面ライダーディケイド』の主人公門矢士を演じていたのは、井上正大さんです。 当作品は平成仮面ライダーシリーズ10周年記念、10作記念作品として放送されました。 歴代の平成仮面ライダー8作品が総登場し、昭和ライダー、さらには当時放送していた『侍戦隊シンケンジャー』も登場するクロスオーバー作品です。 井上さんは2008年に上演された「ミュージカル テニスの王子様」で、跡部景吾役に抜擢され俳優デビューしています。 実は大学時代に仮面ライダーキバに猛烈にハマっていたそうで、仮面ライダーになりたくて芸能界に入ったのだとか。 プライベートでは2016年にタレントのジェイミー夏樹さんと結婚し、一児の父です。 2014年10月~放送された平成仮面ライダーシリーズ16作目『仮面ライダードライブ』の主人公泊進ノ介を演じていたのは、竹内涼真さんです。 竹内さんはデビュー当初から『仮面ライダーに出演すること』を掲げて俳優を志しており、第43回東京モーターショー2013の公式サポーターズファミリーが実施した「次男は君だ!! オーディション」でグランプリを獲得し、「車家の人々」で俳優デビューしました。 当作品の後はドラマ『下町ロケット』『時をかける少女』『過保護のカホコ 』など様々な作品に出演しており、今期注目のドラマ『ブラックペアン』にも出演しています。 この活躍ぶりから近年で仮面ライダー俳優といえば竹内さんを思い浮かべる方も多いでしょう。

次の