ぺこら 110。 兎田ぺこらの前世(中の人)は110イトウ?経歴顔や年齢は?声優杉田智和との関係は?|そくとぴ

直売所一覧

ぺこら 110

真菌が原因の病気に用います。 水虫(白癬)は、白癬菌(皮膚糸状菌)というカビで起こるもっとも身近な真菌症といえるでしょう。 白癬菌は足だけでなく体のあちこちに感染します。 たとえば、爪白癬(爪水虫)、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、頭部白癬(しらくも)などです。 皮膚真菌症の多くは白癬菌が原因ですが、ほかにもカンジダや癜風菌によるものがあります。 さらに、カンジダやクリプトコックス、アスペルギルスなどの真菌が、消化管や肺、膀胱など体の内部で異常増殖することがあります。 このような内臓真菌症は、ふだん健康な人はまずかかりませんが、抵抗力の落ちている人は重症化しやすいです。 このお薬の有効成はイトラコナゾールというトリアゾール系の抗真菌薬です。 強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴とし、白癬菌やカンジダをふくめ さまざまな真菌に殺菌的に作用します。 爪白癬など塗り薬で治りにくい表在性皮膚真菌症をはじめ、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症など内臓真菌症に対しても広く適用可能です。 【薬理】 真菌の細胞で人と違うところは、エルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜をもっている点です。 この薬は、そのエルゴステロールの生合成を阻害し、真菌の発育を抑制または阻止することにより、殺菌的に抗真菌作用を発揮します。 強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルをもつトリアゾール系の抗真菌薬です。 生体内で抱合や酸化を受けにくく安定しているうえ、代謝物も主成分と同等の活性を示します。 また脂溶性で組織から徐々に放出されるため効果が持続します。• 比較的安全性が高く、各種の真菌症に適応することから、処方される機会が増えています。 とくに爪の水虫に対し、パルス療法(短期大量間欠療法)として用いられることが多いです。• まれに肝障害を起こすことがあります。 また、相互作用を起こしやすいので、飲み合わせに十分な注意が必要です。 注意 【診察で】• アレルギーを起こしやすい人は、医師に伝えておきましょう。• 肝臓病など持病のある人は医師に伝えてください。• 妊娠中、またその予定のある人は医師に話しておきましょう。• 服用中の薬を医師に教えてください。 【注意する人】 病気によっては、その病状を悪化させるおそれがあります。 肝臓や腎臓、心臓の悪い人は慎重に使用する必要があります。 妊娠中の服用は避けてください。 適さないケース..重い肝臓病、妊娠中。• 注意が必要なケース..アレルギー体質、肝臓病、腎臓病、心臓病、高齢の人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 相互作用を起こしやすく、飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。 飲み合わせによっては、薬の作用に悪い影響をしたり、副作用がでやすくなります。 服用中の薬は、忘れずに報告しておきましょう。 また、別の病院で診察を受けるときも、この薬を飲んでいることを伝えてください。 他の薬の代謝をじゃまする性質があります。 結果として、その薬の血中濃度が上昇し副作用がでやすくなるのです。 この理由で併用禁止となるのは、降圧薬のアゼルニジピン(カルブロック、レザルタス)やニソルジピン(バイミカード)、エプレレノン(セララ)、アリスキレン(ラジレス)、片頭痛の薬のエルゴタミン(クリアミン)やジヒドロエルゴタミン(ジヒデルゴット)、子宮収縮薬のメチルエルゴメトリン(メテルギン)、睡眠薬のトリアゾラム(ハルシオン)とスボレキサント(ベルソムラ)、コレステロール低下薬のシンバスタチン(リポバス)、勃起不全治療薬のバルデナフィル(レビトラ)、安定薬のピモジド(オーラップ)とブロナンセリン(ロナセン)、不整脈の薬のキニジンとベプリジル(ベプリコール)、肺高血圧症治療薬のシルデナフィル(レバチオ)やタダラフィル(アドシルカ)、リオシグアト(アデムパス)、白血病治療薬のイブルチニブ(イムブルビカ)、C型慢性肝炎治療薬のアスナプレビル(スンベプラ、ジメンシー)とバニプレビル(バニヘップ)、抗血栓薬のダビガトラン(プラザキサ)やリバーロキサバン(イグザレルト)、チカグレロル(ブリリンタ)などです。• 禁止ではありませんが、同様の理由で注意が必要なのが抗凝固薬のワルファリン(ワーファリン)です。 併用する場合は、効きすぎによる出血を防ぐため頻回に検査をおこないます。 また、肝臓病や腎臓病のある人で、痛風やベーチェト病の治療にコルヒチンを飲んでいる人は、この薬を飲まないでください。 コルヒチンの代謝が遅れ、その作用が増強するためです。 ほかにも、高血圧の薬のカルシウム拮抗薬、免疫抑制薬のシクロスポリン(サンディミュン、ネオーラル)やタクロリムス(プログラフ)、認知症治療薬のガランタミン(レミニール)、ジギタリス系の強心薬など注意を要する薬がいろいろとあります。 併用により、これらの血中濃度を上昇するおそれがあります。• この薬の血中濃度が低下し効力が弱まることもあります。 たとえば、抗結核薬のリファンピシンやイソニアジド、抗けいれん薬のフェニトイン、胃酸分泌抑制薬のH2遮断薬やプロトンポンプ阻害薬との併用に注意が必要です。• 逆に、抗菌薬のクラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド)との併用なより、この薬の血中濃度が上昇するおそれがあります。• 飲酒は控えめにしてください。 多量のアルコールは、胃や肝臓の副作用をでやすくします。 【使用にあたり】• カプセルまたは錠剤は、食後すぐに飲んでください。 空腹時ですと吸収が悪く、半分も吸収されません。 胃酸の少ない低酸症の人は、前もって炭酸飲料を飲んでおくと吸収がよくなります。• 液剤のイトリゾール内用液は吸収率がよいので、空腹時に飲みます。 口腔咽頭カンジダ症に対して液剤が処方された場合、服薬の際、数秒間口に含み、口腔内に薬剤をゆきわたらせた後に飲み込んでください。 こうしてカンジダ菌に直接作用させることで効果が高まります。• 指示された期間続けることが大切です。 自分だけの判断で止めてしまうと、再発してしまいます。• 爪の水虫のパルス療法(短期大量間欠療法)では、飲み方が変則的になります。 1週間大量服用し、次の3週間は休みます。 これを3回(約3カ月間)繰り返します。 【検査】 必要な検査を受けて、副作用をチェックするようにしましょう。 とくに肝機能検査が重要です。 【妊娠・授乳】 妊娠中は使用できないことになっています。 近く妊娠を予定している方も、緊急性がないのであれば控えたほうがよいかもしれません。 治療期間などを含め、医師とよく相談してください。 【備考】 ふつう、水虫の治療には軟膏や液剤など外用薬を用います。 飲み薬による治療は、外用薬では治りにくい爪の水虫、角化型の水虫などに対してです。 効能 【カプセル・錠】 <適応菌種> 皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、マラセチア属、アスペルギルス属、クリプトコックス属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による下記感染症 <内臓真菌症(深在性真菌症)> 真菌血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎 <深在性皮膚真菌症> スポロトリコーシス、クロモミコーシス<表在性皮膚真菌症>• 白癬:体部白癬、股部白癬、手白癬、足白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡。• カンジダ症:口腔カンジダ症、皮膚カンジダ症、爪カンジダ症、カンジダ性爪囲爪炎、カンジダ性毛瘡、慢性皮膚粘膜カンジダ症• 癜風、マラセチア毛包炎• 爪白癬 【液】 <効能A> 真菌感染症 [適応菌種]アスペルギルス属、カンジダ属、クリプトコックス属、ブラストミセス属、ヒストプラスマ属 [適応症]真菌血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎、口腔咽頭カンジダ症、食道カンジダ症、ブラストミセス症、ヒストプラスマ症 <効能B> 真菌感染が疑われる発熱性好中球減少症 <効能C> 好中球減少が予測される血液悪性腫瘍又は造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防 用法 【カプセル・錠】 <内臓真菌症(深在性真菌症)> 通常、成人はイトラコナゾールとして100〜200mgを1日1回食直後に経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、イトラコナゾール注射剤からの切り替えの場合、1回200mgを1日2回(1日用量400mg)食直後に経口服用する。 <深在性皮膚真菌症> 通常、成人はイトラコナゾールとして100〜200mgを1日1回食直後に経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、1日最高用量は200mgとする。 <表在性皮膚真菌症(爪白癬以外)> 通常、成人はイトラコナゾールとして50〜100mgを1日1回食直後に経口服用する。 ただし、爪カンジダ症及びカンジダ性爪囲爪炎に対しては、100mgを1日1回食直後に経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、1日最高用量は200mgとする。 表在性皮膚真菌症に対しては、難治性あるいは汎発性の病型に使用すること。 <爪白癬(パルス療法)> 通常、成人はイトラコナゾールとして1回200mgを1日2回(1日量400mg)食直後に1週間経口服用し、その後3週間休薬する。 これを1サイクルとし、3サイクル繰り返す。 なお、必要に応じ適宜減量する。• 本剤は服用終了後も爪甲中に長期間貯留することから、効果判定は爪の伸長期間を考慮して行うこと。• 本剤は抗菌薬であるため、新しい爪が伸びてこない限り、一旦変色した爪所見を回復させるものではない。 【液】 <効能A-1> 真菌血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎、ブラストミセス症、ヒストプラスマ症 通常、成人は20mL(イトラコナゾールとして200mg)を1日1回空腹時に経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、1回量の最大は20mL、1日量の最大は40mLとする。 <効能A-2> 口腔咽頭カンジダ症、食道カンジダ症 通常、成人は20mL(イトラコナゾールとして200mg)を1日1回空腹時に経口服用する。 (注意:口腔咽頭カンジダ症においては、服薬の際、数秒間口に含み、口腔内に薬剤をゆきわたらせた後に嚥下すること。 なお、本剤は、主として消化管から吸収され作用を発現する。 ) <効能B> 通常、成人は、イトラコナゾール注射剤からの切り替え服用として、20mL(イトラコナゾールとして200mg)を1日1回空腹時に経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、1回量の最大は20mL、1日量の最大は40mLとする。 <効能C> 通常、成人は20mL(イトラコナゾールとして200mg)を1日1回空腹時に経口服用する。 なお、患者の状態などにより適宜増減する。 ただし、1回量の最大は20mL、1日量の最大は40mLとする。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 ときどき肝臓が悪くなる人がいます。 重症化することはまれですが、長期服用時は予防のために定期的に肝機能検査を受けるようにしましょう。 もともと心臓の弱い人や腎臓の悪い人は、うっ血性心不全にも注意が必要です。 もし、手足のむくみ、急激な体重増加、息苦しさなどの症状が現れたら、直ちに受診するようにしてください。 内用液にみられる副作用として、吐き気や嘔吐、下痢や軟便があります。 このような胃腸症状は、液剤に含まれる添加物が原因のようです。 危険な副作用ではありませんが、気になるときは医師と相談してください。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• うっ血性心不全、肺水腫..息苦しい、胸が苦しい、疲れやすい、むくみ、体重増加。• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。• ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔のむくみ・腫れ、のどが腫れゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。 【副作用】• 胃の不快感、吐き気、嘔吐、腹痛、軟便・下痢• 発疹、かゆみ、光に過敏• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

兎田ぺこらの前世(中の人)は110?顔や年齢も!声優の杉田智和との関係は?

ぺこら 110

糖尿病の治療に用います。 作用 【働き】 血液中の糖分「血糖」は、膵臓から分泌されるインスリン・ホルモンで調節されます。 糖尿病は、そのインスリンの量が不足したり働きが悪くなることで血糖値が上がってしまう病気です。 そのまま放置すると、手足のしびれ(神経障害)、目の病気(網膜症)、腎臓病などいろいろな合併症を引き起こします。 このお薬は、血糖降下薬です。 インスリンに対する感受性を高め、おもに肝臓での糖分の生成を抑えることで血糖を下げます。 適応となるのは2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)で、なかでも肥満型に向くといわれています。 日々の血糖値を適切に保つことは、将来起こるかもしれないさまざまな合併症の予防につながります。 【薬理】 肝臓での糖新生抑制、末梢での糖利用促進、腸管からの糖吸収抑制の3つの作用により血糖を下げます。 糖新生抑制:肝臓での糖の生成が抑制されます。• 糖利用促進:筋肉、脂肪組織など末梢での糖分の利用を促進します。• 糖吸収抑制:小腸における糖分の吸収が抑制されます。 古くからあるビグアナイド系の血糖降下薬です。 略称はBG薬。 作用的にはインスリン抵抗性改善薬の部類になります。 スルホニルウレア薬(SU薬)に代表されるインスリン分泌促進薬とは異なり、膵臓でのインスリン分泌を介することなく血糖降下作用を発揮します(膵外作用)。 この系統の特異な副作用として乳酸アシドーシスが知られています。• この薬の有効成分メトホルミンは、同系のなかでは乳酸アシドーシスの発現が少なく、比較的安全性が高いです。 イギリスでおこなわれた大規模長期臨床試験で良好な成績が得られたことから、欧米では2型糖尿病の第一選択薬として広く用いられています。 日本では、乳酸アシドーシスの問題から用法用量に制限がくわえられ長い間ほとんど使われませんでしたが、近年また見直されています。• 2010年、メトグルコ錠が新薬として改めて承認されました。 海外での使用実績をふまえ、従来のメトホルミンの用法・用量を大きく見直し、高用量処方を可能としたものです。 それまでの1日最大用量750mg に対し、1日維持用量として750〜1500mg、1日最大用量として2250mg の処方が可能となり、また食後に加え食直前の服用が認められています。• 体重増加を助長しないことから、とくに肥満型の2型糖尿病に好んで用いられます。 SU薬やDPP-4阻害薬など他の血糖降下薬と併用されることもたいへん多くなりました。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 妊娠中または妊娠している可能性のある人は申し出てください。 妊娠中は服用禁止です。• もし、体調が悪ければ、そのことも伝えてください(発熱、食欲がない、下痢をしている・・など)• 飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。 服用中の薬は、すべて報告しておきましょう。• 注意事項や副作用、また、体調が悪いときの飲み方「シックデイルール」などについて十分説明を受けてください。 とくに乳酸アシドーシスと低血糖時の対処法について、ご家族も含めて理解を深めておくことが大切です。• 治療中に低血糖症を起こした場合は、必ず医師に報告してください。• CT検査や心臓カテーテル検査をふくめX線造影検査(レントゲン)を行うさいは、服薬の継続について相談しておきましょう。 【注意する人】 インスリン注射が適用となる1型糖尿病や、インスリン分泌能力が著しく低下している重い糖尿病には向きません。 また、乳酸アシドーシスや低血糖を起こす可能性が高い場合は処方を控えることがあります。 たとえば、重い腎臓病や肝臓病または心臓病のある人、あるいは下痢が続くなど体調がひどく悪いときなどです。 中等度までの腎障害であれば使用可能ですが、低用量から開始するなど慎重に用いる必要があります。 造影剤を用いて検査を行うさいは、一時休薬しなければなりません。 適さないケース..乳酸アシドーシスになったことのある人、腎臓が相当に悪い人、透析を受けている人、重い肝臓病、重い心臓病や肺の病気、アルコール摂取量の多い人、脱水症、脱水症の危険性が高い激しい下痢や嘔吐、重症ケトーシス、糖尿病性昏睡、1型糖尿病、重い外傷や感染症、手術前後,、脳下垂体機能不全、副腎機能不全、栄養不良状態、衰弱状態、妊娠中、ヨード造影剤使用時など。• 注意が必要なケース..腎臓病、肝臓病、感染症、高齢の人、不規則な食事や食事摂取量の不足、発熱、下痢や嘔吐で脱水症が心配されるとき、激しい筋肉運動をおこなう人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 飲み合わせによっては、この薬の作用が強まり、乳酸アシドーシスや低血糖の副作用がでやすくなります。 逆に効果が弱くなってしまうケースもあります。 他の薬との併用は、医師の判断で慎重に行わなければなりません。 スルホニルウレア薬をはじめとする他の血糖降下薬と併用するときは、低血糖の発現に十分注意する必要があります。 血糖降下作用を弱める薬には、ホルモン剤(副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、女性ホルモンなど)、利尿薬、結核の薬(イソニアジド)、安定剤(フェノチアジン系)などがあります。• 利尿薬や利尿作用をもつ血糖降下薬のSGLT2阻害薬(スーグラなど)と併用する場合は、脱水症の発現に注意が必要です。 脱水は乳酸アシドーシスを起こしやすくします。 利尿薬は高血圧の薬としても広く用いられていて、いっしょになるケースが少なくありません。• 緊急時は別として、ヨード造影剤を使用して造影検査(レントゲン)を行うさいは、一時的に服薬を中止することになります。 とくに大量の造影剤を用いる心臓カテーテル検査などにおいては適切な対応が必要です。 服用再開は検査後2日目以降にします。• 過度のアルコール摂取は避けなければなりません。 アルコールは乳酸アシドーシスの危険要因です。 また、血糖値を乱し、ときに低血糖発作を誘発します。 飲酒を希望するなら、医師とよく相談のうえにしましょう。 【使用にあたり】• 症状によって、飲む量や飲み方が違います。 決められた服用量、服用回数を厳守してください。 一般的には、少量より開始し、副作用や血糖値に注意しながら慎重にゆっくりと増量していきます。• 万一飲み忘れたら、その1回分は抜かしてください。 絶対に、2回分を1度に飲んではいけません。• 体調が悪く食事がとれていないとき、下痢や嘔吐、発熱時、あるいは激しい運動の前後、疲労のひどいときなどは、薬の量を減らしたり休薬したほうがよいことがあります。 このようなときの飲み方や対処法(シックデイルール)をしっかり守りましょう。• 低血糖症に注意してください。 症状は副作用の項にあります。 症状があらわれたら、すぐ糖分をとってください。 吸収のいい砂糖がおすすめです。 10〜20gをとりましょう。 そのほか甘いジュースでもかまいませんが、アメ玉は溶けるのに時間がかかるので向きません。 糖分を十分とれば15分くらいで治ってきます。 外出のさいも持ち歩きましょう。• 万一の重い低血糖症にそなえ、糖尿病手帳やカードを身に付けるとよいでしょう。• 低血糖には注意が必要ですが、こわがりすぎて血糖値を高いままにしてはいけません。 【検査】 定期的に血糖値やHbA1c、腎機能や肝機能検査、その他必要な検査を受け、効果や副作用をチェックするようにしましょう。 【妊娠授乳】 妊娠中は飲み薬ではなく、インスリン注射薬による治療をおこないます。 【食生活】• 低血糖によるめまいやふらつきを起こすおそれがあります。 車の運転や高所での危険な作業などには十分注意しましょう。• 脱水により乳酸アシドーシスの副作用がでやすくなります。 発熱、下痢、嘔吐、食事が十分にとれないなどで 脱水の心配があるときは、いったん服用を中止し、すぐに医師と相談してください。• アルコールも乳酸アシドーシスの危険要因です。 また、血糖値を乱し、ときに低血糖発作を誘発します。 できるだけ控えてください。 飲酒を希望するなら、医師とよく相談のうえにしましょう。• この薬を飲みはじめても、食事療法や運動療法をきちんと続けるようにしてください。 【備考】• 2型糖尿病では、食事療法や運動療法がとても大切です。 アメリカでおこなわれた「糖尿病予防プログラム(DPP)」でも、その重要性が示されています。 2型糖尿病や境界型の人は、まず食事療法や運動療法からはじめます。 医師や栄養士とよく相談のうえ、自分に適したやりかたで日々続けることが大切です。 このような基本療法だけで血糖値が十分に下がれば薬を使う必要はありません。 けれど不十分な場合は、飲み薬やインスリン注射による薬物治療が必要となってきます。 基本療法は、薬を飲みはじめても続けるようにしてください。• メトホルミンは別かもしれませんが、飲み薬の最終的な効果(重い合併症を防げるか、長生きできるか)は、必ずしも明確ではありません。 一方、インスリン注射薬でより厳格に血糖値をコントロールすると、目の病気(網膜症)や腎臓病などの重い合併症を減らせることが証明されています。 2型糖尿病でも、医師からインスリン療法をすすめられた場合は積極的に受け入れてください。 効能 2型糖尿病 ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る• 食事療法・運動療法のみ• 食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用 用法 【一般】 通常、成人はメトホルミン塩酸塩として1日量500mgより開始し、1日2〜3回食後に分割経口服用する。 維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高服用量は750mgとする。 【メトグルコ】 通常、成人はメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2〜3回に分割して食直前又は食後に経口服用する。 維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750〜1,500mgとする。 なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高服用量は2,250mgまでとする。 通常、10歳以上の小児はメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2〜3回に分割して食直前又は食後に経口服用する。 維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日500〜1,500mgとする。 なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高服用量は2,000mgまでとする。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 比較的多いのは、下痢、吐き気、食欲不振や腹痛などです。 このような胃腸症状は脱水症につながりますし、以下のような重篤な乳酸アシドーシスの初期症状としてあらわれることもあります。 症状が強い場合は医師と連絡をとり、継続の可否を含めて指示をあおいでください。 乳酸アシドーシスはこの薬に特有な副作用で、血液中に乳酸がたまり血液が酸性になった状態です。 とくに、もともと腎臓病や肝臓病、心臓病などの持病のある人、体の弱っている人、高齢の人、脱水を起こしている場合、利尿薬との併用時、また飲み始めや量を増やしたときに起こりやすいものです。 胃腸症状をはじめ、けん怠感、筋肉痛、息苦しさ、過呼吸などを伴いますので、このような場合は直ちに受診してください。 そのほか、「低血糖」を起こすおそれもあります。 低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。 ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり・・といった症状です。 さらに重くなると、けいれんしたり、意識を失うこともあります。 すぐに糖分を補給しましょう。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 乳酸アシドーシス..吐き気、吐く、腹痛、下痢、けん怠感、筋肉痛、手足の震え・脱力、歩けない、動悸、急激な体重減少、息苦しい、息が荒い、深く大きい呼吸、意識低下。• 低血糖..力の抜けた感じ、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、頭痛、不安感、吐き気、目のちらつき、イライラ、眠気、ぼんやり。 さらに重くなると、異常な言動、けいれん、昏睡(意識がなくなる)。• 肝臓の障害..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• 横紋筋融解症..手足のしびれ・こわばり、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。 【その他】• 下痢、吐き気、嘔吐、食欲不振、腹痛• 乳酸上昇、肝機能異常• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

兎田ぺこらの前世(声優)はニコ生主の110(イトウ)と特定!

ぺこら 110

糖尿病の治療に用います。 作用 【働き】 血液中の糖分「血糖」は、膵臓から分泌されるインスリン・ホルモンで調節されます。 糖尿病は、そのインスリンの量が不足したり働きが悪くなることで血糖値が上がってしまう病気です。 そのまま放置すると、手足のしびれ(神経障害)、目の病気(網膜症)、腎臓病などいろいろな合併症を引き起こします。 このお薬は、血糖降下薬です。 インスリンに対する感受性を高め、おもに肝臓での糖分の生成を抑えることで血糖を下げます。 適応となるのは2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)で、なかでも肥満型に向くといわれています。 日々の血糖値を適切に保つことは、将来起こるかもしれないさまざまな合併症の予防につながります。 【薬理】 肝臓での糖新生抑制、末梢での糖利用促進、腸管からの糖吸収抑制の3つの作用により血糖を下げます。 糖新生抑制:肝臓での糖の生成が抑制されます。• 糖利用促進:筋肉、脂肪組織など末梢での糖分の利用を促進します。• 糖吸収抑制:小腸における糖分の吸収が抑制されます。 古くからあるビグアナイド系の血糖降下薬です。 略称はBG薬。 作用的にはインスリン抵抗性改善薬の部類になります。 スルホニルウレア薬(SU薬)に代表されるインスリン分泌促進薬とは異なり、膵臓でのインスリン分泌を介することなく血糖降下作用を発揮します(膵外作用)。 この系統の特異な副作用として乳酸アシドーシスが知られています。• この薬の有効成分メトホルミンは、同系のなかでは乳酸アシドーシスの発現が少なく、比較的安全性が高いです。 イギリスでおこなわれた大規模長期臨床試験で良好な成績が得られたことから、欧米では2型糖尿病の第一選択薬として広く用いられています。 日本では、乳酸アシドーシスの問題から用法用量に制限がくわえられ長い間ほとんど使われませんでしたが、近年また見直されています。• 2010年、メトグルコ錠が新薬として改めて承認されました。 海外での使用実績をふまえ、従来のメトホルミンの用法・用量を大きく見直し、高用量処方を可能としたものです。 それまでの1日最大用量750mg に対し、1日維持用量として750〜1500mg、1日最大用量として2250mg の処方が可能となり、また食後に加え食直前の服用が認められています。• 体重増加を助長しないことから、とくに肥満型の2型糖尿病に好んで用いられます。 SU薬やDPP-4阻害薬など他の血糖降下薬と併用されることもたいへん多くなりました。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 妊娠中または妊娠している可能性のある人は申し出てください。 妊娠中は服用禁止です。• もし、体調が悪ければ、そのことも伝えてください(発熱、食欲がない、下痢をしている・・など)• 飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。 服用中の薬は、すべて報告しておきましょう。• 注意事項や副作用、また、体調が悪いときの飲み方「シックデイルール」などについて十分説明を受けてください。 とくに乳酸アシドーシスと低血糖時の対処法について、ご家族も含めて理解を深めておくことが大切です。• 治療中に低血糖症を起こした場合は、必ず医師に報告してください。• CT検査や心臓カテーテル検査をふくめX線造影検査(レントゲン)を行うさいは、服薬の継続について相談しておきましょう。 【注意する人】 インスリン注射が適用となる1型糖尿病や、インスリン分泌能力が著しく低下している重い糖尿病には向きません。 また、乳酸アシドーシスや低血糖を起こす可能性が高い場合は処方を控えることがあります。 たとえば、重い腎臓病や肝臓病または心臓病のある人、あるいは下痢が続くなど体調がひどく悪いときなどです。 中等度までの腎障害であれば使用可能ですが、低用量から開始するなど慎重に用いる必要があります。 造影剤を用いて検査を行うさいは、一時休薬しなければなりません。 適さないケース..乳酸アシドーシスになったことのある人、腎臓が相当に悪い人、透析を受けている人、重い肝臓病、重い心臓病や肺の病気、アルコール摂取量の多い人、脱水症、脱水症の危険性が高い激しい下痢や嘔吐、重症ケトーシス、糖尿病性昏睡、1型糖尿病、重い外傷や感染症、手術前後,、脳下垂体機能不全、副腎機能不全、栄養不良状態、衰弱状態、妊娠中、ヨード造影剤使用時など。• 注意が必要なケース..腎臓病、肝臓病、感染症、高齢の人、不規則な食事や食事摂取量の不足、発熱、下痢や嘔吐で脱水症が心配されるとき、激しい筋肉運動をおこなう人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 飲み合わせによっては、この薬の作用が強まり、乳酸アシドーシスや低血糖の副作用がでやすくなります。 逆に効果が弱くなってしまうケースもあります。 他の薬との併用は、医師の判断で慎重に行わなければなりません。 スルホニルウレア薬をはじめとする他の血糖降下薬と併用するときは、低血糖の発現に十分注意する必要があります。 血糖降下作用を弱める薬には、ホルモン剤(副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、女性ホルモンなど)、利尿薬、結核の薬(イソニアジド)、安定剤(フェノチアジン系)などがあります。• 利尿薬や利尿作用をもつ血糖降下薬のSGLT2阻害薬(スーグラなど)と併用する場合は、脱水症の発現に注意が必要です。 脱水は乳酸アシドーシスを起こしやすくします。 利尿薬は高血圧の薬としても広く用いられていて、いっしょになるケースが少なくありません。• 緊急時は別として、ヨード造影剤を使用して造影検査(レントゲン)を行うさいは、一時的に服薬を中止することになります。 とくに大量の造影剤を用いる心臓カテーテル検査などにおいては適切な対応が必要です。 服用再開は検査後2日目以降にします。• 過度のアルコール摂取は避けなければなりません。 アルコールは乳酸アシドーシスの危険要因です。 また、血糖値を乱し、ときに低血糖発作を誘発します。 飲酒を希望するなら、医師とよく相談のうえにしましょう。 【使用にあたり】• 症状によって、飲む量や飲み方が違います。 決められた服用量、服用回数を厳守してください。 一般的には、少量より開始し、副作用や血糖値に注意しながら慎重にゆっくりと増量していきます。• 万一飲み忘れたら、その1回分は抜かしてください。 絶対に、2回分を1度に飲んではいけません。• 体調が悪く食事がとれていないとき、下痢や嘔吐、発熱時、あるいは激しい運動の前後、疲労のひどいときなどは、薬の量を減らしたり休薬したほうがよいことがあります。 このようなときの飲み方や対処法(シックデイルール)をしっかり守りましょう。• 低血糖症に注意してください。 症状は副作用の項にあります。 症状があらわれたら、すぐ糖分をとってください。 吸収のいい砂糖がおすすめです。 10〜20gをとりましょう。 そのほか甘いジュースでもかまいませんが、アメ玉は溶けるのに時間がかかるので向きません。 糖分を十分とれば15分くらいで治ってきます。 外出のさいも持ち歩きましょう。• 万一の重い低血糖症にそなえ、糖尿病手帳やカードを身に付けるとよいでしょう。• 低血糖には注意が必要ですが、こわがりすぎて血糖値を高いままにしてはいけません。 【検査】 定期的に血糖値やHbA1c、腎機能や肝機能検査、その他必要な検査を受け、効果や副作用をチェックするようにしましょう。 【妊娠授乳】 妊娠中は飲み薬ではなく、インスリン注射薬による治療をおこないます。 【食生活】• 低血糖によるめまいやふらつきを起こすおそれがあります。 車の運転や高所での危険な作業などには十分注意しましょう。• 脱水により乳酸アシドーシスの副作用がでやすくなります。 発熱、下痢、嘔吐、食事が十分にとれないなどで 脱水の心配があるときは、いったん服用を中止し、すぐに医師と相談してください。• アルコールも乳酸アシドーシスの危険要因です。 また、血糖値を乱し、ときに低血糖発作を誘発します。 できるだけ控えてください。 飲酒を希望するなら、医師とよく相談のうえにしましょう。• この薬を飲みはじめても、食事療法や運動療法をきちんと続けるようにしてください。 【備考】• 2型糖尿病では、食事療法や運動療法がとても大切です。 アメリカでおこなわれた「糖尿病予防プログラム(DPP)」でも、その重要性が示されています。 2型糖尿病や境界型の人は、まず食事療法や運動療法からはじめます。 医師や栄養士とよく相談のうえ、自分に適したやりかたで日々続けることが大切です。 このような基本療法だけで血糖値が十分に下がれば薬を使う必要はありません。 けれど不十分な場合は、飲み薬やインスリン注射による薬物治療が必要となってきます。 基本療法は、薬を飲みはじめても続けるようにしてください。• メトホルミンは別かもしれませんが、飲み薬の最終的な効果(重い合併症を防げるか、長生きできるか)は、必ずしも明確ではありません。 一方、インスリン注射薬でより厳格に血糖値をコントロールすると、目の病気(網膜症)や腎臓病などの重い合併症を減らせることが証明されています。 2型糖尿病でも、医師からインスリン療法をすすめられた場合は積極的に受け入れてください。 効能 2型糖尿病 ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る• 食事療法・運動療法のみ• 食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用 用法 【一般】 通常、成人はメトホルミン塩酸塩として1日量500mgより開始し、1日2〜3回食後に分割経口服用する。 維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高服用量は750mgとする。 【メトグルコ】 通常、成人はメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2〜3回に分割して食直前又は食後に経口服用する。 維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750〜1,500mgとする。 なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高服用量は2,250mgまでとする。 通常、10歳以上の小児はメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2〜3回に分割して食直前又は食後に経口服用する。 維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日500〜1,500mgとする。 なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高服用量は2,000mgまでとする。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 比較的多いのは、下痢、吐き気、食欲不振や腹痛などです。 このような胃腸症状は脱水症につながりますし、以下のような重篤な乳酸アシドーシスの初期症状としてあらわれることもあります。 症状が強い場合は医師と連絡をとり、継続の可否を含めて指示をあおいでください。 乳酸アシドーシスはこの薬に特有な副作用で、血液中に乳酸がたまり血液が酸性になった状態です。 とくに、もともと腎臓病や肝臓病、心臓病などの持病のある人、体の弱っている人、高齢の人、脱水を起こしている場合、利尿薬との併用時、また飲み始めや量を増やしたときに起こりやすいものです。 胃腸症状をはじめ、けん怠感、筋肉痛、息苦しさ、過呼吸などを伴いますので、このような場合は直ちに受診してください。 そのほか、「低血糖」を起こすおそれもあります。 低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまう状態です。 ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり・・といった症状です。 さらに重くなると、けいれんしたり、意識を失うこともあります。 すぐに糖分を補給しましょう。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 乳酸アシドーシス..吐き気、吐く、腹痛、下痢、けん怠感、筋肉痛、手足の震え・脱力、歩けない、動悸、急激な体重減少、息苦しい、息が荒い、深く大きい呼吸、意識低下。• 低血糖..力の抜けた感じ、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、頭痛、不安感、吐き気、目のちらつき、イライラ、眠気、ぼんやり。 さらに重くなると、異常な言動、けいれん、昏睡(意識がなくなる)。• 肝臓の障害..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• 横紋筋融解症..手足のしびれ・こわばり、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。 【その他】• 下痢、吐き気、嘔吐、食欲不振、腹痛• 乳酸上昇、肝機能異常• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の