御中 各位。 「御中」「各位」「殿」「様」の使い分けは大丈夫?

「御中」と「各位」の違い説明できる?

御中 各位

ビジネスメールの宛名につける 「御中」や 「各位」「様」などの敬称の違いはご存じですか? これらの敬称は混合されやすいですが、それぞれ指している人の範囲が異なるため、 間違った敬称を使ってしまうとマナー違反になってしまいます。 今回は「御中」を中心に、それぞれの敬称の使い方や違いを解説します。 「御中」とは部署や課などの団体に使う敬称 「御中」とは、手紙などを送る時に使われる「行」や「宛」の丁寧語にあたり、目上の人に対しても使うことができます。 特定の個人を指定せず、「その団体の中なら誰でもいい」という意味で使われます。 「御中」は社外に向けたビジネスメール以外に、社内の他部署に向けたメールの宛名にも使用できます。 例えば、「〇〇株式会社 経理部 御中」と宛名を書いた場合、「〇〇株式会社の経理部のどなたかへ」という意味になります。 例えば、社内メールで「経理部 各位」と宛名を書いた場合、「経理部の皆様へ」という意味になります。 また、「御中」と同じように「各位」は目上の人にも使うことができます。 例えば、全体に向けた業務連絡や挨拶などを送る際の宛名には「各位」や、より丁寧にしたい場合には「皆様」を使います。 また、複数人に対して宛名を書く場合は、全員の名前に「様」をつけ、 役職が高い順に書くようにしましょう。 担当者がわかっている場合は、「部署+御中」を使ってしまうと 「部署内なら誰でも良い」という印象を与えてしまうため、なるべく「部署+担当者名+様」としましょう。 「各位」も同様に、 「大勢の中の1人」という印象を与えてしまうため、宛名は「(個人名)+様」とするほうが良いでしょう。 混合されやすい敬称として「 殿」があります。 「殿」は、 目上の人が目下の人に向けて使う言葉とされています。 そのため、基本的には取引先に送信するメールの宛名に使うのはあまり適切ではありません。 御中:団体内の不特定の誰か• 各位:団体内の全員• 様:特定の個人 です。 それぞれ指している人物が異なるため、 基本的にはこれらは併用できません。 また、「部長」「係長」などの 役職名には敬称の意味が含まれています。 そのため、「営業部長御中」「営業部長様」などのような、 「役職名」+「敬称」の併用もできません。 誰かはわからないが、個人を指定したい場合は「ご担当者様」を使う 例えば、「取引先の案件担当者にメールを送りたいが、個人名がわからない」という場合は、 「ご担当者様」という敬称を使います。 「御中」と「ご担当者様」では使い方は同じですが、• 「営業部 御中」:営業部で対応できる人なら誰でもいい• 「営業部 ご担当者様」:個人名はわからないが、営業部の担当者 のように意味合いが少し異なるので、「営業部 御中」と「営業部 ご担当者様」では、後者の宛名のほうが指定している範囲が狭いとされます。

次の

「御中」「様」「各位」の使い分け方は? 社内文書の宛名に使うべき正しい敬称

御中 各位

「御中」という言葉は、社会人にとってはごく身近なものでしょう。 ただ、その詳しい意味や使い方については、意外にあやふやという人も多いかもしれません。 果たして「御中」は、どのように使うのが正解なのでしょうか。 また、間違いにあたる使い方についても知りたいところです。 ここでは、「御中」の正確な意味や使い方を例文を交えて紹介するとともに、「各位」との使い分けのポイントについても解説したいと思います。 御中の意味とは 「御中」は、一般的に法人や行政官庁などに宛てたメールや文書で使われる言葉です。 個人ではなく、団体に宛てて郵便物等を出す際、宛名の下に付ける形で使用されます。 読み方は「おんちゅう」になります。 「御中」は、手紙の宛名に添えて相手への敬意を表す役割を持つ、「脇付(わきづけ)」と呼ばれるものの一種です。 もともとは「人々御中(ひとびとおんなか)」と書かれていましたが、明治になって「人々」の文字が取れ、「おんちゅう」と音読されて用いられるようになりました。 以後はその使い方が定着し、現代まで引き継がれて使用されています。 「御中」の「中」とは、「集団の中の人」を意味しています。 それに「御」を付け、より丁寧なニュアンスを持たせたのが、「御中」という語です。 つまり「御中」は、「集団の中の方々」といった意味合いの言葉ということになります。 御中の使い方と例文 正しい使い方と例文 「御中」の具体的な使い方について例文を交えながらご説明していきます。 メールでの正しい使い方 まずは、メールでの「御中」の正しい使い方をご紹介しましょう。 ビジネスに限らず、メールでは最初の一行目に宛名が書かれますが、この際上記のように宛先が団体であった場合に、「御中」が使われることになります。 具体的には、以下のような使い方になります。 手紙やハガキは縦書きだけでなく、横書きの場合もありますが、「御中」はもちろんそのどちらでも使うことができます。 どちらの場合においても、社名や部署名、係名の後に半角程度の余白を設け、その後に「御中」と書きます。 文字の大きさは、宛名と同じ大きさにしておくのもポイントです。 構成については、上で紹介した例文と変わりはありません。 企業などが発行した返信用封筒や返信用ハガキには、宛名の後に「行」と書かれているものもありますが、これは発行元による謙遜の表現です。 返信時にはこの「行」を二重線で消し、「御中」を書き入れましょう。 また、自分の名前のスペースに書かれている「様」の字も、二重線で消すのを忘れないようにします。 間違った使い方と例文 個人宛ての文書で使用する これまで何度も述べたように、「御中」は宛先が団体であった場合にのみ使う敬称です。 そのため、個人に宛てたメールや郵便物では使うことができません。 個人宛ての文書で使うべき敬称は、「様」になります。 以下に「御中」のNGな使用例について挙げておきましょう。 こちらもビジネスでは頻出する言葉ですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。 「各位」は、手紙やメールなどで集団を敬って言う際に使われる言葉です。 大勢の人を対象としつつ、その一人一人を敬う気持ちが込められています。 「各」の字は「おのおの」や「めいめい」を表し、「位」はこの場合、「人に対する敬語」を表しています。 「各位」は敬称の働きを持ち、団体に対して使われますが、「御中」とは違い宛名に付けられることはありません。 文書の冒頭において、「担当者各位 いつもお世話になっております」のように使われる言葉です。 この点に気をつけて、「御中」と「各位」を使い分けてください。

次の

「御中」「各位」「殿」「様」の使い分けは大丈夫?

御中 各位

しかし相手の名前が分からない、名前は分かるけれど漢字を知らないという状況では、宛名を書くことができません。 そのような場合に、宛名として使うのが「ご担当者様」です。 2.「ご担当者様」の使い方 「ご担当者様」は、宛名として書く相手の名前が分からない場合に使いますが、 単に「ご担当者様」だけ表記してはいけません。 ビジネスシーンで「ご担当者様」を使う際は、以下の点を理解した上で正しく使用しましょう。 【誤用例】• 様 御中 対象 人や個人名に対して 会社や部署に対して 宛名として書く場合 宛名が「人」で終わる時 宛名が「会社、部署」で終わる時 「御中」も「様」と同様、敬語表現になるため同時に使用することは二重敬語になります。 一方、会社全体や部署全体というように、特定した個人宛てではない時は、「御中」を使います。 では「様」と「御中」の使い方を、以下の例で確認してみましょう。 「Sir」は相手が男性の場合に敬意を込めて呼ぶ呼び方で、「Madam」は相手が女性の場合に使います。 相手の性別が不明な場合には「Sir or Madam」と表記します。 ただし「Dear Sir,」や「Dear Madam,」で始めた手紙には「Sincerely yours,」の代わりに「Yours faithfully,」を使うのが一般的です。 「Yours faithfully,」は面識のない相手に敬意を表す結びの言葉で、「Sincerely yours,」などより更にフォーマルな表現として扱われています。 それでは以下の例文で、「ご担当者様」の英語表現を確認してみましょう。 Dear Sir, ——- Yours faithfully, Taro Yamada (ご担当者様 —— 敬意を込めて 山田太郎より)• Dear Madam, ——- Yours faithfully, Hanako Yamada (ご担当者様 —— 心より 山田花子)• Dear Sir or Madam, ——- Yours faithfully, Akiko Sato (ご担当者様 —— 敬意を込めて 佐藤明子)• Dear Customer Service, —— Sincerely, Ziro Sato (カスタマーサービス御中 —— 心より 佐藤次郎)• Dear Sales departure representative, ——- Sincerely yours, Mari Tanaka (営業部ご担当者様 —— 心より 田中真理) 4.その他のビジネスでの正しい宛名の書き方 宛名を書くときのビジネスマナーは、社内宛てなのか、社外宛てなのかで違いがあります。 宛名の書き方を、社内宛てと社外宛てに分けて詳しく説明するので、ぜひ参考にしてみましょう。•

次の