アップル アーケード。 Apple Arcadeのおすすめタイトル!評判(レビュー)・評価

アップルの「Apple Arcade」は、こうしてゲーム業界のビジネスモデルを一変させる

アップル アーケード

(出典:アップル プレスリリース) 近年、無料やアプリ内課金のゲームが大量に開発され、利用者にとって優れた作品を見つけるのが困難になっている。 また、ゲーム開発者にとっても、コストをかけて制作してもヒットにつなげるのが難しく、採算が合わないリスクが高くなった。 Apple Arcadeは高品質なゲームのみ100タイトル以上をそろえる。 サブスクリプション登録したユーザーは、ゲームをするたびに代金を支払う必要がなく、自由に優れた作品を楽しめるのがメリットだ。 一方、グーグルが公開するGoogle Stadiaはブラウザ上で動作するゲームで、使用機器を選ばない。 クラウドゲーミングと呼ばれる技術を使用しており、いわばゲーム本体がサーバ側で動作する仕組みだ。 従来からあるゲーム機器の「PlayStation」や「Nintendo Switch」は不要になり、高速インターネット接続さえあれば、いつでもどこでもゲームが楽しめるようになる。 囲い込むアップルvsコミュニティのグーグル アップルの戦略は自社の商品・サービスをより魅力的なものにし、ユーザーの囲い込みを進める点にある。 すでにアップルは人気ゲーム・クリエイターがApple Arcade向けにゲームを制作することを発表している。 その限定的なコンテンツで遊びたいユーザーは、アップルの機器を購入し、Apple Arcadeに登録する流れとなる。 つまりアップルは、ハードウェアの購入からサービスの利用まで、一人の顧客が売り上げに貢献する「顧客生涯価値」を最大化し、アップルの利益率向上へ寄与することを狙っている。 また、Apple Arcadeとともに、同社が発行するクレジットカード「Apple Card」の導入も明らかになった。 決済を含めたあらゆる接点が、アップルのエコシステムに組み込まれるのだ こうした動きとは真逆なのがグーグルである。 iOS機器の販売に大きな比重を置くアップルと異なり、グーグルはハードウェアの販売を必須としていない。 むしろ、これまで数万円の支払いが求められたゲーム・コンソールを不要なものにしてしまうものであり、ゲーム業界に破壊的な影響を与える可能性がある。 Apple Arcadeは、App Storeからダウンロードする仕組みを残しているため、そのサブスクリプション型サービスは既存の延長線上にある。 しかし、Google Stadiaは、クラウド上で処理を行うため、どんな機器でも高性能なゲームが楽しめるようになる。 技術的に難易度が高く、まったく新しいビジネスモデルの構築を目指している。 Google Stadiaの興味深い点はYouTubeとの連携だ。 ゲームをスポーツのように楽しむeSportsの普及とともに、「ゲームを観る」という文化が生まれつつある。 Google Stadiaで操作したゲーム画面をYouTubeに配信すれば、人気のゲーム・プレイヤーと、そのファンを結びつけることが容易になる。 グーグルのゲーム戦略は、そのコミュニティ作りに期待がかかっているのだ。

次の

【Apple arcade(アップルアーケード)の感想】ゲームタイトル多し、ぬるぬる動く。

アップル アーケード

一つのサブスクリプションですべてのゲームを遊べる• 月額600円• 広告・追加課金なし• オフラインで楽しめる(ダウンロードをする必要あり)• ファミリーが6人までアクセス可能• iPhoneでだけでなく、iPad、iMac、AppleTVでも続きから遊ぶことが可能 Appleが本気を出して構築したゲームのプラットフォームですね。 月額600円で遊び放題のサービスです。 ゲームに課金することは抵抗感の強い方もいるかもしれませんが、遊べるゲームが追加されたりアップデートされたりと魅力あるサービスとも言えますね。 正直気になるけど、まだ自分で試すには情報が足りないなぁという方のために、実際どんな感想が多いのかを集めてみました。 ・リアルな評判 ・ガチャなし広告なしが良い Apple arcade試してみたけどこれは自分には合ってるかもしれない ガチャない広告ない、別に少しお金出すのは気にならない — りゅー osKo8SU2opjsyLb Appleアーケード、サッカーで充分:広告も無いし永遠にスムーズなジョイスティック操作で直ぐ上手く成る〜笑 — 永遠の旅人 xamidax8 ・あのスクエニも参戦 Appleアーケード登録したんだけど、スクエニから出した試作・模索的なアプリのレビュー欄の熱意がすごい。 よくわかんないけど泣けてくる。 私はAppleアーケードは成功すると思う。 ガチャ課金を必要としない、クオリティの高い、ストーリー性のあるゲームを求めている人は一定層いるだろうから。 日本語対応のゲームも少ない気がする。 昔あったディスクシステムのナゾーラランド クイズとかミニゲームの集合体 みたいな奴は今は無理なんだろうか? さてと、仕事の時間になったので仕事行くかな。 — もこっち ヤムチャしやがって編 mokomokos48 ・アプリゲーム版Netflix Apple Arcade、どうやら月額いくら払えばいろいろなゲーム遊びたい放題!なアプリゲーム版Netflixみたいなものという認識でいいのかな — 👽マリオリマー👽 ManOfCartoon ・ゲーム数も多し Apple Arcade完全ガイド:RPG・シミュレーション・シューティング25作と特選おすすめ作品の紹介を更新。 11月26日までに出ているすべてのゲームを追記し、アップデートで良くなったものなどは評価を見直しました。 🔽Apple 、定額ゲーム「アーケード」に数億ドル投資へ Appleが「アーケード」というプラットホームを作りましたが、完全に「Appleの投資マネー」が流れますね。 ゲーム開発者の賃金や需要が伸びると確信しつつ、様子見です — マナブ バンコク manabubannai <まとめ>Apple Arcade のリアルな評判 純粋にAppleが本気を出したゲームのプラットフォームを遊んでみたいという気持ちもありますね。 Appleアーケードが今後さらにサービスの幅を広げていくことは間違いないと思います。 これは大きなお金の動きに繋がりますし、ビジネス的な観点からも注目度は非常に高いです。 実際のプレイ動画も載せています relax-words.

次の

アップルアーケード最新情報|やり方やおすすめゲームを紹介

アップル アーケード

対応機種 iOS端末・iPad・Mac・AppleTV 料金 月額600円(代表一人で家族間共有可:合計最大6人) 配信方法 ダウンロード ゲームタイトル 100タイトル以上 対象地域 150カ国以上(日本含む) サービス開始 2019年秋頃 大枠の仕様については上の通りで、詳細についてはこの後解説していきます。 「Apple Arcade」のポイントは5つ 「Apple Arcade」ので注目すべきポイントは5つあります、順番ずつ解説していきますね。 月600円でゲームが遊び放題• 広告・App内課金を全て排除• Apple系デバイスほぼ全て対応• オフラインで楽しめる• 99ドル)払えば「Apple Arcade」で提供される100を超えるゲームタイトルが遊び放題になります、中にはソニックなど有名どころもあるようでどのゲームもクオリティは高いみたいです。 ゲーム開発に協力するパートナー企業には、日本でお馴染みの「 コナミ」「 セガ」をはじめ「LEGO」やAnnapurna Interactive・Bossa Studios・カートゥーンネットワーク・Finji・Giant Squid・Klei Entertainment・ミストウォーカー・Snowman・ustwo gamesなど有名どころばかりでゲーム開発に不安はありません。 広告や課金制ってのはゲームを提供する側のビジネス的な都合でしかなく、遊び手からすればノイズでしかなかったのでこれは神対応、というか本来そうあるべきなのよ。 笑 デバイスを複数持っている場合も切り替えは簡単で、 iPhoneからiPadに環境を変えても中断したところから再開できます。 私の場合は通勤時間はiPhoneXで遊んで、家に帰ったらiPadProでガチるスタイルになりそう。 終わりに ゲームは月額制の時代だ!ゲームを変えるゲーム「Apple Arcade」いかがっすか!!とリンゴが叫んでいる中で、広告がなくApp内課金もない新しいゲームスタイルといことで楽しみなサービスではありますが、流行るかどうかは稼働してみないと分かりません。 まぁこの規模でAppleがこけこるとはないでしょう、ゲーム市場は伸びる!ってだけで動いているとは思えませんし、裏では色々な思惑があるのでしょう、独自のゲームプラットフォームを持つことでAppleユーザーを囲うとか? とりあえず、私はリリースされたら月600払って遊んでみたいと思います、ガチャや課金石にお金を使うのと比べたらなんてお安いことか、、、って、すでにリンゴの術中か!? ということで今回はここまで、秋頃にリリースということなので残り数か月ってところでしょうか、次はゲームでお会いしましょう、ばいちゃ!!.

次の