こんばんは こんばんわ どっち が 正解。 意外と知らない「こんばんは」問題。こんばんわは間違い?違いについて説明します│Xi藤のサイト

「こんにちは」と「こんにちわ」正しいのはどっち?語源も紹介! | コトバの意味紹介サイト

こんばんは こんばんわ どっち が 正解

正解は… こんばんは が正しい! 発音は 「こんばんわ」ですが、表記は 「こんばんは」が正解です。 ちなみに、今この記事を書いているときも、 「こんばんわ」と入力しても、自動修正で 「こんばんは」になっています。 スマートフォンなどの機能でも「こんばんは」と出てくるので、メールなどでは表記間違いはしにくいかもしれませんね。 でも、手書きの場合はそうはいきませんよ!! 特に子供のテストでは 正しく覚えていることが重要です。 「わ」と 「は」の違いはこの後説明する語源を知ると、納得できると思います。 大切なのは、 なぜ 「わ」ではなくて 「は」なのかの理由です。 子供に説明するときに「こんばんは」が正解!とだけ言っても、なんで?って聞かれることがほとんどです。 子供にとっては理由が分かったほうがスムーズに理解してくれるので、きちんと理由を知っておきましょうね。 ではここからその理由を解説していきます! こんばんはの語源で正しい理由がわかる! ではなぜ 「こんばんは」が正しいのか、その語源について調べてみましょう。 今では夜の挨拶として定着している「こんばんは」ですが、実は語源を調べていくと 「こんばんは、月がきれいですね。 」などの文章の一部だったことが判明しました。 「和」 を重んじる ちょっと意味が分かりにくいかもしれませんが、これは 日本語独特の感性と言っても過言ではありません。 日本人は、響きの他に 文字の形や雰囲気を大切にする感性があり、 文字をきれいに書くことが美学であるとされるのも、世界中でも珍しいものです。 その、日本人ならではの感性から、「こんばんは」よりも 「こんばんわ」と表記したほうが柔らかい感じになるという使われ方もあります。 親しみやすさを求めたり、柔らかい雰囲気を出したいときに、わざと「こんばんは」を「こんばんわ」と表記するケースもあるんですって! 小学生のテストなどでは「こんばんわ」にすると間違いになってしまいますが、必ずしも間違っているとは言えない部分もあるようです。 似たような言葉の使い方はこんなにある! 「こんばんは」と「こんばんわ」と同じように、 似たような言葉の使い方は実はたくさんあるんです。 同じ挨拶では「こんにちは(わ)」もありますが、これは「こんばんは」と同じように「こんにちは」が正しい表記です。 他にも、やりにくいときに使う「しづらい(しずらい)」もどちらが正しいか、パッと思いつかないものですよね。 これは、 スポンサーリンク まとめ 普段何気なく使っている言葉も、 文字にするときに悩むことって意外と多くありますよね。 特に小学校低学年の国語では、日常的な言葉を平仮名で書かなくてはいけないので、「わ」と「は」や「ず」と「づ」など、同じ発音で違う文字の言葉には注意が必要ですね。 丸暗記すれば良いのかもしれませんが、語源をしっかり理解しておくことで、スムーズに覚えることができます。 言葉の語源を知ることで、 言葉の持つ意味を深く知ることができたり、 正しい書き方を知ることができたりします。 子供にとっても、言葉の語源を知ることで、国語をより一層楽しく感じることができます。 親が分からないことを調べている姿を見せていると、子供も 自然と調べる癖がついてきます。 分からないことや疑問に思ったことは、ステップアップのチャンスです。

次の

こんばんはとこんばんわの使い分け方 こんばんはこんばんわどっちが正しい こんばんわ

こんばんは こんばんわ どっち が 正解

こんばんわ。 この虫歯って、Cで表すと何になるのでしょうか?? 奥の歯と前歯 「こんばんは」「こんばんわ」どっちが正しい。 「こんばんは」と「こんばんわ」の使い分け方。 「こんばんは」と「こんばんわ」正しいのはどっち。 「こんばんは」「こんばんわ」どっちが正しい。 夜にする「こんばんは」という挨拶ですが、文字に書く場合あなたはどちらで表記されていますか?そこで、「こんばんは」「こんばんわ」どちらが日本語として正しいのか、わかりやすくまとめみました。 メール、Twitter、LINEなどで挨拶することも多い今だからこそ、知っておくと安心な豆知識です。 あわせて、みんなの使い方についてもご紹介しています。 ぜひチェックしてみてくださいね。 まず、いちばん初めに結論を発表いたします!正しい使い方は、となります。 もしも、特別な理由がなく普通に夜の挨拶をしたいのなら、「こんばんは」が正解です。 続いて、なぜ「こんばんは」が正解なのか、語源や意味などから詳しく見ていきましょう。 もともと「こんばんは」という夜の挨拶は、文章でした。 例えば、といったものです。 これが省略されて、現在のように「こんばんは今晩は」と使われるようになったのです。 このことから、語源的には「こんばんは」が正しいということになります。 正しい表記は、「こんばんは」と書いてきましたが、実は昔は「こんばんは」でも正解だった時代がありました。 年配の方に意外にも「こんばんわ」と書かれる方が多いのは、このためかと思われます。 昭和61年、「現代語仮名遣い」が公示されて以降、「こんばんは」が正しいとされるようになったのです。 中曽根内閣の頃に公示された「現代語仮名遣い」で、助詞を含む言葉について「わ」ではなく「は」を使用することが明記されたためです。 その部分を引用したのがこちらです。 2 助詞の「は」は,「は」と書く。 例 今日は日曜です 山では雪が降りましたあるいは または もしくはいずれは さては ついては ではさようなら とはいえ惜しむらくは 恐らくは 願わくはこれはこれは こんにちは こんばんはいちばん下の行に、「これはこれは こんにちは こんばんは」としっかりと書かれていますね。 この「現代語仮名遣い」が出される昭和60年以前は、「こんばんわ」でも間違いではなかったわけですから、今もどちらの表記とも目にする機会が多いのは頷けます。 急に、「こんばんは」が正しいと言われても、なかなか切りかえられないですものね。 今まで見てきたように、「こんばんは」が一応は正しいとされているわけですが、なぜなかなか浸透しないのでしょうか?「こんばんわ」がなくならない訳について見ていきたいと思います。 私が思うのは、こちらの2つの理由です。 「わ」は「和」の精神に通じ、相手のことを大切にするという意味があるためです。 古来より、日本人は協調性を重視してきたと言われており、説得力がある考え方だと感じます。 聖徳太子の一七条憲法にも有名な一文がありましたよね。 一に曰く、和やわらぎを以て貴しと為しまた、「こんばんは」よりも「こんばんわ」の方が親しみやすい印象を与えるという点もあるのではないでしょうか。 和の精神と通じますが、「は」より「わ」のほうが文字の形が柔らかさ? 可愛さが感じられますし、協調性を大切にしたい人にとっては自然な使い方なのではと感じます。 ここでは、実際の使われ方を見ていきたいと思います。 「こんばんは」「こんばんわ」それぞれの使用例を見ていき、どう印象が異なるのか比較してみましょう。 比較することで、興味深いことが見えてくるかも!?昼間は思ったより、気温が上がらなかったので、過ごしやすかったです? 今日の夕景も美しくて? 癒されました「こんばんは」と表記されているツイートを見てみましたが、比較的まじめな文体が多いように感じます。 「こんばんわ」と」と表記されているツイートを見てみましたが、比較的ふわふわした文体が多いように感じるかなと思ったのですが、、、そう一概には言えませんね笑いろいろでした。 ただ、ある程度は「こんばんわ」のほうが、くだけた印象があるように感じました。 そのため、使い方をもし分ける場合は、、、とするのが良いでしょう。 「こんばんわ」は誤用になるかもですが、あえて使っている方もいるのではと想像します。 なかには、状況によって使い分けているなんてすごい方もいると思います。 ちなみに、グループ魂の本でこんなタイトルのものがあります。 中古でしか手に入らないのですが、楽天市場で見つけました!これがまたなかなか面白いのです?? 表紙の帯のコメントからいい感じです? 「こんにちは」について気になったら、こちらをご覧ください?? 「こんばんは」「こんばんわ」どちらが正しいかについて見てきましたが、いかがでしたでしょう?今回のポイントを簡潔にまとめておきますね。 ということで、基本的には「こんばんは」を使うのがよいでしょう。 というか、それだけで問題ありません。 ただ、相手に親しみを与えたい? 可愛く思われたい? 柔らかい印象を与えたいなどの場合、あえて「こんばんわ」と使ってみるのもありかもしれません。 「こんばんは」と「こんばんわ」の使い分け方。 話し言葉では、「こんばんは」も「こんばんわ」も変わりありませんが、いざ書こうとするとどちらが正しいか、はっきりわからない人が多いでしょう。 「こんばんは」と「こんばんわ」は、ちょっと面白い特徴があります。 ここでは、この2つの挨拶の言葉の意味や歴史について振り返ります。 今日から「こんばんは」と「こんばんわ」、正しい使い方を覚えましょう!日が暮れてから、人に会ったり、人を訪ねたりした時の挨拶の言葉で、夕方5時を過ぎてから使う言葉です。 この言葉を会話に使う分には気にしませんが、表記には「こんばんは」と「こんばんわ」の可能性がありますよね。 どっちが正しいか悩んだことがあるでしょう。 表記するときには、現在は「こんばんは」が正しいとされています。 パソコンでは「こんばんわ」としても、「こんばんは」に自動で修正されます。 でもこれ、『現在』は「こんばんは」が正しいのです。 昔は「こんばんわ」と表記することもありました。 というか、学校でも「こんばんわ」が正しとして習っている人もいるのです。 「こんばんは」が正しいい表記だとされたのは、昭和61年のことです。 中曽根内閣の頃に、文化庁から公示された『「現代仮名遣い」に関する内閣告示及び内閣訓令について』の中で、2 助詞の「は」は、「は」と書く。 mext. htmlこの時から、学校でも現在の「こんばんは」の表記になったわけです。 では、それまではなぜ2つの表記が存在していたのでしょうか?「こんばんは」の語源は、「今晩はご機嫌いかがですか?」など、相手の様子をうかがう文章が略されて「こんばんは」になったという言われています。 相手を思いやった言葉なんですね。 だから、「こんばんは」の「は」は、文化庁の通知にもあったように助詞に分類されるので、「は」が正しいとされたのです。 それに対して、「こんばんわ」の「わ」には諸説あります。 また、人にあった時の感動を表している感動詞の「わ」であるともいわれています。 2つの言葉の表記の違いやその意味を知ると、「こんばんわ」は間違いだからと、完全に日本語表記から消えてしまうのも寂しい気がしますね。 今でも、どちらの表記も使われていますし、「こんばんわ」が正しいと学校で習った人もたくさんいます。 だから、相手に気持ちを伝えるのが挨拶と定義するなら、場面や相手によっては、あえて「こんばんわ」を使うのもいいのではないでしょうか?言葉は日々変化しているものですし、まだまだ「こんにちわ」は現役です。 でも、ビジネスシーンでは、正しいとされている「こんばんは」とする方がいいでしょう。 よく考えると、「こんばんは」は挨拶の言葉でありながら、家の中では使いません。 おなじことが「こんにちは」にも言えます。 でも、「おはよう」とはいいますよね。 「こんばんは」は挨拶の言葉でも、家族に使うのには改まった響きが強すぎる言葉なのです。 確かに、家の外では相手が家族なだけに、外での相手への気遣いほどは気を使わないものです。 そして、「おはよう」には、親しい間柄だからこそ使う、親近感を挨拶にのせた言葉なのです。 親友にあった時には、「こんばんは」より「久しぶり!」とか「元気だった?」、「最近どう?」の言葉の方が先に出たりするのも、同じことなのかもしれませんね。 挨拶の表記ひとつにも、こんな裏話がある日本語は、難しいけど自慢できる母国語です。 実は、私は「こんばんわ」は若い人の表記だと思ってました。 学校で「こんばんわ」で習った記憶はないんですよね、昭和61年より前に学校にいってたのに…。 「こんばんは」と「こんばんわ」正しいのはどっち。 夜に行うあいさつと言えば、なんでしょうか。 そう、こんばんわですよね。 挨拶するときには、何も困りません。 間違えようがないほどに、私たちはこの言葉であいさつをしているからです。 しかし、これが文章になると話は別です。 皆さんは、こんばんはとこんばんわ、日本語的にどちらが正しいのかご存知でしょうか? 少なくとも私は、これまでは知らずにずっとこんばんわを用いてきました。 調べていくと、私と同じようになんとなくこんばんは、あるいはこんばんわを使っている人が僕以外にも大勢いるようなのです。 そこで今回は、こんばんはとこんばんわ、本当に正しいのはどっちなのかについて解説していきたいと思います。 このサイトに来た人は、もしかしたら至急答えを知りたいという方かもしれませんので最初に結論からお話しておきます。 正しいのは??? しかし、こんばんはが正しいというのにはきちんとした理由があります。 どうやらその理由とは、こんばんはと言うあいさつが誕生した経緯に関連しているようです。 そもそも、こんばんはとはいったいどういったあいさつなのでしょうか? 実はこのこんばんは、正しくは等の夜にかわすあいさつを省略して誕生したものなのです。 最初は上のような挨拶をしていたのですが、徐々に簡略化されていき今晩はに。 その後更に簡単にしようということで漢字表記すらなくなり、現在のこんばんはへと変化していったのです。 つまり、私たちが当たり前に使っている定番あいさつ「こんばんは」は、省略語として作られた言葉だったのです! こんばんはが誕生した経緯についてお伝えしたので、次はこんばんわと言う言葉が使われるようになった経緯についても見ていこうと思います。 そもそも、私たちは小学校で正しい日本語について学びます。 当然その際には、こんばんはが正しいということも習っているはずです。 にもかかわらず、私たちは何故こんばんわの方が正しいと思っているのでしょうか。 何故こんばんわがこれほどまでに使われるようになったのでしょうか。 そこには、3つの理由が関係しているのです。 正しいのはこんばんはとされていますが、正しくは昭和61年よりこんばんはが正しいです。 そう、昭和60年まではこんばんわこそが正しい日本語であり、こんばんはと書くのが間違いだったのです。 ちなみに、お昼のあいさつは当時からこんにちはでした。 そのためか、語尾が「は」と「わ」、どちらが正しいのか混乱してしまう人が続出、翌昭和61年には改正され「こんばんは」が正しいと宣言されましたが??? 一度覚えてしまったことを簡単に忘れることはできません。 これが原因で、中高年の方を中心にどちらが正解かわからないという方は大勢いるようです。 まあ、こんばんわが正しいと習っているのですから、その方たちはに一つ間違えたことはしていないのですが??? そしてそれは、現代であれ過去であれ変わることはありません。 それの何が関係あるの? と思うかもしれませんが、大ありです! 実は、この和に無意識に親しみを覚える日本人は、の方にこそ親しみを覚えてしまうのです。 そのため、この感覚を活用し広告などの親しみを持ってほしい時には、あえて「こんにちわ」の方を活用する方も多いようです。 そもそも、日本語にそこまでこだわりがなくなったというのも大きな要因の一つです。 実際、こんにちは? こんにちわの両方が用いられている現状を考えると、現代の特に若い世代の方にとっては、と言うのが正直な気持ちなのかもしれませんね??? いかがだったでしょうか? 今回は、こんばんはとこんばんわ、正しいのはどっち? ということでお伝えしてきました。 結論として、当サイトではこんばんはが正解であるということになりました。 とは言え、どちらも使われている言葉である以上、ひょっとしたら正しい正しくないというのは間違て散るのかもしれませんが??? 使い分けについて説明するならと覚えてもらえれば大丈夫です。 もし皆さんが悩んだ時には、こんばんはを書いてさえいれば絶対正解です。 公用文やテストなどには必ず「こんばんは」と用いてくださいね? Post navigation.

次の

「こんばんわ」と「こんばんは」どっち?(1/2)

こんばんは こんばんわ どっち が 正解

「今日は(良い日和ですね)。 」「今晩は(どちらへおいで?お気をつけて)。 」の()内が省略されたものですよね。 元は「は」だったけど、「今日は/今晩は」が挨拶単語として独立してから長い時間を経る間に、「わ」の方が柔らかくてかな文字として字面が美しいという理由で、定着したという説もあります。 もともと日本語は「遊び」や「しゃれ」を好んできた言葉なのでありえるでしょう。 枕草子さえ「など(とか、なんか)」「いと(すごい、超)」を多用したイマドキの女子高生のような文章です。 外来語好きは平安時代からだったようで、日本古来の植物や物を中国の音でわざと読んだりしています。 ダイコンとかね。 ただ、わかってて崩すのと、知らずに使うのとでは「粋」さが違う。 フインキをフンイキと注意すると「うっそー」などと言われたらがっかり。 チョウフクとジュウフクも。 口頭筆記での勘違いを避ける為に言っていたものが定着したが、ほんとにジュウフクだと思っていたらダサイです。 ユーザーID:• 少なくともこの問題に限っては、辞書を引け 「トピ主」の読みは「とぴぬし」と「とぴしゅ」のどちらが正しいのか、というような疑問は辞書を引いても答えは出ませんが、「こんにちは」と「こんにちわ」のどちらが正しい表記かという疑問なら、辞書を引けばすぐ解決します。 >最近、掲示板を利用するようになり、正しいと思っていた日本語(文字の表現)が疑問に思うようになってきて困惑するばかりです。 ならば、なおのこと辞書を引きましょう。 無ければ買いましょう。 机上版のコンパクトなものならばそう高くはないはずです。 このトピが、「『こんにちわ』と表記する人が多いのはなぜだろう?」とか「『こんにちわ』と表記する人が多くて困ります(愚痴)」とかいうトピなら、私もこんなレスはしないんですけどね。 このレス、「嫌味なレス」と言われちゃうんだろうか(涙)。 ユーザーID:• 男の子なんかが略して「ちわ〜」とか言うのをチャットで表現する為とか。 「ちは〜」じゃさすがに読めないしw でも言葉って変なの覚えるとそっちが定着しちゃうから、気を付けないとホントに分からなくなる人多いかもですね。 ところで私は、「学生です」と断ってる人なんかが「言う」を「ゆう」と書くのが変に気になります。 古町なんかで見てると「ゆう」と書いてる人は殆ど「自分は女子中高生である」と申告しているような気がして。 自分が学生の頃、文章で「ゆう」なんて書く人いなかったけど今の流行なのかなあ。 これは本当は女子学生ではない人が自分をそう見せるためにわざとやっているのではないだろうか?なんて勘ぐったりしてしまいます。 どうなんだろ。 ユーザーID:• こんにちはとこんばんは 小学生の母さんがおっしゃっていましたが、「こんにちは」「こんばんは」が正しいですね。 理由もその通りで、もともとは「こんにちは暑いですね」「今晩は風が強いですね」などの挨拶の省略形なのです。 日本語ブームなるものもありましたが、日本人の日本語に対する感覚は鋭いものがあると思います。 某新聞社から「日本語相談」(全五巻)から出版されています。 読者からの日本語に関する質問・疑問を、大野晋、丸谷才一、大岡信、井上ひさしの四人が回答するという内容ですがこれが質問、回答ともに非常に興味深い。 皆様にお勧めします。 ・・・しかし、発行年数を確認したら初版が第一巻が1989年、第五巻が1992年でした。 もし絶版になっていたら申し訳ありません。 ユーザーID:• 国文科さんへ いろいろ有難う御座います。 辞書で調べろとのことですが、私もアホじゃありません、ふと疑問に思ったことを何も下調べしないで投稿したりしません。 (キレているわけではありません) 発言前に辞書で調べ、家族、友人、会社の同僚にもこの疑問を問い掛けました。 皆、「は」が正しいという意見でした。 だったら「は」が正しいと思っていいんじゃないか? ではなく、もっと広い世界(ネット)でも聞いてみたいと思ったからです。 それに常識は変わる、といいますが「は(わ)」もそうなってきているのかとも思ったからです。 でも皆さんに「は」が正しいとの意見を頂き、自分が正しいと思っていたことを再認識できて良かったです。 私の日本語がおかしいのは大目に見てくださいませんか? 私が本当の正しい日本語を書く、話すことができれば、このような問いもありませんので。 ユーザーID:• 同じように思っていました! 文意が伝わらなかったようですね。 私がダサッと思うのは『ジュウフクと聞いた時』ではありません。 『頭からジュウフクと思い込んでいると感じた時』です。 ごめんなさい。 重複の読みはもともとはチョウフクが正。 国語の時間に間違いやすい読みの漢字として習いましたよね? しかし、口語の世界(特にビジネス)では、意味の取り違いを防ぐために「ジュウフク」と言うことも有りです。 「代替案」をダイガエ、「D」をデーと発生するのと同じ。 だけど、友達との会話で『「デ」ズニーランド』とか「『デ』スコ(死語か?)」って言われたら笑っちゃうでしょ?たとえ、会議や原稿読み合わせの場でそのように発音することもあっても。 「ジュウフクとも言うけど、ほんとはチョウフクなんだよ」って言った時に「何言ってんの。 うそじゃん。 」と返されたらがっかりする、と言う意味です。 ユーザーID:• sykesさん 辞書を引いた上で、このトピを立てたんですか(苦笑)。 それって、時計を見た後で周囲の人に「今何時?」と聞くようなものだと思いますよ。 常識・非常識の範疇ではなく、ルールでどう決まっているかという問題なのですから。 この場合のルールとは、内閣告示「現代仮名遣い」であり、一般の国語辞典はこの「現代仮名遣い」に沿った表記をとっていますから、辞書を見れば正しい表記を知ることができるわけです。 辞書を引くことで真っ先に正解を得たのに、そのあとわざわざ、無駄で危険な(「こんばんわ」も正しいです」という意見が多数派だったら、どうします?)行動をとったような気がしませんか?>トピ主さん ユーザーID:• またまた国文科さんへ 私が言いたかった点も、伝わらなかったみたいです。 『重複』も『代替』も、『ジュウフク』『ダイガエ』で 辞書に載ってますよね? (とりあえず、広辞苑には載ってます。 ) 当然ですが、『こんにちわ』『こんばんわ』は、辞書にありません。 このトピは、「辞書に載っている語の話ではないのでは?」 と、思ったのです。 なんだか、話が逸れてしまいましたね。 …これを読んだ誰かが、 「えっ、これって、ダイタイって読むんだ!」と 思ってくれたらいい、ということにしませんか? 私も、ここで国文科さんと争いたいわけではないです。 どちらかと言えば、言葉に細かい人の方が好きなので! ユーザーID:• たしかに トピ主さま、何度も横でごめんなさい! お返事下さった方、ありがとうございます。 特に「間違いやすい漢字」として習った世代の人が言うと。 2の様々な理由とは、こんにちわの場合は字面の美しさ、重複・代替の場合間違いやすさ、ではないかな。 辞書は年々変わります。 90年代までの多くは、ジュウフク・ダイガエは「最近の言い方」として単語の意味は載せずチョウフク、ダイタイと元の読みだけを載せていました。 「現代的な言い方」とのコメントやマークを付けることも有。 トピ主さんが辞書を引いた上で、トピを立てた気持ちはよくわかります。 正しくない言い方も定着したら辞書に載るし、違う辞書には「わ」も載っているかも知れないし、どのくらい市民権を得ているのか周囲の感想も知りたかったのでは? ユーザーID:• 横です 最初のトピ主の投稿しか見てない場合、私も反省堂さんのよう に、辞書を引きなよって思います。 しかし二度目のレスの >皆、「は」が正しいという意見でした。 >だったら「は」が正しいと思っていいんじゃないか? >ではなく、もっと広い世界(ネット)でも聞いてみたいと思ったからです。 の部分を読めば、雑談の範囲であることがわかる かと思います。 ですから >辞書を引いた上で、このトピを立てたんですか(苦笑)。 >それって、時計を見た後で周囲の人に「今何時?」と >聞くようなものだと思いますよ。 っていうのは余計なお世話だし、例えが全然つりあってないと思います。 いろんな人に意見を聞くことはいいことです。 100人居れば100通りの答えがあるかもしれないし。 しかし時刻は違うと思います。 こういう雑談が無駄で危険と煽るのであればこの小町の存在 自体が無駄になると思います。 ユーザーID:• 珈琲好きさん 私の最初のレスの中で、私はこう書いています。 >このトピが、「『こんにちわ』と表記する人が多いのはなぜだろう?」とか「『こんにちわ』と表記する人が多くて困ります(愚痴)」とかいうトピなら、私もこんなレスはしないんですけどね。 つまり、「雑談」を否定するつもりなんて私にはありません。 ただ、珈琲好きさんが引用されたトピ主のレスを読む限り、トピ主は「雑談」ではなくて、掲示板で正しい答えを求めようとしていたのだと思えますよ(しかも、多数決で)。 >100人居れば100通りの答えがあるかもしれないし。 しかし時刻は違うと思います。 「現代仮名遣い」ではどうなっているかという問題の正解は、時刻のたとえと同様、1通りしかありません。 「現代仮名遣い」は不合理だなどという「意見」は100通りあるかもしれませんが。 >こういう雑談が無駄で危険と煽るのであればこの小町の存在自体が無駄になると思います。 「煽り」ではなく、「忠告」と受け取ってください。 ユーザーID:• トピ主です。 反省堂様 >辞書を引くことで真っ先に正解を得たのに、そのあとわざわざ、無駄で危険な行動をとったような気がしませんか?> ですから、常識は変わってしまったのかと思い見知らぬ方々の考えもお聞きしたかったわけです。 とても勉強になり、自信も持てました。 私も珈琲好き様(代弁ありがとうございます)同様、このトピを危険で無駄だとは思っておりません。 >(「こんばんわ」も正しいです」という意見が多数派だったら、どうします?) どうするかな・・・実際にそうなってみないと判りませんが、「そうか、どっちでもいいんだな」と受け取ると思います。 皆様、多数のご意見ありがとうございました。 心から感謝しております。 ユーザーID:• すっごく横です。 結論は出ているようですが、一度回答したものとして気になりましたので再度コメントします。 トピ主さん> ----- 引用 ----- 辞書で調べろとのことですが、私もアホじゃありません、ふと疑問に思ったことを何も下調べしないで投稿したりしません。... もっと広い世界(ネット)でも聞いてみたいと思ったからです。 ----- 引用終 ----- このことは、最初の文章から読み取れません。 いろんな人に聞いてみたいという気持ちは理解できますが、初めからちゃんとそれが伝わるように質問して欲しかったです。 あなたの質問に回答するために、私はわざわざ辞書をひいて確認しました。 小町を見ている不特定多数の人の善意をあてにするのであれば、せめてその善意が空回りしないよう配慮するのは最低限のマナーだと思います。 「アホ」とは呼ばれないが「配慮が足りない」と呼ばれることがないように、今後お気をつけくだされば幸いです。 ろくがつ。 さん> 「昔考えたことがある」というお話なので、現時点ではどちらが正解なのかご存知かもしれませんが念のため。 辞書ひいてみてください。 ユーザーID:• 脱力しました >どうするかな・・・実際にそうなってみないと判りませんが、「そうか、どっちでもいいんだな」と受け取ると思います。 やはりトピ主にとっては危険な方法のようですね。 すでに書いたことですが、仮名遣いについては、「現代仮名遣い」という内閣告示が、いわばルールとして定められているのです。 決して、世間の常識などで決められるものではないのです。 トピ主は「現代仮名遣い」というルールが存在するということは思いもよらなかったのでしょう。 手っ取り早く正解を知る方法(辞書)、トピ主の知らなかったルールの存在(内閣告示「現代仮名遣い」)、トピ主にとって有益な二つの情報を提供しているのに、非難がましい態度を取られてがっかりしました。 ユーザーID:• roaさま> こんにちは。 ろくがつ。 辞書ひいてみてください。 レス、ありがとうございます。 昔のことですが、辞書は引いてみました。 ひいたら「疑問がさらに深まって」しまったのです。 試しに、広辞苑と岩波を調べてみました。 同じ出版社なのに、違うんですね、これが。 広辞苑は「始」。 岩波は「初」なんです。 (今は違うかもしれませんが・・・) 手持ちのIMEは、ATOKなのですが。 ATOKでは「初」が第一候補ですが、MS-IMEでは「始」。 (これも今は違うかもしれません) いっこうに疑問が晴れません。 今は「はじめまして」と書くことで、疑念にフタをしている状態です。 もしご存じでしたら教えていただけませんか。 トピ主さま> 私は昔、「こんにちわ(は)」は、挨拶の言葉であり、感動詞である」という説を聞いたことがあります。 説の善し悪しはともかくとして、有る意味では「わ」と書いても、間違ってないのかもしれません。 日本語に限らず、言葉というものは不思議なものですね。 ユーザーID:• 再び珈琲好きです (続いた) なぜコンニチワなのか。 教育が行き届いてないのか、どうか。 などなど、調べるべきことはあると思います。 雰囲気や代替、重複同様、何か理由があって本体の読み方 とは違う読み方が流行っているのだと思います。 >文章にするなら「こんにちは(こんばんは)」が正しいと思うのですが、 >「こんにちわ(こんばんわ)」を使う方が驚くくらいに沢山おられます。 トピ主さんはこう書かれています。 正しいのは分かっていますが、現実問題間違った方を使う 人が多いです。 なぜでしょう? という問いに見えますが。 忠告はありがたく受け取らせていただきます。 (反省堂さんの意見はもっともだと思っていますよ) ユーザーID:• せっかく正しい答えを得ているのに、他人の意見を聞いたがために誤った答えを正しいと思い込む可能性があることを危険だといったのです。 何をどういう基準で正しいと判断するか、の基準の取り方がトンチンカンであることを「危険」と表現したのです。 「コンニチワ」と書いたところで、命をとられるようなことはまずありますまい。 せいぜい、恥をかくくらいで。 >正しいのは分かっていますが、現実問題間違った方を使う人が多いです。 なぜでしょう? という問いに見えますが。 これはトピ主に真意をお聞きするしかありませんが、トピ主の最初の問いかけ「本当に正しいのはどちらなのでしょうか?」を読む限り、私には、トピ主が正しい仮名遣いはどちらかを問うているように思えます。 もしそうでないのだとしたら、トピ主には、もっと真意をはっきり表すような表現をしてほしかったですね。 ユーザーID:• 反省堂です >亜鉛さん その1 亜鉛さんの引用された内閣告示のその部分は、もちろん私も知っています。 >個人の雑談レベルでは、どっちが正しいとか、そんなに目くじらたてることもないんじゃないでしょうか。 目くじらを立てているのは私じゃありません(苦笑)。 トピ主が「目くじら」たてたので、それにそったお答えをしたまでです。 掲示板などで「こんにちわ」という表記を見ても、私は別に気にしませんし。 内閣告示のその部分を拡大解釈すると、トピ主の問いかけそのものが意味をなさなくなります(個人レベルでは何でもアリなのだから、正しい・正しくないと問うこと自体が無意味。 ユーザーID:• 反省堂です >亜鉛さん その2 上の方でどなたかが、「こんにちわ」が正しいと言葉の研究をしている方が言っていたと書いていらっしゃいますが、国語学者の間ではそういう説があってもおかしくないだろうなとは思います。 ただ、これは私の勝手な思い込みで(もしそうでなかったらトピ主にお詫びしなければなりませんが、)、トピ主の問いは、そんな学術的レベルのことではなく、日常レベルでの問いなのだと思い、私はこれまでのようなレスをしてきたわけです。 教育の分野では「現代仮名遣い」にそった指導がなされています。 そして、そういう教育を子供のころから受けてきた大人が、社会の大多数を占めています。 再々度登場します 珈琲好きです。 反省堂さん、お返事ありがとうございます。 トピ主さんの最初の投稿から、いろいろな事を読み取りすぎ てしまっているのだと思います。 >>正しいのは分かっていますが、現実問題間違った方を使う人が多いです。 なぜでしょう? >という問いに見えますが。 正しいのはコッチで、間違いはアッチです。 って認識済みであると思います。 トピ主さんの投稿からは、あっちにフラフラ、こっちにフラフラ 自分の正解を書き換えていくとは、私は思えません。 無駄で危険かと言われれば、どちらも私は否定します。 意見感想を募ることに無駄なんて無いですし、恥をかくことは危険 だとは思いません。 恥をかきますよ、注意してください。 なら分かりますが。 (言葉の揚げ足取りみたいですみません) こんにちわ・・・声 こんにちは・・・文 私はこれらに妙に納得してしまいます。 ユーザーID:• ろくがつ。 さま しばらく旅に出ていたので間が開いてしまいました。 「はじめまして」については、私が持っている岩波広辞苑では「初めまして」しか載っていませんでした。 私は、元々の意味を考えると「初めまして」が正しいのだろうと思っています。 「初」は「First」、「始」は「Start」が基本的な意味ですよね。 だとすると、「はじめまして」は初対面のときの挨拶であり、「First」の意味が強いでしょうから、「始めまして」よりは「初めまして」が適切なのではないでしょうか。 「始めまして」の場合、どういう意味からそういう表記になるのかはちょっと分かりません…。 なので、私が持っている辞書に「初めまして」しか書いていなかったのもありましたので、当然「初めまして」が正解だと思っていました。 こういう基本的な挨拶でも、辞書によって表記が分かれるというのが、言葉というものの難しさでもあり、面白さでもあるんでしょうね。 ユーザーID:• 音や字面が全く違いますから通じるわけがありません。 一方、読んでも聴いても「こんにちわ」は「こんにちは」の意味であると、ほぼ例外なく判断できます。 「はんにゃらほ」との違いは、聞き手(あるいは読み手)が理解できるか否か、と言う点です。 言葉は「通じてナンボ」ですから無制限にローカルルールを増やすのは話し手、聞き手双方の不利益になるので、避けるのは当然です。 しかし、例えば「コンチワ」、「ちわーっす」とか「コニャニャチワ」という表記は、おそらく前後の文脈の助けを借りなくても、「こんにちは」の意味であると分かるでしょう。 これらの表記について、内閣告示を盾に「コンチハ」、「チハーッス」、「コニャニャチハ」が正しいと主張することに、私はあまり意義を見いだせません。 基本は「こんにちは」であることを踏まえた上で、上記のように言葉を崩していくのは、ある程度は許容されると個人的には考えます。 ユーザーID:• roaさま お返事ありがとうございます。 ろくがつ。 今は「初」になってしまっているのですね。 「始」は、文法上の活用からだそうです。 「始めます」とは書きますが、「初(ハジ)めます」と書きませんよね。 これは文法も認めていて、 「初」を使うのは、独立した挨拶の言葉であり、(前レスに書いたように)感動詞である」 としているようです。 こうやって深みにはまってゆき、各の「意味」を考えはじめてしまい、結局、わけがわからなくなってきてしまいました。 (苦笑) 「始めまして」と「初めまして」でいえば、「どちらも正解」のようです。 新聞社では、このように双方が正解とされるものを、校正の段階で敢えてひらがな表記にしていることが多い、と聞きました。 (今はわかりませんが) でも、今の流れからすると、いずれ、「始めまして」は「間違い」になってしまうかもしれません。 最後になりましたが、お時間を割いて頂き、ありがとうございました。 本当に、言葉というものは難しく、面白いものですね。 ユーザーID:• 「はじめまして」について.

次の