おいしい 給食 再 放送。 おいしい給食 動画/最終回/10話~最終話/見逃し配信無料視聴ドラマ・市原隼人主演|ムービー館

おいしい給食/9話/動画/9話/12月9日フル無料視聴/見逃し配信/再放送まとめ|ムービー館

おいしい 給食 再 放送

80年代。 給食マニアの教師と生徒の静かな「闘い」それは、どちらが給食を「おいしく食べるか」! 究極の給食を追求する学園グルメエンターテインメント!. 創立100年を迎える常節中学校の歴史と共に給食史上初の「米飯」、つまりは白米が登場するのだ! しかもおかずはカレー! 神野ゴウ 佐藤大志 も今か今かと待ち構えている。 だが、なんと届けられるはずの「米飯」が他校へ誤送されてしまったことが発覚する! そして、ゴウと甘利田はとんでもない行動に出るのだった! 年代によって給食の種類は違ってきており、地域によっても給食の種類は違うのでどんな給食が出るのかも面白そうだなと思います。 私の親の時代は揚げパンが一番人気だったといいますが、私の時代はソフトメンが人気だったので時代が違うだけで種類も違うので楽しみです。 給食マニアの担任の先生と生徒どちらが美味しく食べるかなんてどうやって決めるのかどうかも気になりました。 周りの生徒の審判なのか、それとも2人で決めるのか楽しみだなと思いました。 そもそも何故こんな対決が始まったのか知りたいなと思いました。 いくら給食が大好きでも生徒と対決するということは何かそれまで経緯があったと思うのですが、その経緯はどこから始まっていたのか知りたいなと思いました。 現代ではそんなことをやる人はなかなかいないので、80年代ならではの話のような感じでレトロ感があってすごくいいなと思いました。 昔の給食は私たちの知らない給食もあるので、その味も実際分からないものも多いので、2人の食べ方でその味が伝わって来たら面白そうだなと思いました。 食レポのような感じで教えて頂きたいなと思いました。 まず、『給食』を題材にしているのが惹かれます。 大人になり、学校や授業から離れた今だからこそ『給食』というものに『あこがれ』というのは違うかもしれませんが、そんな感じの、もう手が届かないもののようで懐かしいのです。 そして、いまもあるのかわからないですが、『ソフトめん』なんかが結構思い出になっています。 もう茹でてあって、汁に入れるとそのまま食べることができるスグレモノですね。 アレの味噌ラーメンみたいなのが今でも思い出せる程度に、案外おいしかったんです。 そんな『給食』についてのドラマだと思うだけで、気持ちがほっこりしますね。 それも給食マニアの先生と給食マニアの生徒って、どういう展開になっても面白そうです。 そして市原隼人さんが主演ということで、わたしの印象としては『ちょっと変わり者だけど努力家で演技力抜群の役者さん』なのです。 彼が出ている作品は、安定感がありますよね。 テレビ番組でも、映画でも、その実力は折り紙付きでしょう。 熱いキャラから切ないキャラまで、幅広い演技が持ち味ですが、今回の作品では、おそらく熱い感じの方で、見応えがありそうです。 ただ、『食ものコメディ』ということで、あくまでコメディ。 市原隼人さんが新境地を開拓していくことでしょう。 市原隼人といえばやはりルーキーズからくるヤンキーのイメージが強いのですがコメディではどのような演技が観れるのか楽しみです。 ドラマの主演もおそらく久しぶりだと思います。 最近あまりテレビで見かけていなかったので期待値も高くなってます。 給食という題材も老若男女関係なく楽しめる要素の一つだと感じました。 私自身学生時代は給食が楽しみで仕方なかった人間なので非常に心を掴まれました。 80年代の給食が舞台の設定になっているので懐かしの献立で盛り上がること間違いなしだと感じました。 私の予想なのですがおそらくこのドラマは完結型のドラマのように思えたので、初回を見逃した人にも途中から見ても面白いドラマなのかなと思いました。 完結型のようなのほほんとした雰囲気のドラマは個人的にとても好きで、最近だと昨日何食べた?のようなドラマも人気がありました。 市原隼人がドラマの中で一つのキャラクターを作り上げる過程を観れるのはファンとしてすごく見応えがあるのでルーキーズを超えるようなドラマ・キャラクターを作って欲しいと思います。 総括 まず、『給食』を題材にしているのが惹かれます。 大人になり、学校や授業から離れた今だからこそ(当方30代です)『給食』というものに『あこがれ』というのは違うかもしれませんが、そんな感じの、もう手が届かないもののようで懐かしいのです。 そして、いまもあるのかわからないですが、『ソフトめん』なんかが結構思い出になっています。 もう茹でてあって、汁に入れるとそのまま食べることができるスグレモノですね。 アレの味噌ラーメンみたいなのが今でも思い出せる程度に、案外おいしかったんです。 そんな『給食』についてのドラマだと思うだけで、気持ちがほっこりしますね。 それも給食マニアの先生と給食マニアの生徒って、どういう展開になっても面白そうです。 そして市原隼人さんが主演ということで、わたしの印象としては『ちょっと変わり者だけど努力家で演技力抜群の役者さん』なのです。 彼が出ている作品は、安定感がありますよね。 テレビ番組でも、映画でも、その実力は折り紙付きでしょう。 熱いキャラから切ないキャラまで、幅広い演技が持ち味ですが、今回の作品では、おそらく熱い感じの方で、見応えがありそうです。 ただ、『食ものコメディ』ということで、あくまでコメディ。 市原隼人さんが新境地を開拓していくことでしょう。 生徒とのバトル、楽しみです! 『おいしい給食』は、意外と人々の子供の時分の馴染みが深い給食をドラマ化しており、親から子供までその恩恵を受けてきたことは想像に難くないと思われます。 子供の頃の楽しみと言えば、給食しかなかった方も多いのではないでしょうか。 1980年代の懐かしのメニューが登場し、そのメニューを巡って教師と生徒が、どちらが美味しく給食を食べるかという静かなる闘いを展開するドラマとなります。 主演は市原隼人が演じる甘利田幸男で、給食を愛するが故のストイックさがあり、半ば生徒からでも気持ちが悪い存在として嫌われるわけです。 思えば学校に通う日は1年で大体200日になり、その昼は給食が振る舞われたはずで、それにより親も仕事に打ち込めたのも事実かもしれません。 6年間通い続けた場合には、もちろん1200食も食べた計算になり、確実的に子供の成長にも貢献した食べ物でもあったのです。 当然に1980年代に子供で小学生だった人が今、子を持つ親になっているので、それをバラエティの要素を満載にしておかしく視聴できるのは良かったりして、良かった思い出や悪かった苦い思い出にも浸れる要素があるのも良いのではないかと思います。 また市原隼人の新たな境地を視聴することが出来る点においても、面白さを感じられるドラマだとも思います。

次の

『おいしい給食』ロケ地まとめ!常節中学校の撮影場所など【市原隼人主演ドラマ】

おいしい 給食 再 放送

1984年夏。 常節中学校の校門に立つ数人の教師と当番の生徒。 登校する生徒たちに挨拶している。 その中に立つ教師、甘利田幸男(市原隼人)には秘密があった。 それは、給食に愛がある故にそれを愛せない奴を許せない「給食絶対主義者」であること。 給食のために学校に来ているといっても過言ではない。 しかし、給食マニアの教師・甘利田は、ただ心の奥底で給食を愛するだけ。 教師が生徒以上に給食を楽しみにしているなどと知れたら、威厳が失墜するからだ。 だが、そんな彼の前に一人の生徒が挑戦状を叩きつけることになる。 彼の名前は神野ゴウ(佐藤大志)。 給食に愛がある故に変革を求める13歳だ。 どちらが給食を「おいしく食べるか」。 給食マニアの教師と生徒の、静かな「闘い」がはじまろうとしていた。 一方、御園ひとみ(武田玲奈)が、3ヶ月の臨時雇いで、常節中学校に赴任してくる。 彼女は甘利田が担任を務める1年1組の副担任を受け持つことになるが、赴任早々に給食費が無くなる事件が起こる…。

次の

おいしい給食(ドラマ)の放送地域や放送局はどこ? 再放送はやるの?

おいしい 給食 再 放送

(2019年12月時点) Tverでも配信されていないので、 GYAOで見ましょう! ただし、GYAOでは第一話と放送終了の1週間しか配信されていません。 見逃した!と思ったら、早いうちにGYAOで見ましょう! 『おいしい給食』各話のあらすじを復習! 見逃しちゃったけど、あらすじだけも知りたいですよね。 oishi. kyushoku がシェアした投稿 — 2019年11月月25日午前3時05分PST 第1話「海の王者、鯨の竜田揚げ」のあらすじ 1984年夏。 常節中学校の校門に立つ数人の教師と当番の生徒。 登校する生徒たちに挨拶している。 その中に立つ教師、甘利田幸男(市原隼人)には秘密があった。 それは、給食に愛がある故にそれを愛せない奴を許せない「給食絶対主義者」であること。 給食のために学校に来ているといっても過言ではない。 しかし、給食マニアの教師・甘利田は、ただ心の奥底で給食を愛するだけ。 教師が生徒以上に給食を楽しみにしているなどと知れたら、威厳が失墜するからだ。 だが、そんな彼の前に一人の生徒が挑戦状を叩きつけることになる。 彼の名前は神野ゴウ(佐藤大志)。 給食に愛がある故に変革を求める13歳だ。 どちらが給食を「おいしく食べるか」。 給食マニアの教師と生徒の、静かな「闘い」がはじまろうとしていた。 一方、御園ひとみ(武田玲奈)が、3ヶ月の臨時雇いで、常節中学校に赴任してくる。 彼女は甘利田が担任を務める1年1組の副担任を受け持つことになるが、赴任早々に給食費が無くなる事件が起こる…。 (公式ホームページから引用) 第2話のあらすじ 甘利田幸男(市原隼人)は、やる気が起きない。 今日は土曜日で給食がない。 そして、避難訓練の日だ。 スピーカーからサイレンが鳴っている。 甘利田の指示に従い机の下に隠れる生徒達。 そんな中、ある生徒の机から大量の牛乳びんのフタが落ちる。 彼は牛乳瓶のフタマニアだった。 生徒達の騒ぎが大きくなるが、甘利田に促され廊下に出て行く生徒たち。 神野ゴウ(佐藤大志)も出て行こうとするがドアの前で立ち止まる。 じっと献立表を見つめるゴウ。 来週の献立表には「ミルメーク」の文字。 ゴウはまた何か企んでいるのか…。 甘利田は決戦の月曜日を心待ちにするのだが…。 (公式ホームページから引用) 第3話のあらすじ 甘利田幸男(市原隼人)のテンションはマックスだ。 なぜなら、今日の献立はミスター給食。 4番サード、ソフトめんだからだ。 そして、今日は健康診断の日。 クラスは皆浮足立っていた。 そんな中、甘利田は体育教師の鷲頭星太郎(辻本達規)から呼び出される。 健康診断の担当医・寺門先生が時間になっても到着せず、電話もつながらないという。 甘利田は、健康診断にソフトめんを豪快に食べるヒントが隠されていると、その時は思ってもいなかった…。 (公式ホームページから引用) 第4話のあらすじ 今日のメニューは生徒達の間で好き嫌いが真っ二つに分かれる八宝菜だ。 甘利田幸男(市原隼人)は、授業参観前の落ち着かない御園ひとみ(武田玲奈)に「保護者を野菜だと思えばいい」とアドバイスする。 生徒達が「走れメロス」の感想文を読み上げていく。 神野ゴウ(佐藤大志)が「メロスとセリヌンンティウスのように困難に打ち勝ち、美味しいものに出会うように信じてみようと思います」と発表し、シーンとなる教室。 給食の時間になり、配膳台に生徒達が列を作り並んでいる。 ゴウが悲しそうな顔をして覗き込む。 甘利田は、ゴウの嫌いな野菜が八宝菜の中に入っていると考え、勝利を確信するが…。 (公式ホームページから引用) 第5話のあらすじ とある日の美術の授業。 1年1組の生徒たちがみな思い思いの絵を描く中、一人風変わりな絵を描く生徒・神野ゴウ(佐藤大志)。 ゴウの絵を見た美術教師・森山顔太郎(水橋研二)はその画風に驚く。 一方、甘利田幸男(市原隼人)は今日の給食のメインディッシュである「酢豚」のことで頭がいっぱいだった。 廊下で森山に呼び止められた甘利田は、御園ひとみ(武田玲奈)と共に美術室に連れられ、写生の授業でゴウが描いた絵を見せられる。 その奇怪な絵にどんな意味が隠されているのか、森山は甘利田になら理解できるのではないかと問いかけるのだが…(公式ホームページから引用) 第6話のあらすじ 給食にすべてを賭けている教師・甘利田幸男(市原隼人)。 今日のメニューは「ワンタンスープ」に「白身魚のフライ」とメイン級の品が2つも並び、甘利田のニヤニヤが止まらない。 給食で頭がいっぱいの彼は、吹奏楽部の顧問でありながら、朝練にほとんど顔を出さず、かわりに御園ひとみ(武田玲奈)に行かせる。 そんな態度に呆れたひとみはついにキレてしまうのだが…(公式ホームページから引用) ドラマ「おいしい給食 」 見逃した時のまとめ ドラマ「おいしい給食 」 を、懐かしい!という思いでも、楽しみにしている方も多いはず! 見られる放送局が複数ある場合は、見逃してもまた見れる可能性はありますが、見逃したと思ったら、無料のVODのGYAOで見ましょうね! も記事を書いています!.

次の