ガンダム マルコシアス。 マルコシアス隊

ガンダムマルコシアス (HG) (ガンプラ)

ガンダム マルコシアス

では箱絵からどうぞ。 パケ絵は火星らしき大地にて、バスタードメイスを振り下ろしながら大地を砕くガンダムマルコシアスの姿が掲載。 短剣を構える4基アームやグリーンの眼光を輝かせる姿は、鉄血のオルフェンズ劇中には登場してない機体ながらもその強靭さが感じられるデザインになっています。 パッケージサイズは一般的なHGよりも1cm程度大きめ。 外装もやや肉厚ですが、腰や背部のバインダーやバスタードメイスなども大型なのでこのサイズのパッケージになっているようです。 横絵はパッケージサイズの余裕を生かし、各部ギミックが大きめの画像で紹介されています。 特に左上のアクションポーズはサブアームとバスタードメイスの迫力ある姿で掲載。 塗装済みキットが使用されていて鮮やかさがあるのもいいですね。 全部で4袋分のランナーです。 鉄血のオルフェンズブルーレイやガンダムビルドダイバーズ2nd Seasonの配信開始情報、それに登場するキット紹介などのチラシが同梱されていました。 1st Seasonはやや消化不良な感じがあったので、2nd Seasonはより激しいバトルを展開してもらいたいところです。 説明書は鉄血のオルフェンズフォーマットですがパイロットの詳細はなく、ガンダムマルコシアスの詳細のみ掲載されています。 記載内容はに掲載されているものと同じ。 アーカイブスには『阿頼耶識システムが使えれば、対モビルアーマー戦でかなり強い部類のガンダムではないでしょうか。 』と記載されていますが、阿頼耶識システムでこの4本サブアームを動かしていたら、パイロットは無事では済まなそうな・・・; 一通り説明書をどうぞ。 以上、説明書でした。 ガンダムフレームはバルバトス第6形態やアスタロトリナシメントなどと同じガンダムフレーム4ですが、外装は新規造形で肉厚。 HGIBOシリーズの中でもなかなか組み立てボリュームのあるキットになっていると思います。 前腕など四肢の合わせ目は仕方がない部分がありますが、背部バインダーの作りが大味で合わせ目ができるのがちょっともったいないかなと。 カラーガイドはすみれ色が混じったホワイトに、部分的なレッドやイエロー、ガンダムフレームのブラウンなどが記載されています。 外装のホワイトはガンダムタイプではあまり見ないカラーリングで新鮮ですね。 赤い部分はマスキング塗装、黄色い部分は筆塗りなどで塗り分けられそうですが、マスキング地獄になるので、難しかったらレッドも筆塗りで良いと思います。 では各ランナーを簡単に見ていきます。 ダークグレー成型色で、内部フレーム(ガンダムフレーム)パーツです。 ホワイト成型色で、腕部や脚部外装、腰バインダー、背部バインダーパーツなど。 同じものが2枚あります。 ホワイト成型色で、頭部や胴体部、脚部の外装パーツ、バックパック、シールドパーツなど。 ダークグレー、レッド、イエローのイロプラランナーで、頭部や胴体部、脚部、腰や背部のバインダーパーツ、バスタードメイス、短刀など。 B3はB2の一部と同じ、C2はC1の一部と同じです。 以上です。 関節強度がやや弱めなのと、パーツによる色分けの再現性に乏しいという以外は、かなり作りもよく、ポージングも決まりやすいキットになっていると思います。 改めて開発者さんのデザイン性の高さに関心しました。 一見、それなりなデザインに見えても、ポーズを取るとどこから見てもかっこよく見えるように作られているみたいです。 (たまたま?)今後このキットをベースに?ガンダム・端白星(はじろぼし)がキット化されると思うので、そちらも楽しみですね。

次の

ガンダム・マルコシアス

ガンダム マルコシアス

左右は襟部の関係で45度程度とあまり動きません。 首部を上にあげれば一周グルリと回りますが頬部が折れそうなのでやらないほうが良さそうです。 左右も優秀で30度以上傾けられます。 サイドスカートは後ろに逃がしてやれば可動範囲を妨げることはありません。 足首は左右90度近くまで曲がります。 前後は逆にサイドスカートが邪魔になり60度程度しか上がりません。 足首は前30度、後45度と十分ですね。 さらにつま先も90度曲がります。 サイドスカートの干渉で片膝立は出来ないですね。 膝は120度程度と外装ギリギリまで曲がります。 バックパックとウイングは根本60度以上 上下は90度程度、サブアームはさらに90度程度稼働し、360度回転します。 鉄血シリーズで「へ」の字があるガンダムって珍しいですね。 頭部に限りませんが形状的にシールでの再現が多いのは減点ですね。 レッド部はかなりの部分シールでの再現です。 イエロー部は頭部アンテナと胸部ダクト以外は塗り分けが必要となっています。 頭部アンテナはイエローのパーツにホワイト部、センサーをシールでの再現となっています。 フロントスカートのレッドはシール、イエローは塗り分けが必要ですね。 サイドスカートはサブアームを展開でき短剣を持たせることが出来ます。 可動範囲はそれなりに広く、腰部との根元はボールジョイントでグルリと360度、1軸目で軸可動にてグルリと1周、2軸目もボールジョイントでグルリと1周、持ち手としてボールジョイントで90度程度動かせます。 サイドスカートのレッド部も大きなシールでの対応ですね。 肩部先端と上腕隠し、シールド、手甲部のレッドはシールでの対応です。 肩部とクロー部のイエローは塗装が必要です。 下腕甲部は差し替えにて位置や向きを変えモード変更することも可能です。 ハンドパーツは武器持ち手のみなのが残念です。 先ほども書きましたがウイング部にはサイドスカート同様にサブアームが仕込まれています。 メイス部は鞘状では無くコの字型のため少々外れやすいです。 短剣は4本付属します。 どちらも持ち手のイエロー、先端のレッドと塗り分けが必要ですね。 スポンサードリンク 総合評価 そんな訳で、今回オススメ度は 82点です。 カッコよさ:85点 作りやすさ:80点 値段 :75点 遊びやすさ:90点 と言ったところです。 カッコよさに関しては頭身も高く最近のイケメン風にまとまっていますが、デザイン上少々馬面に見えてしまうので点数下げています。 またデザイン上本来は各部エッジの効いたシャープな形状のはずですが、HGというフォーマットの関係上その辺りが丸まってしまっているのでモッサリしてしまっているイメージもあります。 また、上記していますがシールや塗装が必要な箇所が多いのも問題点ですね。 元々HG化することを前提にしていなかったのでしょうかね? この辺りを鑑みての点数となっています。 作りやすさに関しては鉄血フレームを使用しているためベースは簡単です。 上記していますが、付属パーツが多いため難しくは無いですが作成時間は結構かかります。 値段に関してはキットのボリュームに比べると妥当だと思いますが、2500円はHGとしてはそこそこ高めかと思いますのでプラマイゼロ。 ブンドドに関しては元々のガンダムフレームが良く動きますし、ギミックも多いキットのため動かして遊べるキットですね。 バックパックがかなり重い、かつ鉄血フレームの作りの問題もあり胸部と腰部のつながりですっぽ抜けやすいのが減点ですね。 後は個人的に頭部アンテナが取れやすく感じました。 サイズ的に大分重いのでアクションベースは必須です。 最初は端白星にしていこうとも思ったのですが・・・・ すでに作成してしまった経緯もありますし、 カテゴリー• 130• 177• 260• 113• 662• 204• 167• 3 スポンサードリンク.

次の

ガンダムマルコシアス (HG) (ガンプラ)

ガンダム マルコシアス

HG ガンダムマルコシアス レビュー HG鉄血のオルフェンズシリーズでは久々の新作となるガンダムマルコシアス。 価格は2,420円です。 付属品はバスタードメイス、シールド、メイスジョイントパーツが付属。 右下のパーツはガンダムフレームランナーにある肩ジョイントで余剰となります。 付属のシール。 今回はシールで補う所が多めで面積もそれなりにあります。 今回もガンダムフレームが使われていてランナーはガンダムフレーム4でした。 前腕と脛はポリキャップを挟み込むので完全なフレーム姿にする事はできません。 ポリキャップはPC002となります。 HG鉄血のオルフェンズシリーズで新たにキット化されたマルコシアス。 まだ始まっていないアプリの鉄血のオルフェンズウルズハントに登場する機体のようです。 背面には巨大な翼のようなバインダーが装着され 腰にも同様に大きめのバインダーがあるため鉄血シリーズではかなりボリュームのある機体です。 共通のガンダムフレームが使われているため、おおまかな頭身バランスは他のガンダムとそこまで変わっていませんが 前腕はポリキャップを継ぎ足し延長されているため腕は結構長めです。 またアンテナも大きめでバインダーもあるため他のガンダムより豪華な印象もあります。 白の成形色はピンクというか紫がかったような結構独特なホワイトが使われています。 配色はそれなりに再現されていますが、細かい赤色が散りばめられているデザインのため 成形色では足りない所も多くシールが多めです。 頭部アップ。 横に大きく広がったアンテナが目立ちますが頭部自体は小顔です。 アンテナは白や赤が足りませんがシールで補う事も可能。 ヘルメットは左右分割で合わせ目あり。 胸部はダクトが別パーツ化されています。 背面のバインダーパーツを外すとシンプルなバックパックが装着されています。 このパックの2穴ジョイントは鉄血系の2穴とも合いませんし、昨今主流の2穴ジョイントとも幅が合いません。 ですがこちらを外しフレームに直接鉄血系のパックを取り付ける事は出来ます。 肩アーマーはサイドにある2枚の装甲板が可動。 合わせ目はディテール化されています。 アーマーの先端などは赤色ですがこちらはシールあり。 腕部は従来のフレームからさらにポリキャップを取り付けて延長するような形になっています。 前腕は左右分割で合わせ目が正面に出ます。 手甲部分の赤色はシールで補う事が可能になっていました。 また前腕に取り付けられているクローは差し替えで展開状態に。 反対に取り付けるとナックルガードになります。 腰部はサイドにクランク状のジョイントを介してバインダーが取り付けられています。 股関節はスイング可能な作りでアーマー裏には特にディテールはありません。 フロントアーマー先端などの赤色が足りませんがシールあり。 腰部のバインダーは先端の赤色がシールです。 こちらには展開ギミックがあり 画像のように収納されている短剣を持たせサブアームとして使う事ができます。 サブアームのクローはシンプルなコの字型なので色々持たせる事ができると思います。 クロー部分の付け根はBJで回転と角度変更が可能です。 またアーム同士をつなぐ所はBJで回転と若干のスイングが可能。 また反対側のカバーを外す事でレールガンの砲口が現れるギミックがあります。 脚部はつま先にある装甲のようなパーツが印象的です。 脹脛のパーツは左右分割で合わせ目あり。 大部分の配色は再現されていますが、脹脛のグレーはシールが無いので塗装が必要です。 膝の赤色部分なども別パーツ化されています。 足首はつま先が可動。 足裏はほんの少し肉抜きがありました。 続いて翼のような巨大な背面のバインダー。 こちらは先端の赤色が再現されていますがスリット部分の黄色などは塗装が必要です。 バインダーは上下にスイングできる他、 画像のように横方向にもスイング可能。 分割はモナカなので合わせ目が出ます。 こちらも展開ギミックがあり腰と同じ短剣が収納されています。 アームパーツを一度取り外し、先端に取り付ける事でこちらもサブアームになります。 可動範囲など。 ガンダムフレーム4が使われているので 他の鉄血シリーズのガンダムと大きく変わらない可動範囲です。 バインダーはクランク状のジョイントで取り付けられているため意外と邪魔にはなりません。 接地なども良好で十分な可動範囲が確保されていました。 バスタードメイスは付属のジョイントで背面に装着する事ができます。 腕同様ジョイント穴は3mmです。 バスタードメイスを持たせて。 バスタードメイスは太刀が収納されている武装で鞘も兼ねています。 分割はモナカなので合わせ目あり。 マルコシアスは腕が長いですしグリップも十分な長さがあるので両手持ちも可能でした。 片手持ちも可能なのですが、重さに負けて手首軸がクルっと回ってしまいます。 クロー部分に引っ掛けるようにすれば一応保持は可能でした。 シールドは1パーツで小ぶりな造形。 腕のジョイント穴に装着します。 表の赤色が足りませんがシールで補えます。 クローとナックルガード。 スタンドは3mm軸の物が使えます。 腰のレールガンを展開。 サイドアーマーは大径のBJで接続しているのですが 自分の物はそのままだと緩めで触っているとポロリしやすかったです。 サブアームを展開。 バインダーに収納されている短刀は4本あるため全てのアームに持たせる事ができます。 短刀は1パーツで再現。 もちろん手に持たせる事もできます。 バスタードメイスから大太刀を取り出し。 こちらは1パーツで再現されていますが大ぶりの刀で迫力あります。 今の所は問題ないのですが、背面がかなり重いためそのうち仰け反り対策で胴体の関節調整などが必要になるかも。 アームになるバインダーも大きいので幅は取りますがかなり長さのあるサブアームになります。 アームの裏面はちょっとスカスカした印象はありますが 4本の長いアームを展開して飾るのも楽しいです。 最後にやと大きさ比較。 バインダーを除けば身長はバルバトスなどと同じぐらいですが 巨大なバインダーがあるため鉄血シリーズのガンダムの中では最大級のボリュームがあります。 以上HG ガンダムマルコシアス レビューでした。 久々となるHG鉄血シリーズの新作ですね。 ガンダムフレームは流用されていますが他は新規で背面と腰部に装着された サブアームにもなる巨大なバインダーが大きな特徴となっています。 武装は鉄血シリーズらしいメイスですが中に大太刀が収納されている武装となっていて 2種類の姿が楽しめますし、 展開するとかなりの長さになるサブアームも独特の雰囲気で広げるとHGとは思えない迫力でした。 これを皮切りにまた鉄血シリーズの新作が増えると嬉しいですね。

次の