去る 類語。 【至言】と【金言】と【名言】の意味の違いと使い方の例文

来る(キタル)とは

去る 類語

スポンサーリンク 疎いの読み方 「疎い」は訓読みで 「うとい」と読みます。 「疎」の字は「まばら」や「あばら」と読むこともあり、この場合は「すき間が多いさま」という意味になります。 送り仮名をつけて「疎ら」と表記することが多いので、「疎い」とは送り仮名で区別すると良いでしょう。 疎いの意味 疎いは 「物事や事情などに通じていない」「その人と関りが薄い」「うとましい」「なじめない」などの意味を持つ言葉です。 「疎い」には、このほかにも意味がありますが、「物事や事情などに通じていない」や「その人と関わりが薄い」という意味で使うことが多いです。 「政治に疎い」で「政治に通じていない」つまり「政治に詳しくない」という意味になります。 「うとましい」は漢字で書くと「疎ましい」となり、「好感が持てずに避けたい」という意味になります。 この意味では「疎い」というよりも「疎ましい」の方が一般的です。 スポンサーリンク 疎いの類語 疎いの類語には次のような言葉があります。 不案内(ふあんない):その方面の心得があまりないこと。 寡聞(かぶん):見聞が浅く狭いこと。 他人行儀(たにんぎょうぎ):親しい間柄なのに、他人のようによそよそしく振舞うこと。 余所余所しい(よそよそしい):親しみがない。 水臭い(みずくさい):他人行儀なこと。 疎いの対義語 疎いの対義語には次のような言葉があります。 詳しい(くわしい):細かいところまでよく知っている。 詳細である。 親しい(したしい):仲が良い。 馴染み深い。 近しい(ちかしい):近い関係にある。 親密である。 疎いの使い方 <物事や事情などに通じていない、という意味>• 芸能ニュースには 疎いが、とても勉強が得意な友人。 経済問題に 疎く、会社での会話に困る。 <その人と関りが薄いという意味>• 二人の関係は、徐々に 疎くなった。 去る者は日々に 疎し。 などのように使います。

次の

「去る者は日々に疎し」の意味とは?類語表現も解説(例文付き)

去る 類語

[動カ変][文]く [カ変] 1 空間的に離れているものが自分のいる方・所へ向かって動く。 また、近づく。 ㋐こちらに近づいたり着いたりする。 接近・到着する。 訪れる。 「バスが きた」「留守に友人が きた」「霜の こないうちに取り入れを済ませる」 ㋑自分が今いる所を、再び、また以前にたずねる。 やってくる。 「いつか きた町」「また明日 きます」 ㋒物が届く。 「便りが くる」「ようやく注文した本が きた」 ㋓鉄道・水道などの設備が通じる。 「この町にはまだガスが きていない」 2 時間的に近づく。 ある季節・時期・時間になる。 「春が きた」「時間が きたので終わりにする」「行く年 くる年」 3 事態が進んで、ある状態に至る。 「もはや救いようのないところまで きている」「使いづめでがたが くる」「もともと体が弱いところへ きて、この暑さですっかりまいってしまった」 4 (「…からくる」の形で) ㋐そのことが原因・契機になってある事態が生じる。 起因する。 「疲労から きた病気」「倒産は経営の不手際から きている」「信念から くる実行力」 ㋑由来する。 「ギリシャ語から きた言葉」 5 何かによって、ある反応・感覚・感情が起こる。 「ぴんと くる」「胸にじんと くる温かい言葉」 6 (「…ときたら」「…ときては」「…とくると」などの形で)ある物事を特に取り上げ強調して言う意を表す。 特に…の場合は。 …について言うと。 「酒と くると、からっきしだめだ」「甘い物と きたら、目がない」 7 《近世語から》恋い慕う気持ちが起こる。 ほれる。 「君はよっぽど、どら吉 きち に きているな」〈・〉 8 あるやり方でこちらに働きかける。 「数で こられたらかなわない」 9 (補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」が付いた形に付く。 ㋐少しずつ移行したり、程度が進んだりして、しだいにその状態になる。 だんだん…になる。 「日増しに暖かくなって きた」「最近太って きた」 ㋑ある動作・状態が前から続いている。 ずっと…する。 …しつづける。 「再三、注意して きたことだが」「改良を重ねて きた品種」 ㋒ある動作をしてもとに戻る。 …しに行って帰る。 「買い物に行って くる」「外国の事情をつぶさに見て こようと思っている」 ㋓ある動作・状態をそのまま続けながら、こちらへ近づく。 また、そのようにしてこちらへ至る。 「敵が押し寄せて くる」「付き添って くる」 [補説](1) 古くは「からうじて大和人 こむと言へり。 よろこびて待つに」〈・二三〉のように、行くで用いられる場合がある。 これは目的地に自分がいる立場でいうのであって、結果としては 1と同じ用法。 現代でも、相手に向かって「あすの同級会には きますか」という言い方をすることがあるのも、これと同じ発想。 (2) 命令形は、古くは「いづら、猫は。 こち率 ゐ て こ」〈〉のように、「こ」だけの形が用いられ、「こよ」が用いられるのは中世以後。 (3) 4㋐は、多くぐあいの悪いことが起こる場合に用いられる。 [下接句]・・・・・・ 出典 デジタル大辞泉について の解説.

次の

「過日(かじつ)」の意味と使い方!「先般、先日」との違い、類語、英語も紹介

去る 類語

至言と金言と名言の違い 至言と金言と名言の意味の違い 至言と金言と名言の違いを分かりやすく言うと、 至言はどの時代にも対応する的確な言葉である時に使い、金言は人生における模範的な言葉である時に使い、名言は多くの人に受け入れられる言葉を表す時に使うという違いです。 至言と金言と名言の語源の違い 至言の至は、この上ないという意味を持つ漢字です。 そのため至言とは、この上ない的確な表現をした言葉、いつの時代でも受け入れられるような言葉を意味する言葉となります。 金言の金は、美しい、立派な、かたいものなどを表す漢字です。 そのため金言とは、立派な言葉、人生や生活の上で尊重し模範とするべきであるほど優れた言葉を意味する言葉となります。 名言の名は、名高い、すぐれているという意味を持つ漢字です。 そのため名言とは、すぐれている言葉、事柄の本質をうまく捉えており多くの人に受け入れられる言葉となります。 至言と金言と名言の使い分け方 これら三つの言葉はほとんど同じような意味で使われますが、時代や環境が変化しても対応できるのが「至言」と「金言」の二つであり、中でも「金言」は人生の模範となるような言葉であるという違いがあります。 至言の意味 至言とは 至言とは、 事物の本質を適切に言い当てている言葉を意味しています。 「至言は言を去る」の意味 至言を使った言葉として「至言は言を去る」があります。 これは「至為は為す無く、至言は言を去り、至射は射ることなし」という中島敦による短編小説『名人伝』に書かれた言葉の一部です。 この言葉は、最もすぐれた行いは何もしないことであり、最もすぐれた言葉は何も言わないことであり、最もすぐれた射撃術は射ないことであることを意味します。 つまり「至言は言を去る」は、言葉を発さずとも人間分かりあうことが出来る状態が最も素晴らしいと言っていると解釈ができます。 ちなみに、主人公の紀昌は弓の名人になるため修行を重ねていて、後に出会った名人が弓を引く動きをしただけで鳥を落としたため、紀昌も修行を経て、弓をとらない弓の名人として有名になったという作品で、弓の名人になれたかは作中では明らかになっていません。 至言の類語 至言の類語・類義語としては、すぐれた句や有名な文句を意味する「名句」、短いが意味の深い言葉を意味する「寸言」、人の急所をつくような短くて深い意味を持つ言葉を意味する「寸鉄」、巧みに飾った言葉を意味する「美言」(読み方:びげん)などがあります。 至言の至の字を使った別の言葉としては、極限に達していることを意味する「至極」、この上なく難しいことを意味する「至難」、この上もない幸せを意味する「至福」、この上なく便利なことを意味する「至便」などがあります。 金言の意味 金言とは 金言とは、 処世上の手本とすべき内容を持つすぐれた言葉を意味しています。 金言の読み方 金言は「きんげん」と読みますが、仏の口から出た不滅の真理を表す言葉という意味を表す場合は「こんげん」と読むこともできます。 「金言耳に逆らう」の意味 金言を使った言葉として「金言耳に逆らう」があります。 たとえ真心から出たものだとわかっていても、忠告は耳に痛いため素直に聞き入れることができないことを意味することわざです。 このことわざは「忠言耳に逆らう」という言い方もしますが、「忠告耳に逆らう」という表記は間違いですので気を付けましょう。 金言の類語 金言の類語・類義語としては、短く巧みな表現で真理を鋭くついた言葉を意味する「警句」、戒めの言葉や教訓の意味をもつ短い言葉を意味する「箴言」(読み方:しんげん)、言い回しの巧みな句や立派な言葉を意味する「金句」などがあります。 金言の金の字を使った別の言葉としては、自分の主義や主張の絶対的な拠り所となる考え方を意味する「金科玉条」(読み方:きんかぎょくじょう)、守りが非常に固く、まったく隙がないことを意味する「金城鉄壁」(読み方:きんじょうてっぺき)などがあります。 名言の意味 名言とは 名言とは、 事柄の本質をうまくとらえた言葉を意味しています。 「至理名言」の意味 名言を使った言葉として「至理名言」(読み方:しりめいげん)があります。 物事の筋道が理屈にかなっているすぐれた言葉を意味する言葉です。 この「至理」には、この上なく正しい道理の意味があります。 名言の類語 名言の類語・類義語としては、人生の真実や機微を述べて万人への戒めや教訓となるような簡潔にした言葉を意味する「格言」、慣用句を意味する「成句」、世間で言われていることわざを意味する「俗諺」(読み方:ぞくげん)などがあります。 名言の名の字を使った別の言葉としては、すぐれた案を意味する「名案」、有名店を意味する「名店」、由緒ある家柄、有名な学校や団体などを意味する「名門」、すぐれた評価を得ていることを意味する「名誉」、悪い評判を意味する「悪名」などがあります。 至言の例文 3.日本での名言を調べるのも楽しいが、諸外国の名言を知ることも面白く、価値観や言語の良い勉強になる。 この言葉がよく使われる場面としては、広く受け入れられるような上手い表現をした言葉を意味する時などが挙げられます。 例文2のような学業など、人生という幅の中で限定して当てはまる言葉に対して使われますが、現状多くの人に受け入れられる言葉が名言であるとされているため、大した差はありません。 今日では名言という言葉が、至言や金言と比べて、一番使われています。 至言と金言と名言どれを使うか迷った場合は、誰でも共感できるような的確な表現である場合は「至言」を、人生の教訓である場合は「金言」を、多くの人に受け入れられるような言葉である場合は「名言」を使うと覚えておけば間違いありません。

次の