北九州 予備校。 北九州予備校の料金を学年とコース別に徹底解説!料金以外の特徴も紹介

【北九州予備校】|口コミ・料金をチェック【塾ナビ】

北九州 予備校

【北九州予備校】予備校時代の講師を振り返る 昔、通っていた予備校の講師を振り返ります。 高校生の時、大学受験に失敗した私は、予備校に通うことになりました。 2年間もお世話になってしまいましたが、大学にも無事合格し、こうして社会人として働くことが出来ています。 浪人していた時は、あまり苦しいとは思っていませんでした。 本日は、北九州予備校時代のお世話になった講師陣をちょっとだけ紹介したいと思います。 結論:いい先生が多くて、本当に勉強になった 北九州予備校とは 北九州予備校とは、九州内では有名な予備校で、通称「北予備」と呼ばれています。 北予備が他の予備校と違うのは、とにかく厳しいところです。 予備校生と聞くと、必要な時だけ授業に出て、授業のない時はパチンコやゲーセンで時間をつぶすイメージがあるかもしれませんが、北予備では生徒をガチガチに拘束します。 私も、あまり自律心がある方ではないので、北予備の厳しい部分で成長できたと思っています。 今回の記事では、厳しさにはフォーカスせず、講師陣の面白いところを紹介しようと思います。 予備校の講師は教えることのプロです。 高校の先生には、勉強以外にも部活や様々な庶務があり、必ずしも教えることが上手いとは限りません。 その点、予備校の講師は教えることだけに専念するので、授業の合間の雑談なども面白い方が多かったです。 以前は、北予備のサイトにも講師紹介のページがあったのですが、なくなってしまったようなので、私がお世話になった先生を簡単に書いていきます。 (10年以上も前の小倉駅校のことなので、今いらっしゃる講師は少ないとは思いますが) ちなみに、講師紹介は公式ではありませんが、下記のページにもありました。 (これが新しいものなのか、よく分かりませんが)• 英語が論理的な文章であることが理解できた。 居眠りや頬杖には厳しいが、これは当然守るのが当たり前のこと。 まずまず分かりやすい授業だった印象。 別の先生曰く、大学受験では語彙力ではなく、文章構造を理解して和訳することが求められるとのこと。 (水戸川氏とは逆のスタンス) 雑談は面白かった。 男子にはボーイ、女子にはガールと当ててくるのが面白かった。 ラーメン大好きでその話が授業中にも出てくる。 けっこう攻撃的な感じは怖かった。 ブロッコリーの話は覚えていないが。 しゃべりがかなり面白いので、めっちゃ笑った印象。 熱い感じなのだが、個人的には合わなかった印象。 独特の喋りだったのは覚えている。 授業の印象はうーんという感じ。 昔、YouTubeに動画があったが削除済み? 実力は?という感じ。 数学の講師陣の中では、飽きさせないやり方という感じ。 アディダスの服を着ていた印象。 よく言えばナイスミドル。 特別なタイプではない。 フィリピンというワードがよく出てくる。 ちょっと字は読みにくかった。 数学の先生らしく、きっちりしている印象。 耳の裏はちゃんと洗った方がいいという雑談を覚えている。 流石にもう教えてはいないと思う。 チョークの使い方が綺麗だった印象。 多分、めっちゃ好きという人も少ないし、嫌われてもいないそんな感じ。 個人的には好きだった。 Y先生の方が人気はあったが、私は三嶋さんの方が好きだった。 ロジカルなイメージ。 センターなどの選択肢の絞り方が独特だった。 謎の挨拶など、特徴的なフレーズが多い。 シャドーボクシングをしてたり、中々ファンキー。 YouTubeで懐かしくなりました。 電波やポアなど、かなり特殊。 授業自体は面白く、分かりやすい。 Mixiで申請を出せば、友達になってくれたらしい。 サッカー好きということ以外、特に特徴はない。 中村さんがいるなら、人は集まらない印象。 眼鏡をかけていて、ここは覚えるんですよ!みたいなフレーズだけ頭に残っている。 板書もキレイだった。 世界地図をここまでスムーズに書ける先生はいないのでは。 センター前に名前入りの鉛筆を全員に配っていたのが印象的だった。 正直、講師のレベルが高いかどうかは他の予備校に行っていないので分かりません。 ただ、分かりやすい先生や、面白い先生は必ずいると思います。 浪人という選択は、やや暗く感じる人もいるかもしれませんが、1年間本気で頑張るいい機会なのかなと今でも思います。 次回は、寮生活についても少し書いてみようと思っています。 ちなみに、武田塾の塾長が選ぶランキングでは北九州予備校が最下位でした笑 ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の

武田塾 北九州校

北九州 予備校

北九州予備校とは 北九州予備校、通称「北予備」とは「努力は実る」をキャッチフレーズに九州を中心に展開されている予備校。 既卒生向けのコースのみではなく「北予備ハイスクール」と呼ばれる現役高校生向けのコースや、最近では小中高生向けのコースもあるようです。 受験勉強に集中するために、 染髪やパーマを禁止し、 教室に監視カメラが取り付けられていることから、 「日本一厳しい予備校」とも言われています。 また北九州予備校には校舎の近くに寮がありますが、全員参加の自習時間があったり、 門限に1分でも遅れたら退学 理由によっては自宅謹慎処分 になってしまうなど、徹底された環境が用意されています。 授業は通常の教室で講師から直接受けるものと、他の校舎で行われた授業を映像で視聴する2種類があるのが特徴です。 教室で実際に受けた講義を復習としてもう一度見ることもできますし、同じ内容でも他の講師が行っている授業を見られるのも魅力的。 必ずしも寮に通わなければいけないわけではなく、私を含めて通塾生も多かったです。 >> 北予備の1日のスケジュール 平日は朝8時から任意参加の激励会があり、8時半からはから朝テストと呼ばれるセンター試験対策の小テストを受けます。 そのあとは途中トイレ休憩とお昼休憩をはさみながら、必修授業。 これはクラスごとに国語、数学、英語の授業を受ける時間です。 夕方からは選択授業で理科や社会、2次試験対策、英作文、小論文など志望校ごとの対策授業などを受けます。 通学生はその後自由参加の自習時間が21時40分まで。 寮生は6時までに寮に戻ったあとに自習時間が用意されているようです。 土曜日は平日同様21時40分まで、日曜日は17時まで自習のための教室が解放されています。 土日は主に復習や月曜からの授業の予習、映像授業の視聴にあてていました。 休日にも関わらず多くの学生が登校していました。 >> 北九州予備校のメリット 北九州予備校は雰囲気がとても良かったです。 入学して少し経ったころにはクラス対抗のスポーツ大会、秋には希望者が参加することのできる座禅会などの同じクラスや校舎の生徒と交流を深めるためのイベントが開催されます。 入学当初、私はこのようなイベントをあまりよく思っていなかったのですが、参加してみると良い息抜きになってとても楽しかったです。 「受験勉強は団体戦」という言葉がありますが、北九州予備校はまさにこの言葉の通りでクラスがひとつのチームのようで、励ましあったり、自習に参加せずに帰ろうとするとクラスメイトがしかってくれるなど、この雰囲気なしではわたしの志望校合格はありませんでした。 また現役時代の受験校や入学前のテストの成績で学費が免除される制度があったのも助かりました。 >> 北九州予備校のデメリット 残念だった点は、模試が充実していなかったところ。 模試は大手予備校に受けに行った方が良いかもしれません。 北九州予備校の模試は少し制度が良くないように感じていたので、私も大手予備校の模試を受けていました。 >> 北九州予備校の評判と口コミまとめ 北九州予備校に通ってみて、実際に成績はかなり上がりました。 授業の質よりも、授業の内容を消化できる自習時間が確保されていたことが重要だったと思います。 北九州予備校への入学を検討している人からよく、寮に入るべきかどうかと質問をされますが、寮生だから合格率が高いというわけではなく、通学でも北九州予備校の自習時間に全て参加していれば十分。 通学時間がそれほどかからないのであれば無理して寮に入る必要はなく、自分のスタイルに合ったほうを選ぶことが大切だと思います。

次の

今年度浪人するものです。

北九州 予備校

北九州予備校について質問です。 春から浪人生です。 自分は勉強しようと思っても勉強できない性分なので、寮生活で頑張りたいと思っています。 僕にはどうしても行きたい大学があります。 東京大学です。 理系ですが、何類かは聞かないでください。 答えたくないので 今回の敗因ははっきりしています。 高校時代まるで勉強していなかったからです。 勉強すれば合格できる保証などありませんし、ましてみなさんは僕がどんな人間であるかなど、この文面からでしか読み取れないでしょうが、自信はあります。 僕は塾の授業と宿題だけこなして今の高校に合格しました。 東大は10人ほど輩出しています。 公立入試対策の勉強しかしていなかったのによく合格したものだ。 と言っていました。 その通りだ、と自負しています。 (なぜか、中学のみんなからはいまだに、「よくそんなに勉強できて ガリ勉という意味で すごいよね。 尊敬する」と言われて、コンプレックスにしています。 素直に喜べない…)いや、あの頃は、よく勉強したりもしたかな。 しかしながら、高校ではすぐに落ちこぼれました。 上位で合格できた実力はあったと思うのですが、今では、化学も物理も全く分かりません。 自慢じゃありませんが、高1生といい勝負です。 古典なんかヤバイです。 これでは、どうしようもないのですが、なんとかしないと、と思っています。 予備校に入ればいいというものでないのは分かっていますが、どうでしょうか? それから、こっちが本題ですね。 すいません。 北九州予備校は、誰に聞いても、「気が狂うからやめとけ」 監禁されて、携帯も使えないと聞きました。 お金のことは、HPでも見れば分かることでしょうがそっちも気になります。 誰か詳しい人はいませんか? 浪人時代の友達はつくれるでしょうか? 本も読めないのですか?友達とメールも? 外出はできませんか? 自由時間は確保できますか? 睡眠時間は? ごはんはうまいですか? 授業はどうですか?具体的に聞きたいです。 よろしくお願いします 本年度まで北九州予備校山口校に在学、また専心寮 山口校の男子寮 に在寮していた者です。 まず最初に断っておきます。 たしかにネットや口コミでは「気が狂う」とか「あそこは牢獄だ」とか言われています。 私も最初は怖くて、正直「大学受験」のためにそこまでする必要があるのかと思いました。 ですが、合格して初めて言えることですが「大学受験」にそこまで必ずしなければいけませんでした。 ひとえに、大学受験程度といっても、悲しいことに日本の現状では、大学で人生の大半は決まってしまいます。 あなたが本気で「東京大学」に「合格」したいと考えているのなら、北予備は最高の環境だと私は考えます。 本題に入ります。 >浪人時代の友達はつくれるのでしょうか? もちろん作れます。 上半期は受験生のガス抜きも兼ねて様々なイベントを寮や予備校で行うので、それを通してや、寮でのコミュニケーションでも作ることができます。 >本も読めないのですか?友達とメールも? 一応、小説(ライトノベル除く)は読めます。 ですが、あまりにも度が過ぎるほど読んでいる場合は没収ということにもなりかねますので注意してください。 メールは残念ながら、携帯電話・PHS・パソコンなどの電子機器類は音楽プレイヤーを除き持ち込みができないのでできません。 >外出はできませんか? 専心寮の場合は、土曜日日曜日は昼から外出可能でした。 門限は18時です。 平日は校舎によりますが、16時半から授業がない場合や病院などに行かなければならない場合のみ外出可能です。 寮に帰った後は、特別な理由(病気や怪我など)を除き外出は不可能です。 >自由時間は確保できますか? 上記のとおり、割と自由時間は確保できます。 >睡眠時間は? 寮の消灯時間は23:30で、取決め上の起床時間は7:00なので、最大7時間半睡眠可能です。 寮生の一部は自主的に6時頃に起きて単語の発音練習などをしているようです。 >ごはんはうまいですか? 体験談で言うと、あんまりって感じです。 ひどくまずいわけではないです。 >授業はどうですか?具体的に聞きたいです。 まず、毎朝センター対策朝テストが予備校であります。 これはミニテスト形式で各科目あります。 クラスによってはこのテストの成績で座席などが決まるようです。 授業に関して説明します。 授業は大まかに分けて二つに分類されます。 一つは必修授業、もう一つは選択授業。 必修授業は各クラスごとに決められた授業を受けます。 クラスは入学時にあるテストや夏にあるテストで決められます。 選択授業はクラス分けなしで、自由に選択できます。 授業の内容については、まぁそれなりといったところです。 特にカリスマ性がある講師はいません。 かといって内容がしょぼいというわけではないです。 きちんと受験に必要な知識やテクニックは一通り教えていただけます。 講師の先生も授業の中で言われていたのですが、受験に必要なのは知識が9割だそうです。 残りの一割は演習。 ぶっちゃけ、授業の内容はどこの予備校でも変わりません。 特に北予備は他の予備校さんから出張してもらっている人が多いので、授業に関しては問題ないと思います。 これから浪人生ということですが、あんまり深く考えずに1年間北予備でカリキュラムに沿って勉強していれば志望校には合格します。 不安も多いと思いますが、そのあたりのケアは職員の方や寮関係の人が相談に乗ってくれます。 安心してください。 実は、私も東京大学を目指していました。 結局某MARCHに行くことになってしまいましたが、今年やった勉強は全く無駄ではなかったと思っています。 この1年悔いがないように過ごすことだけを考えてください。 自習環境について 北予備の授業は予習復習が命です。 そういうカリキュラムになっています。 予復習は自分でやるのですが、当然それは自習という形になります。 寮生 山口校 の場合は、必修の自習が毎日夜の4コマと土日の朝3コマがあります。 (計34コマ) 選択授業もビッシリ入ることはまずないし、土日のどちらかは自習をしに行くので(というか行かないといけない雰囲気) 合計すると40コマ前後は自習に充てることになります。 自習の仕方については予備校側から指導があると思いますが、私は苦手科目の予復習に1コマずつかけて他は予復習合わせて1コマで回していました。 復習のためにもノートはキレイにとったほうがいいですよ^^ 北予備は、クラス制なので気にしなくても友達はできます。 クラスマッチがはじめの方に催されているので、練習に参加してみたらいいとおもいます。 本は、読みたければ休み時間に読む分にはかまわないとおもいます。 メールは、寮に入ると携帯の持ち込みができないので無理だとおもいます。 外出は、休日の午後はフリーだったとおもいます。 門限はありますが・・・ 自由時間?は、自分の気持次第じゃないですかねw 寮に入ると、睡眠時間しっかりとれますよ!! ごはんは、寮のご飯の悪口はきいたことはないですが、お昼の弁当は美味しくはないみたいです。 授業は、講師の先生によるところが大きいですね。 1学期は全く分からない教科については、高校で配られた問題集を授業と並行してやった方がいいです 理科など特に。 午前中は「必修授業」で国語・数学・英語が入学時に受けるテストの結果でわけられたクラス単位で行われます。 午後は、「選択授業」で全教科 国数英も含む から自分で選んでうけることになります。 午前にくらべると、午後はさらに講師の先生によるところが大きくなります。 最初のお試しの期間に色々受けてみて、自分にあった先生を見つけることをお勧めします。 センター対策の授業も1学期からあるのでどうしても受けたければ受けるのもいいかと・・・。 地歴は、理系であればセンター対策があるので1学期から受けましょう!地歴は面白い先生が比較的多いし、一人でやるより有効でしょう。 選択の国数英は、いろいろあって、「東大対策」もあるので東大対策は東京校でしかやってないのでDVDにはなりますが・・・。 東大対策に限っては、理科や地歴もあるみたいです。 あくまで参考程度ですが、北予備でも校舎によって雰囲気とか実績が違います。 小倉校が厳しくていいイメージがあります。 門限6時厳守(北予備で夜間授業を受ける場合を除く)で、携帯などの機器類は持ち込み禁止です。 それから毎日寮内で4時間みっちり勉強させられます。 僕は寮生ではありませんでしたが、見ていると団結力が強い印象でしたよ。 ただ他室訪問は禁止で、違反者は入れた側、入った側ともに退寮処分になるようです。 本ぐらいは読めると思いますが…。 外出は寮にもよりますが、土日の昼間のみだったと思います。 それ以外に自由時間はありません。 睡眠時間は23時半消灯7時起床で7時間半。 ご飯はうまいらしいですよ。 授業は昼下がりまでは必修、以降はレベル別に選択授業がはいります。 東大に特化した授業は東京校を除きありませんが、他校でもDVDを視聴できます。 基礎の基礎からやり直す授業もあります。 北予備の寮は厳しいですよ。 北予備を卒業することを「脱北」と表現するぐらいですから。 ただ、東大志望で基礎すら怪しい状態なら、それくらいやる必要はあると思います。 受験は過酷なものですから。 東京の方であれば、 北九州予備校 東京校+寮に行くべきだと思います。 東京校は人数少ないですし、すぐなじめます。 ただ、読書は土日の自由時間だったらできると思います。 大学受験をするための予備校ですし、勉強するために入ってるんだから 勉強を邪魔するメールとかダメという意味です。 ただ予備校で自習しに行っている人がほとんどです。 (DVDの授業を見ることもできます。 そこで、授業を受けてみるべきだと思います。 そこで、講師の先生のところに行って教科別にどのようにやっていくべきか 正直に聞くべきだと思います。 プロですからしっかりと教えていただけると思いますよ。 さてさて北九州予備校についてですが、有名で私独自にどのような予備校か調べました。 あなたは僕の質問に、「マイペースで勉強するタイプ」と答えましたよね。 受験は長丁場になるので長い時間ずっと走ることはできませんね。 自分が楽な姿勢でマイペースで勉強しないと続かないと思います。 で、北九州予備校ですが、このスタイルとは正反対の予備校です。 寮に入るんですよね。 寮には門限もあるし、朝から予備校の授業に行き夕方まで強制勉強させらる。 続くでしょうか?僕には無理です。 この予備校寮では、ラジカセも携帯もパソコンもテレビもありません。 1年も続くかな?身がもたないでしょ。 あと良く聞くのが、授業で座席が少なく座れないので、授業が受けられないという苦情も聞きました。 そんな予備校があるのでしょうか?ちょっとひどいですね。 また、予備校というのは、ある程度学校の授業で基礎はあるというのが前提となって授業が進みます。 これは3大予備校でも同様です。 化学物理が全くわかりません状態の質問者様だと、この2科目には全く着いていけない可能性があります。 本当に基礎の基礎から教えてもらえるところのほうがいいと思います。 基礎の基礎から教えてくれるところだと、四谷学院という予備校がありますよね。 僕は四谷に行ったことはないのですが、知り合いが2浪人して四谷に行き東京医科歯科医学部に合格してました。 学力はちょうどあなたと同じくらいでした。 やる気になれば、東大合格も夢ではないと思います。 知恵袋では、四谷は評判がよくないらしいですが、友人はよかったと言っていました。 予備校に通って言いか悪いかは自分が判断することです。 全部おんぶに抱っこではどこに行ってもだめでしょう。 最後に僕は北九州予備校はお勧めしません。 さて、続きはあなたが僕にリクエストしたところで答えます.

次の